マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティカリフの内装フル分解(その1) | トップページ | ダメ男”出張版”もイイですね »

2013年3月26日 (火)

たこたこヌードルを食すの儀(笑)

 はい、こんばんは!桜も咲いてようやく春が来た!と喜んでたら、今朝などはいきなり5℃とかで、北風ピューピュー風速7mだから、「5-7=-2℃」と云う体感温度計算になるのだと、N○Kのお天気おねーさんはのたまっておりました。ホンに寒かったよな。

20130326012013032602 ・・・ところで、2月の終り頃に横浜はみなとみらいの「カップヌードルミュージアム」で、たこちゃんズが”製造(笑)”いたしましたところの「たこたこヌードル(オリジナルポーク味)」と「たこへびヌードル(カレー味)」。

 先だっての日曜日に”しょーみきげん”を迎えているコトが判明し、いきなりディナーがコレになってしまいました。「日曜日の夕食がコレかぁー(笑泣)」

2013032603201303260420130326052013032606 むかし懐かしい発砲スチロール製のカップヌードルのカップ(いまや一般市販仕様は紙製になってるらしいですが)は、いったんお湯を入れてしまうと、食べ終わったあとに内部を一生懸命に洗っても、スープの色が写ったりして(特にカレー味)、ちょっと御部屋のオブジェとしてとって置こうという気持ちにはなりにくいモノです。

 と云うワケで、ワタシが精魂傾けて(笑)デザインした「たこたこヌードル」図柄とも食べ終わったらお別れです。

 ワレながら、「なんでこんなに一生懸命にカップヌードルの写真を撮るわけ?」と自問しつつの撮影でしたが、「あぁー、コレでブログねた一日分になるわい」と自答はスグに出ました。ちょうどこの日は”しょーみきげんジャスト”でしたのね。

20130326072013032608 まぁ、幾らなんでもカップヌードルだけでは寂しかろうと、以前に「練馬のH」さん(送別会6連発、お疲れ様でした!→ところで、貴業界はどーしてそう送別会が多いのでせう?昨日は”Rたろう先生”からも、「今から送別会なんよ」と御電話を賜りましたモノで)から頂戴していた「牛たん」の残りを冷凍しておいたと云うのを思い出し、メインのおかずをコレにいたしました(あー、有難い!)。生レモンを搾ったチューハイで、まずは乾杯とイキましょう。

20130326092013032610 「せーの!」で二つのカップにお湯を入れ、きっちり精密に「三分間」を計測いたします。こういったところだけ、ミョーに神経質なモノですから。

 「あと一分」「あと30秒」「あと10秒」・・・チーン、出来ました。おそるおそるラベルをハガしてみますと、「おー、とりあえず普通に出来ている(あたりまえだけど:笑)」”ワンオフ”のカップヌードル造りは、もっと多彩な”具”を自らてんこ盛りにしていいモノだと思っていたのですが、実際の製造時には”具が四品まで”とキマっており、係りのヒトにソレを伝えてトッピングしてもらうので、自分のイメージ通りの味にはなかなかなりにくいモノです。ワタシも「豚キムチ味」を狙ったのですが、普通のポーク味になっちゃってました。でもウマかったから、まっ、いっか!皆さんも機会があればチャレンジしてみてください。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« マセラティカリフの内装フル分解(その1) | トップページ | ダメ男”出張版”もイイですね »

コメント

やっぱ「2ごう」はいい(笑)。

土曜の夜は寒かったので
”夜桜の宴”で食べても良かったかも、ですね。
ちなみに今週末試すと「花びら」が混じるかも、ですね。
時の流れは早し。

オリジナルカップヌードルと牛タンとは、なかなかジャンキーな夕食ですね。
(↑日本語の使い方、間違ってる?)。
でも、お皿に盛られた牛タンとポテトサラダと、グラスに注がれたレモン入りチューハイはなかなか綺麗。
楽しそうな夕食ですね。

「マセラティカリフの内装フル分解(その1)」の次のネタがたこたこヌードルを食すの儀でしたか。これは意表を突かれました。

あー「あけ口」は眉毛というよりは目が青く血走っているようです(すみません)。黒い水かきと相まってなかなかの迫力です。

んー、多いかな?
移動自体はそう一般の会社と変わらないと思うし、国公立病院や大きな病院以外はむしろ少ないのでは?
あちそうコロコロと変わられちゃ困るんよ。
病院は会社のように全国に支社があるわけじゃないし。
大学から派遣される若手医師はコロコロ変わるけどね。
送別会は、全体でということはあまりなく、部署ごとに行うことが多いので、必然的に多くなるのではないでしょうか。

私のはむしろ友達レベルくらいで、製薬会社の支店長だった元同級生が、東京本社での新部署立ち上げのため東京に転勤するので、まあ、二人で飯食ったんです。

悪いけど豪華でしたhappy01

カップヌードルを食したたこチャン社長のために書き出してやろう。
ふふふふ…行ったのはたこちゃんもご存じ「竹善」でした。
安い居酒屋なんかではありません。
ふぐの皮の肝あえが付き出しで、分厚いふぐのお刺身(肝まみれで食べました)、ふぐの唐揚げと続き、白子の焼き物。
とこぶしの煮物を頼んだらあまりないらしく、小さなあわびを煮たもので我慢してと言われました。
ここからはぐちゃぐちゃで、二人で勝手に食べたいものを頼みました。
分厚くふっくらとした自家製イカの一夜干し、城下カレイやメバルの煮物、てんぷら山盛り、豊後牛のステーキ、サラダ…締めは石鯛の琉球茶漬け(いわゆる鯛茶漬け)でした。
当然食べきれず(同級生はあまり食べないやつで、刺身と唐揚げはほとんど私一人が平らげました)、お持ち帰りをする羽目になりました。
無論、ビールだのふぐのひれ酒だのウーロン茶だの頼んで、これでいくらだったでしょうか??
…一人当たり約1万3千円でした。
あまりのコストパフォーマンスに地元民の私でさえ驚きました。
こんなんでいいのか!大将! と心配してしまいます。
余りにおなか一杯だったので、その後行く予定だったおっぱいの大きなお姉さんのいるクラブには行かず、さっさと帰りました。
ほぼ5時間、だらだらと食べて話してたしね。

たこちゃん、また夏においでよ。
夏ふぐ食おうぜ。

 今年は定年の方や、普通に退職し転職とか異動の方が妙に多かったんですね。単にそれだけです。なんとか今年度中にデポに伺いたいのですが、まだ微妙に忙しく、4月は歓迎会!なんてのがあったり、新規の方に講義したり。。。さらに歯の修理もしていて、とにもかくにも自由な時間が少なくなっているのです。。。ゲリラ攻撃で急襲することも画策するかな、でもそれって全然意味ないな。。。
 たこヌードルは、新製品でやってもらいますか?日本人はたこ焼きとか、たこ好きだからね。イカもだけど。。。私は歯が痛くて硬いものが食べられません。
 りゅたろう様の飽食の話も凄い、自慢と思いきや、たこちゃんズへの誘いという所がおもろいです!!
 

もっと食え、もっと食え!!と死ぬまで食わせます!

おお大分行きたくなりました。夏フグですかぁ。

夏ふぐ?と皆さんおっしゃいますが、なかなかおつなもんです。

ふぐ、美味そうですね。
たこちゃんさん、りゅたろう先生とふぐ食べてきてくださいね。
その際はまたブログでレポートお願いします。

Ryoさん、一緒に追いかけて行っちゃいましょうか。
なんていって行けたら楽しいだろうけれど、なかなかそもういかないです…。そもそもきっとついていけないんですよね、あのコペン。速さはそこそこでも途中全然とまらないんだもの。

ダメ男の会、大分で初開催。いいですね~(迷惑?)。
旅費を積み立てなきゃ。
おそらく、おぐさんのギブリは速すぎて初期ビトルボではついていけないのではなかろうか、と。
りゅたろう先生からのお誘いも岡本さんの人望なのですね。

九州は遠いですから…学生だったら日を合わせて行くなんて事が出来るのですが…
いつか東京でお会いしましょう。
また、何か仕事で訪れる事があれば、ぜひご一報ください。
たこ社長経由で。
うまいもん食べましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/50957537

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこヌードルを食すの儀(笑):

« マセラティカリフの内装フル分解(その1) | トップページ | ダメ男”出張版”もイイですね »