マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« スペイン自動車工業界のハナシをシロと云われたが・・・ | トップページ | Throw the spoon(ha) »

2013年3月31日 (日)

ほんじゃ、ツイスターゲームについて

 ここのところ、実はいっけん地味ながらも(失礼!)、時折「アレっ?」と思うようなギャグを挟みつつ(私はニヤニヤして拝見しておりますけれど)、本文内容に即したコメントを送りバントの様に届けてくださり、確実に点を勝ち取ってる(何の点?笑)イメージのある「おぐ」さんにだけ捧げる「”ツイスターゲーム”とは何ぞや」をお題にした”日曜スペシャル”をお届けいたします。

 ワタシの持つ”ツイスターゲーム”に関する最古の記憶は、小学校二年生くらいの頃に、東京12チャンネル(現在のテレビ東京)で放映していた”まんがのくに”とか云う、アメリカ製アニメ(ハンナ・バーバラとかワーナーブラザースとか)のどーでもいい様な旧いヤツばかりを流す番組の幕間に流れる「任天堂(番組スポンサーのひとつ)」のコマーシャルで見たと云うモノです。その段階で相当B級臭が漂いますが、こんな番組までオサえているガキはロクなもんじゃござんせん。

 この時代までの任天堂は今の同社からは考えられないくらいに地味な、京都ローカルの花札&トランプメーカーで、その製品はおもちゃ屋の一番片隅のショーケース内でホコリを被っているようなイメージでしたが、ちょうど1970年代に入る頃に総合玩具メーカーへの脱皮を図っていた様で、「ツイスターゲーム」とともに「ウルトラマシン(室内でバッティングセンターごっこが出来ると云うスグレ物玩具→当時持ってた:笑)」「光線銃SP(これまた持ってた)」「ラブテスター(コレまた・・・持ってるワケない)」等々のCMとともに懐かしく思い出されるのです。

 後年、小学校四年生の時にその現物に初めてお目に掛かりました。我が小学校の学区域の中でも最も遠いエリアに住むクラスメイト(男)の家に遊びに行ったら、そのすぐ裏手の瀟洒な家も同様にクラスメイト(女)のウチであると云う。さらには「色々珍しいオモチャが一杯あるんダヨ、”桜○”ん家」と一緒にゲリラ訪問しようとのたまう。で、めったに女の子のウチに遊びに行く機会も無かったので、お誘いを断る理由もまたありません。

 図々しくもノーアポで突撃訪問した”桜○美○”ちゃん家で「ツイスターゲーム」をいきなりやるコトになりました。確かにここのお宅にあるおもちゃは一味違うと云うのか、「海外風味」のものばかり。お人形もリカちゃんではなくて”バービー”だったしな。ですから、ここでマミエタ「ツイスター」は任天堂の日本版では無くて、本家アメリカ”ハズブロ社”のモノであったと思います。

 まず、箱の一番底に折りたたんで収納してある白いビニールシートを床一面に広げます。シート表面には赤青緑黄などの直径30センチほどの円が散りばめられております。あとは付属している厚手のボール紙に指針をハトメただけのチープな簡易ルーレットを回すだけ。

 参加者は順番にルーレットを回し、止まったハリの示す「赤の円に右手」とか「緑の円に左足」などの指示に従いつつそのややこしいポーズをとっていきます。先に態勢をくずしてズッコケタ者から戦線離脱し、残った者が勝者になると云う、ボディアクションゲームなのです。

 で、ハッキリ云って、コレ、カラダが柔軟でないと三手目くらいでズッコケます。もはやここまで来て大体の流れはおツカみ頂けたかとはおもいますが、こんなの野郎同志でやっても面白かろうハズもありません。後にコノ特性が悪用(笑)されるにいたり、合ハイ・合コン(ともに死語)などのリクレーションの場において、フルーツバスケットやハンカチ落としの”延長線上の”自然の流れ(男女暗黙の合意がココにはある:笑)の中にトケ込ませつつ、さして知らない男女が仲良くするためのキッカケ造りに活用されていたと云うモノです(あっ、まぁー”ラブテスター”もそういったモノだよなぁー。男女が手を繋ごうと云うコトにまだまだ恥じらいと抵抗があった昭和らしい逸品ですね。万事に”正当化”のための理由付けが必要なワケです)。

 ・・・後には、「(交互に座った男女のグループを2チームに分けて勝敗を競う)ポッキーを口にクワえて、その先に引っ掛けた輪ゴムを伝達していくゲーム(正式名称は知らん。ダレの発明なんだか・・・:笑)」とか「王様ゲーム(コレまた説明が必要になるのか:笑)」などにその悪しき(あっ、いや麗しき:笑)伝統は受け継がれていっていると云うワケです。

 だけど、いまだにコレをやってる「湯河原のコンパニオン」もスゴイですけど(笑)ね。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« スペイン自動車工業界のハナシをシロと云われたが・・・ | トップページ | Throw the spoon(ha) »

コメント

おおっ、まさかの日曜特番!
休日なのにブログ更新とは、ブログファンへの大サービスですね。
しかも、内容がツイスターゲームの解説ですか・・・いやいや、とても高尚です。文化的です。勉強になるなあ・・・?

おお、日曜特番が「ツイスター解説」とは意表を衝きます。多分このあたりが敷居の高さでは?、ということもないか、でもレクサスとかは、オカネがあれば誰でもウェルカムですから(失礼)ある意味敷居は低いのでしょう(個人的には1パーも興味が無いのですが、それでもマイホームパパを演じる別の自分は素直にレクサスに乗る人の気持ちもわかります)。

マイクロデポの敷居はあるのか無いのかわからないところが困惑してしまうのでしょうか?、先日は二階のソファーに後部シートが置いてあり「椅子が椅子置き」になっているシュールさに笑ってしまいました。

ところでセルジュリュタローのオススメ、ペネロペもいいのですが私は近頃アマンダセイフライトとなんとかならないかと思っています。

あれが「ツイスターゲーム」でしたか。
子供のころにやった記憶がかすかにありますが、
たしかに大人になってからやった方が色々な意味で面白いですよねぇ・・・。
いやー、いいことを教えてもらいました(笑)

そーですよねぇ、たしかにそーですよねぇ・・・。
気付かなかったなぁ・・・。

たこちゃん詳細な解説ありがとうございます。

ちなみに「ツイスターゲーム」湯河原のコンパニオンが用意したものではありません。
ウチの上司が”ドンキー”で2,000万円で調達してきました。
オヤヂ8人+コンパニオン2人、計10名で2手に分かれ、負けた方が
ワサビ入り日本酒をぐい呑みすると言うものです。
(良い子は真似しちゃいけまへん)
当方は1勝3敗、弱ぇぇー(笑泣)。
おかげでいい送別会を兼ねた宴会になりました。
コンパニオンもノリノリで楽しめたようですし。

りゅたろう先生以上に「質」を落として申し訳ありません。
人生一本勝負、楽しく行きましょう。

いやいや、Wさま。りゅたろう先生もWさまもコメントの質は特上ですよ。なにしろ、休日にたこちゃんが反応しちゃうぐらいですから。
いつか、両先生をいじる会でたこちゃんとりゅうにいのツイスター対戦を観戦したいものです。
男だけでは盛り上がりませんが、この対戦だけは例外ですね。
男同士の固い友情で結ばれている御二方なので。

えー今日も昼頃ちらっと携帯で昨日の分へのコメントを見ようと思ってブログを開きましたところ、名指しで日曜スペシャルが更新されていてぎょっとしました。

でそのときは時間がなくてちら見だけで、先ほど帰ってきて、昨日の分のコメント欄を後出大王様までじっくり拝見し、今日の分にようよう辿り着いたところです。

日曜日にも関わらず、詳細なツイスターの解説ありがとうございます。「愛のメッセージ。」の一言で始まる電話(実話)を頂いたときの次に嬉しかったです。
ツイスターについては恥ずかしながら本当に全く知らなかったので、その手のお座敷専用ゲームなのかと思って恐れおののいていたのですが、本来は子供用のゲームだったのですね。
いずれにしても微妙な下心がモチベーションとしては不可欠そうなので、Wさまが弱くて安心しました。
次回ダメ男までに、ハスブロの入手経路を調べておきたいと思います。

りゅたろう様、GTAいいなあと思っていましたが、MG-Aクーペのほうが楽しいような気もします。大変そうな気も勿論しますけれど。

 ツイスターゲームでこれほど盛り上がるとは。確かに大学生の頃流行っていました、部活、サークルの追いコンとか新歓とかで。。。やるより、結構見ている方が楽しめたり。。
 レ○サスは敷居が低い様ですね。メル○デスが、8○3さんを断っていて、レ○サスに流れていると聞きます。車商売も大変な時代ですからね。清水●一さんのトークショーでも、極悪外車中古車屋さんは、バブル時代の1/10には減っていて、更にネットで色々な情報がでるから、極悪店は少なくなったですと。それでも某●ロードに広告乗せているとこは危ないとか危なくないとか(このコメント削除か?!)。
 りゅたろうさま、超極悪中古車屋さんで、故障車を手に入れて、ロマンも手に入れて下さい。。。いややはりXK-Rに行って下さい。。。
 Wさま、湯河原でコンパニオンさまとツイスターって、昭和ですね。。。二次会は、近場のスナックで、カラオケかな。。。つまみがカッパエビセンとか麦チョコなんだよな(笑)。。。むかーし、まだ自宅浪人生だったころ、新聞配達のバイトして、慰安旅行が秩父だったんですが、宿近くのスナックに連れていかれて、昭和な店で(てか当時まだ昭和だった)、初めてカラオケを歌わされて(アルフィー歌いました)、つまみがそれだったんです。バイトの先輩は北海道出身の元8●3という人と、大学受験に失敗したまま何年も配達の仕事している人で、2人ともカラオケ上手かったなーー。。。今頃どーしているのか。。。

ツイスターとは関係ないけど…

MG-Aか…
実は女房への工作、布石は打ち始めているんです。
心決まる前にたこちゃんがこれにしなさい、というのを持ってくるとそっちに流れそうですが。
女房もあれはあれでなかなかどっしりとしたやつですから、何来てもしばらくきゃあきゃあ言う位でしょうが…
布石打ち始めてる時点で実は心はもうほぼ決まっているんです…
赤くてかわいいし、エンジンルームはヒーターを取っ払ってるからスカスカだし、電動ファンも付いてるし。
電動ファンがついてたら後はどうにかなるもんです。
オルタネーターも変えてるということで、1000越えたらちゃんと発電してくれそうだけど。
SUキャブだから一旦ちゃんとしたら後はどうにかなりそう。
シートのスライドも付いてそうなので、足が短くても大丈夫かな。
あと夏の暑さか…どうにかなると思うけど…
ねえ、みなさん、どう思います?

 MG-A coupeで決まり!それで今年のヴェトロ・モンターニャ 高野山には行く!!

練馬のH様:たきつけちゃだめですsign01
えぇ̴̴sadというたこ社長の顔が浮かびます。

MG―Aは落ち着いた大人が乗ると絵になります。あくせくせずゆったりとパイプなんか吹かしちゃったりして時間の経過を楽しむ事が出来るクルマなのでは。
あとは、たこちゃん次第ですね。

怖くてたこチャン社長に電話できませんwobbly

もしもわたしが天使なら、きっと147に乗っていただきます。ただしGTAなどもってのほか、1.6リッター左、MT。
シャシーファスターで絶対死なない(と思う)。

でもMG-Aクーペいいよなあ、シャマルと2台並んだらすごいよなあ、と悪魔も嘯いてnもとい囁いております。

さあ電話をどうぞっ。

 りゅたろうさま、代わりに電話しましょうか?ピポパ
(とぅるーるるー(電話のなる音)、カチャ)「もしもし、りゅたろうの代理の者ですが、社長さんいますか?」、「えー、電話してきちゃったの??」「りゅたろうの代理ですが、MG-A coupe引っ張ってきてください。お願いします!」
と妄想してみた。
 どーなるんだろうか、この先の展開は、読めません。

その先の展開が読めすぎて怖いhappy02coldsweats02punchimpactdown

さきほど別件でたこちゃんさんにお電話しました。「りゅたろうの代理のものですが」と名乗る勇気は、流石にありませんでした(一瞬頭をよぎりましたが)。
1.6の147に乗りながらヌオヴァを目指す、という手もありますよう。…だめかな。

今、代理のものですが、と電話しました。
めちゃくちゃ怒られました。
代理のものと言ってるのに…
後でSkypeでお話ししますが、首洗って待ってろよsign01とおよそたこちゃんらしくない脅され方をしましたweep
おぐさんは車預からないぞ、と言われたような…
おお、こわ。

↑そんなコト云ってねぇーよぅー(笑)、ねっ「おぐ」さん。(代理の様な)御本人様の方はいよいよ「首をキレイに洗って」待っていた方がよさそうだな・・・(うー)。

なんかぁ、私の代理のものとの電話では「おぐ」sign03と言っていたような…
いやいや、そんな事はありませんでした…ぶるぶるですぅ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/51032367

この記事へのトラックバック一覧です: ほんじゃ、ツイスターゲームについて:

« スペイン自動車工業界のハナシをシロと云われたが・・・ | トップページ | Throw the spoon(ha) »