マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ベビースターラーメン&とり味噌なべでファイト一発 | トップページ | 皆さん”あまちゃん”って、みてる? »

2013年4月 3日 (水)

マセラティギブリ最終型のダッシュボードトレーを張り替える

 はい、こんばんは、”のび太こちゃん(TM「練馬のH」先生)”どぇーっす!今日のブログは久しぶりに「本ネタ」。コメント欄は一向に盛り上がらないかもしれませんが、一応このブログは「マセラティでイッてみよう!:Part3」と銘打ってますから、タマにはそれらしいコトも書いておかなきゃね。「りゅたろう先生と遊ぼう!(副題:間違いだらけの人生とクルマ選び→第一章「闘え、何を?人生を!」:笑)」ってブログぢゃありませんので、そこんとこヨロシク。

 あぁ、”Rたろう先生”は今晩大分市内で「ふぐ」三昧だそうなので(いーなー:笑)、今日は放っておくコトにいたしましょうね(今日は夜遅くになるのでスカイプが出来ないと御連絡が・・・:笑)。

20130403012013040302 こちらは、たいへんお待たせしております、中央区のT様マセラティギブリ。

 エンジン周辺は、先週エアコンのコンプレッサー交換も済んで(泣)、ひと通りの整備がゴールに近づいておりますが、メインヒューズボックスを抱えるダッシュボードも搭載しないコトにはエンジン始動が出来ません。春の嵐が吹き荒れる昨日と本日のワタシは、このダッシュボード分解清掃組立作業に従事しておりました。ギブリ最終型の中でも本当の大ラスモデルと思われるこのクルマの場合、ダッシュボードトレーの取付方法がビトルボ以来のスプリングワッシャー留めではなくて、ガッチリしたボルト&ナット固定に変更されております。・・・おわー、こりゃデフロスターダクト全ハズシ決定だぁー。12本のリベットで固定されている大きなダクト。一本一本リベット頭部をドリルで揉み取りコレをはずしますと、ようやく内部にあった4本のトレー固定ボルトに掛かったナットをとるコトが出来ました。

20130403032013040304 分解するまでの間は比較的キレイな部類であると思っていたトレー表皮のアルカンタラも、ベース板から剥がして新しい生地と比べてみると、日に焼けて退色しているのが見てとれます。

 最終型ギブリの場合、全体的に室内各部のトリム類から受ける印象は、タイトにテンションを掛けた感じではなくて、若干の余裕を持たせたユルさを感じさせるフンワリとした風合いのモノです。このイメージをアタマに描きながら張り込み方法を色々と考えながら作業にあたります。

20130403052013040306 新しく張り替えたトレーを装着する前には、トレー周囲となる皮革部分を中心に、念入りに本清掃いたします。

 アルカンタラを装着してからコレをやると、シミを付けてしまうからです。通常は非常に掃除のし難いデフロスター吹き出し口周囲の皮革部分も同様にしっかりと清掃しておきます。一旦仮組みをして様子をみましたが、今一つフンワリ感が乏しい様な気がいたしましたので、再度取り外して張り直したりもしてみました。

20130403072013040308 今度は、樹脂製のダクト類、エアコン吹き出し口のスリット等すべてを洗浄したり、”ネチョドロ”を除去してウレタンフォームを張り替えたりと最終組立の準備をしてまいります。

 トレーをはずすために、除去されたデフロスターダクトは、写真の様に、ほぼダッシュボードの全幅にあたる寸法を持った大きなモノです。内部の清掃まで終わると、今度は12箇所のリベット締め上げ作業なのですが、昨日も右手&右腕が逝きました(一度やってみると、その理由が分かる:笑泣)。

 昨日のうちに磨き上げられた新たなウッドパネルには、完全に清掃と給油が完了した吹き出し口スリットを組み付けて、ダッシュボード本体に元通りに埋め込みます。裏側にあるすべてのハーネス類と左右二つのメインヒューズボックス(正確にはケージなんですけどね)を細かくチェックしながら、シリコンオフで清掃しぬいてようやく搭載可能状態が生まれました。明日こそ天気が良ければいいなぁー。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« ベビースターラーメン&とり味噌なべでファイト一発 | トップページ | 皆さん”あまちゃん”って、みてる? »

コメント

岡本師匠、まあまあ、りゅたろう先生をそんなにいぢめないで。
間違っているのはお互い様。我々デポ顧客一堂も同様。
私のビトルボへの思い入れも最早、病です。
岡本和久氏もマセラティへの間違った情熱に兄弟家族まで巻き込み匍匐で格闘の日々。
しかし、損得勘定抜きのこだわりこそ、私が岡本和久氏を我が師匠と慕い敬う所以です。
しかし、クルマへの情熱に関しては皆、正しい。
岡本先生は正しい。
りゅたろう先生も正しい。
ハンパ者のワタシだけ間違ってるかも…。
しかしビトルボネタも久し振りですね。待っておりました。Tさまのギブリの追い込みですね。これは仕上がりが楽しみだ。

あれっ?コメント、ワタシだけ…。
ワタシが先にコメントするとコメントの食いつきが悪いのでりゅうにい並に焦ります(汗)
どなたか、コメントをば…。
Wさま、おぐさん、練馬のHさん、一松さん…早く早く…。

Ryoさますみません。
帰宅時間の関係で、この時間のコメントです。
当方いつでも”淡々と匍匐で”コメントしますので、まああせらずに。

久しぶりのビトルボネタ、「振り出しに戻る」的な安堵感を覚えます。
ここ一週間はシャマルの加速並みにブッちぎってたからなー。
常連コメンテーターさまのオンパレード。
ここらで新規参入さまのコメントもいただきたいものです。
(敷居はヒクーくお待ちしております:たこちゃん代弁)

本日東京は暴風雨の一日でしたが、明日はまた荒れるかな、コメント欄。
りゅたろう先生の動向に注目。
「ばかばかしいと・・・」練馬のHさま、ナイスキャッチ有難うございます(笑)。

ああ昨日分のコメント欄における本日のチャット状態、申し訳ありません。
我ながら大の大人が真っ昼間からどうしてこんなに密にやり取りができるのか不思議でしたが、流れのまにまにキリのいいところまで行ってしまいました。

翻って本ネタギブリ、例によって隅々までくまなく写真、文章を拝見しています。
あとから手を入れる人のことなどまるで考えていないつくり、そういうつくりでしかできないことをやっているのか、なーんも考えていないのか、これだけかっこいいんだからいいじゃん細かいことはということなのか。
建築の設計でも施主と合意のもとで確信犯的にやるのは許されても、公共施設ではやれないことがありますが。

 本ネタのギブリだとなかなかコメント出難いです。「ふんふん」とか「ふーん」とかうなずき、感心モードになるからでしょうか。。。
 新型クワトロポルテのお披露目が最近ありましたね。AWSは興味あるな。また3代目のギブリも上海でお目見えのようで、ネットではスクープ出てます。お値段も1000万切るようです。しかしビトルボ時代からみると大分遠くに離れていってしまった感じがあります。デポでもこれら最新型も購入できる(男の120回ローンは無理か)?!ギブリ以外にも風の名前がついているモデルがモダンデザインで登場するのでしょうかね?ランボのミウラのコンセプトversionみたいに。。。そのときのシャマルみてみたいな。。。
 このギブリ最終型のダッシュボードトレーのアルカンタラの色、これはこれで魅力的ですが、薄い青とか水色なら本皮の茶?タンと合う感じもします(ダメかな?!)。
 Ryoさん、コメントいつも次の日朝ですいませ~ん。

これ、この間お邪魔した際、二階にあったものかな?、観察したら結構ウッドが厚く(もちろん突板だと思いますが)、初期モノに比べるとゴージャスでした。
先日の「それでも恋するバルセロナ」、BSでやったヤツを録画してあったので遅ればせながら鑑賞、デュエットって小さいクルマだったんだと思いました、こんなクルマを無造作に乗ってみたいものです、ペネロペにもね、あっ失礼。

自分の車がアップされるのって良いですねぇ。昨晩も娘と共にニヤニヤしながら拝見しておりました。
納車迄の(きっと)残り少ない日々を、じっくり味わいながら過ごしたいと思っています。

Tさま、ギブリの納車が楽しみですね。
思いを馳せながら待つのは楽しい。
ここまでやってくれるお店はなかなかありませんから。
私もこのブログを拝見する時は何時もニヤニヤしております。

一松さんには徐々にりゅたろイズムが浸透しているようですね。
おめでとうございます。
もう少しです。
あとちょっとです。
捨てちゃえばいいんです、自分を。

ギブリも本当にきれいな車でした。
停めた自分の車を振り返り、惚れ惚れとしたものでした。
低くうずくまっている獣のようで。
あんな車はなかなかありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティギブリ最終型のダッシュボードトレーを張り替える:

« ベビースターラーメン&とり味噌なべでファイト一発 | トップページ | 皆さん”あまちゃん”って、みてる? »