マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 昨日の続きの様な、70年代初頭女性アイドルのハナシ(後半) | トップページ | ありがとう&ありがとう!! »

2013年4月19日 (金)

”元ボクシング選手”ってなぜか面白いよね

 本日、一日の作業を終えて、いきなり聞かされたのが”たこちゃんヨメ”の一発ギャグ・・・今日の夕方テレビを見ていたら、ゲストに元ボクシングの世界チャンピオン、具志堅用高さんが出ていて、クイズ番組に出演した時に「(出題を)何番(の問題)にしますか?」と司会者から尋ねられ、「ちょっちゅねー・・・じゃあラッキー7(セブン)の5番で!!」と云ったそうです。コレを聞いて久しぶりにハラの底から笑いました。なかなか狙ってこのギャグはカッとばせるモノではありません。 

 続いて、同じ協栄ジム所属で具志堅さんの後の時代を担った”渡嘉敷勝男”さん(トカちゃん)も「風雲!たけし城」での「ちぃーがうーでしょ!」などのボケ突っ込みギャグが懐かしく思い出されます。このヒトは”天然系”の笑いとはちょっと違う”セミプロ(もちろんお笑いの方の)”っぽさが持ち味でした。・・・ああ、”たこ八郎”ってヒトも個性派俳優に転身して名を馳せましたね。他人の様な気がいたしません(笑)。

 しかしながら伝統的に、元ボクシング選手というのは”天然ボケ”をカマしがちですね。よくテレビのバラエティ番組に出演していた人物の記憶を辿ると、古くは”ファイティング原田”さんかな。「底抜け脱線ゲーム」とかに”ジャイアント馬場”さんなんかと一緒に出ては、「背中にゴムロープを付けられた状態で坂道を登って行き、頂上に用意された、たっぷりとメリケン粉の入った箱に顔を突っこんではその中に埋まっているマシュマロか何かを咥えつつ坂道を転がり落ちるのを見ては会場の観客が大爆笑する(この番組での出し物は基本的にこんなのばっかし:笑→金原二郎さんの”ぱふ!”も懐かし)」といったシチュエーションが非常に良く似合ってました。

 皆さんが真っ先に思い浮かべるのは”ガッツ石松”さんでは無かろうかと思いますが、最近では”天然美”が失われている(狙ってるのが分かっちゃうんですね:笑)のが残念です。まず現役時代にも試合前のパフォーマンスがあり、三度笠に合羽の出で立ちでリングに登場するのが御約束でした。その後引退して芸能界に転身した直後の頃は、ハラを抱えて笑えるようなギャグを連発していたもので、これまた懐かしい。「オッケーぼくじょ?(こりゃ、結構最近のだな:笑)」

 今やスッカリ団子屋さんの御主人になってるのが”輪島功一”さんですが、対戦相手が決定した時のインタビューなどは、朴訥な感じで「いい人オーラ」が出まくっちゃってました。”かえる跳び”のファイティングスタイルも極めて独特で、記憶に残るボクサーです。

 さぁ、明日のワタシもファイティングポーズとって朝から頑張るぞ、おー!

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 昨日の続きの様な、70年代初頭女性アイドルのハナシ(後半) | トップページ | ありがとう&ありがとう!! »

コメント

個人プレーのクイズみたいなのだと、だいたい面白いですけどね(笑)
「話が通じてねー」感が出できちゃうと若干イラっとします(爆)

あと、こないだボクシングの放送で解説に、現役なのかこないだまでだったのかわかりませんが、誰かさんが来てたとき、「うわー」「すげー」って解説になってないぢゃん!!ってときはイラっを通り越して、ある種の爽快感すらありましたね♪

確かに、登場された5名+1名(たこれ~す)はインパクト大だな。
”輪島功一”さんは
「あんこーぅぅ、みたらぁしーぃぃ、甘ァだれーぇぇ」
の名調子で笑わせてくれて、それをマネする”関根勤”氏がよりいっそう面白さを
引き立ててくれました。

あと、路線は違いますが”薬師寺保栄”さんの引退後に購入された”ディアブロ”は
インパクト大きかったです。
でも面白いといえば、やはりこの6名で決まりかな。

 チャンピオンになったボクサー達の天然さというのは、ストイックな練習やらウエイトコントロールを乗り越えるのに必要なのかもしれませんね。長島さんも、本人いたって真面目にボケかます逸話が多いですから、やはりスポーツ選手の天才肌はそういうものなのでしょうか??
 35年位前、妹の同級生に、ガッ◎石松さんの娘さんがいました、中野在住でした。本人より奥さんが目立ってました。。。

世界チャンピオンにまで上り詰めた人たちは過酷な状況下でも笑顔でいられる強靭な精神力と頭の回転の速さを兼ね備えているのかも知れません。
マイクロ・デポにも通ずるものがありますね。
日々、過酷な作業に従事されているにもかかわらず、マイクロ・デポは楽しく愉快な大人の秘密基地。
・・・ボクシングは好きでした。リカルド・ロペスが巧くて強かったなあ。
最近はあまり観なくなりました。興味が無くなったわけではないのですが。でも、長谷川穂積はオトコだと思います。カッケ~と思います。

ラッキー7の5番! たしかに、これはなかなか言えませんね(笑)
ガッツさんはこのごろ、某新聞の広告で顔を見かけます。
新聞のWeb版とガッツさんの落差で面白さを醸す風情ですが、そういえば天然美は薄いかな。

兵役拒否したアリ、犯罪がらみの話題が多かったタイソンと比べ、今回挙げられた日本の元チャンプはホンワカしたイメージがあります。
もちろん、ぞれぞれご苦労はあるのでしょうけれど。

たこ八郎さん、「幸福の黄色いハンカチ」を思い出しましたが、没年を調べて絶句。
スゲーおっさんだと思ってたのに、彼が亡くなったのはなんと44歳!
たこ八郎より長生きしちまったよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/51298647

この記事へのトラックバック一覧です: ”元ボクシング選手”ってなぜか面白いよね:

« 昨日の続きの様な、70年代初頭女性アイドルのハナシ(後半) | トップページ | ありがとう&ありがとう!! »