マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« オヤヂの皆さん、ギックリにはご用心を | トップページ | マセラティって納車にもドラマがある(・・・って、無くていい!:笑泣) »

2013年6月10日 (月)

ちーとも知らなかった、エビフライの衣の付け方

 はい、こんばんは!一昨日の夕刻から今朝まで、36時間(大笑)にも及ぶ「ゴロゴロ状態」を自らに課したところ、ワタシの体もなんとか”7割方”は復活いたしました。今日の天候が、もちょっとカラっとしていれば、さらに復活度合をアゲられた様な気がいたしますが、東京練馬は「ジメジメ・ムシムシ・シットリ」の三拍子揃った高不快指数を記録しそうな雰囲気でしたので、一日中作業を続けたら、”結構きてーるな状態”にとっとと逆戻り(笑泣)。

 と云うワケで、結局グテングテンになってアパートに帰ると、ディナーのメニューは「エビフライ」であるとのコト。ワタシにとっては「やったぜ、パパ!明日はホームランだぁ!(Ⓒ吉○家:音出ます、注意)」の気持ちになる大好物の一つですから、ソレを聞いてちょっと元気に。しかしながら、ウチでつくるフライ系の料理は、前々からどーも「コロモがウスい」と云う気がしていて、「トンカツ」やら「エビフライ」、そして、先般連休時の「ダメ男の集い」で皆さんに輪島名物再現メニューとして振舞わせて頂いた「かかし」も、実はそのあたりがウマくイッてなかったのです。

 「なんかさー、ネットで”フライの衣の付け方”をアツく語りあっているヒトたちがぜったい居るハズだから、とっとと調べりゃいいーんだよ!」とさっそく「エビフライ 衣」ってググッたら、プルダウンのサジェスト機能(予測)で「エビフライ 衣 2度付け」と出たので「あ、コレが正解に違いない」と開いてみました。

 そうしたら、なーんか世の中では常識らしいですヨ、「衣の二度付け」。・・・ちーさなエビもデッカクなるので、ウチの様なボンビーな食卓においては、とりあえず一石二鳥ではあります。

 N○Kきょうの料理 のレシピ 

 上沼恵○子のおし○べりクッキング のレシピ

2013061001201306100220130610032013061004 ・・・N○Kと民放の有名二大料理番組で既に発表されていたヤリ方だったんですね。案ずるより産むは易しと云いますが、なんでも調べてみるモンだね。幾つになってもベンキョーは大事。

 で、早速この工法(笑)を採用し、二度付け衣でアゲてみましたところ・・・コレだよ、コレ!!ワタシの求めていたフライは。

 もちろん「”おソース”を掛けて(笑)」とても美味しく頂くコトが出来ましたので、ちーっとも知らなかったワタシの様な方々は、是非お試しあれ(但しコロモが相当アブラを吸ってると思われるので、高カロリーにはなっちゃうんだろうな→でも、この際いいや、ウマければ:笑泣)。 

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« オヤヂの皆さん、ギックリにはご用心を | トップページ | マセラティって納車にもドラマがある(・・・って、無くていい!:笑泣) »

コメント

エビフライ旨そう。
エビ天だったら小麦粉を氷水で手早くこねた衣につけて、揚げるタイミングはジューっと言う油の音程で決めるらしいのですね。
タム・ライスのボストンクラブホールド(逆エビ固め)
吉村道明のローリングクラッチホールド(回転エビ固め)
そして単なるフォール技のエビ固め。
プロレス技にはエビが登場しますなあ…たこさまにキド・クラッチ敢行!

「衣の二度付け」これは知らなかったなぁ。
出来栄えもバッチリです。
ここでも「やったぜ、パパ!明日はホームランだぁ!」ですね。

 衣が分厚いのは、二度付けというからくりがあったとは。。。
エビャーフリェー(エビフライ)につけるのは、やはりソース?醤油?マヨネーズ?タルタルソース?塩?レモン汁? 私は、ソース以外も結構好きなんです。

海老フライはムスメの誕生日メニューですね、私はタルタルソースが好みですが、それを「作れ」とは言えないので自分でつくることが多いです。
タルタルの語源はやはりタタール人?と、いつも考えますが調べていません、ついでに言うと自分がつくっているのがタルタルソースと呼べるのかも未検証です。

案ずるより産むがやすし」を読むとつい「アンルイスより小野ヤスシ」というこち亀のギャグを思い出してしまいます。意味不明ですが。

コメントのしようがないとコメントします。
…たこちゃんの許可はいただきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/51988858

この記事へのトラックバック一覧です: ちーとも知らなかった、エビフライの衣の付け方:

« オヤヂの皆さん、ギックリにはご用心を | トップページ | マセラティって納車にもドラマがある(・・・って、無くていい!:笑泣) »