マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティって納車にもドラマがある(・・・って、無くていい!:笑泣) | トップページ | 放課後を駄菓子屋で過ごすツユの午後 »

2013年6月12日 (水)

マセラティスパイダーザガート・・・造り掛けなんですが

 はい、こんばんは!今日は先日久しぶりにわざわざ御来店頂いた「静岡のT様」に御覧になって頂きたい動画(ヤケにピンポイントだよなぁー:笑)を「Youtube マイクロ・デポのたこちゃんネル」にアップしてみました。「マセラティスパイダーザガート」の商品化中の個体(音楽が出ます、注意)です。実はコレ、元はワタシ自身の所有物でもあったスパイダーザガートなんです(まっ、ソレは全然商売上の”役”になってませんが:笑泣)。長らく、間に合わない部品を取っちゃったりするためのドナーにされちゃってたんですが、まぁ、御覧の様にまだまだ結構イケてるので、商品化を画策していると云うワケです。

 近頃、どういったワケか、スパイダーザガートにはちょくちょくお問い合わせを頂きます。そのムカシにビトルボ系マセラティに乗ってらした方々からのお問い合わせであるところが特徴的です。「アンルイスより小野ヤスシ(Ⓒ「おぐ」さん:笑)」と申します。デ・トマソ時代のビトルボマセラティは皆さんが御考えになっていらっしゃるよりもぜーんぜん楽勝です(もちろん、そんなのはウチの子の場合に限りますケド)。

 (いつでも)乗れる、(維持費が)読める、こんなビトルボマセラティの世界をマイクロ・デポのスパイダーザガートでお試しになってみませんか。20年も昔のイタ旧車が完全動作するというのは、それだけでもちょっと感動的です。あっ、ちなみに「スパザガ」って短縮形は、東海圏から西の方では普通に云うようですね(少なくとも東京では寡聞にして聞いたコトがありません)。

 それと、「エボ」なんですが、コレは便宜上しょうがなくワタシも短縮形を使っています。だって、ほとんど寿限無(じゅげむ)ぢゃないですか、「マセラティクアトロポルテV8エボルツィオーネコーンズセリエスペチアーレⅡ」とか(笑)。「グラスポ」は「東スポ」を想起させる語感だから、あまり違和感が無い(なんでぢゃー:笑)けど、「グランツーリズモ」を「グランツ」と云ってたり書いてたりするのを目にするとヤリ場の無い憤りすら覚えるのは何でダロ。なんとなく語感における”品”と云うものがマセラティと云うブランドネームやイタリアという国のイメージに相応しいかどうかがカギであるような気がいたします。ま、ワタシとしては、今後もどなたに何と云われましても「マセ」だけは勘弁願いたいものだと強く主張しておきたいと思います。「マセラティスパイダーザガート」嗚呼、甘美なるその響き。もっとも、「マセラティはマゼラーティで無くてはイケないのか?」と云うもっともっと深淵なるテーマもあったりいたしますが(ワタシはマセラティ派→よって断じて原理<原語>主義的ではありませんヨ:笑)。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« マセラティって納車にもドラマがある(・・・って、無くていい!:笑泣) | トップページ | 放課後を駄菓子屋で過ごすツユの午後 »

コメント

静岡のTさま、ワタクシも静岡出身のデポファンですので今後ともよろしく。
スパイダーザガートは粋で贅沢で素敵だなあ。

岡本和久が怖い。
鋭すぎて怖い!

このブログのルールは岡本縛りの岡本ルール。たこさまが正しい。
岡本和久、畏るべし。

名称の短縮ルールにも納得。名門の品格を重んじるならば基本、略さず。
語感が良ければ臨機応変に略すも可。
このルールをなんとなく理解出来ているワタシも何時の間にか原理主義者になってたから?

練馬のHさま、グラスポはセーフ、みたいです(笑:安堵)。

「マセラティクアトロポルテV8エボルツィオーネコーンズセリエスペチアーレⅡ」これを口にすれば、マゼラーティクアトロポルテオットチリンドリエボルツィオーネコーンズセリエスペチャーレドゥーエか…ふぅ。寿限無、寿限無。
そういゃ跳ね馬は省略しないな。〇ェラ・モンデとか言わないよね。(なんじゃそれ)
やっぱ我が国に於いては何かとダメか。

「マセラティスパイダーザガート」の商品化中の個体。
”役”になってませんが:笑泣 とありますが、これはおいしい”役”です。
現状でも外装はキレイなので、ビシッと仕上がった際はそうとうな超絶オーラが
発揮されるものと思います。

(いつでも)乗れる、(維持費が)読める、こんなビトルボマセラティの世界は
マイクロ・デポ社でしか味わえないと思います。
安心感が違います。

練馬のHさま

昨日はコメントを頂きありがとうございました。

ドイツ車もここ10年程前までは細かなトラブルが頻繁にありましたが、クアトロポルテの其れはちょいと異なるもので、ほーこーいう事が有るのかと、却って興味が湧きました。

早速朝イチでヤ?セへ入庫しましたら、営業スタッフとサービスフロントスタッフがじーっと見ていました。

この営業所にはフェラーリやランボルギーニも入庫しますが、流石にマセラティ然もガンディーニの車両は初入庫だった様です。

少し目立つ外装色ですが、見かけない車両ですので周囲の目を気にせず乗れそうです。


 もとたこちゃん所有のスパイダーザガートを復活計画!Wさま、もう一台イッときますか?それともRyoさんかな?、いやいや、たこちゃんは定年?(デポにそんな規定あるのか?それに定年退職されたら困ります。)後に、全国ビトルボ行脚用に密かに取って置く!!
 「スパザガ」って略し方は、「スピマス」みたいな、「スマステ」みたいな「スパナポ」(こんな略し方しないか)、語呂ですね。ちなみに「スピマス」は、オメガ、スピードマスターです。「スパナポ」は「スパゲティーナポリタン」の勝手な略仕方。。。「グラスポ」はセーフですか、でもなんか他の良い呼び方があるといいんだが。。。「マセ」はダメなのはわかりますが、「フェラーリ」は、「F」って略してました。その流れでポルシェは「P」ちゃん。。。「エボ」は、三菱ラ○サーを思い出してしまいます。でもそっちは「ランエボ」か。
 我孫子のFさま、ヤ○セにガンディーニ クアトロポルテを持ち込んだとは!ヤ○セの人も確かに目が点?いや、目の保養になったでしょう!とにかく楽しんでください!

あ~~!懐かしい!!
初めてデポに伺った高校生の頃、横に乗っけていただいたのを鮮明に覚えてます!!
初めてのオープン体験がスパイダーザガートで、天井がない高級リビングな感じの不思議空間は強烈でした♪

おおっ静岡の方が又お一人増える?。有士が多くなれば、出張所とかできるんじゃないかな?、ムリ?。

ロッソのスパイダーザガート、まさに大人の雰囲気です。内装はタンかなアイボリーかな?一体、何台のスパイダーザガートが国内に現存するのでしょうか?
貴重な車です。

スパイダーザガート、当時赤で内装ベージュのMTが欲しく、ディーラーさんに
抑えておいて貰ったはずが超顧客さんに持っていかれてしまった悲しい過去が
あります。でもそんな過去を社長さんにお話したら、乗らなくて正解だったかもよ!
(笑)今20年の時を経て当時より安心して乗れるなんてありがたい話です。

スパイダーザガートには憧れを抱いておりますが貯金も乏しく複数台数を所有出来る身分ではありません。
ビトルボEに呪われた身としてはクルマは当面、現状維持かと。

…お題が見つかりました。
名称の省略・短縮形で、たこさまがコレは許せる、アレは許せんを裁くデポ大喜利。
格調高い名称は略したら怒られるんだろ~な~。

確かに「マセ」というと「おませさん」な感じ(おお、「お」がついている。)がしてしっくりきませんね。
でもまあ略称で話が通じる人が身近にいるということは羨ましいです。
我が家での呼称は「あれ」、「あのクルマ」、「あなたのクルマ」のいずれかですし、たまさか仕事関連ではじめて見る人ととの会話は、概ね
「これはなんという車ですか。」 マセラティといいます。
「これはフランスのクルマですか。」 いえイタリアです。
「いつごろのクルマですか。」 17年ほどになります。
「え、そんなに古いんですか。」 余計なお世話だバカたれ。
「壊れないんですか。」 いえ、練馬区の土支田というところに…
というふうですので…。

↑「余計なお世話だバカたれ」に夫婦で大爆笑。・・・スカっとそう云ってみたい(笑泣)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/52014582

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティスパイダーザガート・・・造り掛けなんですが:

« マセラティって納車にもドラマがある(・・・って、無くていい!:笑泣) | トップページ | 放課後を駄菓子屋で過ごすツユの午後 »