マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 角目ビトルボ用ヘッドライトベゼルの修理法 | トップページ | デポ近所の最新外食屋事情 »

2013年6月 1日 (土)

まったりとした土曜日

 ほっ・・・なんだか長い様な短い様な一週間がようやく過ぎました。昨日は、深夜12時ギリギリ更新で、せっかくの花金であるというのに寝ずに御待ち頂いていた常連読者の方々にはご迷惑をお掛けいたしました。

 りゅたろう先生は、あたかも「オレが説得したから”たこちゃん”もブログを書く気になった」くらいのコメントを寄せている様ですが、ワタシが二行書いたところで「長時間に亘るスカイプファイト!(笑)」が始まってしまったので、あのような時間の更新となってしまっていたのが実情であります。今日の先生は天草方面と熊本を巡ってのお墓参り二連発の御予定なのだそうなので、スカイプもお休みです(あー、今日こそはハヤく寝られるゾ:笑)。

 本日午前中、そんなりゅたろう先生の147GTAのシートをクリーニングしていたところ、「こんにちはー、シャチョーさんですか?」とお声が掛かり、どなただろうと思いつつ見上げますと「愛知県の半田から来ました」と仰られるので「半田のHさんですね?」「そーです!いきなり来ちゃってすみません」・・・このブログに時々コメントを寄せてくださる「半田のH」さん(お土産をわざわざ有難うございました!)が突然マイクロ・デポを来訪されたと云うワケです。

 想えば、昨年の正月休みにたまたま訪れた半田のハナシをブログに書いた(久しぶりに”再放送”を御覧になって見れば?:笑)折に、コメントを頂戴したところからの御縁ではありますが、よくよくおハナシを伺いますと、アルピーヌV6ターボルマンとBMWM3を足にされていると云う気合いの入りまくった(笑)方で、そういった方のお目に留まったことこそ僥倖と云わずにはおれませんね(本日のブログねたにさせて頂いてすみません)。せっかく遠方よりわざわざの御来店ですから、この機会にビトルボマセラティに関する細かなおハナシをさせて頂こうと、お忙しいところを長時間お引き留めして却って申し訳ありませんでした。

 夕方までに、クアトロポルテエボV6(我孫子のF様号)のリフトアップ整備も完成。222 4v(Wさま号)は鈑金工場にイレて打ち合わせもしてきました。日没までは147GTAの内装クリーニングを続け・・・

 ちょっとシアワセな気持ちを感じつつ、珍しくもまだ空がビミョーに明るいうちに家路につけた、淡々としつつも充実していた土曜日ではありました。まったりと過ごす週末の夜です。

 それじゃー、また来週!皆さんも良い週末をお過ごしください。

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 角目ビトルボ用ヘッドライトベゼルの修理法 | トップページ | デポ近所の最新外食屋事情 »

コメント

あらま、半田のHさまはスゴイ経歴をお持ちですね。
完全に常連化(笑)されてますので、新規お客様であることを忘れていました。
実際に本社を訪れて、いい経験になったのではないかと思います。

こういうお話、いいですね。
たこちゃん、やっぱりブログ続けていてよかったと感じたひとときではないかと思います。
りゅたろう先生もお墓参りニ連発か。
よし、ワタシもいいこと心がけよう。

半田というとあれですね、千葉から下道で400㎞を13時間かけて行かねばならぬという、しかも1月でもずっとオープンで(再放送拝見しました)。
「徳は孤ならず必ず隣あり」というにはちと遠い隣ですが、クルマ好きのすべての道は土支田交番(の裏)に続いているのですね。きっと。

どうぞたまにはゆっくりとマッタリしていただければと。

今日は突然のご訪問にも係わらず、濃~いお話をありがとうございました!
あっという間に時間が過ぎ、お昼までお呼ばれしてしまい(鴨せいろ美味しかった
です!濃口好きの愛知県民にピッタリでした)すみませんでした。

愛知では殆ど見かける事もなくなってしまった(当時からあまりいないか)ビトルボ
マセラティを沢山見せて頂きもう大感激!!今夜寝れるかな??(笑)
オイルパンの低さやヒューズボックスの作りに驚き、センターパネル裏側の木目
や曲線に感動、そしてマイクロ・デポさんの拘りにはただただ敬服するばかりでした。

まだまだマセラティについては未熟者ですので、先輩方の濃~いコメントについて
いけていませんが、いつもブログはコメントも含め勉強させて頂いてます!
これからもどうぞ宜しくお願いします!

本日は気候も良くお仕事も順調のようで何よりです。

半田のHさま、マイクロデポの敷居は低く、たこちゃんの話は面白かったですよね。
…そうであればデポの洗脳は既に開始されているのであった。
みんな仲間、仲間!

↑RYOさま、私も洗脳された一人なのかもしれません。
半田のHさま、お疲れ様でございました。
全国にどのくいらいのデポのお客さんが
いらっしゃるか分かりませんが、東海地方はまだ近いほうなんですかね??
もし愛知県内でマイクロ・デポステッカーの貼ったマセラティを目撃したら感激
すると思います。

半田のHさま、アルピーヌV6ターボルマン+M3(E30?36?46?90?)、とは羨ましい。ルマンは日本に50台?、今何台くらい生き残っているのでしょう?。これといった演出も無いPRVのV6がリアに積まれるとなんとレーシーな眺めになることでしょうか!、特にルマンはノーマルから拡幅されたボディ、トレッド、ヘッドライト周りの造形が、カリフ→シャマルへの変遷とだぶって見えます。

昨夜はやはり寝つけずCG読み返しました(笑)

RYOさま
仲間!ありがとうございます!既に電話で洗脳されていましたが、行ったらもう
ノックアウトですね。敷居が低いといいますか、自分のレベルでお話ししてもらえて
分かりやすかったです!


みっちさま
何気ない街を散策するのも好きなものですから、帰りは違うルートを教えて頂き
バスや電車を乗り継ぎあっという間に愛知でした。途中スカイツリー見物しました
が・・・(笑)

一松さま
M3はE46です。昨日シャマルを見せて頂き自分はブリスターフェンダーフェチと
確信しました。ルマンは正規国内は50台と聞いています。うちのはブルーで
これが確か30台。あとはワインレッドとスカラベが各10台だったと思います。
国内現存は全体で約半数位ではないでしょうか。
シャマルとルマンの変遷似てますね。当時の雑誌でよく比較されてましたよね。

私もアルピーヌV6ターボに乗っていました。
強烈な加速、フルスロットルでの浮遊感は独特のものでした。
何度も(3回くらい)サイドミラーをガードレールにあてて折りました。
お金が無いのでガムテープで留めてましたよ。
派手にスピンして崖から落っこちそうになったのもこの車でした。
ものすごく粘るし、絶対に曲がるんですが、自分の方が恐怖心に負けてアクセルを緩めたりブレーキをちょっと踏んじゃったりすると、強烈に破綻します。
でもいい車だったなあ。
すごくいい車でした。

 半田のHさま、「デポに入らずんば、ビトルボを得ず」ってことですね、デポ毒に侵されてきています、抗デポ血清であるビトルボを購入しないと。。。おめでとうございます?!
 しかしアルピーヌV6ターボルマンとM3とは濃いー車種ですね。そこへ、またまたりゅたろうさまのそれ持ってたヨ~発言とは。
 土日は、マセラティオヤジ達と一泊でツーリングでした。コメント遅くなりすいません~

りゅうたろうさま
ちょうどアルファを綺麗にしている所にお邪魔してしまい、お仕事を遅らせてしまい
ました。すみません。V6ターボ乗られていたんですね!まさに限界がないかの様な
コーナリングは、自分もアクセル戻して半回転した事があります。
車内からは電動で開くドア(エマージェンシーなければ確実に閉じ込められます)や
扇のような形状で外側から内側に拭くので集まった水は真ん中に垂れ落ちるらしい?
(雨の日乗ってないので)ワイパーの動き。なんでわざわざ?と思う所が多々あり
ますが、当時フレンチロケットと言われたこの車は手放せそうにありません。


練馬のHさま
マセラティばかりでツーリングですか!?もう愛知では1台でも見かける事は殆ど
ありませんから凄い光景でしょうね。良い一台が見つからないかな~と気長に
待っている次第です。当時スパイダーに縁なく乗り損ねたので、今度こそ!です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/51868743

この記事へのトラックバック一覧です: まったりとした土曜日:

« 角目ビトルボ用ヘッドライトベゼルの修理法 | トップページ | デポ近所の最新外食屋事情 »