マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« とりあえず「お礼」と「お詫び」を交互に云いまくるだけの土曜の夜 | トップページ | さあ!ダッシュボードを降ろそう!! »

2013年7月 1日 (月)

懐かしい特撮三連発

 そりゃそーと、今年のツユは少なくとも東京練馬では「からツユ」に近い状態なのかな。2月~4月の方がよっぽどツユっぽかったけど、雨が降らないのは、お待たせしている作業を少しでも進めたいと日々願うワタシにとっては却って有難いコトなので、一日中目一杯の”屋外現場仕事”に従事する事となり、朝一番から日没までずーっとオモテに居るせいで、日焼けと虫さされでカラダ中ハレハレ(笑泣)になっております。よく見るとイタいワケだよ、左右の指先もハーレハレ。まぁ、ワタシの”ハレハレ度合い”が進むにつれ、お客さんのクルマはバリバリ(笑)になっていきますから、やはり、やりがいはあるシゴトだよな。

 今日もデポ場内では、「浜松のMさま」カリフのエアコン真空引き&ガスチャージ作業と、エアコン高圧ホース交換のためにはずした右の目ん玉ユニットの取り付け。「Uさまビアンコエボ6」の継続車検整備が粛々と進み、ワタシの方は「文京区のDさま」クアトロポルテV6の外装仕上げとダッシュボード降ろし準備作業をばジクジクと進めておりました。

 あーもう、月曜日から両腕ホゲホゲなので、”今日はとびっきりの小ネタ(笑泣)”で御機嫌を伺って、ごまかす(笑)コトにいたします。

 実は現在のワタシん家では、Youtubeの東映特撮(公式)チャンネル(いきなり音出ます、注意!)がマイブーム。”特撮バカ”のたこちゃんズにとっては、この上も無い贅沢な”迷作”メニューの数々を無料で(しかも、今どき合法的に:笑)見るコトが可能です。以下いずれも”音出ます、注意”です。ここには現在宇宙刑事ギャバン(若き日の叶和貴子がイジョーなの)なんかの人気どころもあったりするのですが・・・。

 只今アップ中動画の中でお奨めは、なんと申しましても「仮面の忍者赤影ウィキ解説)」と「有言実行三姉妹(シスターズ)シュシュトリアンウィキ解説)」、そして「5年3組魔法組ウィキ解説)」のファンタジックな三作品ですね。

 「赤影」は、子供の頃にはほとんど見てなかった(面白さがイマイチ理解出来なかったのでキライだった)のですが、今見るとその荒唐無稽さがむしろ心地よいくらい。足利将軍が出てくるし、”豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎であった頃”なワケですから、室町時代末期、安土桃山時代の萌芽の頃と云う時代設定のハズなのですが、巨大ロボは出てくるわ、UFOは出てくるわで、もー考証もへったくれもありません。現在50前後のトシあるね関係者の方々には懐かしい映像であるコトでありましょう。

 「シュシュトリアン」はハッキリ言って”超クダラネー”な設定なのですが、不惑を過ぎた方々が見ると、非常に考えさせられる”カリカチュア”の数々が魅力的な、ちょうどバブル景気がハジけた20年前の特撮ファンタジーモノです。ロケ地がほとんど光が丘公園内や旭町など現在のマイクロ・デポ周辺(冒頭主題歌のタイトルバックで”お母さん”が犬にオシッコを引っ掛けられるシーンにおいて背景に映る白い建物は二年前までワタシが仮住まいにしてたアパートだったりするし:笑)であるところも”デポフリーク(笑)”にとっては見逃せないポイントです。”御教訓モノ”なので、人生にお疲れの時には結構効きますよ(何に:?笑)。

 「魔法組」は、いつもおもちゃ屋の隅でホコリを被って売れ残ってたプラモデル(マジッカー→大概”強プレミア”になっている”70年代キャラプラモ”の中にあって、今でもたいしてプレミアが付いてないのが、より一層の哀愁を漂わせております)が懐かしい作品。この番組のおかげで”3組”のヤツが羨ましくってしょうがなかったモノです(ワタシゃ4組だった:泣)。

 今日は久しぶりに”懐かしい想い”を抱いて寝よう。それじゃー、また明日!

 それじゃー、また来週!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« とりあえず「お礼」と「お詫び」を交互に云いまくるだけの土曜の夜 | トップページ | さあ!ダッシュボードを降ろそう!! »

コメント

東映特撮物、どれも初めて見ました(時間が時間だけに、さわりだけですが)。
意外と言っては失礼、確かに面白い。
休みの日にじっくり見るとしましょう。

ちなみにギャバン、”若き日の叶和貴子がイジョーなの”に納得(笑)。

がやがやとうるさい廊下を足早に歩いて引き戸を開けて教室の中に入る。
いっ、もっとうるさい。
ぼくは教室の一番後ろを通って窓際の席に座る。
鞄から教科書を出して、昨日買った「サブカルで人生を乗り切る方法」を机の上に置く。
携帯にイヤホンをつないでスイッチを。
聴くのは勿論ブラックサバスの新しいCD、”13”。
昔のブラックサバスなんか知らないから、相当なベテランバンドだっていうけど、まあ、僕にとっては新人バンドだね。
でもそーとーいいわ、これ、へヴィだわ。
キャリア積んだじい様たちのうるさいことsign01
ブンブン、ギュンギュン唸ってる。
「おい、岡ちゃん、何読んでだよ?えっ、なんだこれ?サブカルで人生乗り切るなんて、おめー堅実に生きていきますって面シテやがんのに、ナニ、これ。そーいやおめー、昔のちゃっちい特撮もの好きだもんな。それにしても暗かねぇか?」
「ほっといてくれよ。ナニ読んだって僕の勝手じゃん。伊藤、返せよ」
「ああ、もう油でおでこギラギラさせやがって。ほら、返すよ」
こいつに呪いあれ、呪いあれ、呪いあれ。
お前らいつか魚雷で轟沈してやるsign01
蜘蛛の糸が降りてきたら僕は誰よりも早く上ってやる、お前らが気付かないうちに。
ああ、地蔵になりたい…ふと、みんなが僕を見てるのに気が付いた。
「おい岡谷、クラス委員だろ、ちゃんとしろsign01
げぇっっ、担任の渡辺だ。
「あっ、はい、みんな起立sign01おはようございますsign01
あちこちからくすくすと笑い声が聞こえる。
魚雷だsign01魚雷sign03
ああ、疲れるなあ、早く帰って「シュシュトリアン」を観たい。
あれには人生の真実が隠されてるからな。
「忍者赤影」のブチ切れかげんも僕を癒してくれるよな。
伊藤の奴、「馬鹿じゃねえの?」の一言で済ませやがった。
あ奴の人生にはきっと数多の苦難が待っているであろう…呪いあれsign01
幼稚園から一緒だけど、僕は容赦しないよ。
あいつの頭ン中はおっぱいしか詰まってねえもんな。
ギターかき鳴らして「俺はおっぱいメーン」なんて歌ってるようなチョー低能だ。
ちったぁ真面目に人生考えろよ、って言いたいよまったく。
伊藤の奴、この間菊ちゃんの胸を触ろうとして派手にビンタくらってたなぁ。
僕の呪文が届いたな。
菊ちゃんにはなんぴとたりとも指一本触れさせないぞ。
ああ、菊ちゃんも現実世界に戻ればいいのに。
一緒に「クロユリ団地」、観に行きたいなあ。


その後伊藤は某有名医科大学に進学し、岡谷は某チョー三流大学に進学したのであった。
だがしかし、その後も二人は親友であったという…

ギャバンと赤影とキューティハニー(←コレは余計か)は覚えております。
幼稚園から小学生の頃にかけて放映された番組なので記憶が朧気です。
パソコンの故障は液晶割れでした。マイナーメーカーの安価品のせいか修理に1ヶ月かかるとの事。…したがってしばらく動画はお預けです。残念。

岡谷君と伊藤君の友情と腐れ縁の物語…いい話だなあ。

 「宇宙刑事ギャバン」はなんとなく覚えとります。「仮面の忍者赤影」は「がってんがってんしょーち」というのが流行ってました。「有言実行三姉妹シュシュトリアン」は覚えていませんね。「5年3組魔法組」も記憶にないな。団しん也が懐かしい。。。
「アバクラタラリン クラクラマカシン」ですべてがうまくいくといいな。
 岡○君と伊○君は幼馴染だったんですね。それである日練馬のお店で、社長とお客という立場で再会する!今ではスカ○プで夜な夜な遠距離居酒屋を展開中ですか。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/52264575

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい特撮三連発:

« とりあえず「お礼」と「お詫び」を交互に云いまくるだけの土曜の夜 | トップページ | さあ!ダッシュボードを降ろそう!! »