マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« セミしぐれ | トップページ | マセラティ222SRの咆哮を聞いてください。 »

2013年7月31日 (水)

匍匐で全力疾走の日々(油も目にしみるゼ:泣)

 あー、やっぱり「本ネタ」はヒキが弱い(そりゃ毎回クルマの裏側ばっか見せられてもつまんないモンなぁー:泣笑)なと、一昨日のコメント欄の”盛り下がり(笑)”具合を見てつくづくそう思うワケなんですが、ホントは「マセラティ222SRの裏側拝見」とか、同車の「爆走シーン付きYoutube動画」とか、「クアトロポルテV8のスターターモーター交換手術風景」などのネタ仕込みはここ最近しておいたんですけどね、しばらく封印しよーっと。・・・何かモチベーションが上がんねーなー、暑いし。

 と、云うワケで、今日のワタシは本家ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方に新入荷車の「マセラティ222SR詳細説明コーナー(頼むからコレだけはとりあえず見てね:笑)」をこしらえ、そしてチカラ尽きました。

 大体夏休み直前モードの真最中の月末で、集金人やら、金融機関のヒトやらが代わるがわるごったがえす中で、222SRの写真撮って・・・走行シーン付き動画撮って・・・クアトロポルテV6(渋谷のSさま号)のエアコン直して・・・クアトロV8(湯河原のNさま号)にメーター付けて試運転が済んだら・・・クアトロV8(川崎のKさま号)のスターター交換の続きをやりつつ・・・430最終型(磐田のFさま号)の外装仕上げにも及び・・・夕方には320iA(名古屋のKさま号)を陸送出荷・・・はぁはぁ、大概ここのところの毎日がそんななんです(笑泣)。 

 あと10日か、あと10日頑張れば・・・気が付けば明日から8月ぢゃん(毎年進歩ねーなー、オレたち:笑泣)。とにかく匍匐だけど全速力で肘が擦りきれるまで頑張りまーす!ヨ。今日は小ネタで失礼!

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« セミしぐれ | トップページ | マセラティ222SRの咆哮を聞いてください。 »

コメント

ああ、綺麗なギブリの腹、そりゃ食い入るように見つめておりましたとも。
でもですね、それにひきかえうちのはなあ…と思ったり、まあ走行中の腹摺りは止むを得ないと思っているのですが、コインパーキングとかスロープとか、エアコンのこともそうですが運転手のせいでつかなくてもよい傷をつけてしまっているというのはなあ…と考えこんだりしておりました。
このところ仕事もバタバタで走りにもいけないし、そもそもこの暑さではちゃんとは走らせられないし。って、おう愚痴になってしまいました。すみません。

遅ればせながらWさま、4v納車おめでとうございます。新しい世界が垣間見えそうで楽しみですね。

日々の努力にホント頭が下がります。
土曜お会いした際、夏休みまでにあと4台納車できればと申してましたものね。
匍匐で全力疾走、そう誰にでも出来ることではありません。
これがデポの魅力だと思います。

仕込みネタ、また後日是非披露してください。
祝222SR商品化。

↑おぐさま、有難うございます。
お仕事大変そうですが、お互い頑張りましょう。

 暑い日が続きますね。今夜はちょっと涼しかったですが。夏休みまで後10日少しです、どんどん予定通りに納車されていくことを願います。変なトラブルが出てしまわないことを祈りましょう。人外魔境の車たちもそれぞれ手強そうですから。
 マセラティ以外の車たちの下回りも興味があります。まず見ることがないですし、ビトルボ各車との比較もできますしね。最新のFは、ほとんど覆われていてみられませんが、古い車たちはお腹見せてもらえますし。羽根組とか、四輪組とか、星組とか、馬跳組とか、牛組とか、いろいろな車下回り図鑑かけそうなくらい。そのうち下回りで車種までわかったら凄い(単に変なだけか)。

本ネタの引きは弱くも無く面白い内容ですよ。ですから、たまには本ネタやってくださいね。

匍匐での全力疾走に頭が下がります。漫画家の板垣K氏曰く漫画を速く描くコツとは「ひたすら手を速く動かす事」なのだそうです。

デポの仕事に通ずるものがあります。
仕事の質にこだわるのであれば手を抜く事が出来ないので匍匐で全力疾走するしかないのでしょうか。

みにつまされます。


ところで、故障したパソコンの修理がようやく完了したとの事で、週末に引き取ったら本編222SRの章を読むのが楽しみです。

暑い中お疲れ様です!
新しい妻車を楽しみにしております。

デトマソマセラティは、バックヤードビルダーが造ったような感じが魅力ですね。SRは、あれこれやってたら、こんなんなっちゃった感がいいです、サイドのフォルムからは、あんなアグレッシブな顔だとは思わないです。後方ローアングルからだとエスプリっぽいなーと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/52685644

この記事へのトラックバック一覧です: 匍匐で全力疾走の日々(油も目にしみるゼ:泣):

« セミしぐれ | トップページ | マセラティ222SRの咆哮を聞いてください。 »