マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« さあ!ダッシュボードを降ろそう!! | トップページ | にゅーデジカメ(笑)が速攻でヤッてきた。 »

2013年7月 3日 (水)

デジカメ、あぼーん(泣笑)

 うー、このブログやウチの動画サイトを”ヘビー”に御覧くださっている常連さんの方々にはウスウス気が付かれちゃってたとは思いますが、時に画像や動画に”モアレ”と申しますか、”シミ状の斑点”が何時の頃からか出る様になってしまっておりました。特にソレは光学ズームを使用した場合に顕著にあらわれていたので、せっかくのキレイなマセラティもコレじゃー”台無し”だよなといつもヒソカに思ってたんです。

 ソレでワタシもこの問題がなんとかならないものかと、ここのところずーっと思案しておりまして・・・コレが単純にレンズ表面の問題では無くて、内部の多層レンズや光学フィルター表面のヨゴレによるものと断定し、本日思い切って分解清掃作業に及びましたが、液晶とメイン基盤をつなぐ”フレキ”部分も断線しているコトが先ほど判明し、”パナソニックLUMIX DMC-FX150”型デジカメは速攻で退役となるコトが確定してしまいました。かくして、昨日アップした”クアトロポルテ後期型のダッシュボード降ろしの図”動画が彼の「遺作(笑泣)」と云うコトに急遽決定してしまいました。この五年間、日常のシゴトに、旅のお伴にとスッカリ手に馴染んでいたカメラですが、別れは唐突に訪れてしまいました。

 ああ、ワタシの日常業務にとっては”命のデジカメ”ですから、早速後継機はオーダーいたしました。同じメーカーのモノですが、今後しばらくの間は、少しはまともな画像をお届けできるかなと期待しております。

 次、”マセラティ微妙小ねた”イッてみましょう。

 昨日の「練馬のH」さんからのコメント・・・

 「ダッシュボード降ろしも、同じクアトロポルテといっても、生産時期によって微妙-に違ったりしているのでしょうか。」へのお答え。

 ガンディーニルック・クアトロポルテにおいては、97年前半くらいまでの前期型V6とエボ前後期型、そしてエボ系では、まったくと云っていいほどに段取り(分解工法)が違います。前期型V6においては、すべてのメインハーネスがダッシュボードの裏にメインヒューズボックスごとくっ付いてきちゃいますので、山ほどのカプラーを解き放つ作業が(組みたてる時はそのひとつひとつを確実に念入りにチェックしながら締結する必要があります。→コレはギブリⅡ中期型以降も同じ理念です。)追加されます。ハッキリ云ってハチャメチャに難しいです。他所でブロアーモーター交換歴のある個体をバラすと、大概「こんなんで、ホントにいいんかい?」なコトにそこかしこがされちゃってます。バルクヘッド側からの攻撃方法も、昨日の後期型やエボ系では、画像の通りの位置にボルトのアタマが出ておりますが、デ・トマソ時代のビトルボ系マセラティ同様に、前期モデルでは、一旦ワイパーユニットを降ろしてから、その奥にあるロックナットを攻めるヤリ方となってました。さらにダッシュボードのウインドーに近い部分が別ピースのパーツ割となっており、コノ部材を留めているナットもバルクヘッド内から勝負しなければなりません。前期型クアトロポルテや、デ・トマソ期マセラティの方が、”手数”と”作業スキル”を必要とする(特に再組み立て時には)コトは云うまでもありません。まっ、このあたりのおハナシは、新しいカメラがやってまいりましたら、またまた存分にお届けしようと思っておりますので乞うご期待であります。

 それじゃー、また明日!

2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« さあ!ダッシュボードを降ろそう!! | トップページ | にゅーデジカメ(笑)が速攻でヤッてきた。 »

コメント

さすが、デジカメを分解清掃作業してしまうとは。
デジカメの5年間の進化はこれ如何に。
やはり軽くなっているのかなぁ?

私もてっきりレンズ表面の汚れかと
思っておりました。
この機会にスマホにしてしまうのも手ですね。
既に導入済みでしたら、すみません。

 ご回答有り難うございます! やはり時代により色々変遷しているんですね。一応、時の流れとともに、ダッシュボード下ろしも、手数の減少と作業スキルの簡便化が計られていると考えていいんでしょうかな。大難は小難に、小難は無難にと。。。でもこのビトルボマセラティの無難は相当大変なんだろうと推測します。。。
 電気製品の寿命はやはり5年前後でしょうか?私の仕事場のPCも先日お亡くなりになりました(泣)。まあ10年以上使用していましたので、仕方ないのですが、最後のバックアップが4月中旬っていうのが、痛恨の極みであります。自宅のPCも一度HDがいき、乗せ換えていますが、購入して9年になります。色々なアプリに対応しなくなっていて限界ぎりぎりです。だからブログの動画を見ているとアプリがシャットダウンしてしまうこと良くあります。前のデジカメは使えるのですが、内部にゴミがはいっていて、いつも黒い点が付いている写真になるため新しいのにしました。今のものは、修理出すより買い替えた方が良い時代です、なんだか寂しいですよね。。。

デジカメの分解清掃、さすがです。
そのうち家電の修理も請け負ったりして。
ダッシュボードおろしの分類の考察も専門店ならでは。数をこなした人でなければこれほど語れませぬ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/52297562

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ、あぼーん(泣笑):

« さあ!ダッシュボードを降ろそう!! | トップページ | にゅーデジカメ(笑)が速攻でヤッてきた。 »