マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« メイド・イン・ジャーマニーの裏側にもセマってみよう | トップページ | それぞれの心の中にある懐かしの遊園地 »

2013年7月23日 (火)

雷雨に打たれて考えた

 うわー、今日はもう早朝から湿気てるわぁー、と思いつつ、作業中に全身から吹き出したる汗が乾いては濡れ、乾いては濡れを三回ばかり繰り返し、いい加減にカラダ中がカユクなった頃(きったねーなー:笑)、一天は俄かに掻き曇り、「ごろ・ごろ・ごろ」とカミナリさまが遠くで太鼓を叩いております。そのうち大粒の雨がボタボタと・・・そして”ちゅどどーむ!!”とバケツひっくり返し系のドシャ降りになりました(姪児さんと甥児さん連れて、”豊島園”に行ってたハズの「練馬のH」さんは、大雨大丈夫でしたか?:泣笑→と、あとから昨日のコメント欄見たら、大丈夫だったみたいですね。ヨカッタヨカッタ)。面白いから豪雨の中をオモテに出てみますと、まさに豊島園のハイドロポリスの中を進むに似た”360度全部が水中(笑)”状態なのですが、気温は36度をキープしていると云うなんとも凄まじい気候。事務所にあがると、オモテはドシャ降りの雨なのに、室内のエアコンはほとんど効きません(真下に座ってるのに:泣笑)。とにかくやけくそ気味にウスラ暑いのダケは、そろそろ御勘弁願いたいモノです。

 やけくそモードのバケツ雨は15分ほど続きましたでしょうか、しばらくパラパラと天気雨が降り、そのうちにやみました。20分程経ってオモテのバス通りを見ますと、さっき冠水するほど雨が降ったハズなのに、気温が高いせいなのでしょう、もはやスッカリと乾いておりまして「なんじゃ、こりゃ」とアキれたものです。

 「さあさ、作業再開再開!」と締め切っていたシャッターを開け、雨で中断していた、先程やりかけのホイール洗いをしておりました。ひと通りが終わりかけ、ツヤ出し剤をブッ掛けていたワタシの額にひとしずく。「エアコンのドレーン水でも落ちてきたかな?」と一瞬思う間も無く、またまたいきなりのバケツ雨が”ちゅどどーん!!”と落っこちて(まさに:笑)まいりました。ハヒハヒとズブ濡れになりながら撤収。

 一発目の雨が降っている間に、仕方が無いからと”買出し”に出掛けていた弟さん方がそこに帰ってまいりまして、「ここだけだよーこんなバカみたいに降ってるの。帰ってきて笑った。三郷(埼玉県)の方とか、どピーカンだったよ」なんて云ってます。どうも、練馬区旭町と埼玉県和光市の頭上に掛かる雨雲は、上と下とを行ったり来たりしているだけの様です(循環、早っ!:笑)。ソレもコレも、豪雨が降っても一向に気温が下がらないせいに違いありません。なんかヘンなの!

 まぁ、小学校の理科の時間に鼻○ソほじって授業に出てた報いにより、ワタシなどは気象に関しては基礎知識のようなモノすらも持ち合わせておりません。ソレでも毎朝起きますと、すぐにテレビのスイッチを入れ、とりあえず天気予報コーナーを見ます。微妙な美貌の(笑)若い”おねーさん気象予報士(ふたりいる→どっちもビミョー)”だとちょっとウレしいものですが、”にーちゃん”や”おっさん”が出てくる日もあって、ちょっと損した気分になる場合があります(笑)。ところで最近、天気のピンポイント的な予報は、コドモの頃では考えられないくらいの精度になっていますね。実際、今朝の天気予報(微妙な”ねーちゃんA”)も「晴れている様に見えましても、午後からはところにより急速にカミナリ雲が発達いたしますので、急な雷雨にはお備えください」くらいのコトは云ってた様に思います。

 一日中、今にも雨を降らそうと云う見た目の暗雲が頭上を覆い尽くしていても、一向に降ってこなくてそのまま済んじゃうコトもあれば、いわゆる「きつねのヨメ入り(天気雨)」と云う現象(今日の”一発目”豪雨の最終段階がそうだった)もあるワケで、地上や海水などから蒸発していったん気化し、空中高く立ち上った”水分関係者”の方々は、如何にすると、液化して地上に落下して来るのかが、まず不思議。また、その「もうガマン出来ん・・・降っちゃうヨ!」という臨界点的なモノ(条件)って何なんだろう。なんだかオボロゲな理科の授業では、確か雨でも雪でも空気中の塵を”コア”として生成され、落っこちてくるのだといったハナシだった様に思うのですが、雨や雪にも色んな種類があるじゃないですか。霧雨もあれば、今日のみたいな超大粒(というか、バケツ:笑)の雨もあり、粉雪があればボタン雪なんてのもあります。あー、だから二発目のヤツはいきなり”バケツ”なんだぁー。空気中に塵なんかほとんど無いハズだもんな、一発目で流されて。

 だいたい、カミナリ様と夏の積乱雲と云うのはセットになってるんですかね。とりあえずは向学のために、なんか調べてみようとウィキペディアの”雷”の項を眺めていたら、”雷に関連する作品・命名等”と云う”とって付けた様な項目”があって、さらにその中には”自動車・オートバイの車種名(レビンだ・トレノだ・・・)”とか”航空機(雷電だ・紫電だ・サンダーボルトだ・ライトニングだ・ビゲンだ・・・)”、しまいにゃ”テレビ番組(イナズマンだ・・・なんでサンダーマスクやサンダーバードは無いの?:笑)”なんて小項目が・・・。コホン、今日はどちらかと云えば気象関係のハナシでしたね。

 はやり、科学の発達していなかった大昔に生きたヒトビトは、種々の自然現象には神がかり的なモノを感じ、それはそれは畏怖していたコトでしょう。「カミナリさんにおヘソとられるよ!」とか「お天道様に申し訳ない」とかね。でも、率直に言って、コレは”自称科学の発達した”今現在でもそうであるべきであるよな気がいたします。科学の進歩で大自然を征服しただの、宇宙にコロニーを作るだのと云ったハナシは人類の奢りであるのかも知れません。やはり大自然のチカラには人間などまだまだあまりにも無力。だいいち、月にはかぐや姫が居て、ウサギが餅ついてると信じてた方がどう考えても楽しいしな。

 いやはや、降ってくるのが当たり前だと思っていました”雨”ですら、ワタシなどにはその降雨メカニズムすらも分からないんですから、あらためてスゴイもんだなと思いますが、そういった人類有史以前から「初めからあるべくして、そこにあったと思われる」モノ、気象のメカニズムも含めて、生物や植物の生態や、化石燃料の所在や埋蔵量と地層・地域の関係、それらと人間がどのように影響し合って歴史を刻んできているのかなど、何か総合的に考える学問の在り方があるといいのになと思います。で、そこのところをあんまり深く追求していくと”修行”しないと分からない方向に行ってしまうと云うのも、さもありなんで、そのくらいに「初めからあるべくして、そこにあったと思われるモノたち」はすべて崇高なモノに思える今日この頃なのです(トシとったあるかな?:笑)。

 夜になって星や月を眺め、ソレが地球上のすべてを同じように照らしているのかと思うと急に親近感も湧いてまいりますし、明日へのチカラも漲ってまいります。曇り空では月も星も隠れちゃう。ソレをも「ああ、織姫とひこ星、今年はダメだったのね」とロマンティックなおとぎ話にしちゃうのがムカシのヒトのいいところ・・・あっ、ところで幾らワタシでも、季節や南半球と北半球の違いで、同時刻に見てる星座が場所によって違うコトくらいは知ってますよーだ(笑)!

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« メイド・イン・ジャーマニーの裏側にもセマってみよう | トップページ | それぞれの心の中にある懐かしの遊園地 »

コメント

いつもお世話になります。

自然は素晴らしく、人智の及ばない壮大なものです。
人間も当然その一部で、素晴らしいものです。
その人間の造ったMASERATIも素晴らしく、マイクロ・デポも全く素晴らしいものです。
いつも本当に有難う御座います。

追伸:ダメオの集い、MさんOKだそうです。

↑おお、珍しいぞ「ひこうきハンチョー」どの。今年の”夏ダメ男”も盛り上げてまいりましょうね!

たこちゃんに深遠な思惟のきっかけをもたらした
二度目の雷雲のおかげで、
本日の帰宅ランを断念せざるをえませんでした。

東京アメッシュ、見てるとだいたい予想がつきます。
降雨の原理は全く存じませんが(笑)

九州飛行機の震電(←たこ様プラモを所有)、カッコイイなあ。

自然現象を司る法則に畏敬の念を表します。
そしてマセラティを始めとするクルマ道を極めつつ森羅万象を追求する飽くなき好奇心と探求心のマイクロデポは素晴らしい。


最近、量子論と宇宙論の本を読んでおります。
八丈島では川合光氏著「はじめての〈超ひも理論〉」を読んでおりました。
数学・物理が大の苦手で殆ど理解出来ないのに内容はとても面白い。


いやいや、人生って奥が深いなあ。


怪奇蜘蛛男に一票(ライダー怪人総選挙)。

本日の雷雨、大変でしたね。
当方出張時に出くわしましたが、ちょうど客先到着後に土砂降りとなり
帰りには止んでましたのでラッキーでした。

一雨降って涼しくなればよいのですが、ムシムシしてなかなかうまくいきませんね。
明日(日付変わって今日)も雨が降るようですが、上空に冷たい空気が流れ
少しでも気温が下がり作業がはかどりますように。

 タイトルが最近微妙に焦りますね、昨日は「メイド・イン・ジャーマニーの裏側にもマセ→セマってみよう」で、今日は「雷雨→雷鳴に打たれて考えた」(なんか雷が落ちたように一瞬勘違いを)。。。 
 ちょうど黒い雲が広がり始めていたので、帰りたがらない姪を急かして帰宅の途につきました(その前にロボットイルカ5分300円とのびーるアイスで黙らせて)。その10分後には土砂降り!タイミング良かったです。豊島園ではひたすら波のプールと子供用プールばかりにいて、温泉のように浸かっているだけ!でした。
 面白いのが、松○しげる並に黒々と焼いているオ○さんやら、●バさんやらが数名いましたよ!毎年ここで焼いてんのかな?!これもまた不思議な世界。たった一人できてひたすら焼いているんですから。。。
 昭和の時代は、夏といえば、だいたい夕立があり、夕日に虹がかかり、その後涼しくなった記憶があります。今年はあまり蝉の鳴き声が都心では聞かれませんね。これからかな。。。
 デポ付近は、やはり環八雲の影響で積乱雲が発生し、ゲリラ豪雨が発生しやすいんではないのでしょうか?今日も、方向的には豊島園の西から南西方向から黒い雲がやってきていました。
 明日は過ごしやすくなりますかね。

ウチの方では、この頃雨が降りません。ここ数十年、夏は水不足になることが多く、普通は茶樹に潅水はしないのですが、水撒きに走ることもしばしば、なんといっても広いので2000Lタンク×2を載せたトラックで行ったり来たりしました(私は引退しましたので、もはや思い出)。今日は降るかなぁ?。

あぁ「夏の祭典」は仕事始めで行けません、冬には是非!。

ところで、「AKB48・2013真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~」に行ってきました。
そりゃもう、とんでもなく素晴らしかった。
何が素晴らしかったって、一生懸命に「本気(マジ)」そものの姿が素晴らしかった。
広島のクソ溜めみたいな16歳がニュースを賑わせていたけど、あのクソども、気分が悪いったらありゃしねえ。

AKBには光と影、スポットライトを浴びるメインステージと奈落がある。
明確な格差と階級社会、現実。
誰の目にも明らかです。
その奈落で、一生懸命に手を抜かず、笑顔を振りまきながら踊っている、サブメンバー。
無論、名前も知りません。
総勢161人のうち、一体何人が生き残れるのだろう。
だがしかし、彼女たちも本当に輝いていた。

俺はどうしょうもなくうらやましかったぜ。
だって、あんな十代を過ごしてこなかった。
斜に構え、何もない自分を防御することに心砕いていた。
チクショー、って思わず言ってしまうぜ。
並みいる知識人の心を鷲摑みするわけだ。
全てをさらし、衆人環視の中、報われないことに一生懸命に努力するなんてすごくかっこ悪いかも知れんが、ものすごくかっこいいぞ!!!
depoって同じじゃん、と思ってしまったね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/52573168

この記事へのトラックバック一覧です: 雷雨に打たれて考えた:

« メイド・イン・ジャーマニーの裏側にもセマってみよう | トップページ | それぞれの心の中にある懐かしの遊園地 »