マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 残暑お見舞い申し上げまーす! | トップページ | 金曜日、激暑の夜に »

2013年8月 8日 (木)

マセラティクアトロポルテエボルツィオーネV6の下回りを見る

 あっちょっちょー!きよぉーもドッシリと湿っ気た天候の東京練馬でしたが、なんとか一日を乗り越えるコトが出来ました。あー、有難や有難や。もう、着ていた紺色”デポ純正ロゴ入り”ポロシャツは塩をまぶした様にまだら模様が素敵なコトになっております。カッチョわりーったらありゃしません(ちょっと回りが暗くなってから、世をはかなむ様に帰ろーっと:笑)。

20130808012013080802 今朝は「我孫子のF」さんが1000Km点検のためにわざわざ渋滞を乗り越えての御来店。冷たいビールの差し入れをたくさん有難うございました(ってか、その場で飲めないのが、なんとも拷問だったりして・・・ソレにしても、あーウマそーだ→あっ、そうそう。引き続き”御検討”の方もよろしく:笑)。 で、リフトで足を上げた状態の写真を撮りましたので、せっかくですから本日は”エボV6の下回り”を御覧に入れるコトといたしましょう。

 とは申しましても、ある意味いつもの風景であります。4本だしアンサのサイレンサー、鋼管組みのリアサブフレームとサスペンションアーム、いわゆるフェラーリデフ等々、最終期ギブリⅡやエボ以前クアトロポルテⅣにおいては、このブログでスッカリ御馴染みの構成ですね。

20130808032013080804 ここから先が”エボナイズ”されている部分、キャタライザーの配置はギブリⅡやエボ以前クアトロポルテⅣとまったく違います。

 だいぶんハラを擦りにくくはなりましたが、それでも一般的なサルーンに比べると相変わらずに相当ヒクいです。ミッションオイルパンもBTRミッション独特のリブの入ったモノ。また、スルドイ方は既にお気づきかもしれませんが、フロアの塗装(アンダーコート)がグロスのクリアー仕上げになっているのも”エボナイズ”の一環であると云えましょう。

20130808052013080806 ミッションとエンジン、そしてフロントアクスル全体の底面画像です。

 エボのブレーキキャリパーはブレンボ製。新車時オーダーでキャリパー色をセレクト出来ました。このクルマでは外装のクアルツォドロミテに合わせたか、シャンパンゴールドのキャリパーが択ばれていました。ローターは放射状に貫通穴が穿孔されたドリルドローターですが、この放熱穴に堆積したブレーキダストは、何かの拍子ににアタリ面へとはみ出てきて、ソコにタイミング良く(悪くか:笑)ブレーキを掛けたりいたしますと、パッドとローターの間にハサまったダスト(金属粉)によって石コロを噛ませた様な音を現じる場合があります。ブレンボキャリパー搭載のビトルボマセラティ車はブレーキ鳴きとともに、こちらの問題とも時に対峙しなければならなくなります。ホントはこの穴、実際の日本の路上に於ける実用走行上は全然要らないんだけどな(でもカッチョいいんですよね、きっと:笑)。

 それじゃー、また明日!嗚呼、マジック2だぁー。明日もハヤいから、もう寝よ。

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 残暑お見舞い申し上げまーす! | トップページ | 金曜日、激暑の夜に »

コメント

岡本ご兄弟さま

今朝は遅刻しましたにも関わらず、ご丁寧なご対応を頂き誠に有難うございました。
納車を頂き、早くも1000キロ走行しました。

おかげさまで大きなトラブルもなく、週イチペースでゆーっくり乗っております。
運転席のパワーウインドーが動かなくなる時が有りますが、当方タバコを喫いませんし、開ける必要性を感じません。ってどーして此の車ですとこのような考え方になるのでしょうか?

また本日は楽しませて頂きました。
やはり車は乗ってみないと分かりませんね。

まったくもって車バカなもんで困ったものです。(笑)

今日は出張先から直帰、この時間にコメント打てて気分的にラクです。

エボV6の下回り、絵に描いたように鮮明で整ってます。
フレンボ製ブレーキキャリパー、カッチョいいな。
マセラティロゴ入り、コレだけでもオブジェになりそう。

夜は冷たいシャワーにビール、生き返ると思います。
一生懸命働いた、ご褒美ですな。

シャンパンゴールド以外にどんな色を選べたのでしょうか?
刑事コロンボがそっとガイシャにかける
スーツ裏地の派手さ加減を思い出しました(笑)

出たっ、クアルツォドロミテのクアトロポルテ。
キャリパーのシャンパンゴールドが外装色にあつらえたものだとしたら、このこだわりは本当にイカれております(←褒め言葉)。
・・・もとい、イカしております。

クアルツォドロミテって響きがオシャレです。
明日はビール園で暑気払い。クアルツォドロミテのビールで疲れを癒します。

 クアルツォドロミテは、他社の車でもなかなかないカラーですよね。ゴールドというとアラブのキンキラ金になってしまうと残念な感じですから。貴金属でいう、ピンクゴールドとかローズゴールドの薄いボディカラーなんてどんな感じになるのかな。グリーンゴールドとかブルーゴールドとか。。。ダメかな。これで、さらにキャタライザーやら床下パイプ類がシャンパンゴールドだったら。。。変態か。。。
 ゴールドというと子供の時に折り紙に入っていた金色と銀色の折り紙を思い出します。。。
 デポ本社にシャワー設置の考えがあったんですね、しかしあえなく却下とは。。。何故?副社長?工場長?多数決? まあお金かかるわな。。。

ども、岡谷でぇ~す。
暑いっスねぇ。
だらだらと流れる汗か脂か、とにかく目に沁みますわ。
愛する菊子さんもゴスロリ衣装の下に冷えピタを張ってるらしいっス。

…相変わらず相手にしてくれません。
最近は坂下君も和田君も林君も暑いから遊んでくれません。
たこの奴?
なんか、僕のこと「いらっとする」なんて言ってるらしいっスけど…趣味がおんなじ匍匐前進なんで…今んとこよーす見です。
ドッペルゲンガーか、ってーの。
でもたことおんなじ趣味じゃ僕がちょびっといらっとするんで、新しく生まれ変わるためにも、そしてこの暑い夏を乗り切るためにも、僕は始めました…シンクロナイズドスイミングをsign03

週3回行ってるんすよね、光が丘市民プールに。
ここじゃ僕のことみんな知らないんで、ちょっとぐれてやろーと思って、ちょっと言葉変えてるんス。
キャラ変えてます。

シンクロって笑顔しなきゃなんないじゃないすか。
でもみんな暗いっス。
昔の映画に感化された親に無理やりやらされてるらしいっスよ。
あとオカマみたいな奴もいるし。
水着着てんのに股間隠してもじもじするのってどーよ。
最初は後悔しちゃったなぁ。
これって吹き溜まりかよって。

だがしかしsign01もう今日は3回目っスけど…爽快っス、実は。
「はい、もっと高く足をあげてーsign01
おばちゃん先生に言われてもなかなかあがんないんだけど、今日はなんか調子いい、ちょっとあがるっス。
プールの中にいんと脂が目に染みないし。
ボードにつかまって足をバタバタさせてると嫌なこと忘れるっていうか、クラスの中途半端な奴らや、星組や四環組の奴らのこと忘れられるし、愛する菊子さんに引き締まったこの身体を見て欲しいっていう気持ちがむくむくっス。
ああ、キラキラ光る水しぶきはクアルツォドロミテの色してるっス。
何の色かって?
よくわかんないけど、林君がそりゃぁきれいな色だぜって言ってたっス。
なんかの車の色らしいっス。
それをあのりゅたろうの馬鹿が聞きつけて、林君と盛り上がっちゃって。
林君が汚れていく…
呪いあれ、呪いあれ、呪いあれ。

マイクロテポ?デポ?
なんかりゅたろうはAKB48と精神性は同じだsign03なんて言ってたけど、どーせろくなもんじゃないっス。
僕はラブ・ウインクス命っス。
林君はその車、残念なことに壊れやすいんだよなんて言ったら、りゅたろうがそこで作ったやつなら絶対壊れねんだよバーカ、なんてキレてたっス。
どーだかねぇ。
ああ、あんな奴と今度どーしても会わなきゃなんないんだった。
今は忘れて匍匐前進、匍匐前進…

 岡谷君がまた登場! 岡谷君は夏休み中なんじゃないのかな?来週からかな?いや岡谷君は、りゅたろうさんと今度会うんですか!? もしかして、初ダメ男参加?
 しかし、今回の岡谷君の文章一部交錯していて分かり難いっス!マイクロテポって、韓国にありそうなメーカーだな。。。

時間、空間、人物をも飛び越え、それらが同時進行する…要するに滅茶苦茶なもんです。
あんまし気にしないで下さりませ。

岡谷君とたこちゃんは別人なのか、隠れた人格なのか、時層を飛び越えた自分自身か、はたまたドッペルゲンガーかsign02
誰にもわっかりませ~ん。
これもまたあんまし気にしないで下さりませ。

そうそう、「恋するフォーチュンクッキー」を少し踊れるようになりましたheart

↑「たこちゃんねる」に動画をアップしなきゃ。
踊る伊藤君。
そして伊藤君に踊らされる岡谷君。

…なんだかこういう流れになってしまうとキャリパーの色の話とか最早しづらいような気がしないでもなく。
ともあれ綺麗なおなかを見せつけられる度、ごめんねごめんねとギブリさんに向かって首をたれる私で御座います。
いいなあ、綺麗なおなか。

私の147GTAのブレーキキャリパーは相当でかく、真っ赤です。
Alfa Romeoって白抜きで書いてあって、なんかかっこいい。
マセラティはマフラーにせよブレーキにせよ名だたる名品を使ってるのに、ちっともそんな気がしない、言われなきゃ分からないところがちょっと不満です。
シルバーで黒文字でマセラティじゃあねぇ。
でもたこちゃんは「だからいいんじゃん!!」と言います。
私は大人ですから、侘び寂びもチョビットわかりますが、でも、もうちょっと主張してほしい、と思ってしまいます。
秀吉の金の茶室とまでは行かなくてもね。
音だってShamalで初めて納得しましたが、それまでの奴らには何度「キダマフラー」をつけたいと思ったことか…
原理主義者のたこちゃんには決して受け入れられないことでしょうが。

クアルツォドロミテってシトロエンエグザンティアに一次有ったベージュメタみたいな色でしょうか?
いいな、憧れたな・・・・・

そんな色が有ったのかと羨ましくて反応してしまいました。
失礼。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/52793628

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティクアトロポルテエボルツィオーネV6の下回りを見る:

« 残暑お見舞い申し上げまーす! | トップページ | 金曜日、激暑の夜に »