マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その5:佐世保の朝) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その7:軍艦島上陸行) »

2013年8月29日 (木)

たこたこ西日本ツアー2013夏(その6:佐世保→大村→長崎)

 はい、こんばんは!今日もアツさがブリ返したままの東京練馬でした。ワタシはアルファ147GTAの外装細部仕上げとマセラティ430最終型の天井補修&内装の再々組立に従事するとってもハードな一日でした。「あー、もう勘弁してーなー(トシあるね)」

20130829012013082902 えー、驚くコトに、まだ8月13日(火)の午前11時あたりのハナシからテレテレと進む今日のブログです。

 昨夏の「たこちゃんズGT”2012夏”」の時は、確か断続的に(その12)まであったと思いますが、この調子でまいりますと、いったい何時ごろ完結するか、もはや書いてる当人にも分かりません。佐世保を出て、高速をしばらく走ると大村湾PAというのがあります。コペ蔵を降りると、確かに眼下には大村湾の風景が拡がっており、青い空によく映えてとても清々しいところです(絵ズラではそうなんですが、実際のこの日はハチャメチャに暑かったんですケドね:笑)。

20130829032013082904 で、大村湾PA名物(?)であるらしい”びわソフト”っつーのを早速調達してみました。

 何しろこの陽気ですから、ソフトクリームを手にすると、みるみるうちに溶けてまいりますので、ベロンベロンと一気食いです。コレ、確かにイケてました!看板のキャプションにあるように、このソフトクリームを目当てにわざわざこのパーキングエリアに立ち寄りたくなる気持ちがよーくわかりましたヨ。ソフトクリーム好きな”たこちゃんズ”は、思い返すと旅行中に何かと云えば食べてましたね。

20130829052013082906 で、到着したのが、長崎市内のとある埠頭。ターミナルに隣接したガ○ト(ファミレス)で”安ランチ”を食べて、時間が到来するのを待つコトにいたしました。

 こんなコトなら、さっき佐世保バーガーでも買い込んでくればよかった(”その5”のラストから二番目の画像に写る”ヒカリ”と云う店は、現地で大人気店であったコトが昨日になって判明。←遅せーよ。どーりで行列していたワケだ。・・・ちなみに佐世保中央インターを写したラストの写真が拡大しないとの御指摘を「練馬のH」さんから頂きましたので直しておきました。有難うございました。)のにと後悔してもこれまたあとの祭りであります。コペ蔵を市営駐車場に移すと、ソコには”お仲間系”のマシン、しかも練馬ナンバー。今どきバリバリもんのビートちゃんでした。

201308290720130829082013082909201308291020130829112013082912 こんなターミナルにどーしてやって来たのかと云えば、これから出航する船に乗っていわゆる軍艦島(正式名:端島)を目指すためです。

 昨夏の旅でも訪れた長崎市内ですが、クルマで徘徊すると、例の”オランダ坂”が、このターミナルのすぐ近くに位置していました。

 これまでも九州を訪れるたびに、「軍艦島、イッてみたいよなー」と云いつつも、「ああ、要予約なのね」と、いきあたりばったりではダメなコトが分かるとすぐにアキラメてきましたが、”佐世保来訪”とともに”軍艦島上陸”を今回の旅の”もう一つの目玉”とすべく、今夏は事前にインターネットによる予約を入れておきました。

 軍艦島を目指す航路には、複数の運行業者があり、どれも観光パッケージツアーとなっている模様です。乗船前には、ものものしいカンファレンスがあったり、現在端島を管理している長崎市に対しては、「島に上陸してナニがあっても、文句は申しません。とにかくワタシが自己責任で対処いたしますです、ハイ」みたいな内容の誓約書も提出したりと、結構”モノホン”気分を堪能出来ます。気持ちは盛り上がってるんだけど、ソレにしても暑いよなー(笑泣)。

20130829132013082914201308291520130829162013082917201308291820130829192013082920 乗船する時に、アツさでボーとしてたら、船の甲板部分にある屋外席がアッと云う間に満席に。

 「ああ、写真を撮るには、アッチが良かったねぇー。まっ、いっか、中の客室の方がエアコン効いてて快適だよな、きっと」

 そそくさと最前列の席をキープしてたら、ワタシのとなりには、下関から来た(と会話から分かる)ペチャクチャとよくしゃべる若者が二人入ってまいりました。ソイツがまた、デカいのよ(泣)。カラダを縮ませての窮屈な往路となってしまいました。

 出航すると、すぐに三菱長崎造船所の社屋やドック、建造途中の大型船や護衛艦などが次々と目の前に見えてまいります。中でも左写真に映るドックは、前回も登場いたしましたが、戦艦武蔵を建造した「第二船台」そのものだそうで、本物の迫力を醸し出しておりました。写真を拡大すると”BERTH No.2 ”と書いてあるのが確認出来ます。

 案内係のおばちゃん(失礼!)は窓のそとの風景について一つ一つ丁寧に説明してくれているのですが、ワタシはアツいし、となりは(アセ)クサいし、写真はうまく撮れないし(ピントが窓に付着した汚れを拾ってしまう)で「ハヤく着かねーかなー」な気分。エアコンがぜーんぜん効かない最前列の席(アタマから日光直撃:泣)を選んだのは自分だから、ダレにも文句は言えないし(トホホ)。

20130829212013082922 ようやく本丸が見えてまいりました。コレも全景を何枚か撮影しようと試みたのですが、全然ダメなので勘弁してください。

 軍艦に似てるから、軍艦島ってアダ名が付いてるのに、その全景がオサえられてないところはブログねたとしてはダメダメですね(笑泣)。ともあれこれから、いよいよ軍艦島への上陸を敢行いたします。長年の放置により、すでに外観はどこかの古代遺跡の様に風格が出ている感じですね。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その5:佐世保の朝) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その7:軍艦島上陸行) »

コメント

たしか明治村にかなり詳細な資料がありました、考えてみればすごいなー、バチカン市国みたい。

おーコペ蔵、改めてみると純正ホイールになってる。いつの間に。

軍艦島上陸は貴重ですね。
東京からはなかなか行きたくても行けませんから。
明日の上陸映像、楽しみです。

びわソフト美味そう。
ソフトクリームって直ぐ食べないと溶けちゃいますから、びわソフトは仙台では食べられない幻の味。
おおっ、昨日の海軍士官殿、休暇は随分とカジュアルないでたちで。
コペンとビートのツーショット、なんかデポっぽく無~い・・・休暇ですからそれでいいのです。休暇中にイタ車とツーショットは疲れちゃいますよね。
・・・軍艦島が近づいて来ました。おどろおどろしてますねえ。なんかが出てきそうでドキドキワクワク。
ちょっとドラクエっぽいかも(←プレイした事は無いのですが)。

シルバートライデント仮面の理想はビジネスマン
現実、しがないサラリーマン(月給男)
所詮、雇われの身分
潰しの効かない営業マン
嗚呼、椎名林檎が歌う東京事変「金魚の箱」の金魚の気分
窓から落ちたりしないけど
故郷は土支田

 おぉー。今日は本州方面へ帰還する様子かと思いきや。さすが旅慣れていらして、ちゃんとトピックスのお楽しみがあります。軍艦島でしたか、もちろんいっタコとないっす。昔、廃墟ブームの時、写真では見たことありましたが。。。楽しみです。
 ビワソフトっていうのも食べてみたい(330円て結構高いのね)。ドライブの楽しみの一つがドライブイン、道の駅とかですから、なんか買いたくなっちゃうんですよね。
 軍艦島ツアーの船の前に立つたこちゃんの顔はなんとなく、痩せた鶴瓶さんに似ていますね。。。

どうも、坂下です。
坂下のヤツ、独りじゃ何も出来ないクセに伊藤に感化されてシルバートライデント仮面なぞ勝手なキャラ立ち上げやがって・・・許しません。呪い呪い呪い・・・と、頼りの岡谷君がイラついてるかも(ボク、冷や汗タラタラ・・・)

ああ、岡谷先輩、海軍士官の制服がメチャ、カッコいいっスよ。
・・・シルバートライデント仮面・坂下は自爆しました。

僕ブースカsign01卑しい奴隷からベストセラー連発の売れっ子小説家になっちゃいましたでしゅ。
「世界の中心でブースカを叫ぶ」20万部、「ブースカの森」55万部、「ブースカ犯科帳」シリーズ累積105万部…
毎日クラブからの引きが強くって…くまってしまうでしゅ。
でも、きれいなお姉さんのおっぱいに終わりはありませんでしゅ。
今度、偶然にも「ブースカ軍艦島」が出ますでしゅ。
そうでしゅ、たこ坊が行った軍艦島で人生を考えてるでしゅ。
ベストセラー間違いなしでしゅ。

シルバートライデント仮面sign02sign02sign02
そうでしゅ、これはブースカがいけなかったんでしゅ。
8か月前、凍てつく海風が吹いている軍艦島で「人生とは何だpout」と思索にふけっていた時、突然ドスンという大きな音がして、何か落っこちてきたのでしゅ。
近寄ってみるとパンツをかぶった蛍光紫色のレオタード姿の男が倒れていましたでしゅ。
幸い物置小屋の屋根でワンクッションあったためか、けがはないようでしたでしゅ。
白い福助パンツをはいでみると…おお、たこ坊のお友達の坂下君ではありませんかでしゅ。
背中をさすって話を聞いてみると、どうも坂下君は故郷の土支田でレンタルアダルトビデオ屋を開業したものの、大手のTUTAYAに負けてあえなく倒産、ついでに失恋。
事もあろうに元カノはTUTAYAの店長と付き合い始めたとか…無常でしゅ、この世は総て無常でしゅ。
世のならいに絶望してストレスで追い詰められた坂下君は、突然、スーパーヒーローになって世の中の無常を正そうと思い立ったらしいでしゅ。
狂ったのでしゅねぇ。
でも詰めが甘いでしゅ、甘すぎましゅでしゅ。
蛍光紫のレオタードは正しいのでしゅが、かぶったパンツがいけませんでしゅ。
ここでブースカは、ブーシュカは、あまりに坂下君が可哀そうになって、ついボアズ=ヤキンの都に伝わるいにしえの秘密を教えてしまったでしゅ。
ああ、ブースカの馬鹿、馬鹿、馬鹿。
あんなこと坂下君に教えなければ…きっと今頃坂下君は心安らかに新宿西口公園で段ボールにくるまっていられただろうに…でしゅ。

かくして、坂下君は、毎夜特別な呪文を施した手書きの三つ鉾(銀色のマーカーで書くのでしゅ)を書いたT-バックパンティ(必ず薄桃色でなければいけません)をかぶって果てしなく続く悪との戦いに身を捧げているのでしゅ。
実りなく果てしない道程。
人は彼を偽・変態仮面と呼んでいましゅでしゅ。
ああ、この世に本当に正当と偽の区別などあるのでしゅか?
その境目の薄い薄い世界で彼は今夜も戦っているのでしゅ…

↑ヤバい。
立ち上げたばかりの新キャラが早くも大変なことになっとるsweat01

 あ~ぁ!坂下君のシルバートライデント仮面は、ブースカの世界に引きずり込まれた!偽変態仮面になっちゃたよ、どーするシルバートライデント仮面!! って、一体何のブログなんだここは?!岡谷君。

ああそうでした、軍艦島に行かれたのですね。
廃墟というとドキドキ半分、怖さ半分(何だかなにがしかの情念がグルグルしてそうで)なかなか実地に足を踏み入れられないところですが、写真や見聞記は好きです。
楽しみにしていますので、ゆっくりブログをつくっていただければと。写真の量など大変そうですので。
(ちなみにりゅたろう先生も行かれたことがあるのかしら。冬に。)

それと思い出しました、千葉の道の駅とみうらにもびわソフトがあります。帰宅された折は是非食べ比べてみてください。どちらかというと大村湾のほうにそそられてしまいますが。

家畜人ヤプー(ブースカ)先生、小粋な言葉でもっと辱めてくださいませ。

・・・はぁはぁ・・・ぜぃぜぃ・・・
偽変態仮面じゃありません。坂下っス。
息が荒いのは猛ダッシュしてきたから。
光が丘公園で昼寝してたらいつの間にか頭に変なモン被されてたんで職質されたんです・・・もう、シャマルの加速で逃げましたよ。
シルバートライデント仮面は逃げ足速いんだぜぃ。

嗚呼、ブースカがボクをダークサイドに誘っている。
負けるなアナキン&ルーク。たこちゃんだヨ~ダ師匠に叱られる。Gフォースを使うのだ!
ヤバい。ますます収拾がつかなくなってきた。誰か助けて!

・・・さてと。そろそろ変身の時間。銀のマーカーはどこかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53071533

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ西日本ツアー2013夏(その6:佐世保→大村→長崎):

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その5:佐世保の朝) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その7:軍艦島上陸行) »