他のアカウント

マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« そんな真夏の日曜日 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げまーす! »

2013年8月 6日 (火)

青磁と溜塗

 ほっ・・・。皆さんも毎日毎日暑い中でお忙しい思いをされているコトと存じ上げますが、ワタシもとりあえず”嗚呼、トシあるね”のカラダにムチ打って(というか、シバき倒して:笑)頑張ってはおります。・・・ああ、でも匍匐ではあるなぁー、相変わらずに。

20130806012013080602 本日は午後から”一天にわかに掻き曇り”系の天候になってしまった東京練馬ですが、お昼ちょっと前には「Mさま(なんと奇遇なコトにデポと同じ御町内にお住まいなんです)」にブルーセラクアトロポルテを無事にお納めするコトが出来ました。お近くとはいえ、せっかくの納車ですからギリギリでも雨降り前に間に合ってヨカッタ、ヨカッタ。”納車の儀”の直前にちょっとキレイだなと思ったので撮影したのが本日の写真数葉。納車直前、磨き込まれて真夏の強い陽光を浴びるブルーセラと430最終型(磐田のFさま号→こちらもあと少し!)の下に潜むロッソオリエンテが目にも心地よいコントラストでとても美しかったのですヨ。

20130806032013080604 96年登録、総走行距離33,200Kmのマセラティクアトロポルテ前期型V6が緊急入荷いたしました。ただいま絶賛商品化作業中。

 外装はロッソオリエンテ、内装はタン革です。この内外装の組み合わせは結構あるようでいて、あんまり存在しないと思われます。東洋の神秘「溜色」を擬したと思われるボディカラーは、磨き込むほどに艶を増し、得も云われぬ落ち着きと華麗さを同時に湧き上がらせます。コレは眺めるたびに「ほーっ!」っとタメ息が出るほどの存在感がありますヨ。あなたもロッソオリエンテの現車を御覧になって「ほーっ!」してみませんか(笑)。皆さんのお越しをお待ちしておりまーす!

 それじゃー、また明日。

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« そんな真夏の日曜日 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げまーす! »

コメント

ああしまった。後出ししようと思っていたら既に更新がなされておりました。
都心から見て北西の方角の空が黒い雲でびっしり覆われていたので、今日の更新は早いぞうと、わかってはいたのですが。

こうしてみると艶やかな色味のコントラストが綺麗ですね。
普段目立たない色のクルマに乗っていると、ときどきこういう色のついたクルマにも目が惹かれます。
それにしてもクアトロポルテのヘッドライト下バンパーとの間の薄うい外装色パーツ、何にどうやって留まっているのでしょう。これ効いてますねえ。

↑Q:クアトロポルテのヘッドライト下バンパーとの間の薄うい外装色パーツ、何にどうやって留まっているのでしょう。
A:ヘッドライトケース底面にある二か所の取り付け穴にタッピングビス直撃(笑)で取り付けます。”薄うい外装色パーツ”と、ヘッドライトケースの間には円筒形の片端だけを斜めにカットした形状をした”ヘンな樹脂シム(斜めカットの位置をどこにもっていくかで”薄うい外装色パーツ”の角度をビミョーに変化させる)”をカマして、ヘッドライトレンズ底辺とのクリアランス(前後左右のチリ)をなんとなくキメつつ、最終的にはフロントフェンダー最先端部やバンパー上辺とのバランスを考えて取り付けます(個体差により、このシムが要らない場合もありますから、開いた口は塞がりません:笑)。ですから一旦バラすと、地味ながら極めてメンドくさいコトになってしまいます。

デポご近所のMさま、ブルーセラのクアトロポルテの納車の儀、まことにおめでとうございます。
いやいや、クウトロポルテは高貴だ。クアトロポルテに憧れるようになった42歳のワタシは大人になった証拠?
そしてブルーセラと対のロッソオリエンテも素敵です。
この2台が並ぶと絵になりますね。二台一組で所有出来たらさぞかし楽しかろう。
そして漆黒の430はエッジが鋭くてカッコいいではありませんか。

マイクロデポは毎日がビトルボフェスタ。
そして時々ガンディーニ祭り。
ああ、なんて素敵なお店なのでしょうか。

Mさま、納車おめでとうございます。
デポが同じ町内とは、素晴しい環境。誇りだと思います。

そして写真に写る3台のカラーはシックです。
一方で奥のシャマルのロッソマセラティが異彩を放ちます。
それぞれ個性が際立ち、お似合いだと思います。

 ロッソオリエンテとブルーセラはいい具合の対比です。溜色と青磁という表現の通りです。一見、アバルト 695 エディツィオーネ マセラティのポンテヴェッキオ・ボルドーに近いのかなとも思いましたが、やはり違いますね。どちらも香り立つお上品なボディーカラーです。
 最近、マセラティ クーペで、アクアマリーナという薄緑のメタリックの外装色をみましたが、ほんとに色とりどりです。外装のスタイリングとともに外装色にこだわるというのも一つの楽しみですね。

 祝Mさまご納車!ほんとにごくまれに都内でガンディーニクアトロポルテをみかけると、こだわっていて良いなと思ってしまいます。

お初にお目に掛かります。町内会のMで御座います。

もっぱらこちらに参加することが目的で古いマセラティに手を出すことになりました(笑)
確かにロッソオリエンテ、粋でお洒落な色でした。。。
いやいや、納車日に浮気心はいけませんね。

アルファ166からの乗換ですが、これで駐車場に青のマセラティが2台並んでしまいました。
今後とも宜しくお願い致します。

町内会のMさま、青マセラティが2台ですか。。。うらやましーです。どちらもビトルボ?それとももう一つはモデルノですかね。。。

↑ソレがね・・・もう一台はグランスポーツなんざんす(あー、仲間だ仲間:笑)。「練馬のH」さんのところにも”赤い方”をハヤくお届けしないとイケませんね(ぺこぺこぺこーり)。「町内会のM」さんは、自ら志願されて”夏ダメ男”に初参加の予定です。そのうち千葉の我が家に両雄並び立つの図もあったりするのでしょうね。

 はぁー!グラスポですか。現行ではないコンパクトなサイズがいいんですね。町内会のMさまの2台持ちは確かに私の理想の1つでもあります。二台とも青系で揃えているところなんぞも。。。

 溜色のシャマルあったら凄いなーと思ったら。ありました、UKで
http://www.motobambino.com/car_for_sale.asp?cID=11
ビックリ、しかし内装とエンジンルーム内は大分汚れています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青磁と溜塗:

« そんな真夏の日曜日 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げまーす! »