マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« アルファロメオ147GTAセレスピード、今度のは真珠の輝き | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その6:佐世保→大村→長崎) »

2013年8月28日 (水)

たこたこ西日本ツアー2013夏(その5:佐世保の朝)

 はい、こんばんは!ここのところ比較的に爽やかな気候の東京練馬でしたが、今日はちょっとムシ気味で、カラダの方もついていけずに、何だかちょっとイケてません。トシあるね関係者(御同輩)の皆さんも、もうじきやってくる本格的な秋まで、あと少し踏ん張りましょうね。

 ところで、夏季休暇が明けてから連日の御来店・御試乗、誠に有難うございます。先週に引き続き、今週も昨日は群馬県から、本日は神奈川県からわざわざ御試乗のために御来店頂きました。皆さん遠くからで何とも有難いコトです。引き続きの御検討をよろしくお願いするものであります(なんか、口調にケロロ軍曹が入ってるな:笑)。

2013082227201308222820130822292013082230 おわー、まーだ8月13日(火)の佐世保からお送りしておりますヨ、”夏の旅行記”。何だかなかなか先に進まなくてすみませんね。今日はその続きを頑張ってイッてみましょう。

 展望台から麓に降りると、「パールシーリゾートはコッチ」という案内看板を発見したので、何が何だか分からないケド、とりあえずイッてみるコトにいたしました。

 で、ほどなく到着いたしましたが、ここがパールシーリゾートと呼ばれる、公園&遊覧船乗り場&水族館です。まるで北米のどこかの公園みたいでしょ、とっても美しい。

 まだ朝も早い時間だったので、たこちゃんズ以外には人影も無く、清々しい気持ちで散策が出来ました。

 ハーバーにはたくさんのヨットが係留されていました。ここから出発する洋上の旅はどんなものになるのでしょうね。こんな旅の在り方にもあこがれはいたしますが、さすがの”たこちゃんズ”も主にコンジョーの無さと経済的理由(笑泣)により、生涯コチラの世界にはご縁が無さそうです。

20130822312013082232 考えてみたら、朝メシもまだだったので、連なる売店を覗いて見るコトにいたしました。

 佐世保と云えば「佐世保バーガー」と云うのが、いまや全国的に有名ですね。しかしながら、朝メシには些か重すぎる(二日酔気味だしな:笑)と思い、アメリカンクラブハウスサンドっつーモノにしてみました。こんな時の飲み物は、やはり”コーク”が気分かと思いソレにしてみました。うーん、よくもあしくもアメリカンなお味。フライドチキンがトーストに挟んであるソレは、結構美味でありました。

20130822332013082234 いまだAM8:30過ぎくらいの早い時間帯だったので、水族館は開いておりません。

 その玄関前に置いてあるヨット”希望号”をしばし眺めるコトといたしました。

 説明看板に拠れば、このヨットを5年掛かって自ら制作し、世界一周を企てたのは藤村正人さんと云う方で、6年間洋上を航海して世界一周をされたそうです。気宇壮大にもホドがあります(笑)が、ナニゴトも「絶対に出来る!!」と云う決意から始まるのだなぁーと感銘を受けました。まさに「♪なせばなるぅー、なさねばぁならぬ、ぬわーにごーとぉーもぉー(がんばれロボコンエンディングテーマより←いと懐かし)」で、あります。

20130822352013082236 ハラもとりあえず落ち着いたところで、ようやくそもそもの”今朝のお目当てスポット”を目指します。

 港湾沿いを走ると、おおッ!コレは!!・・・佐世保重工業(SSK)の誇る超大型クレーンの数々が林立しております。現在、佐世保重工業の造船所となっているこの地は、旧佐世保海軍工廠の施設と敷地の一部をそのまま引き継いだ伝統あるもの。ウィキに拠れば、ミッドウェー海戦で喪失した帝国連合艦隊の主力航空母艦のうち、赤城加賀の近代化改装工事もこの地で行われたそうです(残りの喪失した二隻は蒼龍飛龍)。

 ワタシ子供の頃には1/700ウォーターラインシリーズ(プラモのハナシですヨ:笑)で、赤城がすんごく欲しかったのでありますが、分厚くて如何にも艦載機を大量に積めそうなこの空母を現在にいたるまで手にしたコトがありません。飛龍は作ったな、確かに。大型空母と云えば、大和型の三番鑑として建造されながらも戦局の悪化に伴い急遽空母に仕立て直されたという信濃も作ったモンです。ここの第七ドックには大和型超ド級戦艦の収容も可能だったそうで、戦時中に大和型二番艦の武蔵が一度だけ入場したそうです。

2013082237201308223820130822392013082240 ・・・そんなこんなで、スッカリ軍港の雰囲気に浸ったところで、やってまいりましたのが、ここ海上自衛隊の史料館でありました。

 開館時間までのしばらくの間は駐車場で待ちました。

 さぁ、開館!いそいそと中に入ります。ある種のプロパガンダ施設に付き、もちろん入場は無料です。ここで、当ブログ的には大問題が発生!天敵の”場内撮影はNG”攻撃であります(泣笑)。

 「これじゃー、ネタにならん」・・・仕方が無いので、泣く泣く(あっ、いやむしろ”嬉々として”かも知れん:笑)撮影したのが、このカット。玄関にある記念撮影コーナーで、わざわざ海軍士官さんの格好をしてパチリ。本当はこの”士官服仕様”の他に、”水兵さんセーラー服仕様”も撮影したのですが、あまりにカッチョわりぃーので割愛。目の前に受付の(自衛隊職員の)ヒトがいて、笑いをコラえているのが分かるダケに、コレは、かなーりコッぱずかしいです(まじで相当な勇気が要ります:笑)。こんな思いをしてまで撮影したのに、たこヨメが一言「高橋克実みたい、というか、そのもの(爆笑)」・・・確かに当人も似てるとは思うが、ポイントは帽子にありと見た。彼我の圧倒的な”差”は、もはや頭髪の有無だけなのだからな(笑)。

201308224120130822422013082243

2013082244 意外にもアッサリと”本丸”が終わってしまった(ハッキリ云って、撮影NGと云うホドのもんじゃなかった)ため、「これからどーしよー(泣)」とアセる”たこちゃんズ”。  

 時刻はAM10:30前、次なる目的地に高速移動を開始するコトにいたしました。  

 思えば昨晩の”宴”から、ようやく半日が過ぎようとしておりますが、ようやく我が頭脳も平静さを取り戻し、”大バカ”から”普通のバカ”くらいには戻ってきている模様です。ヨカッタ、ヨカッタ。

 正味、丸一日も滞在出来なかった佐世保でしたが、様々な楽しみと思い出をワタシたちに授けてくれました。再びの来訪を心に期しつつ高速のインターを目指します。あっ、佐世保バーガーも結局食べなんだ。コレで、佐世保にも再訪の口実が出来ましたナ(笑)。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« アルファロメオ147GTAセレスピード、今度のは真珠の輝き | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その6:佐世保→大村→長崎) »

コメント

油と汗にまみれて匍匐で格闘する孤高の男の日常がカッコ良過ぎるので、純白の海軍士官の制服をまとう姿が似合わなくてチャーミング。愉快。
空母はカッコいいなあ。呉色はありますが佐世保色もあったりして。
交通整理の警備の御方はお腹がプックリしてますね。佐世保バーガーの食べ過ぎか。
BGM画像も何気に渋ス。
STGナンバーも良いではありませんか。

・・・近々、新キャラ「シルバートライデント仮面」が登場する予感。

海軍士官さんの格好、「おお、たこちゃんやるじゃん」と思ったのもつかの間、
「高橋克実みたい、というか、そのもの(爆笑)」以降、クリソツでしか見えなく
なってしまいました。
しかし、すごい似てるな(笑:すみません)。

はじめまして、シルバートライデント仮面と申します。
その正体は仙台のS、Silvertrident Mask、略してSm。
チグリス星人と戦うシルバー仮面をヒントとした偶然の産物です。
故郷は地球。
人見知りする性格なので、これで失礼。

 本場の佐世保バーガー食べたかったでしょうが、二日酔いにはキツい! 
 海軍士官さんの格好が、確かに高橋克実さんクリソツです。制帽が大きいからこうなるんではないかな?これで水兵さんバージョンもアップすると、ほとんど自虐ネタです(いやいやそれを期待している訳ではないです)。
 最後の写真だけ拡大できんかった!?
 とうとうSilvertrident Maskが現れたな!って、そんなレスラーいたか?そんな怪獣いたか? そうだ、Smさまも、「Silver trident Maskのマイクロデポ番外地」っいうブログ始めるといいな。

いやいや,士官服 お似合いです.
そして寺尾聡が気になりましたw

うさぎさんのTシャツ(アバターから想像しています)と同様に士官服も似合っていると思います。水兵服もイケると思いますが。

トライデントと聞いて「トライデントシュガーレスガム♪」とつぶやいてしまい、「そういや美保純が出てたな、静岡出身だしな」と、ここまで考えてから、「あぁマセラティのトライデントに掛けたのか」と、やっと気付きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53044279

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ西日本ツアー2013夏(その5:佐世保の朝):

« アルファロメオ147GTAセレスピード、今度のは真珠の輝き | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その6:佐世保→大村→長崎) »