マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その7:軍艦島上陸行) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その9:雲仙→島原) »

2013年8月31日 (土)

たこたこ西日本ツアー2013夏(その8:長崎→諫早→小浜→雲仙)

 ハラホロヒレ・・・こんばんは!「おーい、みんな生きてるかぁー?」きょぉーの東京練馬は37℃だって、どーりで日なたに5分いたダケで、アタマがゴンゴンしてきたモンだよなぁー。一方、風も吹き荒れていたので、風通しがよい日陰であればソレなりに耐えられたケドね。そんな天候の中でも「文京区のS」様、午前中の御来店と御試乗を有難うございました。前向きなる御検討の程を御願い申しあげますヨ(ちょっと商売:笑)。

 ・・・そんな過酷な状態の本日だからこそ、”現実逃避ネタ”でイッてみましょうね。

20130831012013083102 軍艦島を巡り終えて、いよいよ”帰路(?)”につく時間となりました。8月13日(火)の夕方であります。まぁー、ソレにいたしましても、今年の8月13日は長いね(笑)。

 とりあえず、これから向かうは長崎県の小浜。「おぐ」さんが数日前のコメント欄で書かれた”京都の裏の方にある小浜”は、たぶん福井県の方。長崎県の小浜は2005年までは”南高来郡小浜町”であったのですが、当時流行の市町村合併により、雲仙市というのが出来て、小浜は”雲仙市小浜町”と云うコトになりました。

20130831032013083104 インター入口は、オランダ坂のすぐヨコあたりにあって、上っていくといきなり3キロも続く長いトンネルがあります。

 思えば昨年の”たこちゃんズ旅”では徒歩でオランダ坂を上ったネタをやりましたね。その時も長崎市内から雲仙小浜を目指したんですが、基本コンセプトが”原則、一般道を走る”という過酷な(笑)モノであったため、やっぱオールした道でした。今回は時間的にタイトなので、思いっ切り高速道路を使って諫早まではイッてみようと云うコトにいたしました。

20130831052013083106 九州の高速自動車道はどこに行ってもガランとして空いています。大型トラックの群れも東名や名神のようには走っておらず、非力な軽自動車でも結構快適なツーリングが可能です。

 結局、たいして頑張って走るコトもなく、周囲の風景を楽しみながらのほんわかドライブで諫早インターまでは一気に歩を進めるコトが出来ました。

2013083107201308310820130831092013083110 まー、雲仙の中心地ってところは、長崎県人でもなかなか足を踏み入れないところであるらしいです。何しろ交通の便がよろしくない(と、いうか、無い:笑)。もう字面からして”雲”に仙人の”仙”ですからね、気分的には雲の上にある温泉なんだよな、きっと。

 まっ、もちろん半分は冗談ですが、例えば、たこちゃんズが時に敢行する”青春18キップによる鈍行電車旅”ですと、JR諫早駅までは根性さえあればこのキップで来られますが、ソコから先は写真に映る島原鉄道に別料金払って乗り、愛野駅で下車、あとは愛野展望台から小浜までヒト山下りる感じでかなーり歩いて(「いつかはシャマル」さんや「Sm」さんならイケる:笑)ようやく小浜温泉街。小浜は雲仙玄関口の温泉リゾート街として知られているところです。ワタシは「いつかはシャマル」さんたちのように健脚ではありませんので、どっちにしても長崎か諫早からバスで行くコトになっちゃいますから、青春18の恩恵がほとんどなくなってしまいます。雲仙は、その小浜からさらに山登りですから、やっぱ遠いよなあ。そんなコトを考えながらコペ蔵を走らせると、見知った景色の小浜温泉街も眼前になりました。そこいら中から蒸気が噴出しているクラシカルな正しい温泉街です。

2013083111201308311220130831132013083114 そして、ワタシの従兄弟一家が経営している「むつみの宿 和多屋」に転がり込みました。今回の日程ですと、夏のハイシーズン中のハイシーズン。ここ小浜の温泉街にも活気が満ち溢れており、お客さんはドコも満室。

 ホントは旅の前に「りゅたろうスカイプ」でこんな相談をしていたのです。

 「ホラ、前にブログに載っけてた小浜にあるオカモトさんの従兄弟さんの旅館、ソコに泊まろうよ。オレは行くよ、家族で泊まりに。そしたらソコで会えるじゃない。」と先生から有難い御提案を頂いていたのですが、事前に先生がわざわざ従兄弟のところに問い合わせしてくださったところ、このあたりの日程はすべて満室であったそうです。わざわざお問い合わせ頂いたのに申し訳ありませんでした(珍しく殊勝でしょ:笑)。

 20130831152013083116

 ・・・で、そんな状態であると云うコトをりゅたろう先生のお話から聞いてはいたのですが、ソコはホレ、親戚ですから、「よろしく御願いしまーす!」でムリヤリ押しかけちゃいました。

 そこで、通常の正規客様には供されない、自称”ふとん部屋(笑)”に泊まらせてもらうコトが叶いました。ホントにふとんが詰まってたらどーしよーとの杞憂はスッ飛び、せまいながらも普通に掃除の行き届いた和室です。テレビも三面鏡もちゃーんとある。さーて、温泉にでも浸かってくるとするかぁー。

20130831172013083118 今回も、ハイシーズンであるにも関わらずムリヤリ押しかけてしまいましたので、「メシくらいは、どこかで喰ってくるよー」と一応ヤンワリとは拒絶してはみたものの、「いやいや、何とか用意するけん。夕飯食べずに来てー」と従兄弟夫婦の有難い御言葉についつい甘えてしまい、今回初めて一般客用とほとんど同等の”自慢の夕食”を頂いてしまいました。小浜は目の前が橘湾で、まずは新鮮な魚が売り物。シメの鍋は牛鍋でボリュームたっぷり、大満足でしたヨ。

20130831192013083120 あー、風呂はヒノキの匂い香るよい温泉だったし、ウマいメシとビールにもありつくコトが出来た”たこちゃんズ”はスッカリ御機嫌さんです。

 ホロ酔いの勢いを駆って、浴衣姿で雪駄履きの扮装(笑)をしたワタシは、温泉街をノタノタと練り歩きます。ああ、ワレながら”高橋克実”、”笑福亭鶴瓶”に引き続き、顔は似てねーケド格好が”水前寺清子(”いっぽんどっこの唄”歌唱時仕様:笑)”になっちゃってるよなぁー。斜めに掛けるバッグはいつも通り。

20130831212013083122 雲仙の小浜に存在する”日本一”はこの足湯コーナーです。

 「ほっとふっと105」というスポットなんですが、コレは小浜温泉の熱量日本一(源泉温度が105℃・・・って、いきなり沸騰してるやんけ:笑)であるコトに因んで全長105メートルもある足湯を作っちゃったモノです。どーりで街中のいたるところからハチャメチャな温度の蒸気が湧いてるワケだよな。路肩排水路のフタが網になってるところからモクモクと水蒸気があがっていたので、ソレに戯れに足を乗せたら”ホロ酔い”がブッ飛ぶくらいに熱くてビックリしたモンです(あほ:笑)。半ヤケになった足を引き摺りながら、和多屋まで帰還。さあさ、ワルさしてないで、とっとと寝ましょ。

20130831232013083124 ・・・明けて8月14日(水)の朝。ああ、ようやく日付が変わったヨ。長かったな、13日。爆睡してスッキリ!

 朝食もオーセンティックな和食でウマい。普段、朝から三杯飯を食らうコトなど皆無の”たこちゃんズ”ですが、お櫃をカラにしてまいりました。従兄弟夫婦は朝から大車輪の忙しさで御客様の対応をしております。コチラも今日を入れて”残り二日”で千葉の我が家に到達しなければなりません。あまり長居はせずに玄関前で記念写真を撮って退散するコトといたしました。

2013083125201308312620130831272013083128 で、クルマで5分ほどの地域にある母方の墓所に参りました。

 墓所にもマイるんだけど、その行程もいつもながらマイる(笑)。見てください、コレを。何気に走ってますけど、ところどころガードレールレスになってる断崖であるコトがお分かりになると思います。ホラ、橘湾があんなに小さく見える。

 数年前に初めてここを訪れた時は従兄弟のSUV車で連れてきてもらいましたが、幾度も切り返しをしつつのスイッチターンを繰り返し、しまいにゃバックで最終上りストレートをアガって行った時にはドギモを抜かれたモンです。こんな時には”軽”がいいですね、アタマから突っ込んで上っても、どうにかUターン出来るものな。「おじーちゃん、おばーちゃん、おじさん、おばさん、従兄弟のおにーちゃん、また来るからね。・・・きっとワタシたちを見守っていてください、ちょっと遠いケド。」

20130831292013083130 さあ、いよいよ今度は”雲仙”本体の温泉街を目指します。何で諫早に戻らないのかって?いやいやコレでも帰り方向の挙動なんですけどね。

 ゆるやかなワインディングは涼しかったらオープンが最高ですが、この日も涼しくなかったんだコレが(泣笑)。雲仙天草国立公園は1934年に制定された日本最古の国立公園のひとつです。現在ですらなかなか到達し得ない場所なんですから、往時の困難はいかばかりかと思いますが、きっと登り詰めると、ソコは夢のパラダイスに見えたんでしょうね、ソレくらいにいいところ。

20130831312013083132 雲仙温泉街の中心部には有名な”地獄”があります。コドモの頃に訪れた時には、現地親戚の人々から「ジゴク行って遊んできなさいよ」なんてよく云われたモンですが、いきなり「ジゴクへ行け」って云われてもねぇー。

 全国にはジゴクも色々ありますが、雲仙の地獄は乳白色でポコポコ湧いてるタイプ。それとキョーレツな硫黄の匂いが特徴で、町全体がこのガスに包まれています。ワタシにとっては郷愁を誘われる芳香なんですが、慣れない方々には「なんじゃ、コレ」だと思います。名物の「湯せんぺい」を製造直売する遠江屋(とおとうみや)本舗でソレを購入。ささ、次へとまいりましょう。今朝はジゴクにも寄ってるヒマは無いヨー・・・だいたい、帰るんでしたよね、今日からは(笑)。

 それじゃー、また来週!一週間お付き合いくださいまして有難うございました。

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その7:軍艦島上陸行) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その9:雲仙→島原) »

コメント

札幌のIです。
私も8月15日~18日まで長崎と福岡に行ってきましたよ。
長崎では、出島・めがね橋・大浦天主堂・オランダ坂・精霊長し・夜景・福山雅治邸・ハウステンボス。福岡では、太宰府天満宮・九州国立博物館・中洲の屋台・博多らーめん・もつ鍋と観光してきましたー。
是非、今度は北海道へいらしてください。

↑おお、「(中標津転じて)札幌のI」さん、コメントを有難うございました!丁度ワタシたちと入れ替わりで九州入りしていらっしゃったのですね。北海道もそのうち訪ねてみたいモノではありますが、全道周遊には相当な時間と覚悟が必要そうですね(笑)。

今日は休日出勤ということで空調なしの蒸し風呂状態で仕事していたのですが
外の37℃に比べればまだまだ。
明日から9月、ちょっとずつ落ち着いてくるのではないかと思います。
もう少しの辛抱かと。

長距離ドライブ中の宿泊、部屋と食事と風呂が楽しみです。
今回自称”ふとん部屋(笑)”とのことですが、やはり畳の部屋はくつろげます。
翌日の墓参り、きちんと見守ってくださっていること間違いなしです。

裏磐梯から一気に十和田経由で竜飛岬まで走り、日和って新幹線で東京に戻ったら、
すごーく暑い。。。
聖地巡礼を考えましたがとても動けませんでした。無念。次回を期します。
お花、旅のお供にしていただきウレシイ。

小浜の旅館は風情がありますね。
ペットボトルに活けられたプレゼントの花束も小粋ではありませんか。
御馳走とビールでたこちゃん、ご機嫌ですね。
プラスチック容器の食事が専らのワタクシメは旅館の料理の器が素敵。長旅に備え朝から三杯飯で体力つけましょう。
雲仙という名称、仙台に住むワタシには地の果てにも思えすが、どこまで行っても日本は日本。クルマで行ってみたいなあ。
私もドライブが趣味で、お金の無い新米営業マンの頃、愛車AE111スプリンタートレノを駆り車中泊で下道で新潟まで行ったなあ・・・今は無理。
部長、長期休暇いただきます・・・無理か(泣)。
コペ蔵のレッドゾーンは8000回転オーバーなのですね。楽しそうだ。

土曜日、自宅⇔会社までジョギング2往復、20㎞走達成。キツかった。15㎞過ぎるともうおじいちゃんのような走りです。

ああ、人気者のたこちゃん、札幌のIさまからもお誘いが・・・。機会があれば是非ともレポートを。

やっぱ旅はいいですね、モノなんて買っても飽きちゃうしねー。マイナーチェンジのカングーをいいなぁと思いつつ、でもアシを買い換えるなら、そのお金で旅に出たいです。

 自分の車で長崎までドライブなんていいですね。さらにちゃんと墓参りする。素晴らしいです!今回の旅での地図での位置関係がごちゃごちゃしていたので、地図を見てみました。佐世保、長崎、雲仙の位置関係が記憶とズレていました。。。
 ここから帰路に着く訳ですから並大抵ではない、江戸時代なら命がけの旅行ですよ。休みとって、長距離ドライブいいですね、学生のときは時間はあったが、お○ネがなかった。今は、お○ネは学生の時よりあるが、時間がない、だからゆっくり寄り道しながら旅行なんて、なかなか無理です。また旅行先に知り合いがいるからより楽しいものになります。次は北海道かな、フェリーで片道はワープする! 

そういえば昨日,久しぶりに222SEを転がしついでに
祖父母が眠る母方の実家の墓前で独り手を合わせてきました.
ビトルボはお寺にも似合います(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53095060

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ西日本ツアー2013夏(その8:長崎→諫早→小浜→雲仙):

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その7:軍艦島上陸行) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その9:雲仙→島原) »