マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その3:佐世保の楽しい夜) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その4:佐世保の早朝) »

2013年8月24日 (土)

走る、唸る!ロッソ・オリエンテ

 はい、こんばんは!それでも残暑は、少なくとも東京練馬では若干和らいでまいりました。相変わらず西日本の地方では暑さが続いている様子なので、そちら方面にお住まいの皆さんにはちょっと申し訳ないような気もいたします。

 本日は、実作業と御来店商談のスキマを縫って、”構想3分、撮影15分、動画加工編集40分”という、かなりテキトーなタイムスケジュール(笑)のもとに、夏季休暇前からの懸案であったマセラティクアトロポルテV6前期型(ガンディーニ・ルック)の新作PR動画をつくりましたので、このブログの読者様方には強引に(御願いだよぅー!:笑)御覧になって頂きます。

 撮影時間15分とは云え、光が丘公園の外周路にある「いつものコーナー」で何とか迫力あるコーナーリングシーンが撮れないものかと”往復5テイク”くらいは試みましたが、まっ、トーシロですからこんなモンで許してちょ(泣笑)。

 ”Youtube マイクロ・デポのたこちゃんネルの当該コーナー(音出ます、御注意を!)”で土曜日の夜の晩酌のお伴に、皆さんでこの映像を御堪能くださいます様お願い申し上げます。ちなみに”たこちゃん旅行記”の続きは来週も断続的に出してまいります(写真加工が大変なモンで:笑泣)ので、そちらの方もお楽しみに!

 それでは皆さん、よい週末を!♪まーた、らいしゅー!!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その3:佐世保の楽しい夜) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その4:佐世保の早朝) »

コメント

ううっ、ため息が出るほどに美しいロッソオリエンテのクアトロポルテ。
まるで新鮮な松阪牛のレバ刺しのような色と光沢が美しい。
塩とゴマ油に絡めて口に入れたら美味そうです・・・。

・・・しまった、ワタクシ、レバーが苦手でした。しかし、このクアトロポルテは美しい。外装色をレバ刺しに例えたのは以前、後輩と関内の「つる屋」と言う松阪牛専門店で美味い焼肉に舌つづみを打っていた時、レバ刺しを注文した後輩が恍惚の表情でレバ刺しを口に入れていた仕草が凄く美味そうでレバーが苦手なワタシもついついレバ刺しを口に入れたのですが・・・やっぱりレバーは苦手でした。
悪いのはワタシです。レバーの美味さを理解出来ないワタシの舌が悪い。

しかし、クルマの楽しさとマセラティの美しさは理解出来ます。
クルマに興味が無いという知人(痴人?)は大勢います。
可哀そうな人たちだな~。同情します。人生の楽しみの多くを放棄しているようなモンです。今からでも遅くない。クルマに興味を持つと世界が広がるのです。
そして、クルマの楽しさが理解出来たならマイクロデポの門を叩くのです・・・実際のデポに門は無いのですが。

↑「Sm」さん、いつもコメントを有難うございます!”レバ刺”と云えば、20代も前半の頃に、クルマ屋の大先輩に連れられて新宿歌舞伎町までよく喰いにいったモンです。ワタシは愛車のマセラティカムシンで、先輩は店の売り物のポルシェ928S4で首都高をランデブーで抜きつ抜かれつしながらカッとばして行ったモンです。ワタシもあんまり好みではないのですが、そこの店のはとても新鮮で臭みも無く、いつでも(気分は命がけでしたが:笑泣)食べるコトが出来ました。なんか、懐かしく思い出しましたヨ(今では、ほぼ”非合法扱い”の喰い物ですね。まっ、命がけで食べたいホドのモンでもございませんので、よい子の皆さんはヤメといた方がいいですよ:笑)。

んー、これはカッチョいいロッソ・オリエンテのクアトロポルテ。
動画の走行シーンも、雰囲気が出ていて良いと思います。
最後の10秒の映画の終幕のような凝ったつくりはニヤリとしましたが(笑:これはこれでいい)。

この内外色の組合せは、とても品があってよいと思います。
地味派手系とでもいいましょうか。
たこちゃんはワタシの好みが分かるでしょうが、このカラーリングはワタシ好みの1台です。

疾走するクワトロポルテ、い~ですね!!
前から見ると柔和な顔つきですが、近づくにつれ後方へ続くウェッジシェイプが
ただ者ならぬ雰囲気を醸し出し、最後はホイールアーチからトランクデッキへの美しい姿が堪能できました。
いつかは乗ってみたい一台です。

光が丘公園北側の路上で撮影に精を出す姿を目撃いたしました。
こちらマセラティで無かったのとカメラ液晶を注視されていたので気付かれませんでしたが、ロッソ・オリエンテ魅力的な色でした。

ロッソ・オリエンテの美しいクアトロポルテ、いいですね。動画のワンシーンで角から出てくるシーンがいいです。ヘッドライトから切れ上がってリアに到るラインが素晴らしい、決して派手でなく、でもわかる人にはわかる。。このロッソ・オリエンテという色も渋い、この色は、上品な羊羹かな。正直車庫とお金があれば是非欲しいです。。。

ロッソオリエンテ、上品なチョコレートプディングのように御洒落で美しい。レバ刺色だなんて言ってヤツ誰だ。

しかし、レバ刺ロッソオリエンテはクアルツォドロミテ(ビール)と相性が良いかも。
ロッソオリエンテが羊羹ならヴェルデメキシコ(緑茶)も欲しくなりませんか。

今日の午後に3丁目付近でビアンコアルビ?のクアトロポルテをみかけました。シートにビニールがかかってましたので、御社で誰かがオーナーになるべく試乗中だったのかしらん⁈
走り去る後ろ姿の格好良いこと…また音がいい!ん~いつかは乗りたい!

ロッソオリエンテが羊羹で、ヴェルデメキシコが緑茶…となるとビアンコアルビは…カマボコ⁈我ながら発想が貧困です

「主演」ってw

このクアトロポルテのオーナーになる方には、
良い記念のVになりますね!

オリエンテ、って、たぶんオリエンタル、ですよね。
東洋っぽい赤、ってアズキ色のイメージなんですかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53018617

この記事へのトラックバック一覧です: 走る、唸る!ロッソ・オリエンテ:

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その3:佐世保の楽しい夜) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その4:佐世保の早朝) »