マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 走る、唸る!ロッソ・オリエンテ | トップページ | アルファロメオ147GTAセレスピード、今度のは真珠の輝き »

2013年8月26日 (月)

たこたこ西日本ツアー2013夏(その4:佐世保の早朝)

 はい、こんばんは!今日の東京はスッカリ秋の様に爽やかな朝から始まりました。せっかくだから、その爽やかさを満喫しながらシゴトを進めるべく、早くから作業に没頭しようと出社してイソイソとやってましたが、ちょっと助手席の集中ロック(だけが付いてこない←あっ、”マセラティ430最終型”のなんですけどね)を給油調整してやれと思って内張りトリムをはずしたら、まー、ハマった、ハマった、アレやコレやで結局丸一日掛かり。まったく他の車種では考えられない”ビトルボマセラティ”っぷり(大笑泣)でした。こりゃもう沼地を匍匐でやみくもに前進するよな心持ち。もはや本日はブログを書く気合いが残されていない様にも思うのですが、こっちも這いつくばりながらなんとかしなきゃ。

20130822132013082214 といったところで、当ブログの方は”酒宴の夜”が明けて8月13日(火)の朝、まだ佐世保にいるところから。

 さすがに前夜は、酩酊状態で”iモードポチポチブログ”を「あ、もコリャだめだ(ぜんぜん目が見えん)」と、タクシーの中から書き始め、ホテルの部屋に着くまでの間にようやく書けたのが例の数行でした。なんとか更新を確認して、携帯握ったまま気絶。そのままグッスリと寝たけれど、目が覚めると前夜のアルコールは、やっぱチョッピリ残ってるっぽいなぁー。「もーちょっとゴロゴロしよ」

20130822152013082216 前夜に頂戴した可愛い花束は小さなペットボトルに差し替えてこのあとも持ち歩く事にいたしました。

 まだ朝メシ前の時間ですが、ちょっとハラごなしをしておこうと軽ーくドライブにでもイッてみようと思います。コペ蔵のオドメーターを見ると4万キロをチョビっと越えてますね。コレが千葉の我が家に到着する頃には一体何キロくらいになっているコトでしょう。

20130822172013082218 走り出したらすぐに発見したのがコレ。佐世保と云えば九十九島、九十九島と云えば”九十九島せんぺい”。「せんべい」ではなくて「せん”ぺ”い」と云うところが九州気分です。その本舗本社がここなのかな。

 そう云えば、宿泊しているホテルのフロント売店にも確かに売ってました。コドモの頃に長崎の雲仙から誰か親戚がやってくる時には、”カステラ(ザラ目バッチリのヤツ)”、雲仙名産”遠江屋湯煎餅(とおとうみやゆせんぺい)”とともに必ずお土産として持ってきてくれた、ワタシには懐かしいアイテムです(食べ終わった後のカラ缶は”ダイヤブロック”入れにしてましたし:笑←結構トシあるね)。

20130822192013082220 昨夕同様に、せまーいワインディングロードを上ってまいります。

 よほど気にいったと見えて、思わずまた昨日と同じ店の写真を撮っちゃった(笑)ワタシ。

 片手でステアリングを握りつつ器用に(笑)デジカメ撮影を続けます。狭いコーナーの向こうから佐世保市営の路線バスがいきなりあらわれた時には、さすがにちょっと肝をヒヤしましたが。

20130822212013082222 で、朝メシ前のひと時に、もう一度来てしまいましたヨ、昨夕と同じ”弓張岳展望台”に。

 夕景とはまた違った、朝もやを湛えた港の風景もコレはコレで結構雰囲気の良いモノですね。

 この展望台から下界にホンの少し戻ると、ほどなく洒落たホテルがありまして、ここに宿泊すればこの景色を朝に晩に(ひょっとすると、メシを喰いながら←あっ、いや、ランチやディナーを戴きながら、か:笑)ゆっくりと楽しむコトが出来そうでした。さすがは国立公園だけのコトはあるな。

2013082223201308222420130822252013082226 先日ちょっと御案内した、展望台脇にある”文学碑の道”というのはこんな感じのモノです。

 おそらくは直筆をなぞって掘られた詞の石板と作家の来歴をしたためた石板とでワンセットと云った感じです。

 一応すべての石板を写真には収めてきたのですが、帰ってきてから並べてみると意外と面白くないので、とりあえずはこの二つのみを代表例として掲げておくにとどめます。

 このようなセットが展望台の横には延々と続いておりますが、ワタシの不勉強ゆえか、あんまり知らないヒトも多くて、よっぽど文学者や作詞家に興味がないと、ちょっと退屈なモノかも知れませんね。・・・あー、もうちょっと進めたかったのですが、今日はここまでで勘忍してくださいな(あ、もう結構限界:笑泣)。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 走る、唸る!ロッソ・オリエンテ | トップページ | アルファロメオ147GTAセレスピード、今度のは真珠の輝き »

コメント

ブログ更新記録継続おめでとうございます!
珍しくリアルタイムで拝見してて、ちょっとだけドキドキしてました(笑)
藤浦洸さんって、「別れのブルース」を作った方なんですねぇ…

九十九せんぺい、勉強になります。日本は広い、そしてその土地の文化に興味深い。ワタシも九州へ旅している気分です。楽しくて感謝!
軽自動車は140㎞/hを越えるとガガガッと言う音と共に急激に出力低下。
なんじゃこりゃ、潮来のオックス駆るランボルギーニ・イオタのバルブサージングかと思いきや・・・リミッターが効いただけでした(恥!)


本日涼しかったのでてっきり作業がはかどったかと思いきや、ドハマリでしたか。
明日はいいことあるでしょう。懇願。

可愛い花束、コペ蔵室内とばっちり合っています。
佐世保のせまーいワインディングロード、コペ蔵さまさまです。
”文学碑の道”、んーワタシも勉強不足を痛感します。

 今朝は19度でした。日中は暑くなるかな。二度目の弓張岳展望台とは余程気に入ったのですね、写真では伝えきれない凄さが、伝わります。佐世保土産の九十九島せんぺいは知りませんでした。福岡から先、久留米、佐世保、長崎(一回だけ)は、ほぼ未踏の地!さてこの度の次の展開は!?怒涛の帰路!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/52994366

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ西日本ツアー2013夏(その4:佐世保の早朝):

« 走る、唸る!ロッソ・オリエンテ | トップページ | アルファロメオ147GTAセレスピード、今度のは真珠の輝き »