マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティクーペカンビオコルサの下回りを見る | トップページ | 闘い済んで、日が暮れて・・・ »

2013年9月25日 (水)

雨の日には立体駐車場(マセラティ専用:笑)?

 ほいほい、こんばんは。今日の東京練馬は一日中雨でしたが、秦野市のIさまマセラティクアトロポルテⅣの継続車検も無事に済み、続いては、福岡のTさまマセラティギブリⅡをリフトアップして下回りの最終チェックと細部の超絶仕上げ作業をば・・・。

20130925012013092502 たいへんお待たせしている福岡のTさまギブリⅡには、追加で御注文頂いたナビ一式の取り付けを済ませ、アルカンタラを張り替えた内装は一旦すべて組みつけられました。また、ボディの隅々まで入念に水垢・ヨゴレを除去し、こうしてオーラが出まくる様になりました。

 が、しかーし(泣)。ドア内張りトリムの再分解調整が必要と判断し、只今ソレをやってます。このように深くバラすとチェック項目が不可逆的に増えてまいりますので、じっくりと時間を掛けて作業をさせて頂いておりますが、ソレが達成出来るのも、こうしたオーナー様方の御理解があればこそです(ホントに当店顧客の皆さん、いつもお待たせして申し訳ありません)。

20130925032013092504 4本のホイールも二色塗り分けのオリジナル塗色を再現して修正塗装いたしました(コレまた時間が掛かりました、申し訳ございません)。

 ・・・てなところに、ほとんど同じ様な色目と雰囲気を持った黒メタのマセラティシャマル(新宿区のAさま号←ああ、「りゅたろう先生によろしく」と仰ってましたヨ:笑)が、あらかじめの予定通りにドナドナでやってまいりました。オモテは午後から雨が強くなってまいりましたので、ギブリⅡの作業を一旦中断してそのままの位置でリフトアップ、皆んなしてシャマルを押してどうにか場内に入場させました(Aさまも御苦労さまでした:笑)。期せずして重ねて並べた二台、こうして写真に撮ると同じ”黒メタでも”色調が違うのがお分かり頂けると思います。

 悲しいかなウチはボンビー所帯。このブログの読者様方はよくよく御存知の様に、雨が降るたびに、こんな調子で”マセラティ二段重ね”にせざるを得ないケースが多々あります。ウチの子たちはリフトアップされると、ホイールは裏まで完全に洗浄され、下回りの隅々まで丁寧にヨゴレを落として仕上げ抜かれます。また、新たに入場したクルマはその場で丁寧に外装の隅々までを拭き上げ、各部の瑕疵チェックをしてから実作業に臨みます。このようなケースを想定してと云うワケでもありませんが、大事な下段のクルマをヨゴさぬ配慮のひとつとは結果的になっています(あくまで副次的なモノだけど:笑)。

2013092505201309250620130925072013092508 このシャマル、エンジンが掛かるんだけどもすぐにストールしてしまうという症状を呈しております。ところが何度かエンジンを掛けるウチに症状が消えて何でもなくなっちゃいます。そして何でもない時にはすこぶる普通に調子よく回りますので、こういった出たり引っ込んだりする症状のトラブルシュートは困難を極めます(特にこの個体のエンジンを本格的にいじるのは今回が初めてなので素性やクセが分かってないし)。

 まずは燃圧を計り、フューエルポンプやストレーナー、フューエルプレッシャーレギュレーターに物理的な不都合が発生して無いかをルーティン通りにチェックです。実はワタシ、症状をフムフムと聞いていた段階では「どーせ、フューエルポンプでも詰まってるんぢゃないのぉー」なんてAさまに向かって”コイて(笑)”しまっていたのですが、どーも真の原因はソレでは無さそうです(恥→Aさまにペコリ:笑)。但し本調子でない状態で、幾度かエンジンをしばらく掛けていたからなのかも知れませんが、あちらこちらにカーボンスラッジが付着しておりましたので、ひとつひとつを洗浄してまいります。スパークプラグを交換するなど一旦すべての作業が済んでエンジン掛けたらすこぶる調子良い。もうコレで「(♪ロッキーがガッツポーズをしている時のアノBGM<ワタシがイメージしてるのは、リンク先の2:54くらいからの部分ね:笑→音出ます、注意!>)えいどりあーーーーーん!!」か?

 ・・・「あー、一回止めて、もう一度掛けてみてくれる?」→”キュルキュル、ズドーン!ブッポブッポブッポ、プス・・・「ダメだ、こりゃ」(♪ドリフ大爆笑のオチ用BGM:ぶっぱっぱ、ぶっぱっぱ、ぶっぱっぱぁー<このリンク先の最後のヤツです→音出ます、注意!>)”・・・あー、もう今日は終わんないや(泣笑)、コレ。

20130925092013092510 まーね、こんなにこんなに毎日おんなじ様なマセラティをいじっていても、ダメな時ゃやっぱダメ。

 くやし涙にくれた瞼を拭いながら(笑)フト横を見ればソコにもロッソシャマルが待っております(「ボクも構ってぇー」と:泣笑)。上を見上げりゃ、ギブリⅡも「ハヤくおろしてぇー」と云ってる様な気がする。焦る気持ちとはうらはらに今週も泥沼匍匐前進の日々が続いてしまいそうです。ムカシ「ひこうき班長(こちらもお待たせしております:ペコリ)」さんから頂いた「シャチョーさん、明けない夜はありません!必ず朝は来ます!!」との御言葉を胸に、栄光のガッツポーズを目指して明日の作戦を練る雨の夜です。・・・あー、クーペカンビオコルサを御待ちのMさま、牛タン&萩の月と云う”仙台名物堪能セット(笑)”を本日は有難うございました!

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« マセラティクーペカンビオコルサの下回りを見る | トップページ | 闘い済んで、日が暮れて・・・ »

コメント

コンパクトな作業場にシャマル2台、リフトの上にはギブリ1台。
その他、写真に写らないマセラティが複数台。
クーペカンピオコルサとクアトロポルテⅣもどこかに隠れているのかな。なかなか凄いコレクションです。

マイクロ・デポ、それは・・・
いつかは訪れるべき自動車博物館。
是非とも行ってみたい自動車美術館。

全国から客足が絶えないのは必然。それだけ魅力的なお店なのですね。3名の学芸員がクルマの楽しさを緻密に解説する研究施設。
素晴らしい。民間企業の鏡。

・・・シャマルとギブリを見比べて相似点と相違点を考察するのもなかなか楽しい。
この高尚な教養を楽しめる者、日本全国に約千名・・・いやいや、隠れファンもいるので一万人ぐらいはいるのかな。
妄想は尽きない・・・。

ご無沙汰しております。
明日発売オートカーザガート特集ご覧下さい。
スパイダーザガートバッチリ展示してありますよ!

そうです、明けない夜はありません!必ず朝は来ます!!
冷静に対応するのが解決の最短ルートでしょうか。

一方で根つめず、気分転換しながら新しい発想を練るのも解決の糸口になると思います。
いづれにせよ、地道な匍匐の歩みは大きな追い風になるはずです。
昔の吉○家CM「やったねパパ。明日はホームランだ。」を胸に秘め頑張りましょう。

過ごし安いかと思いきや湿度が高かったり、なかなか快適な気候とはいえず、デトマソ期の個体の病状は一筋縄ではいかず、1つの要因でなく、複合因子となると、解決は困難ですよね。なんとかネロシャマルが復活していただきたい!

けだものはシャマルに魅かれるのでせうか??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53384083

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日には立体駐車場(マセラティ専用:笑)?:

« マセラティクーペカンビオコルサの下回りを見る | トップページ | 闘い済んで、日が暮れて・・・ »