マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その13:島原城→熊本) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その15:福山でお城と変態博物館:笑) »

2013年9月 7日 (土)

たこたこ西日本ツアー2013夏(その14:熊本→門司港→下関→?)

 おこんばんは!本日の東京練馬は結構過ごし易い陽気で、ちょっと秋めいて(春めいてとは云うケド、ソコは”雰囲気勝負”と云うコトで:笑)まいりましたね。夜になったらパラッと雨が降りましたが、現在はアガったようです。土曜日の夜ですが、現在もまだ「ザンギョーざんちゃん」中で、「町内会のM」さんのマセラティクアトロポルテ前期型(お待たせしてホントに申し訳ありません:ペコリ)のトラブルシュート&対策&外環道での試走を続けております。

 本日お昼頃には”ビアンコギブリ”に乗った「仙台のM」さま(とは云っても、当ブログの常連コメンテーターで御馴染みのRyoさん改めSmさんぢゃないヨ←ところで、Smさんはフルマラソンを完走したそうでオメデトウございます!)が初めての御来店。無事に仙台まで御到着されたようでなによりでした。その後、先週御仕事の突発的な都合でお越しになれなかった「横浜のA」さまも予定通りに御来店、継続車検を済ませたクアトロポルテ前期型の納車も無事に出来ました(遠くから毎度有難うございます。:ペコリ)。夕方遅くには「世田谷のY」さまがお仕事帰りにようやく御到着、真珠色アルファ147GTAと感動の(笑)御対面をされ、試乗に供したら喜色満面でした(またまたの御買い上げ有難うございました。:ペコリ)。

 一昨日には、マイナス20℃の環境下でガンディーニクアトロポルテを走らせていたというツワモノ、ある意味”漢の中の漢(笑)”である「中標津のI」さま転じて(御転勤されたので)「札幌のI」さまより長らくオファーを頂いていたマセラティクアトロポルテデュオセレクトをようやくゲット!昨日は「遠隔地お申込みの儀(笑)」を御電話とパソコンと携帯を駆使して滞りなく完遂するコトが出来ました(昨日のIさまの御協力には大変感謝いたしております。今後ともよろしく御願いいたしますヨ。御買い上げ有難うございました。:ペコリ)。

 ・・・といった按配で、北から南から御近所にいたるまで、全国に足を向けて眠れないワタシは、今晩からいよいよ立ったまま寝るしかないのかなぁ(ブラジルに顧客が居なくてヨカッタ:笑←立って寝るコトも出来なくなるモンな)。

2013090425201309042620130904272013090428 当ブログの方、今日は8月14日(水)のPM15:00あたりのハナシから。

 あ、昨日「練馬のH」さんから「”熊本城”にはどーせ行くんダロ(要旨:笑)」といったコメントや「Sm」さんからの「”くまモン”に会えたかな」と云うハナシも出てますが、ごめんなさい、御期待に沿えませんが、今回はその”熊本観光関連”は一切パスなんです。ソレでも「そこらに”くまモン”居ねーかなー」とか云いながら走ってはいたんですけどね。

 本当は雲仙小浜を出るときにも、「熊本に渡るなら、熊本城は行った事ない?アレは見た方がいいよ、ホントに素晴らしかけん。島原城の方はねぇー、どうでもいいけど(苦笑)」とあらかじめ従兄弟からのアドバイスを受けておりましたが、島原城は見たけど熊本城は見ることなく、そのすぐヨコの玄関口は通過したのですが、天守閣を拝むコトなく今回は素通りとさせて頂きました。フェリーに乗る前の段階では、余裕があればお城と水前寺公園にはちょっとだけよりたいね、とはハナシあっていたんですけどね。だって、この時間なのに、千葉の家からはまだ1200キロ以上あるよなところにいるもんですから。

20130904292013090430 高速自動車道に入ってからは、しばらくの間はいっけん順調そうに走ってましたが、そのうちパラパラモードを経るコトなく、ある地点からいきなり雲の中に突入してしまった如くの”ずどど雨”に遭遇。山の天気はホントに難しいですね。その先でトンネルを何本か抜けると、「雨ってナニ?」といった感じで、降った痕跡さえ無いのですから不思議としか云いようがありません。ここで、ムカシのヌーボチンクェチェントとしばらく併走しました。背中にはオシャレなトランクを背負ってたけど、雨は大丈夫だったかな?”15年前くらいの渋谷系ファッション”っぽい出で立ちのカップルさんが、開いた三角窓からの風(たぶん熱風:笑)を受けつつも風爽とした顔を堅持して頑張っておりました。ワタシも若い頃を思い出しては暖かい眼差しを投げかけつつ走りました。

2013090431201309043220130904332013090434 高速自動車道は、この先で事故渋滞になってる模様だったので、したに降りるハメになりました。

 こうなってまいりますと、ナビの到着予定時刻などは”明日の時刻(泣笑)”にビヨーーーンと一気に延びてしまいます。

 まっ、それでも、郊外で良くバイパスが整備されているところでは、夕方であるにも関わらず交通量も少なくて、周囲の自然を楽しみながらの快走となりました。

 そうこうしているうちに、そろそろアコガレの本州(笑)も目前の福岡県内に突入。あっ、今度は現行型のチンクェチェント(ぐっち:笑)に追い抜かれました。最近では地方都市でも新旧のイタ車が結構走っているので、イタ旧車屋の店主としては頼もしい限りであります。

2013090435_22013090436_22013090437201309043820130904392013090440 福岡も今では大都会。市街地に入ってくると、練馬あたりなどよりよっぽど都会です(アタリマエか:笑)。

 都会なんだけれども、伝統的な鉄鋼業、製陶業、窯業などは高度成長期往時の勢いこそないものの、相変わらずに地場産業として根付いてますから、仕事を持つ人間の生活圏としては極めてバランスのとれたモノのように思えます。ちょっと郊外に出れば田んぼや畑が広がっていますしね。

 表通りには近代的で美しい街並みもある一方で、瓦や煉瓦、スレート造りの工場群がところどころに点在し、その規模も比較的に大きい。現在の東京ではスッカリ見るコトが出来なくなった風景です。

 東京に長く住み続けていると、一次産品も二次産品も作ってる現場を見る機会がほとんど無くなりますから、食べ物や品物の有り難味が分からなくなってしまうきらいがあるので、残念です。門司港周辺に近づくに連れ、現在にいたるまで数多く残る赤レンガ造りの工場棟や倉庫街を見ながら走るコトが出来ました。このニッカウイスキー工場なんかはとても洒落てますね。

20130904412013090442201309044320130904442013090445201309044620130904472013090448 さあ、ようやく長かった8月14日(水)も日暮れてまいりましたが、帰途もそれなりにこなしつつ、そろそろ九州ともお別れが近づいております(グスン:泣)。

 ”たこちゃんズ”は電車旅での関門トンネルは何度も経験しておりますが、クルマ旅の場合は、いつも高速自動車道での海峡横断(その場合は関門橋を渡ります)をしておりましたので、クルマでした道を使っての本州への帰還は初めてです。

 国道の案内看板に「アッチが下関だよ」と書いてある通り、ソレに従って走ってきただけで、自動的にこの関門トンネルの入口に誘われました。

 「ああ、”関門トンネル”って書いてある(あたりまえだけど)」と、その看板が目に入っただけでも胸の鼓動は高まってまいります(ビョーキか?:笑)。

 料金所バーリアで”100円(軽の場合)”払って、いざ。フグちゃんのお口の中に飛び込んでまいります。

 長い長ーいトンネルの途中、側面の壁に「←福岡県 山口県→」の表示を発見。「やたー!やたよぉー!!ついに本州に戻って来れたヨー!!!」と、こんなコトくらいで大喜び出来るワタシたちは日常的に関門トンネルを使って本州と九州を行き来している地元のヒトから見ればオカシナ人そのものですが、コドモ心はいつまでも(ホントにいつもワクワクします:笑)。・・・ところで今晩の宿、どーすんの?

 それじゃー、また来週!・・・全国の読者の皆様、一週間有難うございました!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その13:島原城→熊本) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その15:福山でお城と変態博物館:笑) »

コメント

熊本から千葉まで1,200KM以上ですか。
熊本からでしたら、関門海峡経由ではなく大分から四国に渡ったルートのほうが
ショートカットしているように思えます。
普段仕事で忍耐力を養っているからこそ、渋滞にもめげずこの距離を乗り切れるのでしょう。
たこヨメさまも見上げた根性です。サラッと楽しんじゃっているのですから。

完走と云えばSmさまオメデトウございます。
こちらも見上げた根性です。

今日はありがとうございました!
GTA妖しい魅力がありましたぁ~楽しみにしてます。

ムカシのヌーボチンクェチェントで思い出しましたが、今日伺う前に紺のディーノ見かけました、やっぱり違いますね。

脱線ですみませんm(__)m。

ども、岡谷っす。
たこは熊本城行った事がないなんて言ってましたっすけど、俺行った事あるっすよ。
あっ、夏休み終わったっすね、キャラ変えなきゃ。

みなさんこんばんは。
みんな、今年の夏は思い出作ったかい?
僕は、僕は…まだどーてーです。
「風立ちぬ」と聞いて「カ○立ちぬ」と考えてしまうのは僕だけですか?
タケシも言ってました、「痴○の宅急便」って。
思わず辞書で「○交」ってひいちゃうんですよ。
そこだけページよれちゃって…

あっ、いやいや、そんなこと言いたいんじゃなかったんだ。
僕の頭の中は三つ鉾組のことで一杯なんですけどぉ、そうじゃない、熊本城のことです。
修学旅行で行ったんですけどぉ、伊藤の馬鹿は知り合った熊本修学院の女子高校生と文通なんかして、ますます馬鹿になってます。
呪いあれ、呪いあれ、呪いあれ。
ああ、また脱線しちゃった、熊本城です。
桜がきれいなんですよ、ってことなんです。

それだけっす。
なんか眠くなってきました。
僕、いろんなことを考えてると微熱が出るんですよね。
身体はだるくなっちゃうし、脂も目にしみます。
お休みなさい。

ビアンコギブリの「仙台のM」さまがいらしたのですか。
初めまして。
シルバートライデント仮面こと「仙台のm」と申します(←ワタシの方は小文字で)。

島原から熊本。寄り道せずに一路、大網白里を目指して福岡→門司→下関。
今回は車窓からの画像尽くしですが、こちらも旅気分が味わえます。

練馬も福岡同様に都会ですが土支田は定かでは無い・・・しかし土支田はマイクロデポの本社が所在するこのブログファンの聖地であります。

↑↑ブログ管理者権限により「岡谷」は無期限出入禁止処分とするコトも、先ほどIOC総会で”ついでに”議決されました(笑)。

ザンギョーさせて済みません。
気がつけば保険の代車レンタカーの期限も切れましたが、お陰様でaudiを堪能できました(笑)
いや、本当によく出来た車です。

と言いつつ、つまらないので自分でお金を出して買うことは無いと思いますが。

と思っちまうあたりが車スケベの困ったところかも知れませんね(笑)

時折、旅で好きなクルマに出遭ったりすると、うれしいものです、自分もちょっと視線を感じることがあります、が、「これがマセラティだとは判らないだろうな」と一抹の寂しさが。

ところで、よーく記憶を手繰っても「ビアンコのギブリ」は見たこと無く、もしかしてレアな色?。

夏の旅行でクライスラー製?ランチアテーマを見ました、ま、アメ車でした、ランチアのエンブレムもなんか安っぽかった。

一松さまの一抹の寂しさ・・・解る解る。でも、カリフのカッコ良さ、解るヒトには解ります。ガンディーニが言ってましたよね。シャマルはカリフをベースにし新しいスタイルでは無い(←いや、記憶があやふやですが、こんなコト言ってたような)。
ギブリと言えばブルーセラですが、ビアンコのギブリも有りますね。ビトルボフェスタでも見かけました。カッケ~!何色でもカッコいいのですが。

 熊本城はスルーでしたか。またの機会に。そしてやっと本州突入。その18くらいまで続きそうな予感。デポも土曜日は来客が多いですね。東京でのオリンピック開催も決まり、2020年に向け、東京も変わっていくのでしょうか。。。
 岡谷君は、とうとう出禁になっちゃった。
 昨晩は、雨の避暑地に7人のバカ侍が、マセラティ(一台はアストン)で集結、懐かしき「ビトルボフェスタ」のDVDを見ました。岡谷君も、変身前のシルバートライデントマスクさんもでていました。あれは幸せな時間でした。ビトルボはやはり日本で異常に人気があるんですね。他に、マイアミ・バイスのDVDでは、夜の繁華街にビトルボE(かな?)が停車していて、さりげなく何度も映っていましたヨ。
 一松さん、カリフを見ていく人は、知っていて珍しーって思う人と、何じゃこりゃーと思う人のどちらかで、後者の人が多いんでは?ほんと町中でみることは皆無ですよ。

熊本城の石垣は一度見てみたいと思っているのですが、まだ果たせていません。
それにしてもこの期に及んで未だ関門トンネルというところで、はたして予定日までに無事辿り着けるのか(結果は分かっているのに)、読んでいる方もどきどきしてしまいます。
というかしんどそうですね、ここから先。

それから道で出会う車というと、最近明治神宮前から明治通りを渋谷方面に毎朝歩いているのですが、決まった時間に路傍に佇んでいておもむろに走り出すテーマ8.32によく出会います。
上がりっぱなしの羽はどうせ上がったところで動かなくなってしまったのでしょうが、どうも普段使いのところが恐ろしい。もとい素晴らしい。朝の眼福です。

岡谷君出禁、ということは、つまり更にパワーアップしたキャラがやってくるということでしょうか…。

シルバートライデント仮面は後出し仮面。たこちゃんだヨ~ダ師匠、脱線コメントは後出しだったら許してね。
シルバートライデント仮面の必殺技その1。
トライデントクロー!
人差し指、中指、薬指の三本指で作ったトライデントマークをウォーズマンのベアークロー(←コレ、完全に反則技の凶器攻撃だよなあ)のように相手に突き立てるのです。
・・・真似してはいけません。仕掛けた方が突き指して危険です。
仕事に疲れた時などに、周囲に誰もいない事を確認してから「トライデントクロー!」の掛け声と共に虚空の見えない敵にこの技を仕掛けてください。
ヤル気が出てくるかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53166980

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ西日本ツアー2013夏(その14:熊本→門司港→下関→?):

« たこたこ西日本ツアー2013夏(その13:島原城→熊本) | トップページ | たこたこ西日本ツアー2013夏(その15:福山でお城と変態博物館:笑) »