マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« キレイなクルマたちで目の保養をば・・・ | トップページ | よいモノには手もカネも、そしてアイディアも・・・ »

2013年9月30日 (月)

ランチアモンテカルロの下回りもこの際(笑)見てみよう

 おわー、なんかまた台風が来てるんですってね。今日はカラダが気圧の変化を感じるのか、朝からどーにもアチコチ重くて往生いたしましたが、季節の変わり目は毎度そんな感じなので、コレはうまく付き合っていくしかありません。と云うワケで、今日は本ネタからはちょっとハズれた”超小ネタ”でガマンしてください。

20130930012013093002 ・・・はい、現在絶賛販売中のランチアモンテカルロを本日はフィーチャーしてみました(皆さんの御試乗をお待ちしておりまーす:笑)。

 ああ、このマシンはミッドシップなので、重たいエンジン&ミッションデフが後車軸の直前に位置しておりますゆえにリフトアップの方向はいつものFR車とは逆となっておりまして、店舗のシャッター側にノーズが向いています。モンテカルロのフロントバンパー下部中央には大きなエアインテークのスリットがありますが、コレは決してダミーではありませんで、写真で御覧のようにノーズ先端部からエンジン前方までシッカリとした風の導入路が設けられており、キチンと機能しております。フロント周りでは細い細いコントロールアームやスタビライザーが頑張っておりますね。

20130930032013093004 ああ、たった今気が付きましたケド、カメラを保つ位置が違うせいで、それぞれの画像で、車輪が思いっきりトーインになってたりトーアウトに見えてたりいたしますが、あくまでレンズのイタズラですから、あんまり気にしないでください。

 あ、でも後輪には結構思いっきりネガキャン(ネガティブキャンバー)は実際に付いてますね。後のフェラーリミッドシップ車に先駆けて、ピニンファリーナがフロア下のエアロダイナミクスを考え始めた頃の作品なので、御覧の様に出来るだけフラットにしようと試みた形跡が感じられます。フロアそのものはもとより、エンジンオイルパンの底面や、リアロワアームの形状などにもそのあたりの”過渡期ならではの中途半端なコダワリ”が感じられて微笑ましいモノです。

 フィアット傘下に入ってからとは云え、ランチアブランドを付けただけあって、こうした普段見えないところにまでプチフェラーリ的な小ワザが効いているところがニクイ演出と云えましょう。後のランチア037ラリーの出現も、このモンテカルロにベース車としての確かさがあったからこそと云ってはイケませんか(笑)?

 それじゃー、また明日!・・・今日は写真が地味でしたね(笑)。

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« キレイなクルマたちで目の保養をば・・・ | トップページ | よいモノには手もカネも、そしてアイディアも・・・ »

コメント

ううっ、超小ネタでは有りません。簡潔且つ完璧な解説です。
完璧過ぎてテキトーなコメントがはばかられますが、テキトーなコメントをお許しください。
ランチアベータモンテカルロもまたランチアブランドのコンセプトを色濃く打ち出しているのですね。
ランチアとは、こういうコンセプトなのだと。
フィアット傘下でも全てイタ車と一括りには出来ません。
フィアット、アルファロメオ、ランチア、マセラティ、フェラーリ・・・それぞれ独自のコンセプトを持っております。
・・・詳細はマイクロデポホームページの本編で解説されております。
いやいや、マイクロデポは世界屈指のイタ車研究施設であります。

長大なエアインテークがミッドシップ車を表しています。
一般者はモンテカルロを見ますと、ノーズが長いのでミッドシップ車であることに
気づく人は少ないのではと思います。

登録して30年以上経ちますが、錆びひとつない下回りは素晴しいと思います。

 不等長ドライブシャフト、長いエアインテークの2つにやられました。これだから下回りの観察はおもしろいですね。では次は、ダイハツミゼットⅡカーゴDかな。

全然小ネタではないと思います.
本筋ネタだし,私にはこの程度の分量がむしろ有難いです.
あまりテンコ盛りだと全く理解が及ばなくなります.
まぁ,読者対象をどの水準に設定されるかでしょうが(笑).
エアインテーク,写真で拝見すると象さんの鼻のようですね.

季節の変わり目,くれぐれもご自愛ください.

ああ、いいなあ。もういいったらないなあ、ランチア。
もう一度売り物情報のページを見返してしまいました。屋根開けてこんなクルマ乗っていたらもうしびれてしまいそうですねえ。
でも自分が乗ったらフロント周りのアームなんてすぐひん曲げてしまいそうだし、難しいなあクルマ選びって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53445349

この記事へのトラックバック一覧です: ランチアモンテカルロの下回りもこの際(笑)見てみよう:

« キレイなクルマたちで目の保養をば・・・ | トップページ | よいモノには手もカネも、そしてアイディアも・・・ »