マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« よいモノには手もカネも、そしてアイディアも・・・ | トップページ | ”超絶”、この二文字のために。 »

2013年10月 2日 (水)

あー、やっぱ消費税、アガっちゃうんだぁー(泣)

 今日は台風の影響なのか、とにかく湿っ気てムシムシしていた東京練馬ですが、世間でもシケたハナシがまたまたキマってしまったみたいですね。っと、云うワケで本日は久しぶりの時事ネタをイッてみましょう。

 まあ、予てより国会の閣議ではキマっていた「消費税増税」ではありますが、段階的に”8%→10%”と暫時アゲていくコトを、このたび”ソーリ”が表明したようです。”ソーリ”と云えばつい中村雅俊を想い出してしまうワタシ(分かる年代のヒトだけ分かってください:笑)は当然”トシあるね”なワケですが、そんな”トシあるね世代”のワタシたちには、ナンとも暮らしにくい世の中になってしまった様です。だいたい、「まず年金のハナシをちゃんとしようよ!」と云わせて頂きたい。ワタシなど、若い頃から今にいたるまで真面目に払うモンは払ってきてるんだから、じーさんになった暁に、それなりには貰えるのを期待するのは当然。「払ってないヤツがいるから足りないの。だから払えないの。」なんて小学生レベルの云い訳なんか聞きたくもありません。ちゃんと徴収しろよ、まず。

 財政を健全化したい?ソレは理解出来ますケドね、もっと長い目で見て行くべき問題ではありませんか。ワタシらの世代にだけ押しつけるのはおやめ頂きたい。もっとソフトランディングさせる方法はあるハズです。国内の産業を空洞化させてきたのは、ここ20年間あまりの無策のゆえ。”もの造り立国”の国是を忘れ、マネーゲームやコンピューター産業、モバイル事業にのみ目を向けてきた結果(こういった産業は得てして合理化の旗印の下”少数精鋭主義”を標榜している企業ばかりなので、ヒエラルキーのトップに位置する者だけが儲けるばかりとなり、結果的には労働市場にちっとも寄与出来ない→労働力を吸収出来ないし末端の賃金はアガらない)です。一方でバブル破綻以降、インフラの整備は遅れに遅れ、昨今様々な事故や災害と云うカタチで、その綻びもようやく顕在化してきています。何か、公共事業と云うと、「土建屋ばかりが儲けて」と云うハナシになりがち(ワタシは決して土建屋のカタを持つワケではありません)ですが、確かに土建屋も儲かるかも知れんケド、長い目で見ればインフラの整備そのものは広く国民に直接的な利益を均等にもたらす場合がむしろ多い様に思います。

 長年に亘って都民の(ワタシゃ住民票上の千葉県民だからどーでもいいけど:笑)血税を費やして、ようやくオリンピックの招致には成功した様ですが、ソコに土建屋突っこむよりも東北の復興の方に突っこむ方が先なんじゃないの?と云う気もいたしますし。だいたい東京湾岸やリバーサイド地域にコレ以上タワーマンションやら、高層建築を建設するのはそろそろヤメにしておかないと、50年後に一気に老朽化するんだけどオレは知らないヨ(もう、きっとこの世に居ないだろうからいいけど・・・まだ居たりして:笑)。だいたい、東京のあらゆる水辺にあんな高層のモンを建てまくってきたおかげで現在練馬の真夏はイジョーに暑いのです。もっぱらヒートアイランド現象のせい、地球温暖化なんてまったく関係ないと思います。

 リニアモーターカーは税金突っこまずにJR東海が自前で借金して造るらしいので、ソコはぜひとも初志貫徹して頂きたいものです。もっともコレもワタシの目の黒いウチに大阪までは連れて行ってくれそうにもありませんが(泣笑)。

 あー、消費税が増税になると、ワタシたち中古車屋はますますキビしい業態を強いられます。業者間のオークションや業販の場ではいまだに”外税”が続いているのに、売る時になったら3%~5%の増税分を付加して”内税”表示しなければなりません(少なくとも現時点の状況ではそう)。過渡期的な商売の在り方も、今後は模索しなければならないのでしょうね・・・ツカれるよなぁ。もうコレ以上、中小零細企業をイジめないでほしいよなぁー。

 とにかく、本日は隔靴搔痒の想いを思いっきり吐露してみましたぁー(笑)!

 それじゃー、また明日。

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« よいモノには手もカネも、そしてアイディアも・・・ | トップページ | ”超絶”、この二文字のために。 »

コメント

ほんとに増税には頭が痛い、いったいどうなるのでしょう?、そういや奥田英朗(だっけ?)のサウスバウンドっていう小説に「もう日本人やめた!」って税務署員と言い合うくだりがあったなー。
日本の労働者の現実を考えると子供には「将来は外国でも行け」と勧めたくなります、まぁこれも無責任な話ですが、手放しで日本定住を勧められないなんてねぇー。

中小企業には辛い世相です。日本を支えているのが中小企業なので、なんとか優遇して日本を活気付けたいものですが。
でも、経営者自ら最前線で苦闘しているデポとは対照的に実務を現場に任せて既得権益にすがってゆとりがある経営者も結構、いるんですよね~。
大企業は優遇されるけれども実態は複雑です。末端の兵隊の立場は依然として厳しい。なんかこう、黙々と仕事をこなしてはいるものの、夢も見返り無いので気疲れします。
・・・せめてもの癒しとしてマイクロ・デポのマセラティを始めとするオモシログルマを休暇に嗜むのはいかがでしょうか。

まあまあ、東京オリンピックも良いではありませんか。7年後にはデポ顧客と一緒にオリンピック観戦でもしましょうよ。
開会式では改装された国立競技場で日本代表の水木一郎がシャウトするかも知れませんから・・・。
東北も東京オリンピックに便乗させていただき観光客誘致を思案しておりますので。

中学生の頃、ロス五輪の開会式でランドセルにロケットを装着した人が空を飛んできたのは夢があったな~。

消費税増税、妥協しなくてはならないのですが、なんかしっくりきませんね。
ホントに8%や10%で落ち着くのでしょうか。
将来は、更にアップされるニオイがしてなりません。

にわかに駆け込み需要が始まりつつあるようですが、冷静に対処が賢明かと思います。

 とうとうというか、やはり消費税値上げです。まあ仕方がないのかとも思いますし、なんだかなーと。でも金がないのは確かです。
 消費税が25%の北欧のある国などは、所得税も50%だし、車などの高級贅沢品は100%です(1000万のマセラティの支払いは2000万円、ただし中古車の税率は低いようです)。しかし教育は無料、医療も無料です。年金ももらえます。子供が多いと政府から補助金が出て、4人いれば働かなくても一家を養っていけるそうです。今から15年前は、この国の青少年の自殺率は世界一でした。生活保障が手厚いのに。やりすぎは、夢も希望も逆に奪ってしまうのでしょうか。企業にとっては、賃金の半分が税金になるので、支払総額は2倍にしないと。法人税がどうなっているかわかりませんが。人口が少ないからやっていけるのでしょう。税金話で脱線しました。。。
 日本で、これほどの重い税負担はありえないですが、年金、保険料、税金(国と市町村)を合わせると結構な金額になります。それをうまく使って頂かないと、本末転倒です。生活保護世帯も2005年に100万世帯だったのが、最近158万世帯を超えています。どうなっているのでしょうか。支えあわなくてはいけない社会は理解できます、いろいろな意見もあります。そしてやはり高齢化です、簡単に死ねなくなった、予定より長生きするようになったから、年金も足りない、医療費がかかるという問題がムクムク持ち上がってきたわけです。人口の25%が65歳以上って凄いことです。少子化も高齢化も困った問題です。貧しい国だったときには思いもしなかった状況になってしまったんデスヨネ。
 上手く、皆が納得する消費増税の使い方をして頂きたいですヨネ。あといつも疑問に感じるのが、消費税課税業者の免税点は1000万ですが、ほんとに越えているのと思う商店でも消費税かぶせていたりして。。。便乗値上げもあるでしょうし、、、
 でも消費税を上げると、消費は冷え込むでしょうね。。。それがどう影響するか、どのくらいで買い控えが続くかです。。。
 景気が良くなってもらいたいですね。。。

お久しぶりです。
ぼくは増税に反対の票を入れたんですけどね~
国民の大部分が賛成(少なくとも反対はしなかった)しちゃいましたからね。。。

本当に足りないならば増税もしかたない、やっていけないんだから。
でも、まずソーリ、だいじん、議員さんたちのきゅーりょー減らせよって思います。あの人らいくら貰ってんでしょう。。。って調べたら国会議員の平均年収2900万とかいうデータが!
議員さんたちが決めた最低賃金まで引き下げれば、一人あたり軽~く2500諭吉くらい減るハズ(それはやり過ぎにしても。。。)
仮に2000万×700人としたって、平気で140億稼げます。国の種々の予算に比べたら小さな額かもしれませんが、ココまで来ると相当な規模だと思いますけどね。。。
ま、やる人いなくなっちゃうよ、とかいう問題があるにしても、何か納得できることをしてからの増税であるべきではと思います!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53468139

この記事へのトラックバック一覧です: あー、やっぱ消費税、アガっちゃうんだぁー(泣):

« よいモノには手もカネも、そしてアイディアも・・・ | トップページ | ”超絶”、この二文字のために。 »