マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 豆苗(とうみょう)、ミンナ喰ってる? | トップページ | 勝利は一夜にしてならず、か・・・。 »

2013年10月21日 (月)

ネタネタ取りと結晶塗装の日々

 はい、こんばんは。本日は、マセラティクアトロポルテⅤのドアトリム分解方法図解をかなーり懇切丁寧にお届けしようと思い、早朝から写真を撮影しつつの作業を行っておりましたが、後述する身体的理由で、このような”小ネタ”となってしまいました。すみません。

20131021012013102103 ・・・と云うワケで、いきなりバラけた画像からになっちゃってますケド、硬質樹脂のヘラの先をちょっと押し当てて擦るダケで御覧の様に垢状になってトレてくるのが”ネタネタ層”です。先週の金曜日にも関連ネタが出てますが、本当にこのネタネタを根本的に叩くのはやっかいな作業です。特にこういった初期症状のヤツは、いざハガそうとすると今度はなかなか根こそぎにはハガれてくれません。樹脂の部材自体がどうなっちゃうか分からないので強力な剥離剤やシンナーなどの有機溶剤も使用出来ません。とにかく地道にハガすしかないのがキツイところです(実は、この作業、本日ので3セット目です。あとワンセットあるの:泣笑)。

2013102105201310210420131021022013102106 あー、そもそもは「ウッスラとネタってるなぁー」とパワーウインドースイッチカバーとドアインナーノブベースに付着したホコリを見て、「こりゃやっぱ、根本的にやっといてあげよ」と云う結論に達しての作業開始でした。

 そんなワタシも午前中からほとんど休みなく一心不乱に日没まで作業を続けたにもかかわらず、右フロントドアの各所に配置された”ネタる部材(笑泣)”のすべてを取りきるコトが出来ず(まぁ、8割くらいかな:笑)に、夕刻には目も肩もバンバンになってしまいました。ホントにトシはとりたくないモノです(”大台”まで、あとひと月:泣笑)。ちょいと目を遣ると、ソコには美しく仕上がったマセラティシャマルのカムカバー(先週からウチの三男がシコシコ拵えておりました)がカッチョ良く並んでおりました。せめてもの目の保養であります。・・・さぁ、明日も匍匐で前進だぁー!!

 それじゃー、また明日!今日の東京練馬は絶好の天気。ソレもあって、ちょっと月曜日からトバし過ぎちゃった(一週間持つのか?:笑)。カラダ中揉みほぐして早く寝ましょ。

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 豆苗(とうみょう)、ミンナ喰ってる? | トップページ | 勝利は一夜にしてならず、か・・・。 »

コメント

ネタネタ除去作業、お疲れ様でございます。道理で本日お電話した際に、心なしかお疲れモードかなぁ〜と思いました。
体調崩しやすい季節ですので、ご自愛ください。
それにしても、イタリアの部材メーカーには改善の文字はないのですかねー…

↑「みっち」さん、夕方の御電話、有難うございました。そう、たまたま電話に出たその時にはホントに息がアガっており(トシあるね:泣笑)声もカスれてたんですね、失礼いたしました!帰宅してちょっとゴロゴロしてたら復活してまいりましたヨ。

ネタ違いですが、昨日FBMにて、205の集団に「この中にケーケームスタングさんいますか?」と問い掛け、ご本人と面会できました(もっとも問い掛け前にマイクロデポステッカーの205を確認しましたけど)。
もう205もかなり少ない車種になり、今さらながら時の流れを感じます。若い方が頑張って維持しているのがいいですね。

初期ビトルボではあまりネタネタ病を実感しのでておりませんが気づいて無いだけなのかな。ワタクシ、シガーライターのフタの風化も気づかないほど鈍感なので。
またしてもネタネタネタですね。ネタネタネタ・・・もう寝た?

プジョー205も貴重ですね。デポ仕上げの205がこれまた超絶でして、極太タイヤが楽しそう。で、白のマーカーで自作したミシュランマークが凄く頑張っており良く出来ておりました。

ネタネタ病克服といい、美しいシャマルのカムカバーといい、地道な作業内容が
超絶仕上げに結びついている訳です。感謝。

ネタネタ病は泣き所です。新品に変えたら高いし、また時間とともにネタネタ病をおこすし。ネタネタ層を剥離して再塗装するいう対策を講じるしかないのでしょうね。ネタネタ病?、ベタベタ病?、ベトベト病なのか人により表現が違います。メーカーに統一して頂きますか?この素材を日本のメーカーに改良してもらえないかな。。。噂によると日本は高温多湿だから、表面の塗装が加水分解してネタネタ病になると。ホントですかね。。。
シャマルのカムカバーは綺麗に仕上がっています!!!!!

一松さま、FBMお疲れ様でした。
まさかFBMでデポ・ユーザーさんとお会いできるとは思っておらず、あいにくの天気のなか粘っていてよかったです♪声をかけていただきありがとうございました!!
絶対数は減っているはずですが、205オーナーの輪は広がりつつあり、ここへきてまた面白くなってます!!(*^^*)

Smさま
ミシュランマーク、時間が掛かる割にすぐに擦れたり汚れたり大変です。。。(泣)イイ方法が知りたいです。
タイヤも純正サイズながら、ホイールの違いでぶっとく見えるものですね~ って、ハミ出ててるので車検に向けて純正に戻さねば(汗)

お疲れ様です。
アルファ界ではネタネタ病(ベトベト病)はマジックリンで取れるともっぱらの噂ですが、どなたか試験台になりませんか?(笑)
レンジ用とバス用両方を一緒に使うのが秘訣だとか。
グランスポルトがそろそろ発症気味なのでパーツをばらせれば試そうかとも思うのですがね。

町内会のMさま、クーペやグランスポルトは、ネタネタ病を起こした部品をはずして、洗うと白いもともとのプラスチック素材が出てきてしまうので、お湯で洗ったり、マジックリンは使えないと聞いたことがありますよ。F355とかはお湯で洗えばOKみたいですが。。。

練馬のH様。
おや、グランスポルトのパーツは白プラベースですか。
ではパーツ交換しか手が無いかも知れませんね。参ったな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53676095

この記事へのトラックバック一覧です: ネタネタ取りと結晶塗装の日々:

« 豆苗(とうみょう)、ミンナ喰ってる? | トップページ | 勝利は一夜にしてならず、か・・・。 »