マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« どこかにないかな?味のある脇役四人衆 | トップページ | やっぱ、この時期の秋刀魚はウマいねぇー »

2013年10月24日 (木)

これぞ、ホンマの匍匐前進(笑)

 この秋は、例年より台風がやってくる回数が多いようで、いい加減にいゃんなっちゃいますね。特に自転車で駅までの通勤をされている方々は、さぞや毎朝ユーウツなコトでありましょうぞ。ここで、久しぶりの”ぎょーむれんらく”・・・そんな電車通勤組のおひとりである「半田のH」さんはひょっとして御多忙過ぎで昨日ワタシのお送りしたメールをまだ見てませんか(笑泣)、ぜひチェックしてみてください。→とは云っても、メール見るヒマ無いんぢゃ、いよいよブログは見て無いような気もするなぁ(ひょっとして迷惑メールに振り分けられてたりして:笑←ありうる:泣)。

 ・・・ともあれ、本日のワタシも匍匐の歩み。ツカれを癒す”超小ネタ”でイッてみましょう!

 一昨日にたまたま見つけたYoutube動画なのですが、コレがあまりにも感動的に匍匐前進の有様であったので、ワタシはいたく感銘を受けてしまいました。御紹介いたしましょう。

 とある重電メーカーの製造した超バカでかい”超高圧変圧器”というユニットを、千葉の柏駅までは汽車ぽっぽ(ホント:笑)で牽引して運び、その駅前には大手老舗運送会社の”職人”方が集結。

 まずは、そのドでかい変圧器の前後に超巨大トレーラー(と云うより、トラクター?)を連結(この作業だけで、鉄道軌道上に居る変圧器を吊り上げるための巨大クレーン車は登場するわ、一体何人関わってるのか分からないくらいに熟練職人が居るわ、なんと”丸太コロ”は登場するわで、もうクラクラ:笑)します。それぞれのトラクターは変圧器をテールにくっつけた状態になっておりますので、連結状態になると、前後どちらもノーズになります。

 柏駅からたったの14Km(千葉県野田市郊外)だと云う、東東京変電所(当時の呼び名:このリンク先も”コア”で面白いデス。リンク先の管理者の方、有難うございます。)まで、ほとんど農道みたいなところばかりを5日間も掛けて運んで行き、変電所に変圧器を設置するまでを描いた、昭和40年製のハードボイルドサスペンスな”短編感動巨編(笑)”であります。

 もう、コレぞ匍匐前進(笑)。全備300tもの超重量物ですから、そのあたりの橋を渡ったり、未舗装の農道を走ったりする場合には、前方部隊が道を補強しながら進むのでほとんど工兵さん、まさに戦争。宿泊なんかは、その辺にある普通の農家みたいな家の一室を借りてたりするんで、いよいよゲリラ戦の様相を呈してまいります。あんまり詳しく語ると面白くありませんので、あとは見てのお楽しみ。とにかくムカシの人々はエラい!エラ過ぎる!!

 ・・・ビールを片手に見ちゃワルい様な、すばらしい映画ですが、皆さんもおツカれでしょうから、やっぱビールを片手にポテチをもう片手にして御覧ください(笑)。

 では、どうぞ。 「68の車輪」 東京シネマ1965年製作 (関連動画にたくさん出てくる”東京シネマ”シリーズはドレも面白いですヨ、晩酌のお伴にお奨めいたします。←そんなのオレだけ?:笑)

 ワタシも明日へのチカラとなりました。壮大な匍匐前進、素晴らしいではありませんか!

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« どこかにないかな?味のある脇役四人衆 | トップページ | やっぱ、この時期の秋刀魚はウマいねぇー »

コメント

札幌のIです。
私もたこちゃん様からのメールを心待ちにしております(爆笑)。

↑「I」さま・・・ソコにツッコむかぁー(笑)!ともあれ、昨日予定通りに○ーンズ東雲SCにイレましたヨ。納車をお楽しみに!

確か超重戦車マウスが100tだったような、小林旭は150t?。

↑「一松」さん、「♪だぁいなまぁいとぉがよぉー、おっおっおー、だぁいなまぁいとぉがひゃくごじゅうっとん」・・・ですね(笑)。

うー、D51&シキ700(SLとお化けトランス運んでいる貨車です)!いいもの見せていただきありがとうございました!
柏駅でのトレーラーへの乗り換えのときに背景で写っていた丸井もたまりません。
♪引越しは日通ぅ~♪なんて歌っている場合じゃないですね。
軸重考えるととんでもない匍匐前進。

でも一昨日拝見したたこちゃんの匍匐前進もそれはそれはとんでもないと思いました。
本当にありがたいことです。

↑「テツヲタ」さん、テンパってたモンで、昨日は失礼をばいたしました。あー、アレ、”デゴイチ”なんだぁー。さすがは動輪四軸のコトだけのモノではあるなぁー。この動画見て、”ペリカン便”への見る目が変わりましたね(笑)。

観ました。巨大変圧器の輸送動画。列車砲カールグスタフでは無く列車のコンテナ一基が丸ごと変圧器なのですね。列車輸送の後は巨大なアタッチメントでムカデ足のトレーラーに接続。僅か時速2㎞とは言え行程を試行錯誤するエンジニアと黙々且つ真剣に職務をこなす作業員はカッコいいなあ。
子気味良いBGMと和やかな風景が映像に華を添えます。
これの動画には癒されますな~。良く見つけましたね。

しかし、この巨大膨大な電力社会が近代文明を支えているのですね。
世界中の発電所の電力を一点に集中させたら宇宙の謎の解明が進むかも。

途中、何度も眠りかけましたが(出張で電車内であれだけ爆睡したのに:笑)
全編拝見しました。
着実にしっかりと前進する姿がたまりません。
壮大な匍匐前進、確かに素晴らしいと思います。

あと、東東京変電所のリンク先の”コア”さも、タ○リ倶楽部を見ているようで
ササってしまいました(笑)。

よくぞ見つけましたこの動画。ジリジリ進む巨大変圧器。途中に見える車、電話ボックス、店の看板、沿道の人の服装と、懐かしいような、珍しいような。またこの三菱フソウのボンネット34輪トレーラーも興味あります。またまたリンク先の送電線マニアの方、若いのに、テツオタ歴より送電線オタの方が長いという。。。

漸く見られました、六億八千万の車輪。
280トンの変圧器、二つでコンバトラーVと同じ重さですか。どちらが重いのか軽いのか。

それにしても変圧器、蒸気機関車、電車、お祓い、街並み…と、古いものと新しいものが混在していて、何だか健全な景色に見えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53709256

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ、ホンマの匍匐前進(笑):

« どこかにないかな?味のある脇役四人衆 | トップページ | やっぱ、この時期の秋刀魚はウマいねぇー »