マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 今夜はどんな夢を見ようか・・・ | トップページ | なんか、じみぃーな一日 »

2013年10月 9日 (水)

マセラティストアには欲しいモノがいっぱい!

 はい、こんばんは!きょぉーの東京練馬は台風の余波で久しぶりに強風が吹き荒れた一日でしたが、ワタシゃ朝の6時半から出勤して、それから一日中の屋外作業でありましたので、なんか夕方になると目の中に色んなモンがゴロゴロと入っている感じ(今度は目医者さんもか?:泣笑)。

 ところで、日も暮れてからちょっと調べ物をしようと、色々と検索を掛けてたら、まずはこんなのを発見いたしました。このブログを毎日読んでるような方々はすでに御存知かも知れません(特に「練馬のH」さんとか:笑)けれど・・・。

 マセラティグランスポルト オーナーズマニュアル(日本語版PDF) (スッゴク重いです)

 マセラティクーペ オーナーズマニュアル(日本語版PDF)(スッゴク重いです)

 サイトのアドレスを見ると、マセラティ社の本国公式サイトのどこかにあるコーナーから、こういった便利なPDFを取得出来るページに、いかにも行けそうな気がするのですが、ページのデザインをリニューするたびに(少なくともワタシにとっては)使い勝手が分かりづらくなっていくばかりの同サイトにおいては、ワタシなど、もはやどう辿ればよいのかほとんど分かりません(サイトの階層構造が複雑過ぎ:笑泣)。エフェクトたっぷり(旧いパソコンでは、残念ながらほとんど動かないと思われます:泣)のデザイン重視な内容も楽しくていいですけどね、以前の方がよっぽど実用的で見易かったよなぁー(以前のバージョンでは、もっと各車種について詳細に堀りさげた記述があって楽しかったのに)。だいたい本文部分をイメージデーターなんかにしてるから、検索にひとつも引っ掛からない。こんなのW3Cにおこられるぞ(分かるヒトだけ分かってください:笑)。

 で、”MASERATI CLASSIC”っつーコーナーをようやく見つけたんだけど、そのページを下へ下へとスクロールしていくと、結構面白いコトが書いてある。

 「キット・コレクション」、「ヒストリカル・ドキュメンテーション」、「ジェニュイン・パーツ」と、どれもマセラティの専門屋にとっては興味深い内容です。

 さらにアレコレと検索をすすめていくと、「マセラティ・ストア(日本語版)」というのが出てまいりました。

 あー、先ほど公式サイトで見た「キット・コレクション」があるわあるわ、ドレも欲しくなるメーカー純正の複製キットです。このシリーズだけを抽出しようと試みましたが、徒労に終わった(泣笑)ので以下に根性で書き出して、いちいちリンクを張っておきました。御利用ください。

 マセラティ クラシケ ブック 3500GT

 マセラティ クラシケブック ミストラル

 マセラティ クラシケ ブック ギブリ(初代ギブリ用)

 マセラティ・クラシケキット – BORA

 マセラティ クラシケ ブック カムシン

 マセラティ クラシケ ブック ビトルボ

 Maserati Classic Kit – SPYDER

 マセラティ・クラシケキット – 430 – 424v

 マセラティ クラシケ - ギブリ (二代目ギブリ用)

 マセラティ クラシケ - クアトロポルテ エボリューション (ガンディーニモデルを全網羅)

 マセラティクラシケ 3200GT/クーペ/グランスポーツ

 マセラティ クラシケ - スパイダー/グランスポーツ スパイダー

 ・・・このシリーズ、他にもメラクとか228とかカリフとかシャマルとかあるといいんだけど、とりあえず見つけられませんでした(あるのかも知れないけど)。だいたい、一気に検索式で絞り込めないんだモノなぁー、このストアサイトの方も(実は上のリンク付き”表題”も、そのサイトの各ページの表題をそのままコピペしたものです。この統一感の無さも検索を困難にしている一因だと考えられます。)。

 当時のオーナーズマニュアルやパーツリスト、デジタルデータのCDROM、1/43のミニチュアカーなどなどがパッキングされたソレらのキットは、マセラティの歴史的名車群の中から、あたかも一台手に入れた様な気分を味あわせてくれるコトでしょう。このシリーズにもチャンとビトルボ系マセラティが存在するところが嬉しいですね。

 願わくば、バーチャルな世界に留まらず、”マセラティ実車の世界”にも飛び込んでいらっしゃーい!その場合には、もちろん東京の練馬までお越しくださいネ(本日現在、ブリブリのシャマルを4台お預かり中。また、キャラミ4.9の現物が見られるなんてところは他にはなかなかありませんからね:笑)。まずは、初期コスト200万円(運が良ければ150万円:笑)。デ・トマソ期マセラティの222系や430系の出来上がってるヤツをマイクロ・デポに行って買う!ソレでマセラティデビューするのが一番の早道(かつトータルコストが読める)なんですよ。折角だからと、やっぱカタログ写真に載ってるようなコンディションの個体が結局欲しくなるでしょ(笑)。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 今夜はどんな夢を見ようか・・・ | トップページ | なんか、じみぃーな一日 »

コメント

ちょっといいなと思うのですが、自分の所有する車種じゃないとちょっと手は出せないかなぁ。
ところでシャマルのデフクーラーの目立て!ってすごい話ですよ、シャマルを観察したことない方だと、ちょっと驚くのでは?、私も初めて見た時、「これは?、在っても無くてもいいような?、まさに地面を擦る(あるいは引っ掛ける)のが目的としか思えないオブジェ」としか思えませんでした。

オーナーズマニュアルはオーナーの特権。
コイツを酒の肴に独りニヤニヤ・・・。
デポで安価な超絶ビトルボを購入させていただいた当初も、安酒を飲みつつオーナーズマニュアルを眺めながら独りニヤニヤ・・・。
こんな小市民のワタシがグランスポーツのマニュアルを見させていただいても良いのでしょうか。
う~ん、素晴らしい。万一、水に落ちた時の対処法まで記載されているのが親切です。水に落ちないでね。
歴史的背景ではビトルボの項目は飛ばし気味だな・・・(泣笑)。
・・・そして17万㎞を超えてのメンテナンスまで記載。
いやいや、とても素晴らしい。

 本日のブログはマセラティネタでしたか。グランスポーツのオーナーズマニュアルのPDF、それも日本語版がダウンロードできるのは知らなかった。早速!!実はヤ○オクで、オーナーズマニュアルを一冊落札して別に持っているんです。もし車を売ることがあってもアニュアルだけ残して置きたいと思いまして。。。smile
 マセラティ クラシケ ブックは結構高い! 仕方ないかな。これも欲しかったのですが、持っていません。解せないのが、ギブリIIのモデルカーがないということ!他のはあるのに。そして、228, カリフ、シャマルはやはりクラシケ ブックないです(weep)。シャマルのがあったとしても当然モデルカーないだろうし。。。くやしーですネ!一松さん、カリフもないですね。忘れられているのか??マセラティ ストアのクラシケブックのページに1個だけクリックしてもページがありませんという商品があり、それがもしかして、カリフとシャマルかな。。。
 そういえば、とうとうチュバスコのモデルカーキットを入手しました!!ダメ男で、作りたいです。Hでございますさまとたこちゃんのご指導の元。。。
 Smさん、ニヤニヤしながら愛車を眺めて、一杯やるというのは、いいですナー。実はやったことないんです、それ!! 青空駐車で、カバー二枚掛けですから。。。マニュアル見ながら一杯もなかったか。。。

最近、早朝出勤されている上に根性のリンク張り、お疲れ様です。
マセラティ界に「キットコレクション」があるとは知りませんでした。
後程、リンクチェックしたいと思います。

しかし初期コスト200万円(運が良ければ150万円:笑)の222系や430系、
昔と比べてずいぶん買いやすくなったなとしみじみ思います。
年数は経過すれど、品質は昔と変わらず高品質。
これからビトルボ系はますますいい味が出てきて面白いのではと思います。

いやぁ、またまた久しぶりにお伺いしてみましたところ・・・。

マセラティのクラシケシリーズとは、凄いモノがあるもんですねぇ・・・。
 
でも、222が無い(笑)

まぁ、悲しいなと思いつつも、ちょっと万歳です。
だって、222のキットがあったりしたら、私作る気が半減しちゃいますもん(笑)

で、練馬のHさんに至られては、シェパスコのキットですって?
もしかしてアレザンのかしら・・・。
よく見つけたなぁ・・・。

勿論、私なんかで良ければ御指南差し上げますよ。
結構大変かもしれませんが、シェパスコは、どう作っても
シェパスコにしか見えないでしょうから、安心して
作っちゃいましょう(笑)

あぁ・・・ドタバタしていると、皆さんとのんびりお話ししたいなぁと
思う、今日この頃であります。

練馬のHさま、シルバートライデント仮面は仕事でお疲れ気味のしがないサラリーマン。現実逃避したくて日々遊ぶ事ばかり考えております。
マセラティを愛でながら一杯やっておられるのは、いつかはシャマルさまですよ。羨ましいなあ。
ワタシの方は借り上げ社宅の1Kアパート住まい。ビトルボは自宅からちょっと離れた屋根付き駐車場にカバーをかけて放置しておりますので専らオーナーズマニュアルを肴に一杯やっております。
あと、ビトルボコレクターの先輩から譲っていただいた英文のビトルボ整備マニュアルのコピーを肴に一杯。
内容はさっぱり理解出来ませんが楽しく美しい。

譜面が読めなくとも音楽を楽しむ事は出来ます。
絵が描けなくとも絵画を鑑賞する事は出来ます。
クルマの構造と機構を知らなくともドライブを楽しむ事が出来ます。

・・・シルバートライデント仮面は何を言いたいのか?
好奇心を抱き敬意を持ってマイクロ・デポへ行け、と。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53544888

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティストアには欲しいモノがいっぱい!:

« 今夜はどんな夢を見ようか・・・ | トップページ | なんか、じみぃーな一日 »