マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 班長さんといっしょ:入間基地航空祭2013探訪記(その1) | トップページ | ウチの御客様、その”芸風”は洋の東西を問わず(笑) »

2013年11月 5日 (火)

班長さんといっしょ:入間基地航空祭2013探訪記(その2)

 いつもうまくいく!・・・皆さん、今日も強引なプラス思考(笑)で何とか乗り切られたコトと拝察しております。当ブログの方はいまだに日曜日のハナシで申し訳ありませんね。

20131105012013110502 ・・・はい、”スゴそうなの”その①は、かつて”FS-X(次期支援戦闘機)”導入問題で色々と長きに亘って、政治的に物議を醸した、基本は国産、”三菱F-2A(複座型がB)”戦闘機さんなのですが、垂直尾翼基部を見ますと”TAC MEET2013”とありますので、本年9月27日から開催された百里基地での戦技競技会出場機で、この機体の塗色は、その競技会用のスペシャルマーキングなのでしょう。そのスペシャルなペイントを施した人々の御名前も貼られている様子です。 ”3RD TACTICAL FIGHTER SQ”ともありますので、第3飛行隊(三沢基地)所属機なのかな(サード・タクティカル・ファイター・スコードロンだから、直訳すれば”第3戦術戦闘飛行隊”と云ったところか)?こう見えても、ワタシゃ戦闘機&自衛隊オタクぢゃありません(笑)から、あんまり詳しい御説明は出来ませんのですいませんね。それにしてもモノの本でしか見たコトのない機体ですから、「ひこうき班長」さんともども、「すげー、スゲー!」を連発してました。

2013110503201311050420131105052013110506 ・・・続いてコチラは、”スゴそうなの”その②であります。

 あまりにも有名な”マグダネル・ダクラスF-15J(単座)&F-15DJ(複座)戦闘機”であります。現在航空自衛隊が運用している”J”型は日本仕様を意味いたしますが、コレは主に三菱重工がライセンス生産した機体です。

 ”イーグル”の単座・複座を一度に見せてくれるとは、さすがに”航空祭”、太っ腹であります。おそらくは小松基地あたりから飛来した機体なのでありましょう(ホンの12分30秒くらいで:大笑)。

 もちろんワタシは初めて実機を見ました。本日主賓(笑)の「ひこうき班長」さんは、会社の出張時に小松空港で並走するF-15を見たコトがあるそうで、もっぱら羨ましい限り。いかにもモノすごくイイ音がしそうな機体ですね。これぞモノホンの戦闘機と云った佇まいデス。

20131105072013110508 ・・・そしてそして、”スゴそうなの”その③は、この手のイベントの”華”である”ブルーインパルス”であります。

 普通の感覚のヒト(ワシらは違うが:笑)にとってはコレの”展示飛行”が一番の御目当てだったりいたしましょうね。本来のブルーインパルスは6機編隊で展示飛行をするらしいのですが、当日は一機が不調だったらしく、5機での演技となる模様です。彼らのホームベースは松島基地のハズですから、当日もソコから25分くらい(・・・にしても速ぇーな、ヒコーキ:笑)でやってきたモノと思われます。前にも書きましたが、ワタシは戦闘機よりも武装の無いジェット練習機の方が好き。川崎T-4中等練習機のアクロ仕様、しかもブルーインパルス塗色は、ストライクゾーンにブッ刺さりであるコトは云うまでもありません。もちろん実機は初めて見ました。ああ、感動!・・・今度”ハセガワ”のプラモ買お(笑)。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 班長さんといっしょ:入間基地航空祭2013探訪記(その1) | トップページ | ウチの御客様、その”芸風”は洋の東西を問わず(笑) »

コメント

おおっ、楽しい。
航空機は高価なだけに耐用年数も長い。
外圧によってFSXのベースがF16に決まったのは25年以上昔の中学生の頃。高校生の頃、イスラエル空軍のF16がイラクの原子炉を空爆したD・マッキノン著「あの原子炉を叩け」を読みました。ああ、キナ臭い。非武装の練習機を愛でるのが良かろう。
松島基地も津波で大被害を受けましたが、ブルーインパルスの多くはイベントで他基地にいて被害を免れたのは幸い。
王道タミヤでは無く通好みハセガワが素敵。マニアックなアオシマも素敵・・・でも、初心者は王道タミヤを造るべし。

こんな間近に見れるものなんですね。
こりゃあ、32万人も駆けつける訳だ(笑)。
シロート目から見ても、これら機体はシビレます。
はい、武装の無いジェット練習機に目をむかなかったワタシは”あまちゃん”です。

一方でSmさま、「Wさまのコント」は思わず笑ってしまいました。
コントと云えば55号、ブルーインパルス5機の写真を見ますと、(坂上)ジローさんの
「飛びます飛びます(笑)」が思い出されます。

 F-2Aは、お値段119億、F-15は101億円(とはいってもなんだかいろんな説があるみたいで、安かったり高かったり)、一回の飛行での燃料代も馬鹿にならんのですね。やはり戦争はお金かかるからやめましょう!展示だけならコストダウン!航空祭も無料ですし、だってこれはすべて皆さんの税金ですから。
 たこちゃんが超ーお金持ちになって、「たこちゃん共和国」を建国したとして、やはり国防にもお金をかけるとすると大変な額にならないと自国を守れないんですナ。飛行機達の姿を見ていて、変なことばかり思いついてしまった。
 やはり、戦闘機、戦車、戦艦なんかはスケールでかすぎて、所有することも、操縦することもできないから、ただただスゲーなの世界です。でもこうしてお祭りで鑑賞できるというのがいいんですネ。テツヲタさんの、究極の夢は、自分の家の広大な庭に鉄道敷設して、好きな列車をたまに動かすとかなんですかね?違うか?

ふう、東北新幹線のなかです。
新幹線の中でノートパソコンをパチパチしているとできるビジネスマンのように傍からは見えるでしょうが、まあ鉄道はクルマと違い自由度がないけれどこうしてブログを拝見できるのがよいですね。

小松から12分30秒、松島から25分くらい。時間が書かれていると、個人的にはつい試しに運転してみたくなってしまいます。とはいえ乗ってるだけでも失神ものなのでしょうが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53833008

この記事へのトラックバック一覧です: 班長さんといっしょ:入間基地航空祭2013探訪記(その2):

« 班長さんといっしょ:入間基地航空祭2013探訪記(その1) | トップページ | ウチの御客様、その”芸風”は洋の東西を問わず(笑) »