マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 班長さんといっしょ:入間基地航空祭2013探訪記(その4) | トップページ | あと、もう少し・・・ »

2013年11月14日 (木)

佐世保の牛テールカレーVSボンカレーゴールド21”熱辛”

 おわー、こんばんは!今日の朝も、とっても寒かったですね。それでも東京練馬では昼ごろになってまいりますと急激に気温が上がってくるんで、しっとりと汗ばんできます。一枚、また一枚と脱いでって、かなーり薄着になったところで気が付くと夕方になってて”北風がピュー”・・・かくて「キャッチ・あ・コールド」と相成るワケです。先週のアタマくらいからウチの”たこヨメ”さんが、毎夜「ゲホゲホ」としてやがります(今日あたりようやく”大原麗子モード”の声を脱した:笑)んで、もう、とっくにウツっててもおかしくはない状況なのですが、ワタシゃスッカリ「バ○」なので、それなりに結構な抵抗力があるらしく、市販の風邪薬を飲みながら、なんとか10日間ほど持ちこたえておりましたが、このままでは”薬石効無く(笑)”イッてしまいそうです。

20131114012013111402 ・・・そんな時ゃ「”医食同源”作戦」とシャレ込みつつ、風邪なんか撃退するコトにいたしましょう。

 先日の”納車の儀”の際に「練馬のH」さんがくださった、ありがたーいゴージャスな”お供物(笑)”である「佐世保の牛テールカレー(長崎豊味館製の超高級レトルトカレー)」大魔王様と、ソレを一気に二袋アケるのはサスガに勿体無い(ボンビー性あるからね:笑)ので、おそらくは価格が1/10くらいであろう自前(笑)の「ボンカレーゴールド21”熱辛”」先生を対抗馬に仕立てて”たこちゃんズ”の二人が半々ずつディナーに食するコトといたしました。・・・あん?”航空祭ネタ”はどーしたって?・・・うー、一応云い訳をさせて頂きますと、本日アパートに”ほうほうの体”でヨレヨレと帰宅いたしましたら、パソコンのキーボードの調子がおかしくなってるとのコトで、キーボードを”即分解清掃”するハメになった上、普段愛用のデジカメもデポ工場内に忘れて持って帰っていなかったもんで、これじゃー写真もアップ出来ません(あー、云い訳、云い訳:笑)。仕方が無いんで、”たこヨメ”携帯のおまけカメラで本日の画像は撮影しております。

20131114032013111404 ・・・「あー、ウマかった、ウシまけた」・・・あ、いや本日は”牛”が勝ってるんで「ウシかった(笑)」

 左画像で御覧の様にコブシ程の大きさを誇る牛テール肉はスプーンの先でほぐせるレベルまでトロトロに煮込まれており、もはやカレーと云うよりも骨付き肉入りのビーフシチューと云ったマイルドかつ高級な味わいで、こりゃ当然の様にズルイくらいにウマい(と云うかウシい:笑←なんのこっちゃ)。一方右画像のボンカレー陣営(笑)は、明らかに見た目から悲しげではありますが、”熱辛”の名に恥じぬ「キックゥー!」なカラさが風邪をひき掛けたカラダに気合いを入れてくれます。”生オニオンスライス”を薬味にして交互に食べたらとっても美味でありましたヨ。いつも皆さんからのあたたかい差し入れにはホント心から感謝いたしております。コレでワタシも「明日はホームランだぁ!」

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 班長さんといっしょ:入間基地航空祭2013探訪記(その4) | トップページ | あと、もう少し・・・ »

コメント

たこちゃんスッカリ、夢喰なのか、刃牙なのか、罰なのか、薔薇なのか…。
テールカレーはレトルト界のシャマルですな~。かたやボンカレー21はレトルト界のキャブビトルボ?
…どっちも美味いよね?

牛テール、なんていい響きでしょう、考えてみりゃ、ちょっとこわいのですが高級感がありますね、いいなー。
ところで今日散歩中、なんの気なく公園の角を曲がり「ああ確か、ここらにアルファ75が停まってたな」と、とあるガレージを覗き見たら、なんとギブリ!に替わってる!。ブリスターフェンダーのかっこよさ再確認。嫁は「ウチのと区別がつかない」と言ってましたが。

最近よく行く会津若松の駅前の食堂(午後7時閉店)のメニューに納豆カレーというのがあって、自宅でも具の少ないレトルトカレーを夜食に供する際には真似てみたりしています。
牛テールカレー、美味しそうですねえ。さすがにこれには納豆は入れ難いものがあります。

現代のボンカレーゴールドは「21」がつくのですね。知らなかった。
ウィキペディアでボンカレーを検索すると、ホーロー看板が懐かしい。
「じっと我慢の子であった」ありましたねー、トシあるねー(笑)。

 たこちゃんの奥様まだ回復していないのですね。RSウイルスかな?お大事になさってください。やはり医食同源は重要ですネ。
 この牛テールカレーと並んで牛テールシチュー(次回、何かの折に)があったんですが、きっと、たこちゃんはカレーが好きだろうし(オリエンタルカレーの件があったから?)、牛肉いっときましょう!!という感じで、納車の御礼で、お土産にした訳だったんです。喜んで頂き有り難うございました!
 ボンカレーゴールドは、子供のときよく食べましたよ!そういえば、初めてカレーの甘口を食べた時は、ボンカレーだったような。なんだか不思議な味で、ちょっと感動しました。いつも中辛だったな(今でもか)、激辛とか辛すぎるのはチト苦手なんです。
 辛いつながりで、以前たまに行くお寿司屋さんで、泪巻きというのを頂いたんですが、こいつが凄かったけど、美味しかった。一回だけしか挑戦しなかったけど。。。なんかちょっと罰ゲームみたいだった。
 さらに辛いつながりは、ロシアンルーレットクッキー被弾率1/6で、次男さん、ロシアンルーレットクッキー被弾率1/9で、三男さんが、唐辛子クッキーで被弾していましたね(笑)。次のダメ男で、ロシアンルーレットせんべいとか、一個だけチョー辛い饅頭とか何か出て来たりして。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/53935352

この記事へのトラックバック一覧です: 佐世保の牛テールカレーVSボンカレーゴールド21”熱辛”:

« 班長さんといっしょ:入間基地航空祭2013探訪記(その4) | トップページ | あと、もう少し・・・ »