他のアカウント

マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこナゼか雪国へ(その4) | トップページ | マセラティクアトロポルテⅣのシリンダーヘッド搭載 »

2014年1月14日 (火)

マセラティシャマルのクォータートリムのような、リアシートの一部のような・・・

 ひぇー!こんばんは。「グジュっ」・・・あっ、ばっちぃ(泣笑)!!気が付くと吸い込めないハナ水が”つー”っとタレてくる、そんな東京練馬の一日であります。ハタチくらいの頃には”天下の色男”であったワタシも(ダレも知らないから、好きな様に云える:笑)、今ではオシャレは何処へやら。ハナ水タラしつつ目ん玉三角にして、眉間に深ぁ~いシワを寄せながら日々の作業を行っております。

 一方、昼いちまでにフィアットニューパンダ4×4クライミング(岩手県花巻市のKさん号→ココで「ぎょーむれんらくぅ~(花巻のK様へ)」。近々至急に名義変更したいので、先日お送りしたメールに御返信を御願いいたしま~す。ひょっとして”迷惑メール”扱いになってるのかなぁ?)の予備検査を無事に済ませ、本日午後の階下では、マセラティクアトロポルテⅣ(茨城県神栖市のKさん号)のエンジンシリンダーヘッド搭載作業を行っておりました。で、ソッチの方は”お二人さん方”の気がたっておりまして、とてもハナシ掛けられる状況ではありませんので、ワタシの方の作業を本日のネタにさせて頂きます。ハッキリ云って見慣れたヤツですから面白くありませんヨ(笑)。

2014011401_22014011402_2 ・・・マセラティシャマル(松戸のAさん号)は、年が明けても内装トリム皮革の貼り直し作業が続けられております。

 ホントにちゃっちゃと進めたい作業なんですが、構成部材の数が多くてなかなかすべてを完成に導くコトが出来ません。それでも、ここからのネバりがウチの真骨頂ですから、”匍匐”でアリジゴクから這い上がってまいりましょうね。おなじみの劣化ウレタンフォームもアリジゴクに相応しく、スッカリ”砂”と化しております。まずは、樹脂ヘラで掻き落とします。

2014011403_22014011404_2 だいたい”砂”を落としましたら、今度はFRP製ベース部材の表面に残ったモノと、ハガした皮革裏側のモノとをさらに真空掃除機で吸い込んで除去します。

 今日みたいに寒い日には、この表面皮革をベースから剥がす作業が難航します。なにしろ皮革表面に余計なキズやシワを付けられないんで、基本的に工具は”10本の指と爪”と云うコトになりますから。だもんで、そのあたりの画像がありません。写真を撮影しながらなどと云った悠長なコト考える余裕も無くなってるワケですね(泣笑)。

20140114052014011406 続いては、触感をフンワリとさせるのだけが目的で内包されているウレタンフォームを新品に張り替えます。

 立体的な形状を出来るだけ一気に(各部を継ぎ足さずに一枚モノで)貼り込んでいきます。あんまり各部を引っ張ったりいたしますと、ウレタン層の肉厚が均一にならなくなってしまいますんで、いっけん簡単そうに見えますが、実は意外とホネの折れる作業です。ちなみに本日のワタシ、”複雑骨折(笑)”。最後に表面の皮革部材を元通りに張ります。

20140114082014011407_2 ・・・で、完成状態の拡大写真です。ウレタンフォームをフンワリとベースに乗せるように貼り込む時と、この皮革部材をベース部材にガッチリとテンション掛けて張る時では、使用している接着剤が異なります。いずれにいたしましても作業中はとても撮影している余裕は・・・(以下同文:笑) 左の画像のモノが、完成時には「車体正面から見た時にシャマルのリアシートに向かって左側に設置される、右リアシートに座ったヒトの、”身体右側ホールド”をするための背もたれ右側部分(あー、ややこし)」となります。右画像は当然ソレの逆。ああ、要するに、”リアシート右側着座部分の右背もたれ”ってコトで、意味分かります(笑)?

 コレをさらにクォーターのロワートリムにリベット留めしてくっ付けなくてはイケません。ですから”クォータートリムのような、リアシートの一部のような・・・”という表現になっちゃうんですね。「ところで、このシャマル、あと直さなきゃならん部材何個あるんダロ。ひーふーみーよー・・・うー(やっぱ明日も”匍匐”でアリジゴクから這いアガ・・・:泣笑)。」

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこナゼか雪国へ(その4) | トップページ | マセラティクアトロポルテⅣのシリンダーヘッド搭載 »

コメント

 お疲れサマーす(冬だけど)。私のシャマル後部座席もこうしてきれいにされたんですネ。誰かがシャマルの後部座席に座る可能性は、非常ーに非情ーに低いのに、こうして手を抜かず、きっちりやってくれているところが嬉しいです!!有難うございまーす!
 ふふふっ 今日はコメント1番ノリだ!!

↑「練馬のH」さん、おおっ、云われてみれば確かに”一番ノリ”は珍しいぞー!ひょっとして、今夜は”やきん(泣)”?ですか。・・・寒いです(明日は雪?)から皆さんも御自愛くださいネ。

確かにシャマルのリアシートはタコ嫁さんくらいしか乗っているところはみたことがない(写真のみ)ですが、誰も座らなくても荷重がかからなくても「砂」になっていくのですね、みんな。
ちなみにうちのリアシートにはチャイルドシートが鎮座ましましております。すみません…。

本日も冷えましたね~。風呂に入って、温かいものでも食べて、どうか身体を冷やさぬように。
しかし、上品なフカフカ感(鱶鱶感?)を演出する為に凝ったツクリになっているのですね。
そんなマセラティは素敵。
その質感を再現する為にアリジゴクならぬタコジゴクに自ら飛び込んで格闘するたこちゃんも素敵。

・・・アララ、ご多忙の練馬のHさまが本日コメント一番ノリ。
しかも不敵な笑みまで浮かべておられます。
本日は仕事にゆとりがあったのかな。
それとも、忙し過ぎて開き直っておられるのかな。
とにもかくにも皆様、ご自愛願います。

”ここからのネバりがウチの真骨頂”
マイクロ・デポ社を象徴する言葉です。寒い中でも根性が据わっとる。
見習いたいと思います。

 たこちゃん、”冶金”ではありませんでしたよ。単に雑用の嵐を前にして、仕事に手がつかなくなったのでした。。。
 都内では雪降りそうにないですね。。。まあその方がいいですが。それにしても寒いです。まだ風が強く吹いていないから良いかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« たこたこナゼか雪国へ(その4) | トップページ | マセラティクアトロポルテⅣのシリンダーヘッド搭載 »