マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 大雪、巣篭もり | トップページ | マセラティスパイダーザガートの下回り詳解 »

2014年2月10日 (月)

雪掻きとオリンピック三昧の日曜日

 はい、こんばんは!一昨日、昨日と、大雪が降っちゃった地域の方々は、色々と御苦労様でした。特に通勤していた方で帰宅が困難になってしまったと云うハナシ(本日電話をくださった、とある欧州車ディーラーのフロント氏は、帰りの電車が途中までしか行かずに、結局自宅まで二時間トボトボと雪の中歩いて帰ったそうです:泣)などを聞きますと、ホントに申し訳ない気持ちです。

2014021001 2014021002 結局このたびの大雪は、東京では実に45年振りの記録的な降雪量であったと、N○Kテレビのニュースでは報じられておりました。 

 その45年前の大雪はワタシの記憶にも残っております。また、我が実家の記録にもシッカリと残されており、現在も、当時当日にハーフカメラで撮影されていた大量のモノクロ写真により、その往時の記録的降雪の様子を見るコトが出来ます。ここでの画像は昨日の早朝、アパートからデポ店舗前へと雪掻きに出動した時に撮影した道すがらの様子です。

2014021003201402100420140210052014021006 昨日の朝に目覚めて、窓のソトを見た第一印象は、「もう、結構融けてるぢゃん」でした。アパートのバルコニーの柵に前夜まではミッチリと積もっていたハズの雪が、朝にはなんとなく無くなっていたからです。こうして笹目通り脇の歩道を歩いても、普段から交通量の多い道路であるために、さして降り積もってる感じはしませんでした。

 ただし、近所にある国産有力ディーラーさんの中古車センターを見れば、商品車に雪が山積みになっております。この界隈のマキシマム降雪量は30センチ以上あったのではなかろうかと推測されます。土支田の交差点を渡って、デポ前通りに入ると、あっけにとられるくらいに雪が積もってました。あっけにとられ過ぎて、写真撮るのを忘れたくらいです。店の前には風向の関係かシャッターが開けられないホドに雪が降り積もっておりましたが、正午過ぎまでミッチリ5時間あまり”砕いては掬ってはブン投げる”の動作を繰り返して、ようやく店舗前の路地から完全に雪を除去し、バス通りへの導入路を確保出来ました。そのまま”たこヨメ”といつもの「炭火焼肉安楽亭」で”ボンビーセットC(近頃新たに開発したセットなのです:笑)”を生ビールとともに堪能して帰宅。

 すでにカラダ中がイタくなってるんで、布団の上でマッサージやストレッチを行いながらスッカリ”フィジカル気分”となり、柄にも無く、そのあとの午後から就寝までは、ずーっとソチオリンピック見てたんですけどね、女子モーグルの録画中継をすべて見ての結論・・・採点競技と云うのは、やっぱダメですな(泣)。上村愛子ちゃわんの演技を最初から最後まで見ましたが、決勝の採点、アレはちょっとアカラサマにヒドいでしょう。この競技に関してオリンピック草創期からの最年長選手なんだし、逆にハナを持たせてやっても良いくらいに思いましたが、素人目にはどう考えても府に落ちない結果でした。今まで頑張ってきたんで、最後にメダルが取れればホンに良かったのに。御本人はあくまでサワヤカに”ヤリ切った感”を表明しておられましたんで、ソレがせめてもの救いではありました。実に尊敬に値します。御覧になってない方は、ぜひ動画を探してでも御覧になってみてください。

 一方、アルペン男子滑降。コレは男らしくていい。恰好はどうあれ、ひたすらハヤいモンがとにかく勝つ。マキシマム130Km/h以上の速度。雪上”競技”と云う以上、こうでなくては。でもクヤしいかな日本人、この種目に出てないんですよねぇー。

 女子のアイスホッケーも見ました。まさに格闘技さながらの真剣勝負でしたが、チャンスを生かせずに惜しかった。スピードスケート女子3000mも入賞惜しかったなぁー。

 今朝になってジャンプ男子のノーマルヒル結果を知りましたが、やはりダメだったかぁ。ソレでも、結局一番ジジィ(最年長:笑)の”レジェンド葛西”が頑張って入賞。モーグルの上村選手と云い、”年長さん”ばかりが頑張って、若いモンは何やっとるか(喝ぢゃ:笑)!

 まぁ、運動音痴な上、たいしたナショナリズムも持ち得ていない”たこちゃん”ではありますが、久しぶりにちゃんとオリンピックを見ての感想は、公明正大な平和の祭典など、結局有り得ないのだなと云うキビしい現実を知り得たのみ。ちょっと自分たちが勝てなくなるとレギュレーションを根源的に変更したり、採点方法を変えてみたりとヤリたい放題なのは、国際的なモータースポーツの舞台(ル・マンやF1、WRC)でも、従前からまったく同じ構図です。だから”スポーツのためのスポーツ”と云うものを、プロアマ問わずに何時まで経っても好きになれないんだよな、ワタシは。結局国際的競技と云うのはドレも国威発揚と云う意味で戦争の代わりですから。

 採点競技も、タイムや飛距離を競うオトコらしい競技も、このままでは衰退してしまわないかと心配になります。ホントに努力して出てきてるヒトたちですから、無理無理強引に”勝った”と云うコトにしてもらっても、本人はチットモ嬉しくないと思うんですけどね。

 「スポーツマンシップに則り、正々堂々」・・・出場者の純粋な想いに応えて欲しいケド、おそらくは難しいコトなんだろな。実力の伴わない無意味なメダルの数を競っても虚しい。

 出場者の皆さん、外野は気にせず自分の思い通りにチカラいっぱいヤッてきてください。ソレで存分に自己を満足させてきてくださいな。そうでなきゃあまりにも報われないヨ。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 大雪、巣篭もり | トップページ | マセラティスパイダーザガートの下回り詳解 »

コメント

日曜の雪掻き、お疲れ様でした。
確かに意外に早く雪解けしましたが、それでも大変だったと思います。
ウチのご近所でもマメに雪掻きされている光景が見られました。

そしてオリンピック。
ニュースのスポーツコーナーでしか見ていませんが、上村愛子選手の受け答えは
確かに素晴しかった。
これぞ”カッコイイ”と思います。

↑「Wさま」さん、いつも有難うございます!ああ、もう今晩のワタシ、体中のフシブシがイタいで~~~っす!ソレでも、ビミョーに元気に頑張っておりますヨ。

昨日の夜から急に腰が痛くなって、何かしたかなと考えていたのですが、土曜日にちょっと雪かきをしたのを思い出しました。今日も1日中痛くて、年アルネの状態です。
ソチは微妙な時差で、思わずLIVEで見てしまうと翌日が辛くなる毎日です。上村選手も最後まで見てしまいました。

雪かき疲労の皆様、お疲れ様です。
北陸で一冬過ごした時、雪の度にかいていましたが、あれは本当に腰に悪いです。

皆さんと同じく、雪掻きして腰痛い歳有るね、状態です。。。。

今回は珍しくもスポーツ&オリンピックネタなのですね。
上村選手、メダルは獲得出来ませんでしたが高度なターン技術を極限まで突き詰めていくその姿勢は観衆に伝わります。技術も人間性も円熟されておりました。清々しかった。
葛西選手、ノーマルヒルの結果を悔しがる41歳の往生際の悪さを見習わねば(我々、直ぐ諦めちゃうダメ男なもので)。ラージヒルに期待です。

月曜日、会社の敷地の雪かきでほぼ一日を終えました。身体イテ~。
20年程仙台に勤務する同僚に「仙台に赴任して4年目だけど会社で雪かきするのは初めてだよ」と伝えると「オレもだよ」と返答されました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/54941000

この記事へのトラックバック一覧です: 雪掻きとオリンピック三昧の日曜日:

« 大雪、巣篭もり | トップページ | マセラティスパイダーザガートの下回り詳解 »