マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 最後に笑う者が本当に良く笑う | トップページ | ムスメをまた送り出す心境 »

2014年2月21日 (金)

だから、続けなきゃならんのだヨ

 はぁ~、もう金曜日の夜ですか。昨晩も女子スキーハーフパイプの決勝一回目滑走で、結果”銅メダル”を獲得した小野塚選手の雄姿を観まして、続いて時々刻々とコメント欄の”連続リレー小説(コレまだ続くの?:笑←あっ、もう完結してるのアレで)”をチェックしたあとには、すぐにバタンキューでした。

 ところが、またまた夜中に目が覚めて、テレビを点けたら女子フィギュアのフリーの画面が出て、いきなり鈴木明子選手の”ミ○ラ”顔(失礼!・・・でも似てる:笑)がどアップでしかも泣きながら出てきて、そのナミダ溢れるどデカイ目を見てたらコチラも一瞬で目が覚めました。聞けば鈴木選手の8位入賞以上が確定だと云う。残念ながら日本人の演技は全部済んじゃってた(あとのカーニバル:By「おぐ」さん:笑)。

 ぢゃ、”まお”ちゃわんとか”かなこ”ちゃんはどうしたんダロと思い、そのリピート映像が出ないかと待ちつつ、締めの第三グループ(前日ショートプログラムでの上位陣)六人の演技を結局最後(AM4:30)まですべて観てしまうハメ(笑)となり、それぞれが自己ベストを大きく更新する超絶な点数を叩きだしていく様子をシカとライブ映像で見届けました。日本人選手の演技はあとで録画を観たけど、真央ちゃんとっても(あ、いや最高に)良かったね。やっぱ万事アキラメちゃいかん。過去に類例の無いほどハイレベルな闘いであった中、記録(それでも5位入賞は立派)はともかくとして、長く人々の記憶に残るパフォーマンスとなりました。アウェイ開催であるにも関わらず、場内の盛り上がり具合が尋常ではありませんでしたコトが何よりの勲章です。錚々たるメダリストたちに加えてエキシビションにも推挙されたそうで、まさに終わり良ければ総て良しですね。メデタシ、メデタシ。

 男子ノルディック複合団体もスゴかった。メダルは逃したものの、ゴールを目前にして大転倒しつつも、最後の最後に大マクリを掛けた渡部暁斗選手のガッツには、大きな感動を覚えました。

 ワタシにとりましては、ムスメやムスコに相当する年齢層の選手たちに色々と教えられた二週間。「負うた子に教えられ」とは、よく云ったモノです。まだまだ人生の最期の時を迎えるまで、日々成長を続けたいモノだと今さらながらに思った”大きなお友達”ではありました。まぁ、精神年齢は通常5才、マキシマムモード時でもせいぜい”中二”相当のワタシ(ホントなんだから:笑)なんですけどね。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 最後に笑う者が本当に良く笑う | トップページ | ムスメをまた送り出す心境 »

コメント

確かに”まお”ちゃんは素晴しかった。
メダルを逃したのは残念ですが、気持ちで負けず最大限の力を発揮できたことは
メダル以上の何かを得られたでしょうし、見ているこちらにも感動を与えてくれました。
やはり人間、腐ってはいけませんね。

ワタシの恩師の言葉はこちらです。
「ピンチはチャンスだ、ありがとう。」
逆境に強くなりたいですな。

 さすがに浅田真央選手のフリーはLiveで見ました。なんか見ないといけない気がして。落ち着いた表情で競技がスタートして、素晴らしく無事に終えたときは感動でした。吹っ切れたのでしょうね、もうやるしかないと。。。メダルなき金メダリストです。
 そういえば、今週水曜にほんとに久しぶりにシャマルを動かしたのですが、桜台近くで、右折禁止と知らずに右折したら、捕まってしまいました。うげ!日本の警察は何をしているのでしょうか?そこで網を張っているんですね、皆間違えるから違反キップ切り易いしね。市民を守るための警察でないことは、残念ながら今更よーくわかっているんですけど、残念です。。。左折してデポ方向にいけばヨカッタ! またまたゴールドメダルじゃない、ゴールドライセンスがトーザカッタ。4年後に期待?オリンピックか?

昔、エキシビジョンで真央ちゃんが愛犬エアロを抱いて無心にスケートを楽しんでいた頃を思えば、全てを出し切ったフリーの演技を清々しく振り返ると共に、メダル獲得の期待に応えられなかった事を反省するコメントにはオリンピックの重圧を痛感しました。
フリーではプレッシャーに打ち勝ち最高の演技を見せた浅田真央選手は素晴らしかったと思います。

・・・冬季五輪の次は、ワールドカップ・ブラジル大会が待ち構えているのであった。これは楽しみだ。

練馬のHさん、とんだ災難でした。東京マラソンを控え、売り上げ確保に余念が無いのでしょうか。みなさま安全運転で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/55085690

この記事へのトラックバック一覧です: だから、続けなきゃならんのだヨ:

« 最後に笑う者が本当に良く笑う | トップページ | ムスメをまた送り出す心境 »