マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 一転して、世界征服の野望(笑) | トップページ | 時代が移れば、街も変わるヨ。人は変われるか。 »

2014年2月 1日 (土)

嗚呼、想ひ出のアナログゲーム(その1:タカトク系)

 はい、こんばんは!やっぱ、「シアワセの結論は”2014年の現代において、皆で沈没ゲーム(リンク先には動画もあります)をやること!”(by「Wさま」さんの昨日のコメント)」らしいので、きっと、そうなんだと思います(笑)。

 その沈没ゲームをマセラティロイヤルやロールスロイスの後部ピクニックテーブル上に置き、傍らのサイドボードからはワインなど取り出して、ソレを一杯傾けながら、美味いサンドウィッチでも頬張りつつ、気の合うクルマ好き同志で”ボードゲームピクニック”が出来たなら、さらに無上のヨロコビが待っているかも知れませんね。ちなみに只今絶賛販売中の当店在庫車”ベントレーターボRL”でもこの妄想(笑)を具現化するコトが出来ますんで、そこんところ、どうぞヨロシク(ここで強引に商売:笑)ね。

 往年の超高級車で往年の”ガキ用ゲーム”に打ち興じるなんて、ホントのダメ男っぽくていいよなぁー。あらかじめクルマはバンガロー付きのキャンプ場にでも乗り入れて置きゃいいんです。これで大のオトナが酔っ払ってもゆったりとくつろげますからね。”徹マン”ならぬ、”徹沈没ゲーム”・・・んー、まさにアホっぽくてよろしいな(笑)。その場合には、なにも沈没ゲームでなくてもいいワケで、姉妹品には”生き残りゲーム”っつーのもありますヨ。

 昨日のコメント欄を拝見した時に、ワタシの脳裏には、スグにあの円形コロシアム状のゲームユニットの映像が思い浮かんだのですが、「じーこら、じーこら」と旧式脳内コンピューターをいくら駆使しても、「タカトク(当時の販売元玩具メーカー、現在は消滅)」、「なんかタツノコプロのアニメ(そのCMを見たのは確か”新造人間キャシャーン”の幕間であったと思われる。後年では”タイムボカンシリーズ”のヤッターマンなど・・・)」、「生き残りゲーム」と云うキーワードしか浮かんで来なかったんで、「この円形すり鉢型ゲーム盤が生き残りゲームでは無くて沈没ゲームだったんだとすると、ホンじゃー”生き残りゲーム”ってどんなんだったっけ?」との疑問がフツフツと湧きあがってまいりまして、早速”ズル(笑)”して、ネット検索してみました。・・・ああ、コレはコレで知ってるわ、コッチが”生き残り”の方か。同じスポンサーの姉妹品だったんで混同してたと云うワケです。一方はハヤくすべての玉を落とした方が勝ち、もう一方は最後まで玉を残せた方が勝ち、真逆のコンセプトだったんですね。

 ・・・ワタシが小学校四年生の時、たまたま席替えで同じ班になっただけで、さして仲が良かったワケでもなかった「S(佐瀬:笑)君」っ家にお邪魔して一度だけやったのをよーく憶えております。コレがまさに”沈没”の方だったんです。本来四人でやるべきゲームを頭数が揃わないんで強引に二人で対戦しました。二人が各々二人前の陣地を交互に担当してレバーを操作するワケです。こういったアナログメカゲーム、確かに今やったら結構盛り上がりそうですね。このあたりの旧タカトク系ゲームは、復刻版をバンダイの子会社たる”パルボックス(その前身はルービックキューブやオセロで一世を風靡したツクダオリジナル)”って会社が現在も売り続けているそうです。と云うワケでこのネタ、”シリーズ化”決定!

 それじゃー、また来週。皆さん、良い週末を!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 一転して、世界征服の野望(笑) | トップページ | 時代が移れば、街も変わるヨ。人は変われるか。 »

コメント

”沈没ケーム”のリンク、有難うございます。
あの懐かしい箱に円盤の色が蘇ってきました。
画像はシュールですな(笑)。

「生き残りゲーム」共々、タカトクトイスは全く覚えてませんでした。
ベンキョー(ん?)になるなぁ。

”ベントレーターボRL”のリヤ席で”億万長者ゲーム”やってみたいなぁ(笑)。

ああ、今欲しいものを問われても思いつかないのに、子供の頃に遊んでみたかった事の話題になると心が躍りますな~。
アナログゲーム、ワクワクします。
定番は野球盤でしたが。
人生ゲームもやりましたが、なんか人生の厳しさを学ぶ内容だったような・・・。

 中国地方に出陣していました。タカトクの沈没ゲーム、生き残りゲームともしたことがないです(残念)。エポック社だっけかな、野球盤ゲームと、どこの会社か?定番の人生ゲームは家にありやっていましたね。あとは、前に出たことのある魚雷船ゲーム、モノポリー、ダイアモンドゲーム、スピードバッティング、ボーリングゲームあとは何かの双六を友人の家でやっていました。それと流行ったのが、笑い袋とブーブークッションだった!

生き残りゲーム、持っていました。すぐに飽きてお蔵入りしたような気が・・・
その前後にボーリングゲームを買ってもらったように記憶しています。

我が家には画面のゲーム機器が無いのでトランプ、坊主めくりで子供の目をそらしています(笑)

最近の人生ゲームはビンボー農場って無いんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/54824448

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼、想ひ出のアナログゲーム(その1:タカトク系):

« 一転して、世界征服の野望(笑) | トップページ | 時代が移れば、街も変わるヨ。人は変われるか。 »