マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ”MNP弾”ってコトバ知ってる?・・・現代の不条理を嘆く | トップページ | 「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その2) »

2014年4月23日 (水)

「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その1)

 はい、こんばんは!実に10日前くらいから、いつか書こうと思っていたネタを昨日開陳したら、意外にも反応が多くて、ちょっと驚いております。まぁ、本文と云い、コメントと云い、ソレらを読む限りでは、ワタシ(たこちゃん)の「IT嫌いな初老アナログオヂサンの独善的な戯言」に過ぎないと、お若い方々やスマホをバコバコ使える方々からはきっと思われたコトと拝察いたします。気分を害されていたら申し訳ありません。

 昨日コメント欄の中では「テクノロジーの進化は、もう人間の生理を超えているんじゃないかと・・・・」との「調布のU」さんの御意見や「デジタルもアナログも中道のこころと思うのでありますよ」との「ひこうき班長」さんの仰られる言葉がワタシの気持ちを代弁してくださっている様な気がいたしました。

 現在のIT産業と云うのには、大雑把に分ければ「パソコン」と「携帯電話(端末)」そしてそれぞれを色々と活用するための「コンテンツ事業」や「ソフト(アプリ)開発事業」などなども含まれてくると思いますが、ここからは、一旦現在の「ITなるモノ」からは離れまして、極私的な思い出から何かを導き出せないかと書き進めてみようと考えております。

 昭和38年(西暦1963年)11月生まれのワタシは目下のところ満50才であります。無線であれ、有線であれ、「通信」に興味を抱いたのは、やはり「糸電話」と云うメカ(笑)を「こども百科事典」的な本の中で読んでからでありましょう。糸さえピーンっと張れば、遠くに居る人間とお話が出来る。こんなに画期的なモンがトイレットペーパーの芯二つと、薄紙、(フエキとかヤマトとかの:笑)のり、そして数メートルの木綿糸だけで完成するなんてユメの様でした。隣の家のヤツと窓越しにこの”回線(笑)”を施設して、初めて会話が成立したときの驚きと喜びは言葉では言い表せぬホドの感動でありました。

 トランシーバー電子ブロックマイキット(そして、現在においても今更ながらやってみたいアマチュア無線)・・・当時から科学教材としてコノ手の商品は存在したのですが、ソレらはどれも雲の上(って云うか、宇宙の果て:笑)の存在で、到底手に入れるコトなどは能わずでありました。この時期に我が親がこのあたりの教材玩具をワタシに買い与えていたら・・・今頃ワタシはビル・ゲイツスティーブ・ジョブズみたいになってたカモ知れない(笑)。

 大好きな”特撮モノ”の中では、地球防衛隊や怪獣やっつけ隊の本部での、無線(?)によるやりとりのシーンが数多く出てきました。壁には必ず、磁気テープが回っているかの如きディスプレイ(きっと、大型汎用コンピュータをイメージ)があり、今ではスッカリ廃れたテレックスの紙テープ(ウチのヨメは、かつてコレを読み取る仕事をしていたコトがあると云うので、やっぱり”そーとートシあるね”なのでありましょう:笑泣)がウジャラウジャラと際限なく出てくるシーンも頻繁に登場しました。

 中でも、今に至るまで同年代人のココロに引っ掛かっているのは「ウ○トラ警備隊のビデオシーバー(リンク先では、アンヌ隊員の「隊長がもうプリプリよっ!」直前シーンが画面に見てトレます:笑)では無かろうかと思います。だいたい、無線通信と云うモノは行きも帰りも同じ回線(周波数)を使ってたんで、「○○は××でありますっ!どうぞ(とかオーバー)」なんて会話になる。要するにコチラの要件をしゃべり終わったあとに、必ず相手の発話を促す様に「どうぞ」と語尾に付けなければなりませんでしたよね。その点ビデオシーバーは、現在のスカイプなどと同様に双方向で映像と音声をやりとりしていたと云う点で(当時はいまだ空想の世界の産物ではありましたが)画期的なモノでした。

 長じてからは、街頭の公衆電話の変遷を見るコトにもなりました。赤電話やピンク電話から青電話、黄電話(100円が入る市外通話向き)、緑電話(テレホンカード使用可)、グレー電話(ISDN回線)とソレは移り変わっていきました。

 自宅の固定電話も、ダイヤル式黒電話→プッシュホン→コードレスホン(しまいにはFAX付き)と、斯様に進化してまいりました。

 社会に出て、初めて「ポケットベル」なる端末を持たされました。コレもピーピーと信号音を発するダケの原初のモノから、メッセージ付きなどと云う中途半端なモノに進化し、そのうちに消滅し、主にコスト面でポケベルに相当する事からPHSなるコレまた中途半端な「亜携帯電話」的なモノへと変化してしばらくは残りました。今から思えば「メッセージ付きポケットベル」と云う「最低最悪の端末(その理由は後日述べます:笑)」に現在の電子メールに於ける煩わしさ(既読スルー問題など)の萌芽を見ます。

 ワタシ、携帯電話に関しては、「歩く字引」と仰って頂いても構わないくらいに、一番初めの頃から使ってました。そういった意味ではこの分野に於ける歴史の証人であります(笑)。自動車用移動電話もショルダーホンもハンディホンもすべて使用歴があります。この時代の製品はとにかく電池がたいへんで、ホントにアッと云う間に電源が無くなったものです。機関銃のカートリッジの様に、予備の電池を次々に装填(笑)しながら通話していたモノでした。

 そのうち、リチウムイオン電池の技術開発が一気に進み、半導体技術もいよいよ急速に進化いたしました。ソレらが携帯端末の小型化と高機能化と電源寿命の長期化をもたらしたコトは云うまでもありません。

 このあたりの時期から、そもそも別のカテゴリーに属していたハズの「通信」と「情報処理」が徐々に(そして一気に)融合し始めた様に思います。今で云う「IT」の萌芽ですね。

 そもそもペンタゴンか何かが開発した軍事技術、ソレがインターネットであったハズ。何故だかソレが民生用に普及したのは、今から思えばいったい何だったんでしょうね。

 時代をちょっと元に戻して、ワタシが大学生で、まだ紅顔の美少年(笑)であった頃。いまだコンピュータの世界は汎用コンピュータ(オフィスコンピュータ:オフコン)が主流で、現在パソコンと呼ばれている様な形態のモノは一般家庭にある様なモノではありませんでした。コンピュータ言語の方も、現在のようなパソコン主体では無かったもので、”BASIC(ベーシック→現在ではビジュアル・ベーシック)”が主流では無く、”COBOL(コボル:主に事務処理用途)”とか”FORTRAN(フォートラン:主に科学技術用途)”など用途によってまちまち。それぞれの言語を駆使するシステムエンジニアとかプログラマーなんて仕事もその頃は最先端の花形職業と目されてましたね。

 大企業用や、大規模システム用、超高度計算用の汎用コンピュータはともかくとして、今では家庭にあるパソコンやスマホで、ほとんどの事が出来る様になってしまいました。昭和は遠くなりにけり。

 30年ほど前は、「大規模汎用コンピュータと萌芽期のオフコンと玩具的なマイコン(マイクロコンピュータ)」しか存在しない世界でした。

 20年ほど前からは、ソレらにパソコン(パーソナルコンピュータ)が加わり、従来からのほとんどの情報処理アイテムを凌駕して発展し、そのまま現在へと繋がります。

 ワタシは25年ほど前、原初のオフコンからコンピュータとの関わりを持つ様になりました。その頃オフコンに装備されていたHDD(ハードディスク)は容量が天文学的に(あ、逆か?:笑)低かった上に、キャッシュメモリなんて「いったいナンのコト?」状態でありましたので、例えばワープロひとつ使う場合にも、そのたびに大きな紙製フロッピーディスクを二枚いちいちアップロードして使う様なシロモノでした。日本語変換機能も今の目から見れば途方も無くトロいモノで、到底実用性がある感じではありませんでしたね。

 ・・・いい加減にツカれたので、続きは明日にいたします(チキン野郎と呼んでください。:泣笑)。

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

 

« ”MNP弾”ってコトバ知ってる?・・・現代の不条理を嘆く | トップページ | 「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その2) »

コメント

皆さんお晩です!!
う~~~ん、社長の書かれている内容の1割も理解できないんですけど・・
思えばサラリーマン時代に会社から支給された「IBM シンクパット」に
一切手を触れず、と~~~~くから眺めていたら、担当の女の子から
怒られちゃった過去を持つ私です・・・・涙
「てやんでぇ~、PCなんざ分からなくても、こちとら、生きていけらぃ!!」
な~~んて言うほどのことはございませんが、まぁ~適度ちゅ~もんが
あるように感じるんでありますよ・・
以前亡くなられた俳優の「牟田悌三」さんという方が、子供たちを取り巻く環境を
憂いてこんなことを15年くらい前ですか、おっしゃってました。
「今の子供達には、不足が不足してるんですね~~」・・・と
現代はそれがますます加速しているような気がします。
物が豊かにあれば幸福なんでありましょうか?勿論貧困が正しい生き方だ
何て言うわけではありませんが、やはり物を大事に使う気持ちが大切なんだと
思うんであります。またそこにこそ「マイクロ・デポ」さんの存在価値が
あると思います。


変換間違い「原題」→「現代」であります。
スンマセン・・・・あ~~パソコン依存してると
漢字忘れるし、書けなくなったなぁ~~・・・笑
(単なる老化現象・・・・???)

みんなー、ついてきてるかー(笑)。

当方この手のメーカーに勤めているのですが、社内でも「汎用コンピュータ」が分かる人
分からない(ピンとこない)人で世代が分かれます。
時代は変わっていきますね。

みんなー、ついてきてるかー(笑)。↑↑&↑「調布のU」さん、「Wさま」さん、毎日有難うございます。思えば「Wさま」さんはその道のプロ中のプロですから、ワタシなどの発言はお恥ずかしい限りです。牟田悌三さんは懐かしい俳優さんですね。「ケンちゃんシリーズ」でのお父さん役とか、「好き!すき!!魔女先生」での”お目付け役:バル”の声とか、「3年B組金八先生」での”15才の母”たる杉田かおる嬢のお父さん役とか・・・(みんな知らねぇーか:笑泣)。「不足が不足してる」は確かに云い得て妙、病理の本質をズバリと切っております。ちなみに”誤植(笑)”は直しておきましたヨ。

ついていってま〜す。
この手の話、語り出すときりがないので、以下省略(単に眠いだけですが)します。
BASIC懐かしいです。MS-DOSって言っても最近の若者は知りません。でもあの融通のなさ(というか単にできなかっただけ)に辟易して、Mac
に飛びついてはや23年ぐらいですが・・・

パソコンと通信インフラの進歩は著しいですね。
高校の入学祝いにPC9801VM21を買ってもらい嬉しかった事を憶えております。
25年以上昔の事ですが確か当時の金額で30万円ぐらいしました。
でも、たいして活用した訳でもなくパソコン雑誌に掲載されたBASICプログラムを打ち込んだり、付属の手引き書を基に簡単なBASICでワープロ替わりに使ったり(当時はソフトも物凄く高かったのでワープロソフトが買えませんでした)、ゲームで遊んだり。
7年後の大学卒論作成時に借りた一太郎(ワープロソフト)で辛うじて活躍してくれたのが幸いです。
インターネットはそれからずっと後の時代の話です。インターネットの起源は軍事用かもしれませんが、World Wide Webはスイスの素粒子加速器CERNで得られる膨大なデータを世界中の研究者が解析する為に開発されたんでしたっけ。
まあ、役に立つ・立たないは別として人類の偉大なる知的好奇心の産物なのですね。

たこちゃんが子供の頃に知的電子玩具を与えられていたら、今はビル・ゲイツかジョブズか・・・それは無い無い。しかし超絶パソコン再生屋、高性能オリジナルパソコン作成屋、スパイグッズ製造販売でニッチでマニアックな顧客層を獲得していた事は間違いないカモ。

↑↑&↑「かしい」さん、♪お久しぶぅりぃね、であります。「Sm」さん、毎度あり~。続きで書こうと思ってたんですが、ワタシゃ、とことんMS-DOS派を通して(マウスと云うモンにどうにも馴染めなかったモンで)、そのまんまウインドウズ時代に突入(結局マウスを要する:泣)してしまいましたので、マッキントッシュはほとんど見たコトも触ったコトも無いのであります。そっちにしておけばよかったカモ。ともあれ、高校生の時に8ビットマイコンでもいいから手に入れるコトが出来ていたらなぁ・・・。

たこちゃんのおっしゃる「オフコン」って
N5200モデル05 とかでしょうか?
懐かし~w

昨日のスレッドもよく読んでないのですが(スミマセン)
「MNP弾」の恩恵で購入した私のiPhone5は、
よく誤作動をします。
プライベートならいいんですが、今日は仕事でやらかしてくれました。
詳細は省きますが、結果的には、
「誠に申し訳ございません(^^)」という題名の
メールを送信してしまったのです(爆)
もう笑うしかないですね。

仮想マネー逸失のニュースや、
googleがらみの情報流出問題などもそうですが、
「IT」に乗っかって行くと、喪うものが多々ある気がします。
それにプライベートとオフィシャルの混同も起こってきます。
かといって、便利なものは使わないわけにいかないし…

ま、なるようになるんでしょうね。

自分の子供を見るにつけ「ああ世の中から携帯無くなりゃいいのに」と思ってしまいます。日本人が日本人をダメにしているなぁと思う、今日この頃。

 そのテレックスの紙テープ、調べてみると「鑽孔テープ」とか「穿孔テープ」っていって、穴が5個とか、8個とか開いている奴!あれは、小学校のとき、隣接する大学の敷地内にたまに落ちていたりして、綺麗だとワクワクして持ち帰っていましたヨ。。。
 いわゆるパソコンとの出会いは、大学のとき、ほとんどワープロ代わりで、学校にあった NECで、5インチのフロッピーディスクを使っていました。働き始めると、汎用のワープロが出て来て、仕事場のそれを使ったりしていましたが。。。
 とうとう自分のを買ったのはMac 540Cだった(高くてさやっと買えました、秋葉原のチョー安売り店で)。それからパワーブックG3 2台、G4、そして今使っているPowerBookPro、しかし一度たりともデスクトップとwindowsを買ったことがない、、、さらにTVゲーム(DSとかも)も買ったことがないという。携帯も今ので3台目、すべてド○モだし。ITやらgameとか、秋葉系から離れたところにいるようです。。。。通信と情報処理というお題からすると結構出遅れている系ですネ、完全に。。。
 

「日本人が日本人をダメにしているなぁ(@一松さん)、そう、携帯といい多種多様なゲーム機とかといい、最終的に前向きに豊かな人生に結びつかない技術についての日本人の開発能力と執念ってすごいなあ、と自分も思います。
それと引き換えに何が失われるのか、ということをあまり考えないのだなあ、と。

1ヵ月前に見つけました 楽しく読ませてもらってます。
毎晩の日課になり、最近、目がチカチカです。 動画もっと見たいです
楽しみにしております かしこ

I'm extremely impressed with your writing skills and also with the layout on your weblog. Is this a paid theme or did you modify it yourself? Either way keep up the excellent quality writing, it is rare to see a great blog like this one nowadays.. fadaaegbddcc

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/55907419

この記事へのトラックバック一覧です: 「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その1):

« ”MNP弾”ってコトバ知ってる?・・・現代の不条理を嘆く | トップページ | 「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その2) »