マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« メルセデスベンツSL350:ザ・シルバーアロー | トップページ | 基盤がキバンでる(笑)場合には・・・ »

2014年4月18日 (金)

マセラティクアトロポルテⅤデュオセレクトの出立

 はい、こんばんは!昨日は一生懸命にクルマを洗って、ハヒハヒと掃除機掛けて、走り回って写真を撮って、ウナリながらも36枚もの画像を圧縮加工して、夕めしを頬張りながらも眠い目コスってキャプションを付けていった”SLネタ”でありましたが、一部の心ない(笑)アンチメルセデス派諸兄からのバッシング(大分のR先生などにいたっては、別の記事ページに御丁寧にわざわざの長文伏せ字無しバージョンを・・・)の賜物か、昨日の記事をアップしてからすでに22時間ほど経過しておりますが、メルセデスベンツSL350の方にはいまだ「アツいお問い合わせ」がひとつもありません(泣笑)。まあ、ウチの店と云い、ここを訪ねていらっしゃるお客さんと云い、このブログや当店ホームページを御覧になってる方々の多くは「アンチスリーポインテッドスター」なのかも知れませんが、ワタシ自身は決してアンチではありませんヨ。オラオラ系のベンツにはこれっぽっちも興味ありませんが、センスの良いモノならばシレっと乗るのにいいですからね。

 ところで、同じ”幌型”車でも、ダークアクアマリンのスパイダーザガートの方は目出度く”速攻”で御売約(喜:「品川区の”ザガートファナティック”G」さん、有難うございましたぁー。今後ともヨロシク、納車をお楽しみに!)確定いたしましたコトを御報告申し上げます。

20140416012014041602 ・・・本日のお題はアナクロ・デポとも揶揄されるホドに旧いクルマばっかり扱うマイクロ・デポが「札幌のI」さんに向けて送り出したちょっと新し目のマセラティ、クアトロポルテ(五代目)デュオセレクトです。

 昨秋お納めする予定が現地の降雪時期に間に合わずに東京で”冬眠”しておりました。されども、新しい世代のクルマと云うのは冬眠向きでなく、セキュリティシステムなどで常時電源を結構喰ったりいたします。やたらとアチコチが点滅したり点灯したり。但しリモコン集中ロックの動作などは、ビトルボ時代とは違って目を見張るホドに確実な作動をいたします。

20140416032014041604 ドアノブひとつ握っても、違いますよぉー。ソコで”今話題(笑)”のメルセデスSクラスなどでは「オート・クローザー」なんですが、こちらマセラティでは、なぜか「オート・オープナー」で、まずはヨカッタヨカッタ(なんで?:笑)。まぁ、クローザーの方は、真夜中の閑静地でドアやトランクを「ドスン!」と音をたてて閉めるのを回避するためのメカとして、それなりに意味はある様な気がいたします。オープナーの方は??・・・でもね、とにかく電動にしてみたかったんだよね。ともあれ、電動と手動のノブが並存している風景を見るたびに不思議な気持ちになります。

20140416052014041606 ・・・電動格納ミラーのスイッチも、今風にこんなところに付いています。

 ドコまで回せば開いたり閉じたりするのか、ノブの絵を見てもぜんぜん意味が理解出来ません。なんとなくクリック感があるところまで回転させる。そのせいか、ココ、結構このマシンの隠れたる急所のひとつですから、そのお取扱いは丁寧に。

20140416072014041608 続いてトランクラゲッジフードの開閉方法なんですが、ここも他社の様にオート・クローザーではなくて、オート・オープナーを目指しています。まずは電動での開け方。

 取っ手裏の中央にある「樹脂の様なゴムのような弾性体」の一体成型品、その全体がスイッチです。オモテに見えているグリップ部分を、「人差し指・中指・薬指」の三本でゆっくりとフードを引き上げる方向に押し込む要領で操作します。なんとなく押してもダメです。コレは材質の選定がマズい。ノブの裏側から出ている突起部分の先端で、取っ手の中に内蔵されているマイクロスイッチを押すようになってるのですが、全体的に柔らかく作っちゃってるから、ウマく押さないと突起部分の先端までチカラが伝わっていかないのです。手動の方はもっとヒドくて、鍵穴に正しくカギを突っ込んでも相当カタい手ごたえです。しかも日本語版取説には「時計回り」に回せと書いてある。きっと彼の地ではトランクフードを上から見た時(カギ先端が上向きに突っ込まれた状態の時)に「時計回り」と解釈すべしと云うコトなのでしょう(そうかぁ~:笑)。下から見上げて(キーシリンダーに正対して)左側方向に回すのが正解。いずれにいたしましても、コレはエマージェンシー用と割りきった方が良さそうです。ジャックナイフ型のリモコンキーの方が却ってコワれそうになります。いっその事、キーの先だけ複製したトランク&ドア専用キーを頑丈に作っておいた方がいいかも(イモビライザーのICチップが内蔵出来ないから、イグニッションには使えまへんケド)。

 トランクフードを閉める時には、そっと降ろして下まできたら、トランクフードのエッジ部分(ボディ外板の受け面とタテ面のカドにある、スポイラー状に少し盛り上がった部分)、そう、Maseratiロゴの少し上のあたりをそっと押し込む様にいたしますと、音をたてずにシックリと上品に締まります。

20140416092014041610 室内に目を向けますと、”F1マチックフェラーリ乗り”の方々や、”カンビオコルサマセラティ乗り”の面々にはスッカリ御馴染みの前進⇔後退切替レバーが目に入ります。そういった方々にはお馴染みだけど、一般的には「なんじゃ、そりゃ?」でありましょう。通常は前進状態から後退動作へと移りたい場合にのみ触るレバーです。後退させたい場合には、このレバーを上方にそっと引き上げつつ、そのまま後方へとスライドさせます。メータークラスター内中央のギアポジションインジケータ表示が”R”になったのを確認してから、徐々にスロットルを踏んで後退動作を開始いたします。この段階で、車輌の後ろに壁があったり、人が立ってたりいたしますと、パークトロニックのアラーム音が鳴り響きます。後退方向への動作から前進方向に戻すには、このレバーを前方に倒すか、ステアリング右側裏のパドルシフトレバーを一度引きます。ちなみにニュートラルにしたい場合には、左右両側のパドルを同時に引きますと、ギアポジション表示が”N”となります。旧いセレスピードやF1マチックとは違って、カンビオコルサの場合にはエンジンを停止させるとともにギアポジション表示は必ず”D(AUTOモード時)”か”1(MANUALモード時)”となり、マニュアルミッション車において(パーキングブレーキの制動力だけでは心もとないので)ギアを入れた状態にしてわざわざ駐車するのと同じ状態を自動的に再現します。

 諸々御意見はおありでしょうが、ワタシの私見では、この系統のシステムを採用したセミオートマ車では、いつもMANUALモードで御自身が上手に変速しながら運転を楽しむ方が、クラッチやF1ポンプ(セレポンプ)へのダメージが少ないのでは無かろうかと感じております。

2014041611201404161220140416132014041614 ・・・ついに出荷の時がまいりました。陸送会社の搬送担当者各位への「取扱説明書みたいなモノ(ソレは大体上に書いてあるよな内容なんだけど:笑)」をアチコチに貼り付けて、一昨日の夕方に出帆いたしました。

 IさんのクアトロポルテDSを載せた船、ただいま現在はどのあたりを航行中でありましょうか。

 まーね、ウチも「マセラティ専門店」の(無いケド)看板を掲げて十余年、一度も「ビトルボ屋でござい」などと宣伝したコトが無いにも関わらず、どうしたワケだかいまだにビトルボ屋のレッテルを貼りたがる方々が多くてコマってます。マセラティと名が付けば、旧いのから新しいのまで、そのすべてを扱うのがマイクロ・デポです。あんまり高価格のビンテージレーシングモデルや、MC12なんかはウチで買うヒトいないんだろうケド(泣)。

 ホントは徐々に新しい型のマセラティにシフトしていって、これから老人になるワタシも少しはハラの痛い思いをせずに済むようにと足掻いてはいるのです。もはや、ビトルボ系マセラティの中でも、デ・トマソ期や第一フィアット期のモデルは程度の良好な個体がほとんど出てきませんからね。ギブリⅡとか程度の良いモノはいつも物色してるんだけど、主張する売り値が高いばかりでダメダメなのばっかり(泣)。ところが、フェラーリ期、第二フィアット期のここ10年ほどのモデルは、2ドアクーペも幌型も、そしてクアトロポルテも(もちろんニューギブリも)と、それぞれが大型化してしまいましたので、主にサイズのせいで”ビトルボ系でマセラティデビュー”の御歴々がなっかなか新しい方向に目を向けてくださらない(特に都市部ではマンションの駐車場に入れないなどの現実的な問題もあるんだけど)んだよなぁー(嘆)。低走行のギブリⅡ、売りたいと思ってる方は今がチャンスかもよ~(笑)。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« メルセデスベンツSL350:ザ・シルバーアロー | トップページ | 基盤がキバンでる(笑)場合には・・・ »

コメント

ああ看板、明日から高山なので(今日は会津)、木彫りでつくってもらってきましょう(嘘)。
うちのは低走行じゃないからチャンスもへったくれもないので、もう末永く乗るしかありませんです。はい。

↑「おぐ」さん、いつも有難うございます。「ああ看板」欲しいケド”嘘”なの?(笑)

Iです。
いよいよ出荷しましたねー。
無事北海道、札幌に到着することを祈ります。納車が待ち遠しいです。
でも、なんかドアミラーやら、トランクやら慣れるまで手こずりそうですね。
ウマく操れるまで修行です。

皆さんお晩です!
今日は内幸町、大門、そして最後は新橋と3か所でお仕事・・・
最後の仕事終わりで同業者と夜の新橋へと繰り出しました。
今日はまさに「花金」(死語かなぁ~~笑)あーんど、
新入社員歓迎会、やらが重なり、新橋はまさにサラリーマンの
メッカとかしたのであります!わたくしお酒が一滴も飲めない下戸で
ありますが、ウーロン茶でがっつり3時間オヤジトークをかましてきました。
周りの人は、まさかお酒を飲んでいないとは気づかないほど、ハイテンションで
喋りまくったのであります・・・・(迷惑だったかなぁ~~・・・)
さて、ひと世代の前のクワトロポルテ、サッポロに旅たたれましたね!
このお車以前お邪魔した時に拝見させていただきました。
マセラティのDNAは引き継いでいるとは思いますが、(スンマセン
マセラティ初心者が言うことではないかも・・・)
サイズがやはり大きくて、実際の生活の中では取り回しにくいかな?
と思います。4代目のサイズが日本の道路事情、その他にもマッチ
していると感じます。
4代目に一度試乗したいですね~~社長よろしくお願いします!!

これまた珍しい近代マセラティの電動と手動部の動作解説。
アナログとデジタルが入り混じった怪しげ(妖しげ)なビトルボ期とは隔世の感がありますなあ。
こういうネタも結構楽しいですね。
Iさま、いよいよです。初のデポ謹製クアトロポルテVの到着が楽しみですね。

ザガートファナティックGさま、ダークアクアマリンのスパイダーザガートの御売約、おめでとうございます。幌を取っ払ってカッ飛ばすにはちょうど良い季節ですね。気持ち良さそうです。

Iさまおめでとうございます。
自分も前回の点検時に実車を拝見致しました、まるで新車みたいだと思ったんですが、いつもの納車前の鬼整備中って感じでした、素人目にはどこから見ても新車みたいなんですが、まだ何かやる事あんの?って思ったのを覚えております。写真のイメージとはまた違ったすばらしいオーラを発してました。なにせマイクロ・デポ製ですから。

最後の旅立ちの写真、たこちゃんの”ガンバレヨー”の思い入れがとても感じられます。
これから北の大地を駆け巡るのですね。
Iさま、バンバン乗ってあげてください。

近年のマセラティには興味が全くなかったが、こうしてたこの解説で見ると、加えて昨日の車の後でもあるし、なかなかいいぞこれはsign01と感じます。
小さな写真の隅々に華があり、色気が窺えます。
昨日の写真と比べてみると、その違いというより、このクアトロの艶が感じられるのではないでしょうか。
デトマソの頃とは会社の精神、作り手の意識共に大きく違うのでしょうが、どうしても出てしまう匂いは、図らずも同じものという気がします。

ドアノブの構造には、笑ってしまうよりも、ちゃんと自分のことがわかってる、乗る人も不便があっちゃ困るだろうという「気遣い」を感じ、苦笑してしまいます。
日本車やドイツ車なら絶対壊れないものを作るのでしょうが、2000年代の今こんなことやってる会社は、まあ、何というか、何とも言えないっていうか、でも僕はうれしいよsign01と言うしかないところです。

この記事で初めて(昨日の記事の後なのだからでせうか?実はたこの陰謀?ハラグロな奴だなぁ…)このクアトロの良さがわかったような気がいたします。
札幌のI様、おめでとうございます。
とってもいい車だと思います。
私は運転さえしたことがありませんが、ぜひそのご感想をお聞かせくださいね。

Iでございます。
Smさま、磐田のFさま、Wさま、りゅうたろうさま、ご支援ありがとうございます。これから毎週週末にはクアトロポルテを引っ張り出して乗り回したいと思っております。
調布のUさま、そのとおりだと思います。私も4代目クアトロポルテ(マイクロデポ製ではありませんが)を所有した過去があり、サイズ的には4代目の方が、何かと都合が良いとは思ってます。
でも、一度は全長5m超えに挑戦したいと思い購入に踏み切りました。あちこちキズだらけになるかもしれませんが、覚悟のうえですね。
それと、今回はさすがに-14℃での走行はしませんが、何かトピック的なことがありましたら報告します。

 Iさま、納車(まだ手にはしていないけど)おめでとうございます。納車っていうのは何回でもいいですね。まあ出会いがあれば別れもあるわけですが。。この第5代(横綱みたいなー言い方)クアトロポルテは、運転したことこそないものの、乗せていただいたことあります。マフラーサウンドも良かったですし、良い車です。楽しんでください!で、4代目のクアトロに比べれば格段にトラブルはないでしょう!

 I様、言葉足らずで申し訳ございません。
決して、5代目クワトロポルテを否定しているわけではございません。
素晴らしい車であることは間違いありません。
私もマイクロデポさんに行きつくまでは、ずっと5代目のクワトロポルテを
見てまいりました。いいなぁ~素敵な車だなぁ~と思っておりましたが
元々運転技術も含め大きな車が苦手なことと、やはり東京都内の
道路事情を考えますと、5m越えの車はなかなか大変だなと感じた次第です。
札幌市内はやはり東京と変わらぬ交通事情だとは存じますが、ひとたび
市外へ出かければ、それはもう、ドライバーにはたまらない荒野が広がって
おられますよね~。是非思い切りマセラティーを楽しんでくださいませ!!
大変失礼いたしました。

御納車おめでとうございます。セレクターがなんとも上品で、ホアキン・ベラオのアクセサリーみたい、でもウチみたいな下町ではムリだろうなー、昨夜カングーのミラーでさえ対向車に当てられたしなぁ。

練馬のHさんに言われて気づいたのですがいつの間にかアクセスランキングが!、静岡、健闘してるんでよかったです、1位はなんか賞品があるのかしら?。

Iでございます。
練馬のHさま、そうですねー。納車は、どんなクルマであっても何回あってもいいですよねー。できれば毎年あればいいなぁなどと思ってしまいます。
調布のUさま、全然全く気になさらないでくださいね。記載の通り札幌市を離れると北海道は無法地帯(表現に誤りがあります)です。特に千歳などは自衛隊の戦車も公道を走行していますからね。
一松さま、基本的には北海道は道幅も広いので、その点ではあまり当てられることも少ないですが、広いがため道民は基本的に運転は下手です。道が広い分上手くなる必要がないんです。
そういう私も運転技術に関しては怪しいものです。
いやぁ~早く納車にならないかなぁと思いつつ、本日納車前祝いでジンギスカンで乾杯しちゃいましたー。

Interconditional
マーク バイ マーク ジェイコブス 腕時計 MARC BY MARC JACOBS ラリー MBM5030 メンズ ウォッチ http://www.zenithexpo.com/data/Q9R/markbymarkjacob-index.html

Sunday school
シチズン CITIZEN REGUNO レグノ スタンダード レディース腕時計 ホワイト ブラックレザー RS26-0061I http://www.yufengfish.com/images/4BN/Rolex-index.html

Murdered
クロックス バヤキッズ キッズシューズ クロッグサンダル [カラー:ネイビー] [サイズ:J3(21cm)] 10190 http://lifepo4.csu.fuqiit.com/files/8HD/Crocs-index.html

Executive Director
FENDI フェンディ ズッカ柄 小銭入れ付長財布 ブラウン 8M0021 00YG1 F0TUD http://www.myhonglou.com/data/TEX/fendi-index.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/55807487

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティクアトロポルテⅤデュオセレクトの出立:

« メルセデスベンツSL350:ザ・シルバーアロー | トップページ | 基盤がキバンでる(笑)場合には・・・ »