マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その2) | トップページ | ホゲホゲほ~げー、ホゲほ~げー(笑) »

2014年4月25日 (金)

「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その3:完結篇)

 はい、こんばんは!本日は名実ともに”大型連休直前の金曜日”でありましたので、ウチの店にとっては実質的な”月末”。まぁ、明日からの休みを想定している企業は多くあると思いますんで、本日金曜日はまさに追い込み。ちょっと街路に出れば、目の前の”笹目通り”から、朝の7時台にはピクリとも動かない”ズどど渋滞”となっておりました。

 一方ワタシの方も、んもー、本日は朝から極私的なヤボ用も含めて、何人のヒトに会い、お話をしたコトでしょう。夜になったら、ワタシの極少量の脳ミソは、それこそ「情報処理」が不能状態になりつつありますが(笑泣)。

 そのような中で、「決算書」までもが出来てまいりまして、税理士の大先生をお招きいたしましての「確定申告の儀(笑)」の方も恭しくとり行われましたが・・・結果、「黒字だよ!、黒字!!(大喜び)」・・・コレ一重に、平素顧客の皆さんからの御支援の賜物と、心の底から感謝いたしております。

「当店顧客の皆さん、本当に有難うございました!!!」

 (・・・ここから、昨日の続きです)

 今から思えば、それ(あまねくITサービスの低廉化&契約者数を確保するためダケの為に行われるキャッシュバックなどの無理な商法)は日本国に限らず、全世界的な失策とも云えましょうね。このブログねたにとっては極めてタイムリーなニュースも今朝方見ましたが、所詮価格競争の行きつく先には無責任な事業撤退しかありません。だいたい2600億円もスルんなら、オレにくれ、オレに(泣笑)。

 ちょっと高嶺の花(バブルの頃はそうだった)くらいでちょうどよかったんですよ、そもそも。余りにも簡単に高度なサービスを一気に、そして低廉に(途中で平成大不況・デフレスパイラル・リーマンショックなどなどのファクターがあったため)広め過ぎた。昨日の最後の方に謳ったあたりの時代には、いまだ健全な競争原理が働いてたモノなぁ。結局「広く薄く、ちょっとずつ、目立たぬ様に金をカスめとる」ことを考えついたホンの一握りの勝ち組人種にその他大勢はまんまと”してヤラれた”と云うワケですね。

 回線使用料もパケット通信料金もプロバイダ料もいつしか”合体メカ(笑)”とされ、終局的には「なんでも”○○放題”化」してしまいました。自宅の固定電話すらも、私用で掛けるコトに関して大きく憚っていた様な少年時代を送っていた身といたしましては、小学生が”LINE”とかやってる(やらせてる親にも問題大アリではあるのだけれど←だけども、時代の大きな波がソッチにイッちゃってるとするならば、コドモの主張に抗えないのも理解は出来ます)コト自体に問題の多くはありそうです。今やコドモまでもが最先端ビジネスのターゲットにされているところに、現役の「大のオトナ(精神年齢は”永遠の五才”なんだけど:笑泣)」としては本当に情けない思いと無力感を抱きます。

 ”そのおかげ”で数々の利便性を得るコトが出来ましたが、反面「本来こんなことヤラなくても良かった(シアワセだった)んじゃないの?」ってな数々の面倒くさい事象にも、却って付き合わされるハメになった様な気がしてなりません。そもそもこのブログだって、その一環。毎日毎日クタビレ果てた状態で、老体にムチ打ちつつ、それこそ這う様にして書いているワケですヨ。コレは広告であり、顧客サービスでもあるワケですから(ですから、コメント欄において、本文内で紹介している”商品”に関して、譬えシャレだとしてもクサしたり、チャカしたりするのは金輪際やめてください:願←名実ともに命と生活賭けてますから)。・・・一重に「ITに駆逐されつつある雑誌広告が効かなくなっちゃったから」泣く泣くやっているのです。もう、みんなどのようにして情報を手に入れるのか、そのソースがヒトによってテンでバラバラになってしまったので、キメうち的な広告活動や周知活動が極めてヤリにくくなってまいりました(特にこの10年余り)。30年前は紙媒体の中古車情報誌たる”カーセ○サー”だけに広告出せば、中古車屋なんてどのようなアンポンタンでも楽勝で出来ていたのです。ソコに競合するグーだのカッチャオだのが出てくる、そして時代の流れでソレがデジタル化され、紙媒体は併存させつつもカーセ○サーネットになったりグーネットになったりもする。さらにはアマゾンだとか、価格ドットコムだとか、ヤフ○クだとか、とにかく物の価値を危うくするばかりの媒体がネット上にはたくさん出てくる(だから油断もスキもあったモンじゃない)。いっけん間口が広がりビジネスチャンスも広がった様に思えますが、決してそうではなく、単に考えなけりゃならん事、(広告費用などを)払わなきゃならない相手が増えたダケ。「いや、アンタこそがITの権化の如くにネットを最大限シャブリ尽くしてるヤンケ」との怨嗟の言葉もトンで来そうですが、ソレはチガウんです。誤解しないでください。もう、大きなウネリに呑まれて、とある特定のターゲットに対する情報発信の在り方としては、もはやネットしか残ってない(様な世の中にされた)と判断したから「結果的必要悪」として乗っかってる(縋りついてる)に過ぎません。そうなって来ると、「如何に大きなキーワード(当店の場合には、云うまでもなく”マセラティ”なのですが)でグーグルさまやヤフーさまの検索ロボット大明神さまから検索上位陣に入れてもらえるか」なんてコトまでヤラされる(SEO対策と云う)ハメにもなりました。

 そもそも、「直接(双方向が同時に)話せる」ところこそが、究極的には通信事業のコアであり、「難解な事象(データ)の分析のために、極めて短い時間でフローにし、チャートにし、イエスとノーの二進法を無数に積み重ねて正解(若しくはコレに極限まで近い結論)を導き出す」のが情報処理のコアであったハズですよね。「通信」と「情報処理」の融合によって、せっかく今や「ウ○トラセブン」の時代に夢想したビデオシーバーまでが現実になった(コレはモールス信号の時代から考えれば究極的な通信形態です。家庭に居ながらにして全世界の人々と画面で顔を見合せながら、しかも無料でハナシが出来るスカイプなどのサービスは、地球防衛軍のウ○トラ警備隊より、いまやよっぽど進んでいますよ)のに、コミュニケーションツールの主体はなぜか電子メールやチャットになって何歩も後退させてしまっている。ハッキリ云って、直接の電話であれば数十秒で伝えられる事柄が、電子メールでは”数時間(若しくは数日、場合によっては数カ月掛るコトも在り得る)”掛けないと伝えきれないと云うコトが出てきてしまっております。ワタシの様な零細企業主ですら斯くの如しですから、大企業の社長さんや重役さん方は、今朝になって自分のパソコン開いてみたら、「来てたメールが5000通(大量のスパムメールを含む:笑泣)」なんてなコトも現実にあると思います。こうなると、ソレらのひとつひとつを精査出来るワケはありませんから、結局は本来目指すべき双方の意思の疎通も成立しない「ヤギさん郵便」の世界になってしまうワケで・・・。

 もう何年も以前から、国を挙げてIT産業にテコ入れしてまいりましたが、お金なんかは下々のところにはちっとも降りて来ないじゃないですか。ほとんどの真面目に働く若者たちのところにも還元されてないじゃないですか。雇用なんかも、ちっとも生んで無いじゃないですか。すべては机上の空論であったのです。国民は須らくダマされた(あ、いや、コレはどー考えてもオカシイと分かってはいても巻き込まれざるを得なかった)んです。こんなんだったら、土建屋にカネを回して公共事業でもなんでもバンバンやって、きっちりインフラ整備したり、防災対策やったり、過疎地対策したりした方が、国家100年の計を考えれば遥かに有益だったとは思います。

 斯くなる上は、「情報巧者」をとことん目指すしかなさそうです。遍く情報には振り回されるコト無く、その情報のウラをかくくらいの気持ちで臨まねばならないし、「情報通信産業」に纏わる虚実を冷徹な目で監視していかねばならない、と、斯様に思うワケであります。真の双方向通信と、完全な情報処理が出来れば、間違いなく風通しの良いサワヤカな世界に生まれ変わるコトでしょう。

 それじゃー、また明日!・・・あと一息、あと一息だヨォー!!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その2) | トップページ | ホゲホゲほ~げー、ホゲほ~げー(笑) »

コメント

皆さんお晩です!
高校の同級生8人と京橋の料理屋さんで、食べかつ飲んで(私下戸ですが笑)
ただ今帰還いたしました。でっ、ブログを開くと、あれ~~~っ、誰も投稿してない?
う~~ん、さすが大型連休・・・と納得??
さてマイクロデポさん、黒字・・おめでとうございます!!!!!!!パチパチ
あんたはエライ!!表彰状(小松政夫さん風に・・・・・)
でっ、少しだけ宣伝です・・・・ひっそりと・・・・・
明日午後5時~6時、BSフジの鈴木自動車プレゼンツ、
「車で遊ぼう!富士山ぐるり一周」という番組があるんですが
そのナレーション・・・・・私です・・・・ひっそり・・・・
土曜日のこの時間に御自宅にいる方は少ないと思いますが、
もしも、なんかの間違いで、お家にいらっしゃるようであれば
ご覧頂ければ幸甚です。出演者は「荻原次晴」「金子貴俊」「福原彩乃」さんの面々です
あっ、そういう自分もデポさんにお邪魔しているんだった・・・・笑
皆さまよしなに・・・・・・

↑調布のUさま、やっぱりすごい人だ(笑)。

うまく云えませんが、どんなに技術が進化しても己の信念だけは持ち続けたいものです。
と、仕事中薄っぺらい隣の部署の会話を聞いてて思った、今日この頃。
明日も仕事、仕事できることに感謝です。

 そうですね、ITとやらに人々は振り回されているんだな。IT化で楽できると思ったら、結構仕事量増えたりしているし、人件費節約できてなかったり、ペーパーレスでもなかったり。今は過渡期なんでしょうか?でもこのIT化の波はドンドコドンドコ進んでいくのでしょう。。。情報通信産業はどうなっていくのでしょうかね。新興国がさらに台頭してくるということもあるし。。。世界的に貧富の差がどんどん開いていっているし。。。。IT関連企業のオーナーやら富豪になっていますしね。。。。1%の富裕層がアメリカ全体の所得の20%を握る絶望的な不平等社会になったことが判明なんて記事見たこと有るし。。。かすめとるのが上手いと、コツコツやっているものがバカをみるような社会構造なんだろか。。。
 時計の世界は、日本初のクオーツからデジタルへ進み、揺り戻してきて、今やアナログ、ビンテージの世界に一部は戻り、併存しています。しかし車は、ハイブリッド、PHVや電気自動車も多くなり、更にappleが打ち出したCarPlayなんかがドンドン出て来て、IT化が進みそうです。それと同時にアナログな、ネオクラッシック、クラッシックな車も(一部の金余りの投資家(いわゆるかすめとるのが上手い富裕層)が値を釣り上げて転売して利益出すという守銭奴行為してますが)注目を浴びていることも確かです。こちらもどうなっていくのか、その行く末が気になります。。。
 マイクロデポも、紙媒体だったときの、たこちゃんの天声人語的コラム広告が、ネット媒体のホームページとブログになり、さらにYoutubeまで。。。確かに仕事量は増えてますね。。。。前なら、記事書いて、掲載する写真を編集部に送ればやってくれていたことを、すべて自分でやらなきゃいけなくなってるんですからね。。。。
 調布のUさまが、ナレーションをご担当しているのですか!!でもその時間は見れないなー、いや聞けないなー、残念無念。。。たぶん移動チュウ!すいません。

祝、黒字決算。日々、匍匐前進の努力の賜物です。
IT企業が2600億円を出資したエリアから撤退ですか。その金があれば銀座にデポのショールーム(←過去の話題の蒸し返し)も夢では無いもんね・・・って、たこちゃんが望まないよな。
マイクロデポは敷居が低いのが良い。
仕事へのこだわりが素晴らしい。
たこちゃんから、クルマとは文化であり教養であることを学びました。

・・・このブログの読者層がじわじわと広がり良いお客さんが増えるといいですね。
マイクロデポ社の益々のご発展をお祈りいたします。

 祝黒字!でしたね。前コメントで入れ忘れていました。
 本日午後宜しくお願いいたします。そして、ダメ男への参加はダメになりそうです。申し訳ありません。その代わり横浜でデポの宣伝?!してきます(笑)。

祝!黒字決算

うーん。大変な時代ですよねぇ。
もう10年ちょっと前になるのでしょうか。タコちゃんの毎月の広告コラムを何度も繰り返し拝読し、ビトルボたちの(リライアントシミターなんて在庫も記憶に残ってますが)ちっこい写真を穴のあくほど眺めた末に、意を決して始めての電話をしたことを思い出します。
マイクロ・デポについても、たこちゃんの努力の甲斐あって今の方が情報量ははるかに多いわけですが、その分、想像力の働く余地が減っている気もします。
もっとも、多才なコメンテーター諸氏が創造力を発揮されることでその部分は相殺か?(単なる駄洒落w)

私の生業とする領域も、ITサービスの低廉化とそれに伴って生じる価格破壊の波により風前の灯となって久しいのですが、考えてもどうしたらいいかわかりません。わかるぐらいなら多分他のことしてるし。結局はコンテンツだよな、と開き直ってます。まぁ私の場合、そのコンテンツも自分では生み出せないのですが…

度々失礼します。
ダメ男の会ですが、今回欠席でお願いします。
またよろしくお願い申し上げますm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/55934191

この記事へのトラックバック一覧です: 「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その3:完結篇):

« 「通信」と「情報処理」への関わりのハナシ(その2) | トップページ | ホゲホゲほ~げー、ホゲほ~げー(笑) »