マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 非暴走半島(笑)、奇跡の駅”月崎”再び | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その13:夕張周辺の廃線跡探訪①) »

2014年5月27日 (火)

たこたこ北紀行2014GW(その12:朝っぱらから海鮮三昧)

 はい、こんばんは!・・・先のゴールデンウイークに敢行(観光?:笑)いたしました”たこちゃん北紀行”の方も、先週までに前半の二日間分をようやく御案内したに留まり、もうそろそろ6月の声も聞えてくると云う時期に差し掛かってしまいました。昨日の”千葉の隠れた名所ネタ”が盛り上がりつつあるところでナンですが、一旦北海道にハナシを戻します(と、いつもこうだから、千葉ネタが忘れ去られてしまうのよねー:泣笑)ヨ。

20140523012014052302 ともあれ、書いてる当人もキオクがブットビつつありますが、本日からは断続的に後半戦の模様を中継録画にてお送りしようと思っとりますです、ハイ。

 (ここから前回の続きです)昨晩はラーメンで一杯になったハラをさすりながらバタンキュ~。一夜明けまして4月29日(火:祝)の朝となりました。昨日までの我が左腕には、「ハンドルキーパー君」のステッカーが貼られていたのですが、寝ぼけマナコの今朝は気がついたら「カニさん」のステッカーになっており、なぜかマイクロバスに揺られております。ホテルの外へ出て、朝食を採ろうと札幌駅地下街の喫茶店を目指していたハズなのに、5秒でハナシが変わってしまいましてコノ様なコトに。

20140523032014052304 15分ほどマイクロバスに揺られていると、札幌の場外市場に到着いたしました。「タダで朝市に連れてくよ~」とバスの運ちゃんが発する甘言に”たこヨメ”がコロっとなってしまいましたのが運のツキ(笑)。

 バスを降りれば、そそくさと店内に案内され「お食事ですか?お買い物ですか?」とせっつかれる。「あ?あぁ・・・ぢゃ食事します」で、通されたのは海鮮食堂。いきなりメニューがバーン!イクラをちりばめた様な写真がドーン!!あ、いやウマそうではあるんだけど、まだ朝の8時前だし、前夜のラーメン&ギョーザは些かモタれてるし・・・

2014052305201405230620140523072014052308 段々と寝ぼけマナコも冴えてきて周囲を冷静に分析(笑)出来る様になってまいりました。

 昨日のウニイクラ丼屋さんにも、壁一面に(主にローカルな)有名人のサイン色紙が並んでおりましたが、ココのは質量ともに格段の差がある色紙。

 結構大きな店内には、壁のスキマというスキマに超有名芸能人や超有名プロアマアスリート(オリンピック選手なども・・・)の色紙や記念写真(肖像権のモンダイがありそーなのでコチラは載せませんが)がまさに貼りめぐらしてありました。旅番組では常連のアノ方も、重鎮俳優のコノ方もフィギュアスケートの○○ちゃんも、超有名シンガーソングライターのアノ方、コノ人・・・一人で何度も訪れては、凝った似顔絵入りサイン色紙を置いていっている方もいらっしゃいますね。

20140523092014052310 「焼きモノは少々御時間が掛かりますケドよろしいですか?」と注文時に云われていたので、周囲のカベをキョロキョロしながら時間の経過をひたすら待ちました。「おい、帰りのバスの発車時間には間に合うんだろうな?」とチョット心配になった頃、「お待たせいたしましたぁ~」の声とともにやってきたのが、焼鮭とイクラが載った「(イクラの)親子丼」。”たこヨメ”は御覧の三色丼で今日もウニ付き。時に丼を取替えっこしながら黙々と喰いまして、「うひょ~、ハラいっぱいだわ」・・・ウマいにキマってますが、ココは十分にハラを空かせてからの昼メシにしたかったなぁー。観光地価格に付き合って朝から大散財だし(泣笑←もっとも、札幌市街地からの往復運賃込みと思えば安いのかな)。

201405231120140523122014052313201405231420140523152014052316201405231720140523182014052319201405232020140523212014052322 ・・・「あー、朝の太陽がマブシーぜ。」次の送迎バスが出るまでには30分ほど時間がある様なので、食事後には店内での海産物の物色などはせずに、せっかくの市場街をハラごなしのため散策するコトといたしました。

 平日の、まだ日もアガらない様な時間帯ならば、大型の輸送保冷車などが縦横に走り回り、さぞや賑わっているのであろうコトが想像出来るメインストリートもこの時には閑散としています。

 あえて裏通りに入っても人影はまばら。空はどこまでも澄み渡っております。歩いている途中、ところどころで北海道の遅い春の訪れを感じさせる風景を見るコトとなりました。

 比較的旧い建物を、色とりどりのヒサシやテントで装飾し、それぞれが如何に目立つかを追求したかの様な、ダダっ広いオモテ通りの商店群にも独特の趣がありますが、あんまりレトロ気分を味あわせてくれる風景ではありません。

 ともあれ、「今日はコレからドコまで行けるかな?」などと考えながらプラプラ歩いていると、天候の良さも相まって些かならずシアワセな気分となってまいります。

 ソレにしてもねぇ、せっかく北国の場外市場に来たのだから、ナニかお土産でも買ってくればいいのにと思われるかも知れません。そりゃーね、買えるんだったら買いたいですヨ。

 そぞろ歩きながらも時折チラチラと店員さんにカラまれない(笑)程度には覗き見したのですが、「相対的には安いんだけども絶対的には高価格(泣)」なので、”たこちゃんズ家”の台所事情ではまぁムリムリ。ちなみに帰りの送迎バスで同行した「関西のおばちゃん軍団」の方々は、口々に「ウチではカニを3万円分買った!」「気がついたら全部で8万円分になってた!!」などと大声でガナりあっておられました。・・・「うー」”住む世界”の違いを感じるひと時ではありました。

20140523232014052324 ・・・裏通りとオモテ通りを路地を介しながらジグザグに歩いて行くと、コレまた色々な発見があるモノです。

 小さな食堂ながら、東京キー局の有名どころ番組への多彩な出演歴をお持ちのお店があったり・・・「んっ?おとうと2ちゅうしゃじょー?!」看板屋さんは作った時に気がつかなかったのでありましょうか(笑)。あとからマジックインキで書き加えられたと思しき”竹冠”も既に消えかかっており、より一層”トホホ感”に風格が加わっておりました。ちなみにこの看板と食堂は無関係だったと思いますヨ、念のため。

20140523252014052326 そんな、オモテ通りの市場見学にも些かアキたので、またもウラ通りに入りますと、立派な御屋敷のお庭やキレイに整備された公園内に立つ樹木たちが一斉に花開いているのを発見して、札幌への本格的な春の到来を実感いたしました。ワタシたちが当地に到着してから、この段階ではいまだ45時間ほどの経過タイムですが、この短い期間にずいぶんと茶色かった風景が緑とピンクの彩り溢れる情景へと嬉しい変身を遂げてくれたと云うワケです。

20140523272014052328 ホントは、この公園の遊具で色々と遊びながらのヒマつぶしに及んでたのですが・・・「ねぇねぇ、さかあがりって出来るぅ?」「おっ、バカにしてるな?出来ないと思ってるダロ、ほれ(順手掴みで”ぐりん”)、ホレ(今度は逆手で”ぐりん”)。」「・・・うー、やっぱり出来るんだ、(たこちゃんのくせに・・・)」「ホンじゃ、ヤッてみそ」「うー、うー(ジタバタと逆手で握ったままぶら下がってる)」その後、ブランコをちょっとやってたらグルグルと目が回ったモノで、そのあたりの写真が撮影されてないんです。そろそろ時間が無くなってきたな、公園を出て周囲のウラぶれた(失礼)レトロ地帯を探訪いたしましょうね。

201405232920140523302014052331201405233220140523332014052334 ・・・あー、なんかコノあたりの風景は、ワタシが子供の頃の”練馬区春日町4丁目な雰囲気”が良く再現されてるなぁ(って、云われてもねぇ:笑)。

 いやホント、初めて来たのに懐かしい。たくさんあったんですよ、こういった集合商店と集合住宅の合体メカみたいな物件が、ムカシの練馬には。

 近づいてよくよく見ますれば・・・そうそう、アルミサッシ化される以前の建物って、こんな感じだった。我が実家も各窓の施錠は、くるくるとネジみたいに回すヤツだったモンなぁ。

 そんな(ワタシがイメージする)カギの正式名称を調べてみましたら「中折れネジ締り錠」と云うらしいです。調べる過程でたまたま見つけたこのリンク先サイトにある写真のモノがまさにムカシ実家の”引き違い窓”に付いてた品物そのもので、思わず手を叩いちゃいましたヨ。そうそう、鋳込んである装飾文字が最後までなんて書いてあるか分からなかったんだよなぁ(”完全”だったのか・・・実際には戦前表記で”全完”となってたからいよいよ分からなかったのね)。モノにも街にも歴史あり。本日も、シメは脱線転覆のままで次回に続く(笑)。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 非暴走半島(笑)、奇跡の駅”月崎”再び | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その13:夕張周辺の廃線跡探訪①) »

コメント

Iです。
私の認識不足だと思いますが、この場外市場ってどこなんでしょうか?桑園方面でしょうかね?二条市場ではないですよね?後でネットで検索してみようと思います。
実は、発表しちゃいますが、ビックtotoで当選しちゃいました~。もう一台マイクロ・デポさんからマセラティ買える~と思いきや、当選金額は5等の1,740円也。
当選確認した際、”おめでとうございます”の表記を見て喜んだのも束の間1,740円ですから。しかも、今回1等は無しでした。当たらないよりはいいですけどね!

↑あう~「I」さん、こんばんは!惜しぃなぁ~~~~~ビックtoto。ともあれ、当たりは当たり、ツイてますねぇー。羨ましス。

中折れネジ締り錠、我が家に5ヶ所、現役です。木枠の窓ですから雨が吹き込むと大変です。まだジョイフル○田で売っています。

皆さんお晩です!!

今渋谷公会堂で行われた「あさみ ちゆき」ちゃんという歌手の
コンサートから帰還しました。
北紀行復活ですね~~~相変わらず記憶が飛んでる割には(失礼笑)
素晴らしい内容ですよね!!これで記憶が鮮明ならばどうなるんでしょう???
北紀行第35弾・・・・・・・・つ~~~事にでもなっちまうかもですよね・・・笑
あっ、これを御読みの方、ここはマセラティの事を語る「マセラティで行ってみよう!」
というブログですから・・・・・・・・・一応書いておこうっと・・(社長代行U)

労働の後のB級グルメの美味しさは格別では有りますが、朝っぱらから海鮮丼の贅沢も年に数回の非日常ならば良いのでは。胃もたれ気味ですと、勿体無いのかも知れませんけど。

うんうん。スカスカな町並にも関わらず蜘蛛の巣のごとく宙に張り巡らされた電線が前時代的。懐かしい昭和を感じさせます。どうでも良い風景ですが悪くは無い。でも、せっかくの旅行の北の地で異国情緒とはウラハラな昭和の風景は如何なものかな・・・それも良し。

有名人のサイン色紙、何人かは誰が書かれたのか判りましたが、殆どの方が
達筆すぎて分からない(笑)。
でも”まきはらさん”や”石ちゃん(まいうー)”なんかは似顔絵入りサイン色紙を
書かれていて、一目で分かると共に人柄の良さを感じます。

最後の「中折れネジ締り錠」、あぁありましたね。
テツヲタさまの5ヶ所現役とはすごい。とっても貴重です。

 三食丼じゃない、三色丼は美味しそーですね、食べたことない。でも尿酸値上がりそうで。。。美味しい食事の後のプラプラ散歩は楽しいです(ほんと食前に散歩もいいカモ)、お腹もこなれてくるし、周りの何とも昭和な景色をみて、懐かしむというオマケ付き。そして発見!「中折れネジ締り錠」!うちの家にもありました。回してもしっかり掛からないネジとネジ山がおバカになっちゃったり、届かなかったり。。。そして雨戸の滑りがワルくて困ったことも、そうだ雨戸の鍵はなんていうんだろか? 調べてみたら「猿錠」っていうみたい、これが湿っていると上手く動かなかった。。。。北紀行これから後半戦!その16くらいまでいくかな。もうすぐ6月だよ、たこチャン!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56284935

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ北紀行2014GW(その12:朝っぱらから海鮮三昧):

« 非暴走半島(笑)、奇跡の駅”月崎”再び | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その13:夕張周辺の廃線跡探訪①) »