マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ北紀行2014GW(その15:幸福の黄色いハンカチ) | トップページ | 花咲く、水無月 »

2014年5月31日 (土)

たこたこ北紀行2014GW(その16:夕張市街地探訪→旧炭鉱)

 はい、こんばんは!本日の東京練馬は気温こそ高めではありましたが、ヘンな強風も吹かず、実に絶好の作業日和。夕方には「調布のU」さん(一番搾りの差し入れ&御売約、誠に有難うございました!)と、「高野台のH」さんが御来店、御二方とも”お忙しい&色々と御疲れ”の中での御来店であったにも関わらず、長い時間お引き留めして申し訳ありませんでした(心よりペコリ)。

20140531012014053102 (ブログの方は昨日の続きです)・・・黄色いハンカチ効果でスッカリ幸せ気分になったワタシたちは、夕張エリアでの次なる”ブログねた”を探して市街地を走りました。

 ここ夕張に限らず、北海道内にはこういった野立ての広告看板や案内看板がいたるところで並んでいた様な気がいたします。コレは、いまや関東圏ではあまり見るコトが出来なくなった広告手法なので、ずらーっと並んでいる光景は懐かしく壮観だなと思いました。

2014053103201405310420140531052014053106201405310720140531082014053109201405311020140531112014053112 看板と云えば、夕張の市街地には、旧い映画の宣伝看板が街のそこかしこ(と、云うのはかなり控えめな表現で、ホントは手当たり次第、ヤケクソ気味に貼ってあると云う方が適当:笑←せめて、同じ建物に貼る複数枚の組くらいは時代考証を合わせようヨ)に掲示してあります。

 コレも本当は版権の問題などあろうかとは思いますが、夕張の街起こしの一環としての事業を広く御紹介しているワケですから、ココだけは許して頂きましょう。

 主力地場産業の炭鉱事業が左前になったあと、御存知の様に財政が思わしくない自治体の代表の様に取り沙汰されていた夕張市ですが、「映画の街」としてなんとか”復興”させようと、映画祭を開催したり、こうして懐かしの映画看板を掲示したりと色々なコーディネートをしつつ努力はしてきたのだと思います。「ゆうばりキネマ街道」と云うのだそうです。

 ソレも今ではこうして痕跡を留める程度に見えてしまっておりますのが残念ではあります。人口の減少には歯止めが掛らず、市民の老齢化も進みゆく一方では、再興への道のりは平坦では無かろうと思います。実際に市街地を散策しても、連休中と云うコトもあってか(あ、いや、観光地として生きるつもりなら、ココは開けているべきだと思ったケド)ほぼ商店は閉まっていました。

 おかげで”たこちゃんズ”のこの日の昼メシは”おあずけ(泣笑)”となりました。朝から鮭の親子丼を喰ってたからこそ耐えられたと今にして北の市場には感謝の気持ちが湧いてまいります。ソレくらいに何も無い。

 東京にも似た様な街起こしをやっている場所がありますが相当盛況です。。「青梅」がそのスポットを擁する街なんですけれど「昭和レトロ商品博物館」と「青梅赤塚不二夫会館」が市街地商店街のコアに並列しておりますので、街のあちこちにあるレトロ映画看板と相まって街の散策は飽きるコトなく、コチラの方は”ブログねた的にも”とてもイイ感じでした(過去三回訪ねました:笑←アンタも好きねぇ)ケドね。

2014053113201405311420140531152014053116 ・・・・で、やっぱり、現在では夕張の”顔”は「メロン」と云った感じになるのでしょうけれど、ワタシたちが訪れた時には「ぜ~んぜん旬ぢゃない」時期であったためか、ただの一軒も夕張メロン屋さんが営業しておりません(市街地には、無数に点在しているにも関わらず)でした。

 と、云ったワケで、夕張の最終ウェポンは、やっぱ結局「炭鉱」ですな(笑)。

 おすがりいたしましょう、「石炭の歴史村」に。たまたま当日が休館日だったらどーしよーとハラハラしながらまいりましたが、駐車場には幾らかクルマも停まっている様子。聳え立つオレンジ色のエレベータータワーが往年の活況を偲ばせます。

 それじゃー、また来週!5月中も皆さん有難うございましたぁ!!また来月もよろしく!!!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ北紀行2014GW(その15:幸福の黄色いハンカチ) | トップページ | 花咲く、水無月 »

コメント

皆さんお晩です!

今日は長々お邪魔して申し訳ありませんでした。
折角の作業日よりなのに、作業を遅らせてしまったのではないかと危惧しております。
これから色々お世話になると思いますが、よろしくお願いします。

Iです。
今日はどうでしょうかねー。一番でしょうかねー?
あっ、本日昼の電話対応ありがとうございました。
ところで、たこちゃんさんが札幌へいらした際に絶対に言わなきゃって思ってた事がありまして、それは地下鉄に乗ってくださいってことです。
もう既にご存知かもしれませんが、札幌の地下鉄の車輪は金属製ではなく、ゴムタイヤです。レールの上を走行しないので、”ガタンゴトン”といいませんよ。
私的にはJRでの通勤ですので、頻繁に地下鉄は乗りませんが、ススキノへ出掛ける際は、必ず乗ります。
あと全く関係ないですが、ユーミンの”飛行機雲”って40年前の曲なんですねー!

おっ、調布のUさま御売約!おめでとうございます。
納車が楽しみですね。そして待つのも楽しいものです。

一方夕張ですが、なかなか街並みの建て直しが容易ではなさそうですね。
こういった一端を知るのも、たこたこ紀行のいいところで勉強になります。
4月末で残雪が残っている写真が、冬の北海道の厳しさを思い知らされます。

↑御三方(スッカリ今ぢゃ常勤の:笑)、ともに有難うございます!!!特に完全皆勤を続ける「Wさま」さんには足を向けて眠れません(ワタシがどのようにツラい時でも更新を続けているのは、ハッキリ申し上げて「Wさま」さんの日々のコメントあってのコトであります)。「調布のU」さん、本日は本当に有難うございました。納車をお楽しみに。「I」さんは、本日お忙しい中での御電話を有難うございました。札幌の地下鉄がゴムタイヤ付きなのは、このコマーシャル
http://www.youtube.com/watch?v=QIX-or-xqwc
での記憶によって存じ上げておりましたが、今回の旅では乗る機会がありませんでした。あ、ユーミンさんは、ワタシの子供時分に「あの日に帰りたい」で、まずハマりました。TBSのドラマの主題歌で、確か秋吉久美子さん主演のものだったと記憶しております。あとは「ソフトエクレアhttp://www.youtube.com/watch?v=s7ojYIjZnAo
」かな、やっぱり。どちらにしても荒井時代なところが”トシあるね”でありますヨ。

 調布のU さま、御売約!オメデトウございます。さらにコメント選手権1位!オメデトウございます。。
夕張市というと、「メロン」と「破綻」がすぐ浮かびます。映画も復興の起爆剤として用いられていたんですね。地方は、人口減少と産業の低迷でどこも厳しい。これから、残念ながら益々加速するのでしょうか?!地方はどこに行っても似たような景色だったりして、代わり映えしない気がしますが、たこチャンブログの紀行記を読むとどこも町起こしに余念がなく、頑張っているんだなーと思います。地方復活のキーワードはやはり人口増加!!それも爆発的でなく、息が長く。
 話変わって、京都は暑過ぎます。。。。

映画祭の時には夕張駅前(ホテル前)の屋台村が大盛況なのですが、この季節の昼間はやっていないのでしょうか?
特に名物のカレー蕎麦がお勧めで、私などは夜の7時頃から朝4時まで呑んだくれつつ毎日欠かさず食しておりました。映画祭以外の時は夜10時迄と言っていましたが、雪が無くなったら休業ですかね。

調布のU様もいよいよマイクロ・デポラーでしょうか。
因みにメロン熊はとてもゆるキャラとは呼べない凶悪な風体が可愛いです。

おはようございます!

Wさま、町内会のMさま、練馬のHさま、コメントありがとうございます!
見事、タコ社長の「罠」?にはまり、撃沈とはあいなりました!!笑
納車までの長い道のり、今から楽しみであります!!
この車は代々デポファミリーの方々が乗り継いでおられるので、
わたくしも、大事に乗っていきたいと思っております・・・・
昨夜は思いかけず、一番乗りをさせていただきました・・・笑・・・って
ここそういうところでしたっけ????笑
これからもよろしくお願いいたします!!!

それはめでたい。
調布のU様、おめでとうございます。タコちゃん繰り出すタコの糸に絡め取られてしまいましたね。
お楽しみはこれからだ、と言うことでワクワク感共有させていただきます。

調布のUさま、人外魔境に一歩足を踏み入れてしまったのですね。
御売約おめでとうございます。マイクロ・デポラーのワタクシも喜ばしい限りです。

さびれた夕張の町並に掲げられた旧い映画看板には味わいがありますが、いかんせん町並がさびれ過ぎてるのが物悲しいかな。
いっそのこと景気付けに古今東西の映画看板を節操無くゴッタ煮状態で掲示されては?・・・何をするにも資金が必要なのですけど。
炭鉱は次回?

本日、岩手県の金ヶ崎町で開催されたハーフマラソンに参加。
かろうじて完走しましたが暑かった~。走っている時は苦しいけど走り終えると何故か心地よいこの筋肉痛。これからゆっくり風呂に浸かります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56363318

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ北紀行2014GW(その16:夕張市街地探訪→旧炭鉱):

« たこたこ北紀行2014GW(その15:幸福の黄色いハンカチ) | トップページ | 花咲く、水無月 »