マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ北紀行2014GW(その6:ウニとイクラ、そして灯台!) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その8:ニッカ余市蒸留所①) »

2014年5月14日 (水)

たこたこ北紀行2014GW(その7:宇宙温泉ソーラン:笑)

 はい、こんばんは!今朝は連休明け以来久しぶりの穏やかな好天でしたが、お昼を過ぎたらムシムシと暑いのみならず、またも強風が吹き荒れ始めつつ黒雲も発生して、もうホントにイヤ(泣笑)。

 こちとら紅のマセラティシャマル三台と純白のクアトロポルテを、天候を気にしながら出したり入れたりと段取り替えしつつの作業。まー、とりあえずは”紅白”でお目出度いコトではあるな(笑)。

20140514012014051402 (昨日の続きです)・・・てなワケで本日も”たこちゃんズ北紀行”の続きです。あー、ドコまでイッてたんだっけ(と、昨日のブログ記事を見る)・・・「生うに丼~神威岬」まで済んだのか、するってーと、こっからだナ。

 今晩も札幌に宿があるため、そろそろ舵を切り直さなければなりません。神威岬の先は国道229号線をチョビっとだけ南下し、ソコからとって返して戻る方向に走行方面を変えまして、積丹半島の海岸線を東側に移動する感じで走ります。

 神威岬の先、国道229号線沿いにある石碑は「ソーラン節の碑」らしいです。観光パンフレットや地元の案内板に必ず記載されてたんで、どんなに素晴らしいモノかと寄ってみましたが、御覧の様に何のギミックも無くてちょっとガッカリ。しかしながら、そのあとクルマの中では「正調ソーラン節(♪やぁ~あれんそーらんそーらん、やれんそーらんそーらん、はいはい、沖のカモメに潮時聞けばぁの方)」を歌いながらの走行となり、北の海を眺めつつの歌唱は気分がよろしいモノです。なぜか小学校の運動会で、体操着の上からタスキを巻いてコレを歌い踊る演目をヤラされた(当時はイヤだった←カッチョ悪い様な気がして・・・)のが、40年経って初めて活きた。やっぱ一般教養(笑)って人生を楽しむのに大事だわ、うん。

20140514032014051404 今度は、なんてコトの無い海岸が眼下に見えたのでクルマを降りて、砂浜に近づいてみました。

 あっ!つくしが生えてる。

 ・・・思えば、つくしが自生してるのを見たのは何年振りだろう。コドモの頃に都内の荒川土手あたりに家族でピクニック(と云うよりは散策?)しに行った時、我が親父がつくしを大量に発見したから摘んで帰って焼いて喰うと云い始め、「(親父の)コドモの頃にはよく食べたもんだよ、ちょっと焼いて醤油を垂らせばウマい」などとウンチク垂れるのを聞きながら持ち帰って食べた記憶があります。味の方は・・・てんで思い出せないなぁ。もちろん今回は摘みませんでしたヨ。でも、懐かしい。

201405140520140514062014051407201405140820140514092014051410 つくしの生えているよな原っぱを通り抜けると・・・御覧ください、美しい砂浜が一面に広がっております。

 モデルさんが、単にワタシの前を進む”たこヨメ”さんであるところがナンではありますが(あっ、痛っ!:泣笑)。

 よくよく砂浜を見ますと、白い砂の表面には自然に生成されたちりめん模様が見えますね。訪れる人々もまばらなので、ワタシたちが足跡を付けて回るのは、なんだか申し訳無いよな気がいたします。

 あー、電波系の方々が宇宙との交信用に設置したのか、テレビモニター(笑)。それとも、コレこそがオーパーツってヤツ?いやいや前衛ゲージツ?

 誰かがこのあたりに捨てていったモノなのか、若しくは豪快に海から漂着して、このビミョーな角度に落ち着いたモノなのか・・・いずれにしても、美しく白い砂浜に不思議と奇妙に溶け込んでオブジェと化していたブラウン管テレビは、今では懐かしいソニートリニトロンカラーテレビ。ブラウン管テレビってところで、さらに叙情的な気分にさせられます。

201405141120140514122014051413201405141420140514152014051416 もはや皆さんスッカリお忘れだと思いますが、まだ4月28日(月)の昼下がりですけれど、今日はここまでドライブしつつも、要所要所でとにかく歩きまくってまいりましたゆえ、いったんカラダをホグそうとヤッてまいりましたのが、ここ「岬の湯 しゃこたん」であります。

 積丹町の町営ですから入湯料も比較的リーズナブルで、云わば「コミュニティーセンター+露天風呂付き温泉」みたいなスポットです。

 ホントは海を眺めながらの露天風呂に浸かってる画像を入れたいところなんですが、風呂場に丸ハダカでデジカメ持って闖入(文字通り:笑)したら、間違いなくしょっぴかれて、チガウところに一泊しなければならなくなりますのでサスガに自粛いたしました。

 周囲を大きな岩で囲んで造作された露天風呂はサイズも大きく、屋外はまだまだ結構寒いゆえ果敢に室内大浴場から露天に出てくる人々も少なかったため、ワタシの方(男湯)は露天部貸切状態で堪能出来ましたヨ。風呂上りにはアルコールフリーのビールもどきを飲みつつソフトクリームをナメたり、マッサージ機に身を委ねたり、海を眺めてボーっとしたり・・・嗚呼、「コノ日に帰りたい(魂の叫び:笑泣)!!」

2014051417201405141820140514192014051420 ・・・と云ったところで、積丹半島の東の付け根にあたる余市町まで戻ってまいりました。

 このあたりに来ますと、街のあちらこちらで「”スペース・アップルよいち”はコッチだヨ」との誘導看板が目に付きます(実はおとといのブログ記事で上から六枚目の写真にも写ってマス)。

 その看板を目にするたびに「どーして、余市にある道の駅の名称は”スペース・アップル”なのか?」と云うギモンでアタマの中はいっぱいになったモノでしたが、ココに来てみたら納得。元宇宙飛行士で科学者の毛利衛さんがココ余市町の御出身だそうで・・・まぁ、リンゴは分かるよな、きっと余市の特産品(道の駅内にはフルーツ販売コーナーもある)。と、云うワケで、地元の特産(毛利さんスミマセン:笑)を並べ称しての安易なネーミングであるコトが判明いたしましたぁー。同じ宇宙飛行士ネタでも本日のチマタでは若田光一さんの帰還が大々的なニュースである様で、たこヨメが朝日新聞の号外を街で貰ってきました。

 ソレにしても「スペース童夢(この道の駅敷地内に在る”余市宇宙記念館”の別称)」とか、玄関脇の「張り子(きっと紙製)のスペースシャトル」とか、本館対面に在る(おそらく現在は廃業とお見受けいたしましたが)「宇宙そば・弁当」とか・・・今どき、このセンスには絶句。「モーリさんに謝れぃ!関係者!!(笑)」・・・えっ?中には入らなかったのかって?コレらの第一印象のマズさから、「きっと、”やらずボッタクリ”スポット(ワタシの地元である千葉にはこの手のスポットばかりがある:泣笑)に違いない」と勝手に踏んで、二人前1000円の入館料をケチったのですが、上のリンク先を見たらば結構充実の展示内容だった様子で些かならず後悔しとりますです、ハイ。また行こ。

20140514212014051422 そんな宇宙記念館の外壁にこのような横断幕(?)を発見いたしました。あー、コッチは同じ余市でもリンゴ由来の方ですね。

 N○Kの朝ドラに取り上げられるなら、来年はそりゃもーキマすよ、余市。余市と云えば、代表的地場産業企業はニッカウヰスキー。ニッカと云えば、アップルジュース(大日本果汁株式会社を縮めてニッカ)とシードルとウイスキーであります。そんなニッカの余市蒸留所を久しぶりに訪ねてみました。到着したのは夕方ギリギリの時間帯、18年振りくらいの再訪です。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ北紀行2014GW(その6:ウニとイクラ、そして灯台!) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その8:ニッカ余市蒸留所①) »

コメント

今でも小学校の運動会でソーラン節のダンスをやっています。で、たこちゃんの出身幼稚園の運動会でも年長さんの種目にソーラン節があります。

あー、ウイスキー蒸留所、たのしみです。

テツヲタ北海道ネタで恐縮ですが、江差線が先日廃止になりました。あーもったいない。

前々からこのブログは超時空異次元ブログだと思っておりましたが今回のネタは思いっきりSFチックなバルチック艦隊ネタで楽しませていただいております(←毎度毎度意味不明なコメントで申し訳ありませぬ)。
砂浜に打ち上げられたブラウン管モニターが思いっきりシュールで笑えます。未来世界に対する過去からのメッセージが投影されたりして。楳図か○お氏の漂流○室で描かれた荒廃した未来世界を思い出しちゃいましたヨヨヨ・・・。
岬の湯は湯治ですね。激務の日常のたこちゃん、長期休暇もいつも駆け足ですがたまにはゆっくりまったり温泉旅館で湯治して過ごすのも良いかと思います。
スペース童夢も、ハッブルの名称だけでワタクシにわか天文学ファンにはソソられますよ。
後出しでシルバートライデント仮面物語の参考にさせていただきます・・・迷惑?
そして余市蒸留所のレポートも楽しみです。いやあ、今回のネタは盛り沢山で面白い!

皆さんお晩です!!

いやぁ~~海辺ん写真、まるで映画のワンシーンのようですね!
ホント!シュールな感じで、いいっすね~~~って書いてたら
すでに「Sm」さんがすでにお書きでした~~~笑Smさんの電波が飛んできたのかしらん?
あっ、Smさん、マラソンお疲れ様でした!!
え~~っと、マイクロ・デポ・ブログの旅、現在2012年に突入しました。
お正月の「ダメ男の集い」に「Hでございます」さんが華々しくデビューされていまして
飛行機班長さんが「大型ルーキー登場!!」と称賛されてました!!
私5月4日開催「ダメ男の集い」に参加させていただいたのですが、先のお二人に
お会いできたことは大変名誉なことだったと思います。ありがとうございます!
まぁ~怖いもの知らず、つ~~ことで、図々しく参加させていただきましたが
本当にお二人の凄さには脱帽でございます!
あっ、社長のブログ内容に関係なくてすんません!!

”大日本果汁株式会社を縮めてニッカ”とは、初めて知りました。
物知りたこちゃん、さすがです。

つくし、都会では最近見かけなくなりました。
”つくーしの子がはずーかぁーしげに顔をだしぃますーぅ”のメロディが浮かんでまいります。
もうすく春ですね、4月末の積丹。いや完全に春かな。

 美味しい料理と絶景の次は温泉でゆったり!観光の3点セット!砂浜の少し埋まったモニターは、映画のワンシーンのようです(調布のUさんコメントとかぶっていた!?失礼)。そして土筆は、今から40年前、自宅近くの原っぱ(空き地)にあり、親が調理してくれて(炒めて醤油かけて)食べました!確かに味は覚えていないけど。最近はめっきり見ないですね。
 スペース・アップルの訪問は次回へ!余市といえば、ニッカは、CMで知った知識だし、次回の記事に期待します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56185088

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ北紀行2014GW(その7:宇宙温泉ソーラン:笑):

« たこたこ北紀行2014GW(その6:ウニとイクラ、そして灯台!) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その8:ニッカ余市蒸留所①) »