マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ北紀行2014GW(その12:朝っぱらから海鮮三昧) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その14:夕張周辺の廃線跡探訪②) »

2014年5月28日 (水)

たこたこ北紀行2014GW(その13:夕張周辺の廃線跡探訪①)

 はい、こんばんは!本日は唐突に冒頭からお礼を。「豊島区のM」さん、先日のブログにて御紹介させて頂いたコピーの姉妹篇と心温まる達筆の御便りを有難うございました。また夕方に突如として(笑)来臨された「ふじみの市のU」さん、今日もたっくさんの差し入れを有難うございましたぁぁぁ!!ワタシは、こうして皆さんに支えられてようやく日々を生きてイケるのであります。感謝、感謝!

20140528012014052802 ・・・と云うワケで、本日も4月29日(火・祝)の朝、その様子から始まります。

 原則的には、この日も”ノープラン”での行動開始、何か大きな目的があるワケでもありませんが、とりあえず高速道に乗って、なんとなく”夕張”を目指すコトといたしました。空はどこまでも澄み渡り、道路もガラガラに空いております。しかるに新車の様なレンタカーゆえ、道中はつとめて安全運転を励行し、高速上も70~80Km/h程度で流し続けました。

20140528032014052804 岩見沢ってインターチェンジで高速を降り、B級国道をムリの無いスピードで走ります。

 こうして雪が無ければ、のどかな風景がこの先も延々と続いているのでしょうけれど、いったん積もれば豪雪地帯と化すのだろうから、バスの停留所ひとつとってもヘビーデューティーな待合所がキチンと装備されている様子です。たまたま小休止に立ち寄ったコンビニ、その対面はモロにスキー場そのものでありました。

20140528052014052806 札幌から夕張を目指すには、道央自動車道(北広島方面)→千歳恵庭JCTで道東自動車道に入り、夕張ICで降りるのが”トウシロ観光者向け(笑)”のルートなのだろうと思われます。

 前夜に「う~~~~~」とウナりつつ、地図を見て検討した結果、夕張を”ハズした(ロクでもない場所であった場合のコト)”場合には、たいへんなコト(ブログねたが無くなってしまうという懸念:笑)になってしまうと直感し、道央自動車道を滝川方面に走って岩見沢で降り、あとはノンビリした道を走りつつ、この際”ネタ探し”を敢行しようと云うコトに相なりました。

 キョロキョロと周囲を窺いながら比較的ゆっくりした速度で進んでおりましたところ・・・

20140528072014052808 「あっ、なんかモノすごく”ブログねたのにほい”のする物件を発見!」と叫ぶやいなや、急ブレーキを掛け、「あ~~~~~~~ん(リバースで走ってる時のギア音)」とクルマを後退させて、脇道(当所への誘導路:旧道)に入る分岐点まで戻りました。

 通りすがりにたまたま見つけたこの物件、入口には「朝日駅」と大書された色のヌケた木製看板が掛けてありますが、扉は固く閉ざされて中に入るコトは出来ません。はて?

20140528092014052810201405281120140528122014052813201405281420140528152014052816 20140528232014052824201405282520140528262014052827201405282820140528292014052830 ここは、周辺の炭鉱掘削事業が華やかなりし頃、炭坑の街を形成していた痕跡を留めるスポットとお見受けいたしました。赤錆びた駅名表示の標板が、いかにも風雪に耐えてきた歴史を雄弁に物語る様で、凛々しくさえ見えてまいります。

 近くに寄って断片的な写真を撮ろうとすると、年季の入った”鉄道オブジェ”の数々、そのディテールにもいちいち魅了されますね。

 コチラに帰ってきてから、色々と調べてみましたら、旧国鉄により嘗て運営されていた万字線の廃線跡を、同線全線のちょうど中間くらいに位置していた「朝日駅」ともども記念公園に仕立てたモノであると判明いたしました。大正時代初期に作られた、炭鉱用の軽便鉄道に端を発した路線であったそうです。

 現在では岩見沢市が管理する「万字線鉄道公園」として、イイ味(と、云うよりもヘンなオーラ感:笑)をブリブリに出しまくっております。

 いまや隣には児童公園的なスペースも併設しております(一見、ソレにしか見えない)が、周囲には桜の樹もたくさん植わっており、もう少しダケ訪れる時期が遅ければ、満開桜の風景すらも堪能出来たコトでありましょう。

 実際に、こちらにリンクを付けましたグーグル先生のマップ(航空地図)を、本日あらためて見直してみますと、ワタシが快走していた「道道(普通県道と云うところ、北海道だから道道となります)38号線」からは、旧道の38号線に面するこの駅舎を目に出来るのはホンの数秒の出来事であるのが分かります。確かに結構な距離を通り過ぎてから分岐点まで戻ったのでした。

 ホントにたまたま左側を見るともなく見つつ走行していたら、ワタシの持つ「”ヘンなオーラ”センサー」にこの公園がスルスルと引っ掛かってきちゃった(笑)、と云うワケでした。

 「国鉄万字線 朝日駅跡」の碑には、その裏側に当駅の来歴が端的に記されておりますので、御興味のある方は画像を拡大して御覧ください。

201405281720140528182014052819201405282020140528212014052822 この万字駅鉄道公園内に於ける最大の見せ場は、旧朝日駅の駅舎や線路とともに、産業用蒸気機関車「”B20”の1号機」の静態展示でありましょう。

 詳しい説明は、そのスジのヒト(笑)であるホロ酔いの「テツヲタ」さんあたりに任せるとして(ワタシもBNCをロックで痛飲中:笑)、ワタシの感想を述べれば「まー、小さいこと!」「X線検査のプレートが激シブ!!」「何キロぐらい出せたんダロなぁ?」「ベルに十字のバッジはいったい何を意味するのか」などなどです(おせーて、おせーて!!by小松○夫)。

 しばらく、じーっとこの機関車を眺めていますと、雪に覆われた北の台地をこの豆タンクがシュッシュッポッポ、シュッシュッポッポと走っていた情景がアタマの中に去来いたします。

 現在では市町村合併により岩見沢市に併合されてしまったこの地域も、かつては炭鉱城下町であったのでしょう。この先には、旧万字線の万字炭山駅と云うのもあるらしいので、そちらの方にも立ち寄ろうと思いたちましたが・・・さぁ、イカなるコトになりますやら。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ北紀行2014GW(その12:朝っぱらから海鮮三昧) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その14:夕張周辺の廃線跡探訪②) »

コメント

 旅行といいつつ、ちゃんとブログネタの仕込みも考えてらっしゃるんですね。恐れ入ります。
で、この国鉄B20形蒸気機関車の動画ありました!
https://www.youtube.com/watch?v=2BgL1YCoyQM
結構可愛いですね。ってわたしは昔テツオタでした。

Iです。
本日も一番乗りかな?
実は、先日ある方から振込先の連絡があり、早々に振り込めとの指示を受けました。そして、その指示どおり素直に振込みを完了させてしまいました。
そのある方とは、たこちゃんさんです。新手の振込詐欺師ですよ。巧妙な手口で皆さんに近づいて来ますよ。気をつけて!

おぉー、いつもコメントびりケツだが、今日は一番乗り!!キャッホー!!!

勝手に業務連絡!って、たこちゃんじゃなくて(スイマセン)、一松さん、メールみたかな?失礼しました(ホントカッテニコメントランツカッテカラニ)。

↑「練馬のH」さん、「I」さん、いつもコメントを有難うございます!今日はタッチの差で「練馬のH」さんに軍配が上がった様です(「I」さんが後半の”余分な”二行を書いてるから数秒のロス:笑)。ところで「練馬のH」さんは、珍しくヤケに早いですが、宿直デスか?

皆さんお晩です!

Iさん同時トップ、練馬のHさんも凄い!
それにしても、デポファンの皆さんは暖かい方ばかりですね!
そのこともマイクロデポの魅力になっているんですね。

練馬のHさま、了解です。
ところで来月カーマガジン、「ビトルボの日本の父」登場とのことですが、もしかして?。

Iです。
タッチの差ですね。たこちゃんさんのコメントにあったように、最後の二行に悩んだんですよねー。
既に、今日も酔ってま~す。本日はワイン飲んじゃってます。

I様、初めまして、練馬のHです。本日はすいません、同タイムで、先にコメントさせて頂きまして。こんなこと有るんですね。今日はほんとにたまたまですから。

おお万字線でしたか。あのあたり、いっぱいありますからねえ。
ともあれ只今こちらは最終の新幹線で帰京中です。そういえば新手の何やらのたこちゃんさんにまたご相談致し度事柄之出来仕り候由、近々御電話参らせ候です。

B20形式の蒸機はもっぱら構内での入換専用でした。手ごろな大きさから16番スケールでよく模型化されていました。ナンバープレートの字体がちょっと変わっていますね。
X線はボイラー内に亀裂等が無いか確認するためです。

おおっ、本日のネタはまだ4/29なのですね。
でも、昨日とは一転して、のどかで牧歌的風景に癒されます。北の大地、いいなあ。
時間が止ったようなこの風景、実にイイ!

・・・ワタクシ、新年度を迎え新体制となった本部の課長さんたちから入れ代わり立ち代わり大量の宿題メールが入るようになりテンパっております。
本部からの指令はミッション・インポッシブル。
シルバートラデント仮面、テンパっております。
スタンド「ザ・ワールド」(←敬愛する荒木画伯作品ジョ○ョネタ)が発動しそうです。
時間よ、止ってくれませぬか。

Iです。
練馬のH様、こちらこそ初めましてです。コメントの順番を気にしているわけではないです。たまたま、最近一番乗りしていたものですから、調子に乗っちゃいました~。
ワインのせいで、さらに酔いが回ってます。というのにコメントをアップしていいのでしょうか?と思いつつも酔いに任せて書き込みしちゃってます。

I様、勝手にコメント欄で盛り上がってもだいじょうーぶです!きっとたこチャンも(もう寝ているか?!)、一杯やりながら見ていますよ!!明日は一番コメント福男!でお願いします!でも調布のUさまも狙ってますよ!1番乗り!!(ロッソウソ)

テツヲタさん、X線でボイラーの亀裂を見つけているんですか!初めて知りました、確かに他に方法ないしな。現代なら3D CTだな、って機関車入るサイズだととんでもないものになりそうだ。。。

おお、偶然にも覗いてみたらコメント数が”その13”と同じ13だ。
賑やかでよろしいざんす。

朝日駅の写真、なんか見覚えあると思ったら、「ダメ男の集い」で作った
「箱庭シリーズ・駅舎」とまんまそっくりだ(笑)。
B20機関車が何気に可愛らしいです。

↑Wさま、駅舎に芝生の種を蒔きませう(笑)!
本日のコメント欄、妙に盛り上がっておりますね。よかよか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56328793

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ北紀行2014GW(その13:夕張周辺の廃線跡探訪①):

« たこたこ北紀行2014GW(その12:朝っぱらから海鮮三昧) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その14:夕張周辺の廃線跡探訪②) »