マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ北紀行2014GW(その3:札幌市時計台) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その5:とにかく目指せ!積丹半島) »

2014年5月10日 (土)

たこたこ北紀行2014GW(その4:サッポロビール園の夜)

 はい、こんばんは!本日は「町内会のM」さん、「愛知県清州市のH」さん、御来店有難うございました。今日も風が強い一日でしたが、いつまでこの「大気の不安定な状態」と云うのを続けるつもりなのか、空(笑)。

2014051101201405110220140511032014051104 (昨日の続きです)・・・あー、もうコノしあわせな夜を想えば、今後どのようなツラい事も乗り越えてイケそうなくらいに(大袈裟:笑)、とにかく”たこちゃんズ”が待ちに待っていた「サッポロビール園に於けるジンギスカン&生ジョッキ飲み放題喰い放題大会」が今まさに挙行されようとしております。

 本日この舞台をセッティングしてくださった、札幌の「I」さん御夫妻にはホントに心から感謝しておりますヨ。ワタシら夫婦もここに来るのは18~19年振りくらいだと思いますが、その時に食したジンギスカンの得も云われぬ風味と、当時ほとんど下戸であったにも関わらず、その生ビールのウマかった事と周囲のイジョーに盛りあがった雰囲気が忘れられずに、当園での会食をと、事前にリクエストさせて頂いたものです。まずは記念写真をと、まだ明るいうちに「I」さんを煩わせ、”たこちゃんズと云うか著者近影(笑)”を撮影して頂きました。

20140511052014051106 本日はここサッポロビール園内の中でも、比較的中人数の集団向けと思しき”ポプラ館”での会食となりました。

 扉を開けて中に入ると、そこにはもう得も云われぬ典雅な(笑)カホリが漂いまくっております、「じゅる」。早速ウエイターさんから席へと案内され、着座いたしました。「そうそう、このデカイ紙エプロンを首から掛けるんだったよなぁ」と思いつつ懐かしく周囲を見回しましたら、まだ夕方の6時前くらいの時間でありましたが、すでにお客さんが結構入っておりました。

2014051107201405110820140511092014051110 とりあえず、ここのビール園はサッポロビールの巣窟と云うか魔窟(笑)と云うか、総本山と云うか、とにかくジョッキを頼めば「黒ラベル」「エビス」「サッポロクラシック(北海道限定)」など、当然の様にサッポロビールが擁する全銘柄の中からのセレクトとなります。

 ここの生ラムによるジンギスカンはホントに絶品!画像にありますように、中心部でラム肉を焼き、その肉汁が低くなっている周囲の溝に向かって流れてくるワケですが、そこにはキャベツ・モヤシ・タマネギ・カボチャなどの野菜を並べて、肉汁をカラませつつ焼いていくと云う寸法です。ジンギスカンにも色々と流派があるらしく、ワタシは初めて食したのがタマタマここのジンギスカンであったため、この方式がもっとも馴染めるモノです。ラムやマトンがゴロッと塊になっている様なタイプの肉ですと、歯がボロボロなワタシには拷問にも等しいモンで(ビフテキ・とんかつ・韓国焼肉など皆おんなじで、分厚いスライスよりも、適度にウスいものを好みます)、たとえ柔らかい生ラムでもこのくらいのウスさがちょうど良いのであります。

20140511112014051112 ・・・北国で生まれ育ったと仰る「I」さんの御夫妻は、とにかくなにしろメチャクチャお酒にツヨい(スミマセン:笑)ので、パカパカとジョッキは勢いよくカラになります。ワタシはとりあえず少しは正気を保っておかなければならない”立場”を弁えつつ飲んでたのですが、ソレでも気が付いたらジョッキ3.5杯分は飲んでました。弩涛の様に飲んでは喰い、お互い大いに語りあった制限時間の100分は瞬く間に過ぎてしまい、オモテに出れば”たこヨメ(飲み過ぎて、そのあとホテルで逝きました:泣笑)”が見ているビール園の映像はこんな感じだったろうと思います。また、もう一度行ってみたいなぁー。「I」さん、御馳走様でした!!

 それじゃー、また来週!今週も皆さん有難うございました!!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ北紀行2014GW(その3:札幌市時計台) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その5:とにかく目指せ!積丹半島) »

コメント

皆さんお晩です!!

いいなぁ~~いいなぁ~~「サッポロビール園」!!!
ジンギスカン超美味そう!!当方下戸ですので、その喜びは半減しそうですが
それでも行きたいビール園・・・・・・・・これがほんと、都内じゃこうはならないんですよね~
この後の旅行記も楽しみです!!

札幌ビール園、サッポロファクトリー共に雰囲気あっていいですね! 
ジンギスカン美味しそう! クラシックもサイコー!

オトコは黙ってサッポロビール園!!
ジンギスカン写真4枚のジョッキの減り具合がリアル且つステキです(笑)。

サッポロビール園は夢の楽園なのですね。
毎度ながら飲んだ時の終盤の写真のブレブレ画像から心地良い酩酊を察します。楽しそうで何よりです。

・・・さてさてワタシはこれからハーフマラソンに出かけます。
昨晩、出走メンバーと軽く会食するつもりが、ついつい飲みすぎてしまいました。。。

Iです。
ここ数日、当ブログへの出番が多くなっています。よろしくお願いします!
私もサッポロビール園には10数年ぶりです。根が飲兵衛ですので、当日も抑えてとは思いつつも、ビールに口をつけた途端に自主規制は解除されてしまいまして、自分自身が楽しみました。
ビールと生ラムともに美味ですが、ここサッポロビール園のビアホールという雰囲気で、その美味しさが増すんですよねー。
他に、アサヒビール園もキリンビール園もありますが、場所・規模ともにサッポロビール園が一番かなって思いますよ。

ただいま京都に出陣中。ガラケーでポチポチコメントす。札幌のサッポロビール園は行ったことないから、行ってみたい!ですね。ジンギスカンは東北で、羊ファーム併設のお店で食しましたが、ビールが進みました!

以前に川口にもビール園がありました。やっぱり、札幌ではないと雰囲気が出ないんでしょうね。
店内には20系客車(初代ブルートレイン)の車体が鎮座していて楽しかった(のはワタシだけ)んですげどね。

恵比寿ビール園にも客車と機関車がありましたね。(→テツヲタさん)

サッポロも一度行ったことがあります。札幌に単身赴任していた友人が言うには一家に一つジンギスカン鍋とのことで、彼も休みの夕暮れ時、官舎のバルコニーで一人ジンギスカンをしていたらしい。夏のダメ男では暑すぎるかなあ。

↑おぐさん、ありましたありました!
夏はエアコンの効いた室内じゃないと昼間は厳しいかも・・・
数日前に炭火で室内で焼肉やってみましたが、数日間臭いが取れませんでした。←アホ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56142150

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ北紀行2014GW(その4:サッポロビール園の夜):

« たこたこ北紀行2014GW(その3:札幌市時計台) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その5:とにかく目指せ!積丹半島) »