マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ北紀行2014GW(その14:夕張周辺の廃線跡探訪②) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その16:夕張市街地探訪→旧炭鉱) »

2014年5月30日 (金)

たこたこ北紀行2014GW(その15:幸福の黄色いハンカチ)

 はい、こんばんは!本日は全国的に夏日だったそうで、7月並みの気候であった様ですね。ワタシもお昼前から夕方まで、埼玉の川越→群馬の端っこに所用で出かけておりましたが、ソッチの方も暑かったぁ!この北海道にいたっては、昨日も日本一暑かったそうで、ワタシたちが訪れた時期とはずいぶんと掛け離れた気候になってしまいました。ちょうどひと月の違いに過ぎないんですけどね。季節の移ろいはホントにハヤいものです。

20140529092014052910201405291120140529122014052913201405291420140529152014052916 (昨日の続きです)・・・コチラのブログでは、時計の針がいまだ4月29日(火)の午前中。とりあえずの目的地である夕張市内を目前にして、あっけにとられる通行止め攻撃(泣笑)を喰らった”たこちゃんズ”ですが、ソコでメゲている様なタマではありませんぜ、ダンナ(急にガラが悪い:笑)。

 よくよく考えれば、却って北海道の春らしい風景を車窓からたくさん堪能出来るチャンスではあーりませんか(超プラス発想:笑)。

 とりあえず、一気にギュィ~~~~~~~~ムっと”ヤリ直しロード”まで戻りまして、再び夕張市街地を目指しましたところ、思ったホドには時間をロスするコトも無く・・・

 (ここで、パソコンから”スカイプ呼び出し音”が・・・)「ああ、こんばんはぁ~(そのままアクビ)」「はい、こんばんはぁ~(やっぱりアクビ)」大分の大先生からのお呼び出しです。「な~にぃ~?」「ちょうどブログ書いてると思ってさ」「う~」「(二人ともゲンナリとツカれきってるモンで)・・・・・・・・・・・・・・・・」

 今日のスカイプは音声の通信状態があまり良くなかったので、途中でヤメに。(ああ、助かった:笑)・・・ああ、ブログ、ブログっと。えーと、ナンだったっけ?あーはいはい、そんなこんなで夕張の市街地までようやくやってくるコトが出来ました。看板にはやっぱりメロンが描いてありました。

201405300120140530022014053003201405300420140530052014053006 で、市内市街地に入りますと、ヤケに目立つ黄色い看板が目につきました。

 そもそも、夕張に来てナニを見ようとか、ナニをやろうとか、そう云った類のプランはまったく無かったので、コレは渡りに舟とばかりに、黄色い看板の指す方向へとコマを進めるコトといたしました。

 昨日のコメント欄にて「調布のU」さんより、思いっきり”ネタばれ(正しいニホンゴでは”ばらし”かな?)”されてしまった(笑)様な気もいたしますが、事前の打ち合わせをしていたワケではありませんからね、念のため。

 ここは、高倉健さん、倍賞千恵子さん主演、桃井かおりさん、武田鉄矢さん助演の名作映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケを、当時実際に行った場所であると云う謂われのある、「幸福の黄色いハンカチ-想い出ひろば-」。きっと夕張屈指の(笑)観光スポットのひとつでありましょう。駐車場にクルマをスベり込ませて早速”たこヨメ”は入場券を購入しにまいりました。券の販売所からして、なんかこう、モノすごい雰囲気のところでしょ。

2014053007201405300820140530092014053010 ・・・あー、こっから先は、以下のリンクをBGMに流しつつ、お手元のパソコンはマルチタスクにして御覧になって頂きますと、とっても美味しく頂けます(笑)。

 幸せの黄色いリボン/ドーン Tie A Yellow Ribon Round The Old Oak Tree/ Dawn(思いっきり音出ます、注意!)

 北海道独特の屋根の形をした建物・・・現役の時には理容室だったものと思われます。

 玄関入口の前には豪快に懐かしいひと口郵便ポストがぶっ倒れておりました。未舗装の路、枯れ葉に覆われた台地に遺されたブランコの様な遊具。ドレもコレも懐かしい昭和のかほりがいたしますね。新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込みながら奥を目指して歩きます。

20140530112014053012 ・・・5分も歩けば、あー、ありましたありました!ワタシたち”たこちゃんズ”が期待に胸を膨らませていた「炭鉱長屋」が。

 長屋の片方の壁には「想い出の家」と看板が掛っておりますが、コレが映画のロケに使われた家屋そのものなのでしょうかね(”たこヨメ”はそうだ、そうだと申しておりますが)。煙突の並んだ風景がコレまた得も云われぬ懐かしさを醸しだしております。

2014053013201405301420140530152014053016 背の低い玄関(二重になってる)をガラガラっと開けて潜る様に中へと入りますと、「Oh!midiCosmo!!(当時のCM音源を見つけました。リンク先の6:34から聞くコトが出来ます←音出ます、注意!:ナレーションは”特ダネ登場”や”ベルトクイズQ&Q”の司会でお馴染の押坂忍さんかな?)」のキャッチフレーズを掲げたテレビコマーシャルも懐かしい「四代目マツダファミリア」が鎮座しております。実際に映画に出演した2台のウチの一台だそうです。

 上の画像リンク先(管理者の方、有難うございます!)の九枚目の画像には、「松竹映画 幸福の黄色いハンカチ完成記念」のテロップが出ており、この映画とタイアップしているコトがハッキリと分かります。(歌詞が)ビミョーに違うのですが、この最初期版のホンの少しあとのタイプのコマーシャル映像はなんとか見つけるコトが出来ましたので、こちら(音出ます、注意←ヘビの様にしつこい性格なモンで:笑)でどうぞ。懐かしいですヨ。

201405301720140530182014053019201405302020140530212014053022 カベと云わず、天井と云わず、この建物の中にはビッシリと黄色い紙が貼ってありますが、ココを訪れた方々が「御願いゴト」を書いて貼り付けていったモノなのです。

 当然、ワタシたち”たこちゃんズ”も思いっきり「御願いゴト」を書きまして、貼ってまいりましたが、恥ずかしくてとても公開するコトが出来ません(笑)。

 先のファミリアの置いてあるスペースから建物の最奥に至るまでには、映画のスチール写真がとことん並べて展示してあるのですが、肖像権の侵害にあたりそうなので、このブログへの掲載は差し控えておきましょう。

 そして、その最奥部。1/1のジオラマがあるんだヨ、コレが。居間にはビミョーに似てない”健さんニンギョー”が胡坐をかいて坐っており、ソコにお盆を両手で持ったビミョーに似てない”千恵子さんニンギョー”が台所の方から近づいてきているといった構図。ビミョーに似てないケド肖像権を鑑みて、モロ画像(笑)の掲載は、コレまた遠慮しておきました。

20140530232014053024201405302520140530262014053027201405302820140530292014053030 長屋の一番奥にも出口があり、ソコから屋外に戻りますと、目にも眩い「黄色いハンカチ」の群れが翩翻と翻っておりました。

 コレだよ、コレが見たかったんダヨ~!おそらくこのディスプレイは、映画に使われたモノそのものでは無くて、頑強に作り直されたレプリカだと思われますが、ラストシーンを飾る象徴的な物干し竿ですから感動もひとしおです。

 ここから見下ろす夕張の街は四十年前からあんまり変化が無いのかも知れませんが、かつて夕張の一大産業であった炭鉱事業そのものは、とっくのムカシに潰えてしまっているのですね。

 思いつきで立ち寄ったスポットですが、結構楽しむコトが出来て満足、満足。名残惜しくはありますが、そろそろこの地をアトにいたしましょう。

 ・・・あー、今日のブログ書きはキツかったなぁ~。手ぐすねヒイて御待ちになってたコメンテーターの方々、お待たせいたしましたぁ~!

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ北紀行2014GW(その14:夕張周辺の廃線跡探訪②) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その16:夕張市街地探訪→旧炭鉱) »

コメント

あれ?

ん?

Iです。
出遅れました。というのもカミサンのお供でユーミンのコンサートに行ってました。
今、帰宅途中にバルに寄ってお酒飲んでます。とりあえずブログを見る前にコメントしてみました。

おっ?

う~ん。この遺跡、懐かしいを通り越したこの感じ。
この光景も21世紀の日本なのですね。

あの型のファミリアは従妹の家にありました。
いやっ、小学校の先生のクルマだったかな?
懐かしいのですが、どうも子供の頃の記憶があやふやです。
たこちゃんは昔の事も一月前の旅行の詳細も良く憶えていますね。。。

なっ?

黄色いハンカチが青空に映えます。
期待通りに物事が進むと、嬉しいですよ、ねっ?

皆さん、おはようございます!

昨夜はコンサートの打ち上げがあり、帰宅したのは午前2時
流石にコメントする余力がありませんでした・・・・・・・・・・・笑
日付遅れではありますが、皆勤賞目指し一言・・・
ちかれたぁ~~~、でも楽しいコンサートでした!
あっ、社長すみません・・・一日速くネタばらしコメントしてしまったんですね!
失礼いたしました!
本日よろしくお願いいたします!

 ただいま古都へ出張チュウです。「幸福の黄色いハンカチ」知っていますが、見たこと有りません(えっーーー)。で、ストーリーだけは何となく。。。いや調べました。うーむ、見なくては。。
それでもって、コメント欄一番乗り選手権は混迷をきたしていますね。おぐさんいきなり躍り出ました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56349491

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ北紀行2014GW(その15:幸福の黄色いハンカチ):

« たこたこ北紀行2014GW(その14:夕張周辺の廃線跡探訪②) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その16:夕張市街地探訪→旧炭鉱) »