マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ北紀行2014GW(その9:ニッカ余市蒸留所②) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その11:ニッカ余市蒸留所④) »

2014年5月21日 (水)

たこたこ北紀行2014GW(その10:ニッカ余市蒸留所③)

 きょぉーも一日中強い風雨に晒された東京練馬、「もういい加減にしとけよコノ5月の天候はよー(ブツブツ・・・)」・・・あっ?聞えちゃいましたか思わずモレた愚痴(笑泣)が。はい、こんばんは!せめて”夜の部”くらいは元気良くイッてみましょうね。

2014052101201405210220140521032014052104_22014052105_22014052106_22014052107201405210820140521092014052110 あー、・・・ドコからだっけ?えっと、4月28日(月)の夕方、ニッカウイスキー余市蒸留所内のウイスキーミュージアムの中でも「ニッカ館」の展示御案内の途中からでしたね(あー、ややこし)。

 ここからしばらくの間は、壁一面に貼られた額装ポスターの数々を御案内。

 最廉価ラインの「ハイニッカ」ではサイフの軽い”ヤング(死語:笑)”のウイスキーを演出。”金は無いけどカッチョ良く、さりとてボンビー臭くなく、なんとなく将来性がありそーで、ダレが見ても若くおしゃれなイイ男”と云うのを若き日の草刈正雄さんが体現しておられます。

 ソレが中級品の「G&G」ともなると、昨日当ブログ記事のシメに御紹介したコマーシャルに登場した様にオーソン・ウエルズ級の重たぁ~い人物を配するか、ここにオワす越路吹雪さんのような、あらゆる価値観から開放された様に振舞う超然たる女性を起用し、存在感勝負に出るコトとなります。

 ソレがさらに高級品である「スーパーニッカ」ともなれば、往年の国際的スーパースターの起用と相成り、名曲「ダイアナ」で御馴染みのポール・アンカ師匠がお出ましとなります。同じポールでも現在絶賛公演中止中(泣)で話題のアノ方ですと出演料のケタがさらにハネあがりそうなので、ニッカにはアンカさんでちょうどいいかも(失礼!)。

 そうなってまいりますと、ニッカの歴代ウイスキー群の中では若干亜流とも云える「黒の50(音出ます、注意!)」へのロッド・スチュワートさんの起用はどのように分析すればよろしいのでしょうか。とりあえず”トシあるね”のワタシなどは、このポスターを見たダケで「アイム・セクシー(音出ます、注意!)」のイントロがアタマの中をグルグルしてまいります。ちなみに上の六枚目画像にありますテレビCMも、ロッド・スチュワートさんが起用される遥か以前、「黒の50」新発売当時のモノ←動画(音出ます、注意!)見つけておきました。一方でいかにも昭和レトロを感じさせる地味な宣伝媒体「広告カー」の写真も、実際に現車を見たコトはありませんが、懐かしい雰囲気にあふれておりますね。

2014052111201405211220140521132014052114 ここは、竹鶴政孝翁の「趣味発表コーナー(?)」であります。

 ショーウインドーの中に展示してあるのは、おそらく北大路魯山人と思しき銘の入った、大きな魚拓やら、愛用した釣竿やら。

 ・・・そして、ナンと申しましても「狩猟」ですよね、しかも相手が”熊”の(笑)。

 ここに展示してある写真や、毛皮の敷物に加工されちゃってるクマさんが、過日のブログで御紹介したエピソード(コピー画像②)の中に登場する「熊の血」の採取元なのでは無かろうかと思いますと、コレまた感慨もひとしおであります。・・・でも実際に「コレ飲んで、精をつけろよな!」とか云われつつ「熊の血」を押し頂いてもなぁ・・・皆さんは飲む気する(”Rたろう先生”なら一気飲みだわな、きっと:笑)?

2014052115201405211620140521172014052118201405211920140521202014052121201405212220140521232014052124201405212520140521262014052127201405212820140521292014052130 ・・・と云ったところで、本日の”対外向け”のブログ本文はココまで(笑)とさせて頂きます。

 ココから先は、昨日同様に専らワタシの趣味に殉ずる決意のある(笑)方々のみを対象にした「ボトル標本コーナー」でありますヨ。御興味のある御仁ダケ、いちいち画像を拡大して御覧になってくださいまし。

 毎日ムリヤリ色んなコトを書きなぐっておりますが、実のところワタシにはお酒に関するマニアックな知識ナドまったくございやせん。

 ですから、「モルトとグレーンの配合がどーのこーの」ですとか、「同じ銘柄でも12年モノと17年モノではビミョーにピート香が違う」とかのハナシには一切着いてイケない、そんなレベルの人間であります。

 「BAR」なる大人の社交場に至っては、人生50年の間に国内外での経験を合わせても五回はイッてないモノと思われます。ああ、カラオケスナックや居酒屋だったら、数え切れないくらいに通ってた時期もありましたヨ、もっともソコで披露する歌は「宇宙戦艦ヤマト(♪さらばぁ~ちきゅうよ~)」だったりするんですが。

 ああー、ヘタに居酒屋(音出ます、注意!)なんてフレーズを書いたら、アタマの中では五木ひろしと木の実ナナがデュエットをグルグルと・・・(実は昨日午後のグルグルソングでした:笑)。

 カラオケと云えば、歌って周囲にイヤがられる”迷曲”として、「昴」ってのと「マイウェイ」という二大双璧が知られていますよね。今書いてて気が付いたんだけども、コレってドチラもニッカウイスキーのコマソンとして起用されてた様な気がする。

 ・・・と云うより、ワタシの記憶の中では「昴」の方は”鉄板”と云うか、今風に表現すれば”ガチ(この言葉あんまり好きじゃないんだけど)”なんだよなと思って調べたらやっぱ、そう(笑:音出ます、注意!)。サスガにこりゃ有名なCMだわ、失礼しました。

 さて、もう一つの「マイウェイ」の方なんですが・・・幾ら探しても手掛かりが出てまいりませんねぇー。

 さっき出てきたポール・アンカ師匠の持ち歌にも確か「マイウェイ」はあった様な気がする(どころか曲自体の作者だったりする)から、そんな風に勘違いしてたのかなと思って色々と追加調査をしたところ、Everything Is Super now (邦題スーパー・ナウ:音出ます、注意!)って曲を発見。そうそう、ポール・アンカ師匠御出演の「スーパーニッカ」CM、BGMはコレだったよな、確かに。あー、スッキリした。

 で、この件に関しまして、ついでながらワタシが混乱している根本的原因も判明いたしましたので、この際発表いたします。笑っちゃイカんけど、このCM(音出ます、注意!)です。往年のスーパースターも色んなシゴトやってたのね、この日本で(外貨タレ流し:笑)。

2014052131201405213220140521332014052134 ・・・とまぁ、本日はこのブログサイトの本質的な存在意義である、「旧いマセラティやフェラーリのハナシ」をするワケでも無く、その上現在書いているハズの”たこちゃん旅行記”の趣旨からもまったくハズれた内容となってしまいました。

 いや、これだけ写真が並んでいると数時間掛けてミュージアム内を吟味して歩いた様に見えるでしょ。ところが実際には正味15分掛かってないくらいの時間しか滞在していなかったんですから、この画像にひとつひとつ的確なキャプションを付けろって云われてもムリですよ(しかーも、晩酌にチビチビやってる「ブラックニッカ”クリア”」の効果で、ホド良い酩酊状態に陥ってのブログ書きですからね:笑)。ちなみに、この段落の画像はミュージアム出口付近を彩る、70年代初頭~現行型モデルのボトルを並べたショーケースだったと思いますです、ハイ。

20140521352014052136 ああ、ちょっと”正気”が戻ってきた(酔拳?:笑←酔うとツヨくなる)のかな?少しは真面目にキャプション書く気分になってきたゾ(笑)。

 大きなショーウインドーの中でも、ひときわワタシの目を惹いたボトルたち。わざわざ拡大して撮影しているところからソレと知れます。ソレにしても、昨日のハナシにも出てきた”ハイハイニッカ”や”初代スーパーニッカ”のラベルやボトル(そしてパッケージ)はやっぱりいいなぁー。今度、骨董市にでも繰り出したら見つけられないかな?・・・はい、明日で余市でのハナシはなんとかフィニッシュさせる予定ですから・・・ココまでお付き合い有難うございました(って、ミンナついてきてるかぁ~:笑←もはや幾人も居ない様に思ふ)。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ北紀行2014GW(その9:ニッカ余市蒸留所②) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その11:ニッカ余市蒸留所④) »

コメント

Iです。
昨日もブログを拝見しましたが、酔っぱらって帰宅ましたので、コメントを控えさせて頂きました。それと、昨日受信しました、たこちゃんさんからのメールには”酔う前にお読み下さい”とありましたが、メールを見た瞬間それが無理な状況でした。
毎日、酔っぱっらってていいのかなぁ。一応、仕事には支障を来たしてないはずですが。

皆さんお晩です!!

♪H・O・W・・・・ハウ、ハウ、ハ~~ウ、インディアンじゃないんだよ~~
英語で、「どした」って、き~~てんだ・・ケペル先生、こんにちは!
何でも考え、何でも知って、なんでもかんでも、やってみ~~よ~~おおお♪
昨日からこれが、頭の中を、グルングルン回っちゃって、追い払うのに四苦八苦・・笑
懐かしのテレビドラマに思いをはせてます。
NHKに限れば「ポンポン大将(桂小金治主演)」「ホームラン教室」「時間よ、とまれ!」
これなんか主演「太田博之」が小学生のくせして車運転するんでやんすよ~~
(あれっ、これ民放でしたっけ???)硬派?なところでは「次郎物語」主演の「池田秀一」
さんは、いま「カーグラTV」のナレーションしてますよん!
どちらにしても、今日の社長のブログには、ついていけなかったのです・・・でっ、
テレビネタで、誤魔化しちゃった!!笑・・・スンツレイシマシタ!

↑「♪せんちょーさ~んはホガ~ラカーぽんぽんたいしょー、きょぉーもとおーるよアノはしのーしーたーポンポンポーンポンポンポン♪」ですね(笑)。

すみません、訂正です。
池田秀一さんは「おぎやはぎの愛車遍歴」のナレーターでした。
カーグラは星飛雄馬の声でお馴染みの「古谷徹」さんです。
失礼しました。
社長ポンポン大将の歌、ありがとうございます!

正味15分の滞在時間ながら鮮明なブログ内容、恐れ入ります。
”数時間掛けてミュージアム内を吟味して歩いた様に見えるでしょ。”←ハイ、見えます。

最後のボトルの写真軍、ミニチュアボトルに見えて美しいです。
ヒゲおじさん、写真を拡大すると笑っているんですね。気づきませんでした。
いろいろ発見があります。

これらのニッカウヰスキーのCMが放映された当時、ワタシはとにかく幼かったのでとにかく
リアルタイムではありませんでした。ですから、懐かしいと言うよりはノスタルジックな感じです・・・って、どっちも同じ意味じゃん。いやいや、微妙にニュアンスが違うな。
ノスタルジックと言う言葉の方がより現実逃避的響きが強いような感じがします。 
この二日間、会議尽くしでして。
月曜日、仙台での会議が終了した時刻は午後10時。
火曜日、東京に日帰り出張して出席した会議が終了したのは午後8時。
会議の主催者は午前と午後の区別が付けられないのでしょうか。シルバートライデント仮面みたいだな。。。
絞られるは宿題もらうは・・・日課ウヰスキーで現実逃避したい気分です。

あちゃー、まだ怒涛の展示が続いていたんですね。一個一個拡大してみていると結構時間かかります。まあまさにバーチャル博物館探訪になります。次はどーなるなか?やっぱたこちゃん旅行記は濃いーです。

読んでます、読んでます。でもコメントを書く余裕がないんです。ブログを書かれているたこちゃんさんは、何はなくともブログを書かれているわけですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56265556

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ北紀行2014GW(その10:ニッカ余市蒸留所③):

« たこたこ北紀行2014GW(その9:ニッカ余市蒸留所②) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その11:ニッカ余市蒸留所④) »