マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ北紀行2014GW(その21:再びのサッポロガーデンパーク①) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その23:完結篇) »

2014年6月12日 (木)

たこたこ北紀行2014GW(その22:再びのサッポロガーデンパーク②)

 はい、こんばんは!まあここんところね、毎日毎日よくもまぁー雨が降り続くモンですよ。そんなシケたムードの中、関係各所にビミョーな波紋を投げかけてる「ワタシの禁煙」、月曜日の朝に数服吹かしたあと、急遽”ガマンモード”に入ったモノで、丸々三日強(明日の朝で丸四日)の間、一切の薬剤&器材に頼らずにド根性だけで地味に続けておりますが、はっきり云ってキツいです。もう、今晩などは文章がぜ~んぜん思い浮かばない感じがいたします。「ああ、ニコちゃん・・・(泣笑)」

20140610012014061002201406100320140610042014061005201406100620140610072014061008 ・・・昨日はあれだけ”瓶関係の画像を載せておきましたので、もう幾らなんでもアレで気が済んだかと思いきや、今度はポスター責め(笑)。”「サッポロアドコレクション」と題された、サッポロビールさんの歴代広告ポスター展示コーナーです。

 コレ、初めに載せてる方から、左→右→左下→右と云うふうに、”Z型”に辿りますと、段々と時代を遡る様になっております。

 皆さんの御記憶にあるモノ、無いモノ、色々とあるコトと存じ上げますが、こうしてずら~っと並べてみますと、近年のサッポロビールの広告って、やっぱり結構”硬派”な感じがいたしますね。

 なんと申しましても「男は黙ってサッポロビール」ってくらいですから(by三船敏郎先生:笑←って、45年くらい前のだけど)。

 むしろ、昭和戦前や大正へと遡りますと、当時としてはちょっと刺激の強い絵柄がほとんどとなってまいりますのが面白いところですね。おそらくは当時人気のあった芸者衆とか、露出度の高いレビューのダンサーなど、モティーフがすでに水商売入ってますモンね。和装と洋装が徐々に入り乱れて混交していく様も分かり、服飾の変遷を掴むのにも絶好の資料ではなかろうかと思います。

2014061009201406101020140610112014061012 斯くの如くに、よく”広告は時代を写す鏡”だなんて申しますが、広告に起用される芸能人、文化人、スポーツ選手などなども時代とともに次々と変化してまいりますので、その時々の人気者が分かって面白いモノです。

 ここに代表的な例を挙げましたが、「わしの生(ま)れた頃も☆印ぢゃったョ」と一人二役を演じているのは、懐かしい名優にして名ドラマーのフランキー堺さん。お若い方々はギリギリ「霊感ヤマカン第六感」の司会者として御存知かも知れません。シンデレラの馬車を夢見つつリボンシトロンをストローで啜ってる乙女は鰐淵晴子さんのコドモ時分。今ぢゃスッカリ妖艶なオ○バとなっておりますが、ムカシゃこんなだったんですから。”ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー”はウマいビールの合言葉(当時のCM音源にリンク←15番をクリックすると視聴出来ます)。ムカーシムカシの缶ビールはプルトップ発明以前ですと、缶の上部に二か所の穴を開けて中身をグラスに出した上で飲んだモノなのでしょうね。だいたい当時は、缶に直接口をつけて飲むと云うコンセプト自体が世の中に存在しなかったモノと思われます。

20140610132014061014 ”リボンなんたら”のシリーズは何時の間にやら”ポッカサッポロフード&ビバレッジ”と云う長ったらしい名前の会社が売る様になってるみたいですが、北海道でしかお目に掛かれないと云う、”リボンナポリン”をここでは御案内しておきましょう。リボンちゃんの絵柄もムカシはギスギス(音出ます、注意!)だったのに、最近のヤツはミョーにふくよかで丸っこい感じになりました。・・・ああ、今日もまだ完結出来なかったわい(嬉しい様な悲しい様な:笑)。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ北紀行2014GW(その21:再びのサッポロガーデンパーク①) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その23:完結篇) »

コメント

皆さんお晩です!!

フランキー堺さんですか・・・母校慶応大学では将来の教授候補で残らないかと
言われたほどの秀才で、ドラマーで、役者としても、喜劇役者として(駅前シリーズ等)も
超一流・・・しかしなんといっても、川島雄三監督との「幕末太陽伝」ほどすばらしい作品は
なかったかも・・・・・・・・・
鰐淵晴子さんですか、・・・確か「ノンちゃん雲に乗る」の主演じゃなかったかしら?
天才バイオリン少女でもあったかな?私より10歳くらい上の方ですね・・・笑
さて昨夜「CGTV」を見ていたら1989年放送の「フェラーリ、ルマン優勝40周年記念イベント」
の再放送をしていました。旧いフェラーリがたくさん出てきたのですが、当時の車は皆
右ハンドルなんですね。どうしてなんだろう?と思い調べましたら当時のレースカーは
コースが右回りが多かったので、右ハンドル仕様にしていたそうなんです!
う~~ん、そうだったんだ~~と1人納得・・まぁ~社長に聞けばすぐわかることだとは
思ったんですが、まずは自分で調べることが大事ですもんね・・・笑
というか、こんなことぐらいでは失礼ですもんね・・・笑
それとNHKBSプレミアでやっている、火野正平さんの「こころ旅」の今日の放送で
新潟の山奥を走っていると、と~~~くのほうから赤い車が走ってくるんです!!
おっ、これは・・・・・残念!「ロータス・エリーゼ」でした・・・・でも
えっ、なんでこんな山奥に、・・・ッて感じで笑ってしまいました!

あッ書き忘れました。「マイクロ・デポ、ブログの旅」現在2013年9月にたどり着きました。
あと少しで現在に追いつきます。ふ~~~~っ、
ところで過去のブログを拝見していますと、心打つ内容に多く出会います。
その中の一つ2012年12月11日のブログお時間あれば又ご覧ください。
改めて「匍匐」の意味が心に染みました・・・・・・・これで明日からも頑張れるぞ!!

調布のUさん、ワタシもフランキー堺大好きです。「私は貝になりたい」名作です。
赤かぶ検事奮戦記、これが法学部に入るきっかけでした。

男は黙ってサッポロビール、このフレーズは我が家の生ビール樽専用クーラーボックスに貼ってあります。

Iです。
”男は黙ってサッポロビール”ってフレーズですが、私が就職活動している時分に、サッポロビールの面接試験で、試験官の質問に全く答えず試験官が怒り出した時に”男は黙ってサッポロビール”と一言いって合格した方がいるという逸話がまことしやかに言われておりました。
それから、昨日のトラクターネタですが、トラクターを運転するのに必要な免許は、”大型特殊免許”です。知ってましたかね?

 サッポロビールの広告の変遷!全105枚のポスターがアップされています、当初は女性の絵ばかりなんですね。男性のお客を掴むため?かな。さあ、ビール飲んで、ラーメン食べて帰宅しますかな。。。

ニコチン中毒を精神力で乗り越えるたこちゃんガンバレ!
マイルス・デイビスも地獄の禁断症状を乗り越えてクスリを絶った。

お若くないけど霊感ヤマ感第六感…微かに記憶がありますが。
フランク永井をフランキー堺と混同してしまう両津さん以上にジェネレーションギャップを痛感するボク43歳…ワタシは貝になりたい。

本日、いわきに宿泊。

ワタシは普段煙草を吸わず、煙草の値段をつい最近まで気にしていなかったのですが
いまや1箱400円以上するとはビックリ。
20年以上前にコンビニでアルバイトしていて、当時のおおよその銘柄の値段を憶えている
のですが、今現在せいぜい300円前後と思ってました。
ということは、缶ビールより断然高いわけで。
たこちゃん、煙草1箱浮いたお金で缶ビールとアメリカンドックですな。

ちょっと脱線しましたが、「サッポロアドコレクション」興味深く拝見しました。
時代を色濃く反映していいですね。
ポスターのタッチも時代を反映しています。

↑最後に調布のUさま、ブログ拝見しました。
思い出させてくれて、有難うございます。

テツヲタ様、私も法学部です!笑

W様 本当にマイクロ・デポのブログはいいですね!
コメントも素晴らしいです!
W様これからもコメントよろしくお願いします。
楽しみにしています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56450778

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ北紀行2014GW(その22:再びのサッポロガーデンパーク②):

« たこたこ北紀行2014GW(その21:再びのサッポロガーデンパーク①) | トップページ | たこたこ北紀行2014GW(その23:完結篇) »