マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ北紀行2014GW(その22:再びのサッポロガーデンパーク②) | トップページ | モグラ原っぱのなかまたち~往年の児童文学を懐かしむ »

2014年6月13日 (金)

たこたこ北紀行2014GW(その23:完結篇)

 はい、こんばんは!えっと、本日の東京練馬もトンデモない天候でしたね、どピーカンかドシャ降りか、雷鳴鳴り響きドバドバとひとしきり降ったらケロっとハレる。アタマがおかしくなりそう(いや、もうオカシクなってました:笑泣)です。

2014061017_220140610182014061019201406102020140610212014061022 (昨日の続きです)ミュージアム見学を済ませた”たこちゃんズ”、ちょうどお昼となりましたので、札幌に於けるジンギスカンのリベンジ戦を、サッポロビール園内に建つ数々のレストランの中では最もカジュアルな雰囲気(カフェテラス風)の「ライラック館」にて挙行するコトといたしました。

 あー、ココ(ライラック館のランチメニュー)にはタマげました。ワタシはこのあとも新千歳空港に到着するまでの運転手役がヒカえておりますんで、御覧の様にチカラ強く掲げ持つボトルはアルコールフリーの擬似ビール(笑泣)だったんですが、オプションで頼んで一番高かったのが実はコレ。

 主役のジンギスカンには、イクラ丼やらカニクリームコロッケやらがおまけに付いてくるメニュー設定です。で、そのようなメニューの中からセレクトしました。事前に観光パンフレットから千切りとって準備しておいた生ビールチケットも効を奏しましたが、昼間っから散々飲んで喰ってジンギスカンを堪能しての、このコストパフォーマンスって、イジョーじゃなかろうか?土支田の毎度おなじみ安○亭での”ボンビーセットA(自称:笑)”より安いとは・・・。きっとまた来ようね、ココには。

20140610152014061016_220140610232014061024 園内の楽しく美しい風景を眺めながらの屋外テラスでのジンギスカンは、また格別の体験でしたが、せっかくですからハラごなしにもう一度ガーデンを散策するコトといたしました。

 歴史のある赤レンガ造りの建物には蔦も絡まって重厚な風格を醸し出しております。「☆サッポロビール」のロゴが入った煙突も素晴らしい。

 来道初日の夜に、「I」さんのお誘いを受けて来園した時には、夜であったのと、ほとんど気持ちよく酩酊してた(笑)のとで気が付きませんでしたが、まだまだこの時分はハダ寒かったとは云え、チラホラと花咲き、緑も芽吹いてたんですね。ここでも、わずか数日で札幌にも春が訪れたのだなぁと実感いたしました。

201406102520140610262014061027201406102820140610292014061030 プラプラと歩いて行けばビール園の一番奥にはこんなスゴい展示もありました。コレも先日はまったく気が付いてなかったシロモノです。

[説明看板:蒸気機関車「9643」号]
 9600形は㈱川崎造船所が大正2年から14年間で770両を製造した日本初の量産シリーズの蒸気機関車です。

 大きなボイラー、合理的で無駄のない構造をした短い煙突、低い位置に取り付けられた2つのドラムなどから産まれる力強さが特徴でした。

 北海道地区では、貨物に加えて、客車や石炭列車も牽引しました。特に、冬場の除雪の際にはその威力を存分に発揮したという記録が残っています。

 「キュウロク」の愛称で多くの鉄道ファンに支持されました。
 大正3年11月に製造された北海道各地で活躍、昭和23年6月に国鉄旭川機関区から日曹炭鉱手塩鉱業所へ移り、以来20数年間にわたり石炭の輸送に従事しました。

20140610312014061032 芝生の広場(昨日御紹介したフィアットトラクターの隣)には樽が積まれて、そのまたひとつひとつにはナゾの文字が・・・そんな白いペンキ文字を右上から斜めに読むと「麦とホップを製す連者(れば)ビイルとゆふ(いう)酒に奈(な)る」と書いてあります。1876年、開拓使麦酒醸造所が設立された際に建物前へ積み上げられた樽が復元されて置かれたモニュメントだそうです。さぁ、そろそろ次なる地を目指してイキますか・・・。

201406103320140610342014061035201406103620140610372014061038 

 ・・・で、有名な”札幌ドーム”のさらに上(あくまで気分的に上:笑)にあるさっぽろ羊ヶ丘展望台からの絶景であります。

 「ぼぉいずびあんびしゃす=青年よ大志を抱け」と云えばクラーク博士、クラーク博士の像と云えば通常北海道大学の構内にいらしたハズでしたが・・・

 今では、物見遊山のヒトビトが大学構内に入って来るのを嫌って、博士はこのような場所に自ら志願して左遷(笑)されていらっしゃいました。

 実はこの段階で、またもデジカメの電池がエンプティー状態になりつつあったので、ビシバシと写真を撮るコトが出来なくなってたんですが、ぎりぎりクラーク博士像とその来歴表示看板までは残すコトが出来ました。

 ホントはこの展望台、地味ながらも見どころは結構多くて、札幌雪まつりの歴史と変遷を展示した教会やら、ヒツジさんたちの住まう小屋やら、なぜか足湯もあったりと、とにかく色々と楽しめます。

20140610392014061040 ・・・ああ4月30日(水)、スッカリ夕方も近づいてまいりました。いよいよ、あとは空港を目指すのみとなってしまったなぁー。

 たいしてスピードは出してないのに、ヤケに早く千歳には着いちゃった。着いちゃったケド、まだ迷ってる(マジで、道に:笑)。しばらくは滑走路の離着陸風景でも見てようと、クルマを停めながら少しずつ場所を移動。そのうち、旅客機ではなくて、航空自衛隊のF-15J(DJ)イーグルが数機ずつやってきては着地しているではあーりませんか!たこヨメ携帯を借りて写真を撮ってはみたものの・・・ぜ~んぜん機影が写ってないのでコレは残念無念(いい音してたんだけどなぁ)。

2014061041 ・・・こうして、本年GW中、4月最後の四日間に行われた”たこちゃんズ北紀行”も、ようやくヒト通りの御案内を終えようとしております。本日の完結まで23章もの駄文にお付き合い頂きました。書いてる途中でも「なんか、コレ長くないか?」とか「いったい、いつ終わるのか?」と自問しつつ、過去記事をあたってみましたら、23回も連続したシリーズは、やっぱ今まで無かったみたいです。

 新千歳空港のターミナル構内に到着し、飛行機の出発時間を待つ間、とあるレストランに入って軽いつまみにチョリソーソーセージを齧りつつ、北海道との別れを惜しむように「生サッポロクラシック」をオーダーして一気に飲み干しました。画像のワタシ、飛行機に乗る直前の気分をコメント欄に残そうと、Iモードをポチポチしている様ですね。まぁ、いつもこのようにちょっとずつ地道に書いては足跡を残していくのが、ブログを淡々と続けるコツなのかも知れません。にしても、今回のはとびきり長かったなぁー。とまれ、今後とも当ブログの方は御贔屓に。

 それじゃー、また明日!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ北紀行2014GW(その22:再びのサッポロガーデンパーク②) | トップページ | モグラ原っぱのなかまたち~往年の児童文学を懐かしむ »

コメント

Iです。
とうとう完結ですね。
少しの間でしたが、ご一緒できて楽しかったです。また是非おいでください。心よりお待ちしております。
それと、マイクロ・デポ関係者の方々も来道をお待ちしてますよ。

↑「 I 」さん、本日は楽しいお菓子の詰め合わせを有難うございました。SOSの”S社長”には、明日お渡しする御約束をしております(たいそう恐縮しておられました)。
ああ、もうビール園で再会したいですね!!

 北紀行も大団円!〆は☆サッポロビール園、激安ランチ食べ放題セット?、歴史ある赤レンガの建物と蒸気機関車「9643」号と堪能してますね、やはり一回行ってみたいな。ここにデポ謹製マセラティたちを並べたら映えるでしょう!でもそうしたら、マセラティたちの運転をしなきゃいけないから、ランチのお供は、ノンアルコールビールになっちゃうけど。
 さっぽろ羊ヶ丘展望台から見る風景が、北海道の広大さを思い知らせますね。札幌ドームもデカい!
 さあさあ、夏休みももーすぐ、次なるお休みが待ち遠しくもあり、次の旅行先がどこなのかも気になります。。。しかし。その23まで続いたとは、カメラのバッテリーがなくなるほど写真撮ってんですから,凄過ぎます!!次回の旅には予備バッテリーを持参のことで!

皆さんお晩です!!

いやぁ~~23章に及ぶ大作お疲れ様でした!
それにしても、ランチでこのヴォリュームは凄いですね~~~
絶対間の私には食べきれません・・・・・・・・・残念!!!
若いころは(と~~~くを見るような目を御染めるの図)
お昼には「かつ丼」&「タヌキうどん」(セットではなく、各々単品で)を
ぺロリと平らげていたあの強靭な胃袋は何処へ・・・・・・・・・悲涙
好きなものを目一杯食べれなくなって久しい・・・寂しい(ちょい韻を踏んでみました?笑)
無理して食べようものなら、胸やけ他種々の苦しみが・・・・・うん、としあるね・・
なので食べ放題にはほとんど胸ときめかなくなってしまいました笑
人間食べれ無くなったらおしまいといわれています。
とりあえず未だ普通盛りならいけるので、もうチョイ大丈夫かと・・・・
さてさて、最後の写真、ビールの前で携帯を見る社長の図
う~~~ん、シュールだ!!(ただ疲れてるだけかも・・・・・??笑)

「I」様何かの間違いで北海道にお邪魔した際には、よろしくお願いしますね!!
あっ、食べ放題、飲み放題はなくて大丈夫です!!笑

すんません・・訂正が3箇所あります。

絶対間の→絶対今の

目を御染める→目を細める

食べれる→食べられる

他には・・・ないと思う、たぶんないでしょう・・・あっても許して下さい!

1975年、国鉄のSLが営業運転を終了しました。
最後の貨物列車の牽引機も9600型でした。あれ?入れ替え機だったかな?
とにかく最後は9600。

明治時代、45年のうちに国産蒸機の名機を作り出し、開拓史は疎いので間違っていたら申し訳ありませんが、ある程度の目処が付いていたのではないでしょうか。

明治の人は(時代が)凄いです。

・・・うーん、本家サッポロビール園にマセラティ集めてみたいよな、確かに。本家がムリでも千葉ビール園http://r.gnavi.co.jp/g175401/ってのがある。生ラムのジンギスカンうまそうだなぁ。

Iです。
たこちゃん様、この度は、色々とお世話になりましたし、逆にこのくらいのことしか出来ませんから~(笑)。S社長にもよろしくお伝えください。また、何かありましたら送ります。
それと”調布のU様”間違いではなく、目指して北海道においでください。私でよければサッポロビール園へお供いたします。

 おぉ!大学生のとき見学で行ったのは、まさに、サッポロビール千葉工場!だった。たこちゃんコメントのリンク先のページの写真みて思い出しました。ということは、勝手に、夏のダメ男第1弾は、千葉ビール園にマセラティ並べて、ノンアルコールビールで肉食べ放題!かな。でもノンアルコールってとこが辛いな。。。

23章の力作で北海道の魅力を満喫させていただきました。
やっぱりジンギスカンは”焼き”のスタイルですね。
確かにコレはお得。
ビールが進んじゃいそうです。

北海道編、見事完結!
いや~、大作でした。余程楽しかったと察します。
そしてシンギスカンワールドカップのグループリーグ3連戦は2勝1敗。
勝点3で決勝トーナメント進出!オメデトウゴザイマス。
ドログバ・ドロドロ・ドログバ・グバグバ・・・(←なんのこっちゃ?)

贖罪の羊、もとい食材の羊はたこちゃんズの胃袋の中に消えてしまいましたとさ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56479377

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ北紀行2014GW(その23:完結篇):

« たこたこ北紀行2014GW(その22:再びのサッポロガーデンパーク②) | トップページ | モグラ原っぱのなかまたち~往年の児童文学を懐かしむ »