マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« しつこく”動力”ユニットのハナシ~ゴム動力の彼方に・・・ | トップページ | トンデモなネーミング、アレコレ »

2014年7月 3日 (木)

ジェンセンインターセプターって、こんなのですケドなにか(笑)?

 はい、こんばんは!本日、九州の方ではとんでもない雨量を記録しているそうで、そんな長崎の小浜から明日イトコ(例の旅館やってるヒトね)が成増に出てきてくれるらしいので、明晩は一緒に呑むコトになってるんですが、果たしてヒコーキは飛ぶのか?

201407030120140703022014070303201407030420140703052014070306 ・・・まぁ、世の中には不思議な出来事や不思議な成り立ちによって生成されてしまう(笑)物品が、ままありますけれど、コレなんかはいったいぜんたいナニを狙って作られたのか今もって皆目不明なクルマの最高峰ではないかと思われる、ジェンセンインターセプターであります。今現在で云えばフェラーリFFみたいなモンか?・・・チガウよなぁー。なんかシックリと来ないもん(そーいやぁ、ジェンセンFFってのもあったなぁ。)。

 
 本日御案内するカタログは往時のニホンゴ版で、なんとあのコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド様が”日本総代理”として発行したモノです。1970年代半ばまでのモノと思われます。

 コレ、どうせなら”プアマンズ・アストンマーティンシューティングブレーク”的な位置付けにしちゃえば良かったのに。「1934年 ジェンセン兄弟によって創立されたジェンセンモーターズ社は、エリートのために超高性能GTカーを限定生産しています。」・・・だと。まさにモノは云いようであります。スペックシートの方も拡大して御覧になってください。べんじょの100W(ワット)って云うか、もうムダの極みって感じがステキ過ぎます。あ、”Rたろう先生”、コレも本日やってきましたんで、ジェンセン541Sカタログと一緒に送ります(気が向いたらだけど:笑←このあいだ、たかだかジェンセン知らないダケで殲滅!って叫んでたからなァ~。みんな仲良くイイ子にしてないとね。)ブックガレージ高橋大先生が本日コレを持ってきて曰く「あ、日本語版のカタログって、結構アッチのヒト欲しがるんだよね。”日仏自動車版”のパナール(カタログ)なんてフランス人なんかモノすごく欲しがるんだってさ。だから、コレは向こうのクラブの人とトレード用にと思って持ってきたんだヨ。イギリス人とうまくやって!」だって。

 それじゃー、また明日。

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« しつこく”動力”ユニットのハナシ~ゴム動力の彼方に・・・ | トップページ | トンデモなネーミング、アレコレ »

コメント

Iです。
久しぶりに一番乗りかも?
最近、風邪ぎみです。なので、グイッとビール飲んで寝ます。風邪ひいても休肝日無しです。

あれインターセプターってそんな不可思議な立ち位置のクルマだったのですか…。
特に違和感なくこんなのもありだよねって感じで今まで腑に落ちていたので、えもしかしてあっしのセンスってふつーじゃないの?と自問しております。
だってかっこいいし、これ。つぶしもきくし。

↑↑あらあら「I」さん、御風邪をお召しですか。時節柄御自愛くださいね。
↑「おぐ」さん、だってコレ三速オートマ・7200ccのクルマですよ、コレはコレでいいの?ボアなんか109.72だって(笑)。ある意味ヘンなカタチのロールスだと思えばイイのか・・・思えないよなァ、やっぱ。

記載の通り「イギリスの代表的なグランドツーリスモ」という理解ならイケてませんかねえ。コレはコレで。
ほらエスパーダも三速オートマがあったじゃないですか。…違うな、これは。

皆さんお晩です!

7200ccですか・・・・・・・想像出来ないなぁ笑
インターセプターって、スカイウォーズに出てきますよね?
スンマセン、ギブアッブ!
明日は大雨になるようです。
被害が出ないといいですね!

いやいや、インターセプターは映画マッド・マックスに登場します・・・って、ジェンセンじゃねぇぢゃん。。。たこ先生&りゅたろう先生、すまぬ・・・。


ジェンセン、勉強させていただきました!
しかし英国のコーチビルダーは本当に奥が深いですね。
ギヤ比を見ると大排気量のV8ならでは。
いろんな意味で唖然。

コーンズさんの日本総代理って言うのはディーラーとはちょっと違うのかしら?

またまたブックガレージ高橋大先生が、凄いものを引っさげてきましたねぇ。
ブログを見なければ、決して出会うことのなかったクルマです。
奥深いなぁ。

明日の呑み会、楽しんじゃってください。

Ryo様

あ~~マッドマックスですね!!うん、うん、そうでした!!
スターウォーズのジェダイの戦闘機もインターセプターだったと・・・って
ジェンセンとな~~んも関係ないんですが・・・笑
失礼しました!!

う~ん。ジェンセン、なかなか素敵ですよ。
ジェンセンのリアのちょこんとした形状がこだわりなのでしょうか・・・?

ジェンセンインターセプターは、ワイルドスピードの最新作に出てきます。
チョーこー性能の再生産版だけど。
みんな知らないのsign02sign02sign02
マッドマックスsign02punchsign02bombsign02
呪いあれ、呪いあれ、呪いあれ、呪いあれ。
殲滅sign01殲滅sign01殲滅sign01殲滅sign03

ところでたこ様、たこ様が送りたくなるよう手を打っておきました。
しばしお待ちください。

非常勤です。
これ、クラシックカー・ディーラーズでやってましたね。
アメリカ製巨大エンジンにイタリアデザインのボディーを纏ったイギリス車、だったかな。
なかなか魅力的でした。
しかし7リッターで280馬力とは、これまた豪気な。
給油の度に泣いちゃいそう。

コメント欄がわいていますね。ジェンセン インターセプターは、最新のオク○ン日本語版でも特集になっていました。まだじっくり読んでません。7リットルで、280とか330馬力とか!無駄は美しい!
6/30のコメント欄にりゅたろうさんの愛車遍歴が投稿されています!!ちゅーもく!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56684518

この記事へのトラックバック一覧です: ジェンセンインターセプターって、こんなのですケドなにか(笑)?:

« しつこく”動力”ユニットのハナシ~ゴム動力の彼方に・・・ | トップページ | トンデモなネーミング、アレコレ »