マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たらちねの母 | トップページ | マセラティシャマルのデファレンシャルギアボックス »

2014年7月19日 (土)

ギブリでシャマルで、ウニ丼な一日

 はい、こんばんは。昨日のコメント欄にはコメンテーターの皆さま方から御言葉を賜り、御当人のみならず当方も感謝いたしております。人と人との縁と云うのは本当に不可思議なものですが、これからもこうした御縁は慈しむ様に大切にしつつ、日々感謝の中に暮らしていきたいと願う事しきりです。

201407190120140719032014071902201407190420140719052014071906 ・・・そんなワタシの場合には日常生活が”こんなコト”になってますモンで、「この感覚にはマヒしちゃいかん、決してあたりまえと思っちゃイカン」と自戒しつつの毎日です。

 どのようにアツかろうとも、イタかろうとも、精魂傾けて作り上げたマセラティたちを御客様が評価してくださり、また笑顔で喜んでくださるのをダケを信じて、とにかくやるしかないのであります。

 本日もたくさんのお客様が御来店されまして、一部始終を御覧になって帰られましたが、その一つ一つを御喜び頂ける様にこれからも精進してまいります。「横浜のH」さん、「Wさま」さん、「福生のK」さん、皆さん有難うございました!

 夕方には「市川のT」さん所有のマセラティシャマル、そのデファレンシャルギアボックスAssyを丸ごと降ろす作業を行いました。デフ周辺のバックラッシュ音をシュートするためです。ひとつひとつの作業は時間と手間が掛りますが、ここも匍匐で進むしか無さそうです。

20140719072014071908 ・・・こうした一日、そして一週間を過ごしてアパートに帰れば、用意されていたのが北海道直送の生ウニパック。

 「ミニ丼」サイズながらも、北海道で食べたあの味をほとんど再現しておりましたので、まずは合格と云ったところでしょうか。ソレにしても現地の品質感と価格が如何に安かったのかとあらためて思った次第。明日は日曜日だけど土用(笑)らしいです。次週の気合いを喚起するために、ウナギでもイッてみようと画策しております。時節柄皆さんもスタミナ付けて頑張ってまいりましょう、おー!

 それじゃ、また来週!今週も有難うございましたぁ!!

 2013年3月4日以前の過去記事は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たらちねの母 | トップページ | マセラティシャマルのデファレンシャルギアボックス »

コメント

あーやっぱギブリ、かっこいいなあ。
シャマルのなにがあれ感のものすごさは認めるとしても、今の自分にはやはりギブリ最高ですなあ。銀色が目に眩しいぜ。

おんなじ色の2台並んでいる写真撮るべく伺っちゃいたいなあ。…といいつつ月曜は東京で打合せ2件のあと会津なので無理だなあ。残念。

本日は所用でお邪魔したにもかかわらず、長居してお昼ご飯(たこちゃん青春の味:松屋の牛焼肉弁当(タレはポン酢):笑)をご馳走になりありがとうございました。
いろいろお話させていただきましたが、やはりマイクロ・デポ社を通じて皆さんと知り合えたことは人生の財産であることを改めて認識しました。

これからも末永くよろしくお願いいたします。

 あれ、おぐさんギブリではなかったんですね、コメント読んでわかりました。ギブリも良いね。シャマルはなかなか普段使いしにくいからな。
 一度、デポの場内で、色々なビトルボ達に囲まれ、リフトであげたシャマルの下で、ビトルボを肴に、美味しいお酒と、ウニ丼と食べてみたいですね。。。

Iです。
やはりギブリは惹かれますよね。実は私が最初に興味を持ったマセラティはこのギブリなのです。クアトロポルテⅣには全くと言っていいほど無関心でした。そのギブリは、ブルーでしたが、タンのレザーシート(それもリアシート)を見て”エロイなぁ”と思ったのが始まりでした。正直、今でも欲しいと思っちゃいますね。できればマニュアルで!

さて、今日は、留萌市にあります”黄金岬”に夕日を見に行ってきました。往復250km、約5時間のドライブでした。残念ながら夕日が沈む瞬間は、雲に阻まれて見れませんでしたが、これもタイミングですからねー。でもホントは、天売・焼尻島に上陸したかったです。また次の機会にします。

皆さんお晩です!

ギブリ、かっこいいですね!
そしてその奥には、シャマル・・・・・・・マセラティファンにはたまらんですなぁ~
まぁこれが、マイクロ・デポさんでは当たり前の風景なのが、凄すぎます!笑

銀シャリギブリとトッピングされた赤身シャマルの絶妙なコンビが美味そう。クロマグロの美味さは赤身にアリ。
いやいや、どちらもカッコいい。
北海道のウニモグも美味そうです。

本日、地元の祭りで藤枝に帰省しております。

シルバーのギブリ、地味ながらいい色。
それにしても、こういったクルマらしい形の少なくなったことを痛感。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/56838869

この記事へのトラックバック一覧です: ギブリでシャマルで、ウニ丼な一日:

« たらちねの母 | トップページ | マセラティシャマルのデファレンシャルギアボックス »