マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マッサン、観てみた? | トップページ | びゅわ~ん、びゅわ~ん、と50年 »

2014年9月30日 (火)

キンモクセイの咲く道を

 はい、こんばんは!秋晴れの爽やかな一日、気が付けば、もう明日からは10月です。ここ数日は、”ドカベン香川さん”や、”おタカさん”と云ったワタシ世代にとっての超有名人方の訃報を聞いたり、御嶽山の噴火により多くの犠牲者を出す(コレ、ワタシは人災だと思っているので、”が出る”ではなくて”を出す”なのです)など、「人生、ホント一瞬先は分からない」と思わせられる様な報道ばかりを目にする感じではありましたが、だからこその”日々全力匍匐前進”がいよいよ肝要だと思うのでありますヨ。日常をチカラいっぱい生きるコトが尊いのであります。

20140930012014093002 ところで、一週間くらい前からでしょうか。朝早くオモテに出て、大きく”伸び”をしたり、両腕をぐるんぐるんとゆっくり回してみたりしながら「うむ、大丈夫。とりあえず、今日も生きてる(笑)」なんて小さな感慨にヒタっておりましたところ、「ん?このソコハカとなく香るニホイは、実に秋を感じさせるなぁ」と思わずにはいられない芳香が周囲に漂っているのに気が付きました。その段階では、まだ微かに香る程度だったので、芳香の発生源(笑)の特定にはいたりませんでしたが、いまやハッキリと分かりました。金木犀(キンモクセイ)だったんですね。秋の訪れを感じさせてくれるとともに、ワタシなどが、どこか懐かしさを感じるのは、”昭和後期のトイレ”に於いて芳香剤の香りとして大いに起用されていたコトによるらしいです。ですからこのニホヒを嗅いでトイレを連想し、懐かしさを覚えてしまうのはワタシら前後世代だけのモノ。きっと、お若い方には「なんじゃ?コレ」といった芳香に過ぎないのかも知れませんね。そういえば、”汲み○り槽(お食事の方、すみません:笑)”の傍らには、ニオイ消しのためか、この金木犀が植えてあったコトも思いだされてまいりました。

20140930032014093004 ・・・そんなコトを想いながら清々しい花のカホリに酔い痴れていたら、往年のヒットソング「君のひとみは10000ボルト(byアリスの堀内孝雄サン)」ってーのを思い出しました。

 この曲がヒットしていた当時には「アリスもタイアップコマソン(音出ます、注意!)作って歌う様になるなんて、ずいぶんと商業主義へと堕落したモンだ」、なんて、我ら”中二病”真っ盛りの中学生たちからは評されており、(そのコマーシャルに出ていたネーチャンと、その色気の無いコスチュームにも”ソソラレル”ものがまったく無かったモンで:笑)あまり好きな部類の楽曲ではなかったモノですが、35年も経つと、あの曲の持つホンワカとした感じが初秋のサワヤカさを良く表現していたのだなぁとスンナリ思える様になりました。

 「♪鳶色のひとみに 誘惑のかげり 金木犀の咲く道を・・・」とCM曲がテレビやラジオから流れてくるたびに「ああ、サワデー(音出ます、注意!)の匂いが充満する道を、金色の翼の(付いた)ウマで駆けてくる20世紀のジャンヌ・ダルクよぉ~・・・って、ナニ?」っとアタマの中ではツッコミを入れてたモノです。

 ともあれ、徐々にではありますが、これから秋もいよいよ深まりゆくのでありませう。ちょっと本日は、また感傷的になってしまいました。さぁ、新しい月も日々頑張るといたしますか!!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« マッサン、観てみた? | トップページ | びゅわ~ん、びゅわ~ん、と50年 »

コメント

近所の金木犀も結構いい感じです。秋を感じますね。

金木犀は、小学校の校庭に植えてありました。ほんと最近はすくないですね。白いギンモクセイっていうのもあったような?

Iです。
キンモクセイ=トイレの芳香剤という認識です。実物は見たこともありませんよ。

ところで、北海道はそろそろ紅葉がいい時期になってきています。北海道で言う”観楓会(かんぷうかい)”の時期となってきました。この観楓会は、北海道独自の文化?のようです。何をするのかと言えば、全国的に行われている観桜会の紅葉版なのです。しかも「花(紅葉)より団子」であることも同様です。
北海道の職場では、週末一泊で小旅行へ行ったりとか、食事会をしたりというのが慣わしです。私の職場では一年おきに小旅行と食事会を繰り返しています。

キンモクセイ、意外に見かけたことないかも。
意識したことないからかな?
今度周りを気にしてみよう。

しかし「君のひとみは10000ボルト」、懐かしいですね。
このあたりのCMはササリます。
(先日の「ブーメランストリート」もとってもササリましたが(笑))

当時の化粧品CMはちょっと高級感があふれていて、いい意味で時代を感じます。

金木犀といえば井上望の「好きだから」というマイナーな曲が脳内ぐるぐるになります。
ニコニコ動○なら聞けるようなのですが、あいにくID持っていません、スミマセン。

先般の土曜日。
ノロノロと15km走って足が痛くなり、更に10kmほどを歩きました。
公園で長時間の休憩をはさみつつ。そんな休憩時間を背負ったリュックに潜ませた本を読む事で消化します。
新機軸のジョギング&読書。
なかなか良い休日の過ごし方を編み出しました。
その時に読んだ本はブルーバックスの「真空のからくり」、「超入門微積分」・・・アタマが凝り固まったヲジさんのワタクシには難解でしたが、仕事を忘れさせる良い休日の過ごし方。
帰宅して知った御嶽山の噴火による災害には驚きました。東日本大震災と原発災害も深刻ですが、ここのところ毎年、大災害や大事故が発生しているような気がします。
子供の頃の夢に描かれた21世紀はバラ色の未来世界だったはずでしたが現実の未来はなんか違うゾ。。。
しかし、電子機器と携帯電話と素粒子論と宇宙論の発展には目覚しいものがあります。
リニアコライダー誘致賛成!

30余年昔の小学生の頃、現・藤枝市から東名高速・焼津インターを経て月イチで三嶋大社にお参りに行っておりました。まあ、休日の家族ドライブの習慣と言ったところです。
今では大した距離では無いのですが、当時のクルマの性能は低く、チョー長距離ドライブ感満載でした。最初はVWビートルだったし。その後、ファミリアで快適になりましたが、僅か時速105kmを超えるとキンコンと音が鳴って緊張感がありました。

そして秋の三嶋大社の甘い金木犀の芳香に子供ながらにウットリしたものです。
金木犀は芳しい香りでした。子供の頃、金木犀の芳香剤を体感していなかったからかな?
そう言えば昔からチョコミント味のアイスが好きでしたが、大学の同期の友人から「歯磨きの味で気持ち悪い」と言われたのがショックでした。。。
嗜好がオカシイのはワタクシの方なのか?

皆さんお晩です!

もうすぐ9月も終わり、明日から10月・・・今年も残すところ4分の1年
ホント時間の経過の早いこと・・・
キンモクセイの香りが我が家の近所でも香ります。トイレの・・・うん、なるほど笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/57532191

この記事へのトラックバック一覧です: キンモクセイの咲く道を:

« マッサン、観てみた? | トップページ | びゅわ~ん、びゅわ~ん、と50年 »