マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ダンチョーの想いで、ハイっ、決めた(笑)! | トップページ | ”教祖様”がマセラティギブリⅢでやってきた(笑):その2 »

2014年9月26日 (金)

”教祖様”がマセラティギブリⅢでやってきた(笑):その1

 はい、こんばんは!前夜からの雨もアガり、本日は朝一番に遠く茨城県からマセラティギブリⅡのレストアや今後の整備について諸々尋ねにお越しの「Yさん」が御来店、現車を見ながら色々とおハナシをさせて頂きました。他所で御購入されたマセラティも、「それがレストア的な内容であれば、今後は出来るだけ御対応出来ればいいな」と常々徐々に門戸を開こうと考えてはおりますが、結局最後はウチにみえるんですから、御購入の際には、ぜひ初めからマイクロ・デポを御指名賜ります様、このブログ読者様の中でも、とりわけ”マセラティ予備軍”の方々には心から御願い申し上げます。

 あー、明日”ホルモン屋”を目指してお越しになる方々にヒトこと。”ホルモン屋”、無煙ロースターとはマッタク無縁(シャレ:笑)のお店です。豪快にシチリン炭火でホルモンを焼きますので、店内はもう、モウモウ。カラダ中にニホヒが付きます。どうぞ、「どーでもいい格好(笑)」を御召しになって御来店くださいますよう。

20140926012014092602201409260320140926042014092605_22014092606_220140926072014092608 20140926092014092610 ・・・ところで、本日の午後には、マセラティギブリ(三代目)がついにやってまいりましたヨ、ワレらがマイクロ・デポに。

 MASERATI GHIBLI

 寸法および重量

 全長:4,970mm 

 全幅:1,945mm 

 全高:1,485mm

 ホイールベース:3,000mm

 フロントトラック:1,635mm

 リアトラック:1,655mm

 フロントオーバーハング:925mm

 リアオーバーハング:1,045mm

 トランク容量(*):500L

 燃料タンク容量(*):80L

 車両重量(*1 *2):1,950kg

 車両総重量:2,225kg

 エンジン

 シリンダー数・形式:60°V型6気筒

 総排気量:2,979cc

 トランスミッション:8速AT 圧縮比:9.7:1 最高出力:330ps(243kW) 最高出力発生回転数:4,750rpm 最大トルク:500Nm 最大トルク発生回転数:1,600rpm オーバーブーストトルク:500Nm オーバーブーストトルク発生回転数:1,600~4,500rpm

 パフォーマンス

 最高速度(*):263km/h

 0-100km/h加速(*):5.6s

 制動距離(100-0km/h)(*):36m

 * メーカー発表数値

 *1 装備オプションにより、車両重量は30kg重くなります。

 *2 電動サンルーフ装備車の場合、車両重量は30kg重くなります。

 ■諸元、仕様は標準仕様車による国土交通省申請数値に基づくもので、メーカー発表数値と異なる場合があります。

 ・・・以上、日本語版の公式カタログより抜粋。

20140926112014092612 そんなマセラティギブリに乗ってマイクロ・デポにやってきたのは、”宇宙一陽気な”自動車ジャーナリスト(笑)。

 誰あろう、清水草一”(大乗フェラーリ教)教祖様”大先生であらせられます。「(平伏して)ははぁ~」 思えば、清水さんも基本的には”我が顧客”。かつては、11万5千キロも走ったワンオーナーのマセラティ430前期型マニュアルミッション車をお納めし、「まるでだめ男号」とか「ゴルゴ号」とか勝手な名前を付けて(笑)は、各種媒体にてネタにして頂いてたのもいまや懐かしいデスね。相変らずに御元気そうでなにより。さぁ、新しいギブリでヒトっ走りしてみますか!

 追記(PM10:28):清水草一さんの公式ブログ「そういち徒然草」には、本日のお題が早くもアップされているそうです。そちらも併せて御覧になってくださいまし。

 続きは、また明日!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« ダンチョーの想いで、ハイっ、決めた(笑)! | トップページ | ”教祖様”がマセラティギブリⅢでやってきた(笑):その2 »

コメント

皆さんお晩です!!

社長~~あっ、あの時の電話の方ですね?
茨城から遠路はるばる御苦労な事です・・・って、「I」様はどうなるんですか?
と、一人突っ込み、一人ボケしてみました!笑

いやぁ~~来ましたね!新型「ギブリ」・・しかしやはり・・・・デ・カ・イ!!
でも・・・いつかはこの車の方向に、皆行くのかしらん???
それにしても「清水草一」先生は面白い方だ!!
清水さんの「facebook」も愛読しておりますですよ!
清水さんの配下で「伊達軍曹」氏の記事も楽しく拝見いたしております。

それにしても、タコチャン・・嬉しそうですなぁ~~~!!

明日のホルモンの部会、皆さん大いに楽しんでくださいましな!

Iです。
私も清水草一様のフェラーリに関わる書籍とDVDはほとんど購入しています。
いずれは、一度でいいのではフェラーリオーナーとなってみたいものですね(いつなれるかわかりませんが、なれないかもですけど)。車種と程度を選ばなければ、オーナーになれることもあるかなぁとも思いますが。
それと新ギブリですね。古いマセラティも良いですけど、新しいのも良くないですか?やはり味わい・雰囲気はちょっと違うなぁなんて思いますがね。

今「清水草一」さんのブログをのぞいたら
バッチリ「マイクロ・デポ」さんのことが書かれてました!
御参考までに・・・・
http://www.shimizusouichi.com/blog/index.html


↑↑↑&↑↑&↑「調布のU」さん、「I」さん、いつも有難うゴザイマス!
・・・ニューギブリ、詳しいインプレは明日の記事に譲りますが、新車時に於ける工業製品としての完成度は格段に向上しているなと感じました。従来からのドイツ勢オーナー方も、このマセラティならば喰いついて(笑)きそうですね。なにより、マセラティ専門店のオヤヂといたしましては、云い訳を色々と考えなくていいところが気に入りました(爆笑)。
ああ、清水草一さんのブログにも、もうアップされてるんですか(ハヤっ!)。何が書かれてるんダロな。

”教祖様”とたこちゃんの”デューワー(笑)”ポーズが良いですな。
先生の見事な”デューワー”に対し、控えめでちょっと照れが入ったたこちゃんの”デューワー”が何とも微笑ましいです(笑)。

ギブリⅢも悪くは無いのですが、後方の高貴なギブリカップ&シャマルと見比べればギブリⅢはワルですな~。
嗚呼、儚くも麗しいビトルボ系、いとをかし。。。

清水先生も久々にマイクロ・デポでクルマを買ってダメ男の会に参加されては?

土曜日のホルモン焼肉はワタクシ断念。
ですが練馬のHさま&世田谷のYさまのお話は面白いのです。
Wさまのクルマ道も只者では無い(しかし、たこ先生の眼を盗んで女子会参加を目論む気さくな好人物。飛行機班長先輩から名誉有る建物班長の称号を受諾されましたね)。
・・・そして極めつけは、控えおろ~、岡本和久御大の有り難きお誘いなのであ~る。
りゅたろう先生、もしやサプライズゲスト?
・・・いやいや、楽しそうです。皆様、是非ともお楽しみくださいませ。

 うほほー。清水教祖様が人外魔境のマイクロデポを、ニューギブリで訪問!っていうのがサイコーです。一昨年かな、代官山の素敵な本屋さんで、清水教祖様のトークショーがあり、ランチャデルタのDVDを買って、行きました。さらにトークショー後に並んで、DVDにサインももらった。しかし、何となく自分の居場所じゃない気がしていて、教祖様に「お主、フェラーリ教じゃないな」って、見抜かれた感じがしました。。。まあM教です、いやデポ教か?
 Yさま、ギブリカップは引きが強い、清水教祖様のブログにも写真がupされるなんて!!
 それにしても、清水教祖様のブログにupされた写真が、マイクロデポの人外魔境ぶりを発揮しています、ロッソシャマル、ブルーフランシスのギブリカップ、ネロのスパイダーザガート、そして工場長!!(めったに表にでない、デポのフィクサー!?)
 明日、否、本日夜は宜しくお願いしますー! 参加できない皆様申し訳有りません!たぶん明日のブログはホルモン焼き屋さんから生中継ブログになりそうですネ。お楽しみニー

うーん、個人的にはやっぱピットのギブリカップ&シャマル&クワトロポルテの方が圧倒的に魅力的だなぁ〜。もちろん最新のマセラティはすばらしく良く出来ているんでしょうが、ビトルボマセラティの魔力というか、オーラみたいなものが感じられないのは自分だけかな。貧乏サラリーマンのひがみもあるかも?ちなみにホルモンは魅力的ですね。

ホルモンかぁ、いいなー。

私は、GranTurismo以降のマセラティは全く好きではありません。
特にあの顔が。
世界的な「怖顔」の流れに沿ったものかもしれませんが、品がなく、美しくない。
「マセラティ」が出すからには速いのは当たり前でしょう。
でも、フェラーリよりちょっと遅く、ね。
馬鹿じゃないのsign03

見てすぐに「豚」を思わせるGhibli って…
ペラペラの「無垢の」プラスチックなんて論外じゃないの?

まあ、将来のマイクロデポの主力車種になるのは間違いなさそうだけど、こんなのが続くようなら、デポも最近のマセラティに言及する事くらいはやめたほうがいいじゃないか、とまで思わせてしまいます。
でも、ビトルボも出た時はかっこ悪いと思ったよ。
いくらたこちゃんがスパイダーザガートを押しても、ピクリとも心に刺さらないのは、やっぱちょっとカッコ悪いと私が感じているからなのです。
同時代には、もっとかっこいい車があったもの。
雑誌NAVIでよくやってたのは、アルピーヌV6ターボとの比較、並べ記事でしたが、アルピーヌの方がかっこよかった。
100倍くらい。
いわんやフェラーリと比べるとねぇ…

しかし、ジャガーXJSやヒーリースプライトMk.Ⅰなんかも出た時は相当かっこ悪いと感じたけど、現代の情景に置くと、すごくかっこよく見える。
XJ-Sなんか惚れ直してしまうくらい。
昔、別れた彼女が横断歩道の向こう側で、知らない男に腕をからませながら笑っていた時、ドキッとしてしまった位きれいと感じたことがありましたっけ・・・
ギブリⅡも今やすごくかっこいい。
これは出た当初からまあまあかっこよかったけど。
222SEやスパイダーザガートも現代の路上ではあの頃ほどかっこよくないとは感じなくなりました。
時に磨かれたのでしょうか、それともかっこ悪い車が増えたためでしょうか。
ギブリⅢもそうなる…いや、さすがにそれはないかな?
まあ、私はちょっと趣味が特殊な少数派ですから、ギブリⅢが許せない「豚」とののしっても、どうかお許しくださいな。

・・・↑「りゅたろう」先生、ダレも見て無いと思って、スキなコト書きなぐってるなぁ(笑泣)。ワタシの見解では、今すぐカーポートの○ルセデスベンツCLKをニューギブリにすべきだと思いマァ~っす!!もっとも、現況ではニューギブリを買うよりも、総額の半値で”超絶”マセラティクアトロポルテⅤカンビオコルサデュオセレクトを(カンビオ&クラッチセット全交換付けて)充分に買える市況ですから、いっそソレにしましょ、ソレに(笑)。

いやぁ、ギブリⅢは自分の中で一度決着をつけなければならないほど看破出来なかったので、書かせていただきました。
「豚」なんだもん。
「紅の豚」はかっこいいけど、「モデナの豚」はちょっとねぇ…

それに、俺様に心の奥にしまって何重にも蓋をしてきた思いをズバリと書かれたからって、あんな嫌味を書かなくったっていいじゃない、たこポン。
たこポンもよぉぉくご存知の通り、あのC200 コンプレッサーというクソ車は、親父が嫁にあげて、嫁名義になってますんで、わたしゃ手を出せません。
「…にすべきだと思いマァ~っす!!」って、子供じゃないんだからさ、大人になんなよ、ほぉ~ほっほっほっ。

↑とにかくマセラティ100年の歴史には一台の駄作も無いのであります(苦笑しつつ・・・)。

あるわsign03sign03
5000GTや3500GTの恐ろしいほどのかっこ悪さはなんなんだsign03
俺は思ったよ。
お金持ちてぇのは、人と違う車に乗りたがんのかな?それも醜いのかなんなのかわかんないようなのをいいと思うのかな?ってさ。
今のグランツーリズモだって十分かっこ悪いじゃないかsign01
フェラーリと比べてみろよ。
おまけに、そのフェラーリよりちょっと弱いってなんなのsign01
ぺかぺかの「無垢」のプラスチックがあるってことだけでもすごくかっこ悪いじゃん。
駄作があるに決まってんじゃん、100年の歴史があるんだからさ。
そこから目を背けちゃいけない。
それを受け入れ、飲み込んだうえでやってんだと思ってたんだけどな、たこポン。

↑・・・いーえ、無いったら無いのであります。ちなみに5000GTは、どのコーチワークもみ~んなカッチョいいです。だいたいスパイダーザガートのdécadenceが解らないんじゃ・・・(しかも、アルピーヌV6の方が100倍カッチョいい?・・・信じられん。あ、つい語調がツヨくなってしまった。お客様は神様でゴザイマス:笑)。ともあれ、マセラティスパイダーザガート、30年後には必ずマセラティ史とザガート史に燦然と光り輝いて残るコトでありましょう。・・・ところで、ヒジョーに面白いこの裏バトル、ダレか見てくれてるのかなぁ(笑)。

その神様ですよ、神様。
スパイダーザガートのデカダンスsign02
あんな寸詰まりにおフランス語で書くとはねぇ。
まるで俺じゃん、寸詰まりは。
かっこ悪いね、絶対。
24,5年たってもマセラティ史とザガート史に燦然と輝いていないのに、あと30年後に輝くわけねーじゃん。

5000GTのどこがかっちょいいのよ??
バケモンみたいなかっちょ悪さに脳内の神経細胞が麻痺しちゃってんじゃないの??
大体ツーリングとかフルアなんかがデザインした奴って、すげーかっちょ悪い。
ザガートもあの伝説のステルビオ以降酷いもんしか出してない。
近代では見るべきものはアストンマーチンV12以外にはないsign01
大体あのスパイダーは、どこがザガートなの??
意味わかんないsign03

ちなみに、アルピーヌV6ターボはマセラティ222SEより速かったね。

ちなみに、アルピーヌV6ターボはマセラティ222SEより低かったね。

そして、ギブリⅢは豚のままであった…

ところで、最近アルファ147GTAのマフラーに小さな穴が開いたらしい。
そのおかげですごくいい音を奏でるようになって、非常に満足してます。
わけもなくシフトダウンして、3500回転以上の咆哮を楽しんでいます。
でもおかげでクラッチがちょっと…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/57497746

この記事へのトラックバック一覧です: ”教祖様”がマセラティギブリⅢでやってきた(笑):その1:

« ダンチョーの想いで、ハイっ、決めた(笑)! | トップページ | ”教祖様”がマセラティギブリⅢでやってきた(笑):その2 »