マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ワタシは受験生(泣笑) | トップページ | ほふくぜんしんの輝ける息吹 »

2014年9月19日 (金)

たこたこ、九州のド真ん中を横断す(その11:アコガレの高千穂峡①)

 はい、こんばんは!本日も朝から涼しいくらいに感じられた東京練馬、風も吹かずに穏やかでした。今日も夕方には、「ガンディーニ型クアトロポルテのハナシを伺いたい」と名古屋からの御来店客様がありましたが、ここのところはどうしてこう”名古屋づいて”るんでしょね。

 ソレにいたしましても、昨日のコメント欄を拝見すれば、まさに「日常生活悲喜交交」と云った具合でした。ビール検定に臨む試験勉強をするヒトが居れば、保険更新試験のベンキョーしているワタシも居て、日々の激務にハギシリする日常を送ってらっしゃる方々も居れば、イタリアンな遅い夏休みを只今満喫中の方もいらっしゃると云う感じ。「練馬のH(きっと”一時的”に改め)モ○ナのH」さん、気をつけて全行程を愉しまれんコトを。そして帰ってきたら土産話をたぁ~くさんお聞かせください。・・・にしても、インターネットってスゴイですね。練馬に居ながらにして、札幌の風も、大分の風も、イタリアの風をも感じる事が出来ます。そのように感じるたびに、こうして毎日ヒーコラとブログを書いてきてヨカッタと本当にそう思えます。

2014091101201409110220140911032014091104 ・・・そして、中継録画ではありますが、本日は久しぶりに”宮崎の風”の方もお届けしてまいりたいと思います。

 あーーーーーーー、しばらく時間があいてしまったので、写真を見ながら「コレは何時だったっけ?」と云う”ていたらく”ではありますが、過ぎ去りしワタシの楽しかった夏休みの二日目、8月11日(月)の夕方のハナシから”たこちゃんズ旅日記”を再開いたしましょう。

 この夏旅日記、はじめのうちに冗談交じりで「クリスマス頃に完結」などと云った言説がコメント欄を賑わせておりましたが、ホントにそーなってしまいそうな今日この頃、カレンダーを見れば9月も19日ですか・・・長嘆息のホカはありません(ヒトはこうして、トシをとっていくのでしょうね:泣笑)。

 ああ、高千穂神社の立派な鳥居が見えてまいりました。ホントはこちらにも参詣したかったのですが、日暮れも近づいてまいりましたので、次回の来訪時(すでに、もう一度来るツモリになってる)にはぜひともお参りさせて頂きたいと思いつつ、一路目的の場所を目指しました。・・・で、到着。

2014091105201409110620140911072014091108 ようやく「名勝 高千穂峡」とあります、名勝地帯の入り口まで到達いたしました。

 かなり以前から、一度は訪れてみたいと願っていた場所なので、こういった石碑が目に入った時には、こんなワタシでも静かに感激しておりました。

 その石碑のあるところから、ホンの少しだけ足を踏み入れたダケで、いきなり、イカにも観光写真で何度も見たコトがあるよな美しい景観が出現してビックリ(なんだか気持ちの整理が付いてないウチに、知ってるヒトに、初めての知らない場所でいきなり出会った様な感じ)。夏休み直前特有の”キビしい真夏の日常生活”によってカラダもココロも若干アレていたワタシの目に映ったソレは、あまりにも荘厳な風景に見えました。

20140911092014091110 ・・・そうかと思えば、なんとはなしに人工的な庭園風景も入り口付近には混在していたりして(笑)、さらに困惑は深まるのでした。

 ここでは、なんとか現地で撮影出来た、なんとも御目出度い”金色の鯉”の画像のみをアップしておきましたが、この池には、なんと”チョウザメ(あのキャビアを抱えた♀が居るヤツです)”までが生息しておりました。ソレって淡水魚だったの?・・・どうして、そんなのがココで泳いでいるのか、まったく意味不明で困惑はさらに深まるばかり(笑)。

 ・・・今日もこのあと「じゅけんべんきょー」があるので、コレにて失礼します。それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« ワタシは受験生(泣笑) | トップページ | ほふくぜんしんの輝ける息吹 »

コメント

黒海は、たしか湖なので淡水魚で正解のハズ。

それはあれですよ、幻のおさかなと万葉集にも歌われたタカチッホチョウザメですよ。(ロッソウソ)

ところでモ○ナのHさん(何故か伏字)の帰朝講演会が土支田のホルモン焼き屋さんで開かれたりするといいなあ。

…お察しの通り会津帰りで酔っ払っております。受験生の皆さん、すみません。

↑テツヲタさま、さすがです。さかなクンに負けてない(笑)。

それにしても、高千穂峡の写真はまさにイメージそのものです。
そして何気にその土地の行き先表示板も”観光してる”雰囲気に浸れて結構見入ってしまいます。

↑↑↑&↑↑&↑「テツヲタ」さん、「おぐ」さん、「Wさま」さん、いつも有難うございます。”受験生”のワタシ、只今本番仕様に準拠した採点方法の模擬試験に初めてチャレンジし、制限時間40分の半分、20分で回答し終えました(こういうのは、ヘンに悩んで見直したりするとドツボにハマりますんで)。結果は50問中正答41問で81点。ようやく昨日の如くにスレスレではない合格圏内には入ってまいりましたが、今朝次男とともに行った簡素な”合同勉強会”でオサえたハズの修正点をまたもやハズしてたりしますので、少々自己嫌悪に陥っております。・・・モ○ナイベントの報告会(@ホルモン屋)も実現出来るとウレしいですね。

皆さんお晩です!!

そうそう、そうですよね~~~夏休み旅行記やってたんですよね~~
(と、目を細め、と~~~くを見る感じでお読みください・・・)笑
練馬のHさまの旅行記も書いて下さると嬉しいですね!!

↑「調布のU」さん、いつも有難うございます。そ~ですよねぇ~、「目を細め、と~~~くを見る感じ」ですよねぇ。ホントに完結までには時間が掛かりそうで申し訳ありません。

モデナから、クレモナのサーキットにいき、その後、最終地点のトリノに到着。
明日は、コンクールデレガンス。でも今夜のガラディナーは、VIPのみ。
さて、ブログは、高千穂神社ですね、こちらも行ってみたいな。

↑「トリノのH」さん(笑)、いつも有難うございます。ナントいう華麗な御行程でありましょうか!お気をつけて!!

謎が多かった今回の旅行記もまだまだ途中でしたね。
日本の起源、高千穂峡なのですね。勉強になります。
高千穂峡で日本人の遺伝子の中に刻まれたデジャヴ感覚が呼び起されると共に、
ミスマッチな人口庭園と金色の恋と超ザメもまた、をかし。

・・・出たな新キャラ、「モ○ナのH」と「トリノのH」!
次回はボローニャのHか?ミラノのHか?本田圭祐もビックリです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/57337775

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ、九州のド真ん中を横断す(その11:アコガレの高千穂峡①):

« ワタシは受験生(泣笑) | トップページ | ほふくぜんしんの輝ける息吹 »