マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 伝統とブランドの重さを背負う | トップページ | ガラケー・タブレットの二台持ち、コレがジジイのモバイル道! »

2014年9月 5日 (金)

たこたこ、九州のド真ん中を横断す(その9:天岩戸神社は超絶パワースポット①)

 はい、こんばんは!今日の東京練馬は久しぶりにちょっとムシムシモードになっちゃった一日でしたが、モノホン真夏に比べれば、まぁ安泰と云った感じでした。ああ、時間がオシてる、ブログ書かなきゃ・・・。

20140905012014090502 時計の針は・・・っと、いや~、まだまだ8月11日(月)の夕方に向かうへん(もうじきPM16:00くらい)かなぁ。

 近頃、巷で評判だと誉れも高い”超絶パワースポット”、天岩戸神社様にこれから参詣しようと云うワケであります。天岩戸神社と云うのは、写真の案内図にありますように、岩戸川の清流をはさんで複数のお宮が鎮座しているのを総称している様です。案内看板を見ただけでも、ものすごく広大なパワースポットである模様です。

20140905032014090504 足もコシも結構ツカれがたまってまいりましたので、ここはそろりそろりとまいりましょう。

 「梅が香にのつと 日乃出る山路哉 はせを(ばしょう)」と俳聖松尾芭蕉が当地高千穂の春を詠んだ句碑が、まずは目を惹きました。

 芭蕉門下で特に蕉門十哲に数えられる志太 野坡(しだ やば)との両吟歌仙、俳諧炭俵(すみたわら)集上巻の発句なんだそうです。「立春を過ぎた時期の寒い朝。梅の香漂う山路に、前触れもなく朝日がヒョコっと昇ってくる。(要旨抜粋)」・・・芭蕉が晩年に凝ってた(笑)”軽みの俳風”の実践句なのだとか。

20140905052014090506201409050720140905082014090509201409051020140905112014090512 その周囲にも歴代天皇陛下の御製碑や、皇室関係者方が何かの記念行事の折に植えられたお手植えの記念樹が点在していました。

 当神社では御祭神を”天照皇大神(あま てらす すめ おお みかみ)”と御呼び申し上げるのですね。別の御神名として”大日孁尊(おお ひる めの みこと)”ともありますが、ウィキに拠れば、色々なシチュエーションや文献によって様々な御呼名が存在する様です。

 ”記紀に皇祖天照大神御弟素盞嗚尊をお避け遊ばされ暫く御籠り遊ばされたとありますがその御神蹟「天 岩戸」斎ひ(いはひ)奉る 西本宮は拝殿のみの社でいにしえよりその御神域を御神体として祭祀いたしております。”と立派な謂れ書きにありましたが・・・

 ・・・(ワタシなりの解釈)古事記やら日本書紀には、天皇家の祖である天照大神の弟君”素盞嗚尊(スサノオのみこと)”を天照大神がお避けになって、しばらくのあいだ御籠りなさっていたとありますが、その時天照大神が御座した(おわした)場所たる「天岩戸(あまのいわと)」をお祭りしております。西本宮は(建物内に御神体をお祭りしていない)拝殿のみのお社で、いにしえよりその御神域(天岩戸)を御神体とあがめてお祭りしております(から、ここから遥拝してくださいね)。・・・といった感じでしょうか?さぁ、とにもかくにもお参りしよ。

 それじゃー、また明日。・・・今日のはハイブロウ過ぎてツカれたわぁ(笑泣)!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 伝統とブランドの重さを背負う | トップページ | ガラケー・タブレットの二台持ち、コレがジジイのモバイル道! »

コメント

Iです。
是非、たこちゃん様にお奨めしたい観光スポットを発見しました。
それは、有珠山の噴火口を見ることができるジオパークツアーです。
私も本日初めて見てきました。噴火によって道路が70m隆起したというもので、国道は陥没して湖になってますし、町道は隆起して傾斜がつき、所々が崩れてますし、当時火山弾を受けたお菓子工場は、屋根に穴が開いたままの状態となっています。
それと、いまだに噴煙をが立ち昇っている箇所もあります。見応えがあるとおもいますよ。

続けてIです。
一部文章に間違いがありますが、既に酔っているということで、お許しください。

皆さんお晩です!!

お~~~~、天岩戸ですね!やっとここまで来ましたか!笑
岩戸の前で、踊りを踊らなくちゃいけませんよ!!
天照大神様にお出ましいただかなくては・・・・・・
いやぁ=でも今夜はムシムシしますね~~少し夏に逆戻り
それにしても「デング熱」困ったもんですね・・・・
拡大する一方ですもんね・・・早く終息していただきたいもんです。

↑↑&↑「I」さん、「調布のU」さん、いつも有難うございます!
 ああ、”有珠山の噴火”ってのも、一番最近のは2000年の噴火ですが、ワタシが中学校にアガった頃の噴火が特に印象深く思い出されます。今度イッてみよ。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E7%8F%A0%E5%B1%B1#1977.E5.B9.B4_-_1978.E5.B9.B4.E5.99.B4.E7.81.AB
蚊避けジェルをカラダ中に塗りたくって屋外作業に従事しておりますが、やっぱ刺されてしまいます。けっして大江戸線に乗って来るんぢゃないぞ、デング熱。

Iです。
デング熱ですが、距離が離れている分人事になっている自分ですが、近くにいらっしゃる方々はホントにお気を付け頂きたいと思っています。

それと、有珠山の噴火もそうなのですが、サミットが行われた、”ウィンザーホテルとうや”にも立ち寄ってきました。庶民が行っちゃぁいけない場所だということがわかりました。
たこちゃん様お待ち申し上げております。

マセラティの神様も踊りを踊ると出てきてくださると良いですね。

Iさま、北海道は貴重な自然&鉄道遺産&絵になる路線の宝庫ですね。
おまけに高規格キャンプ場がたくさんあります。
いつの日かキャンプ場めぐりを夢見ております、ハイ。

天岩戸神社は初めて知りました。
お疲れの中、丁寧な解説により非常に勉強になります。

ツカれた時は睡眠が一番。
ここのところ帰りが遅かったので、今日は早めに切り上げました。
明日に持ち越し、まずは寝ます。

天岩戸はスト○ップ発祥の地。
アメノウズメノミコトは元祖一条さ○りなの・・・?
りゅたろう先生の解説に乞うご期待・・・低俗コメントすまぬ。。。

昔は漢字が難しくて日本史が苦手でした。
ですが、漢字も輸入品であって、文字が無かった時代の日本の音読みを輸入文字の漢字で当て字にしたのですね。
いい加減で寛容で、異文化を何でも吸収する日本文化の良いところ。
只今、底知れぬ不況感に滅入ってはおりますが、それでも日本に生まれて良かったと実感。
お気に入りはEテレ2355「のりこえるの歌」。

まさに古に想いを馳せることのできる場所ですね。今回のブログ記事はやたらと漢字が多いのです。一度、高千穂行ってみたいです、このたこチャンレポートで予習!!の気分。。。

あれ? まだ更新されていない?!
今晩はたこちゃんは何処かに飲みにいっちゃてるのかな?まあ土曜日だからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/57281190

この記事へのトラックバック一覧です: たこたこ、九州のド真ん中を横断す(その9:天岩戸神社は超絶パワースポット①):

« 伝統とブランドの重さを背負う | トップページ | ガラケー・タブレットの二台持ち、コレがジジイのモバイル道! »