マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティスパイダーザガートを、今こそガレージに如何? | トップページ | 只今、サーバとドメインを移管しつつ光電話も施設中 »

2014年9月16日 (火)

マセラティ3200GTの名車再生シリーズ、見た?

 はい、こんばんは!世の中は昨日まで三連休でありましたが、ワタシら”シモジモのビンボったれ”にはまったく関係がありませんで、翌日の本日も「きょーも一日”おツカれさん(笑泣)”」な感じでした。まっ、こうして日々元気に働ける我が身(並びに同じ境遇であった御同輩諸兄)、八百万の神様に感謝いたしましょうね。皆さんも昨日の敬老の日には”ジジババ孝行”いたしましたかな?・・・って、自分がジジイになってますね、ワタシの場合すでに(ダレも孝行してはくれないケド:泣笑)。

 ところで、昨晩はCS放送のディスカバリーチャンネルに於きまして、あろうコトか、我らがマセラティ3200GTが「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」の俎上に載せられてしまい(笑泣)ました。なんだか、この番組に出演するの、いくらなんでもハヤ過ぎないか?年式的に。だって、”クラシックカー・ディーラーズ”なんだよね。ワタシにとっては新車同様(笑)に感じられるマセラティ3200GTも、今ではすっかり”ジジイ扱い”と云うワケですなぁ。・・・ってなハナシをこの間「町内会のM」さんにいたしましたところ「だけど、アレは原題が”Wheeler Dealers”だから、ホントはクラシックカーじゃなくてもいいんですよ。勝手に邦題付けたダケですから」「ああ、なるほどぉ~。ソレで納得」

 ともあれ、先日の当ブログコメント欄に「世田谷のS」さんが投稿してくださって、この放送の情報を手に入れたワタシは、”たこヨメ”に頼んでその日のうちにいそいそと録画予約をしておきました。で、本日の朝、出勤前のひとときに観たワケなんですが・・・

 ・・・結論から申し上げますと、「羨ましかった(泣笑)」です。現地の自動車整備屋さんの環境が。なんだかすべてが広々としていて、旧い瀟洒な住宅を改造したような建物ばかりで、オシャレさ抜群ですなぁ。そして整備用機材の充実にも目を見張ります。

 ところで、俎上に載せられたマセラティ3200GTの方ですが、売り手・仲介人・修理屋・買い手のすべてが、「いかにもマセラティに関わる者らしくて(ここは番組を御覧になって”感じて”ください)」笑いました。洋の東西を問わないとは、まさにこのコト。激安のマセラティ3200GT、エアコンが効かず、電子制御スロットルが不調で、足回りにガタがあり・・・ってな不調箇所はこのマシンに於ける三大不良箇所と云った感じなので、「ああ、一緒、一緒!」・・・ヒジョーに面白いと感じました。

 エアコンのコンデンサに穴が開いているのを見つけるまでのプロセスとソレを新品交換するための手間に関しては早送り編集の割には良く表現されていると思いました。そりゃもー、フロント周りをバラバラに分解されているのがキチンと写されておりましたところがなんとも嬉しいモノです。「なんで目ん玉(ヘッドライト)やスモールランプAssyまでハズさにゃならんの?」と思われたかも知れませんが、工具や手を入れるための作業穴を確保するためにいつも不可欠な作業なんです。ホントは脇役をハズす方がよっぽど面倒だったりして(笑)。実際には交換したのかも知れないけれど、エアコンコンデンサとレシーバータンク(リキッドタンク)交換までやったなら、この事例の場合にはエキパン(エキスパンションバルブ)もヤレよな、とか思いながら見てました。ここまでやったら、今度は高圧ホースかコンプレッサーがそのうち逝くんだよな、きっと(経験則:笑)。電子制御スロットルの根源的対策もステキです。やっぱコレは”企業秘密”の塊みたいですけどね(英国に行って直接ハナシを聞いてみたい:笑)。足回りのタイロッドエンドに関しては、3200GTに限らず、メカニカアッティバ採用以降の全ビトルボ系マセラティに共通した御約束。ひとつでもガタが出たら、必ずすべてを同時交換としたいところです。ともあれ、この番組内でも指摘されておりましたが、意外にもタイヤの選定(相性)などで寿命が変わるのは確かな気がいたします。この3200GTの様に違う銘柄のタイヤがそれぞれに付いていたなんてホントありえません(笑)。ああ、タイヤへの窒素ガス注入は、「物理的に(謳われている効果は)ありえない」など、主に理系の方々からのツッコミが多く、クルマ好きの間でも賛否が分かれている様ですが、実際に当店のお客さんがウチでお納めしたマセラティにこの処置を施したところ、目を見張るホドに乗り心地と操安性が改善した例を数例ですが知っております。ただ、窒素ガス自体が高価なので、旧いクルマにはホイホイとは入れられませんケドね。

 印象的だったのは、整備士のエドさんがしきりに「たいへんだった、(作業自体は簡単単純だけど)大いに手間が掛かった、大ハマリするところだった、(商売にするには)危うかった」と云った要旨の言説を作業の随所にて吐いていたコトです。なにしろチェックエンジンランプの電球チェックをするのに、ダッシュボードの天面をザックリと降ろすハメになってましたからね(ソレで正しいんですけれど:笑)。しかも、結局ソレが単なる球切れで終わらない(すでにゴマカシてあった:泣←コレはコレで最終手段の一つではあるのですけれど)ところがマセラティの面目躍如と云った感じで、結局メーター基盤は中古良品を手に入れて、メーター全脱着交換。エドさんには「いーぞ!頑張れ!!」と声援を送らずにはいられませんでした。

 最後に「13,000ポンドで如何?」と勧めるマイクに対して、「ソレは高いなぁ、12,000ポンドにならない?」などと執拗に値切り交渉をし掛けた末、結局12,300ポンドで件のマセラティ3200GTを手に入れた新しいオーナーには幸多からんコトをと東洋の島国よりエールを送るのホカはありません。この右ハンドルで6速マニュアルミッションの3200GT、ちらっと見えたオドメーターには9万キロ台の数字が並んでた様に思いますが、如何。

 この番組を見て、「よ~し、オレもマイクの様に激安マセラティを探してきて、安く直して高く売りトバすぞぉ~」と云う勘違いをなさる方々が、この日本国に多数出現しない様、強く念じます(笑)。でも、この番組には、確かにクルマ好きのココロをくすぐるモノはありますよね。あなたの御近所にエドとマイクが住んでればナニがあっても大丈夫なのかも知れませんヨ。一方、お知り合いにエドとマイクがいらっしゃらない場合には、どのように遠方にお住まいでもはじめから迷わずマイクロ・デポにどうぞ(ちょっと商売:笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« マセラティスパイダーザガートを、今こそガレージに如何? | トップページ | 只今、サーバとドメインを移管しつつ光電話も施設中 »

コメント

割に合わないよな。
売るほうにとっては報われない車だ。

良心的な車屋にとっては悪夢ともいえる。

ソノ番組は知っていましたが、普段からこのブログをタダ読みしている者としては「なんだ~、ディスカバリーチャンネルもたいしたことねーな」ぐらいに思っていました。でも、やはり見る人が見れば「そーなんだよなー、わかってもらえねーケド」みたいなところがあったんですね。反省します。

輸入車の中の優等生でさえ「なんでだろ?」が多いのですから、不良と付き合うのは大変、でも不良は魅力的なんだなー。

かような泥沼ばなしになると、なんだかタコちゃんさんの筆致が心なしか軽やかになってくるような…。
悪夢の好きな、良心的な車屋さんというところでしょうか。つくづく有難いことですが。

皆さんお晩です!!

えっ、昨夜だったんですか?その放送?
失敗した!録画し損ねた・・・・がっくり・・
でもそれ以上のものを、マイクロ・デポさんで見てますから!笑
まっ、いいかぁ~~

「ビドルボマセラティあるある」は万国共通なんですね。
ここのところの円安で1ポンド¥175くらいですから安いんじゃないか?
でもオド9万?もしかしたらマイルじゃないか??

↑皆々様方、いつも有難うございます!・・・ああ、今晩もナイトメアに悩まされそうだ(泣笑←シゴトの延長線を毎晩のユメに見るのは、結構ツラかったりいたしますよね。どのようにしたら問題を解決出来るかなんてリアルなヤツをしょっちゅう見ますヨ)。

この番組、実は毎回録画して見ております。まだ3200GTは見ていないのですが、週末の楽しみにしたいと思います。

Iです。
3200GT、前にもコメントしましたが、良いですよね。懐に余裕があれば速攻買いですね。
ところで、今日、インターネット官報を見ていると「少数生産車とその型式について」というタイトルが目に付いたので、詳細を確認してみると。
そこは、特殊車両のオンパレードでした。その主たる車両は、トラクター類が大勢を占めておりました。たまにキャタピラ(クローラ)という文言も出てきてました。
こちらとしては、もしかしてスーパーカーじゃないの?と期待しましたが、そうではなかったのですね。という顛末です。

ディスカバリーチャンネルを観る環境に有りません。
異国の番組にさほど興味も無いのですが、マセラティ自体がメディアに取り上げられる事が少ないので今回の3200GT編には興味をそそられるものの、遠い異国で制作された番組の構成には何か違和感があるなあ。。。
この映像のコンセプトは英国風なのかな。
観てないのに、こんな事を言うのもはばかられますが。。。スミマセン。

そう言えば、クルマ番組なんて久しく観ておりません。
東京に住んでいた頃はTV東京だったかで深夜に放映されていたカーグラTVを観るのが好きでした。あの番組の構成は素晴らしかった。
とにかくクルマへの敬意を抱かせる、ノスタルジックな映像美とナレーションの渋い声に心踊らされました。

3200GTの在庫がある時にタイムリーですよね。魅力が再認識されるのはいいのですが、天上界の車になっちゃったら買えないなあ。。。

↑おそらくは、まずありえないのでご安心ください。

おお、すでにこの時点でコメント10件越え。
ブログ開く前に”何じゃこりゃー(笑)”と思いました。

なるほど、こういう内容ですか。
番組見てみたい気がしますが、グッと我慢。
これからも、真摯なマイクロ・デポ社を応援していきたいと思います。

うぉ〜。コメントがワンサカ‼︎
そのCSは我が家では見られず。さらに別の理由あり、見られず(泣)。これで3200
GT人気に火がつくかな⁈ いや火が着いてくれるといいですね‼︎
マセラティ本国、イタリアでは、明日17日に、マセラティ発祥の地、ボローニャで、100周年のプレイベントがあるようです。そーいえば、イタリアには、ビトルボ好きの集まり、ビトルボクラブがあるみたいですよーん。

調布のUさま、再放送が沢山ありますのでご安心を。

オドメーター、多分マイルなので14万キロオーバーですかね?
しかしスロットルボディ修理の部分は面白かったですね。

しかし最後に購入した人の吹き替えがなんであんなに暗いんだろう。
マセラティオーナーは根暗?

ご無沙汰で・・・。

昨日の明け方、たまたまディスカバ観てたら、3200GTが出てたので、
そうだ! と久しぶりにこちらに伺ってみた日には・・・・。

やっぱり観てたかぁ〜(笑)

私、あのマイクの胡散臭い風体がどうも気に入らない(笑)のですが
(だって、車の運転下手そうなんですもん(笑))・・・そうですか、
修理工程は お気に召されましたか。

あれ観て、ウチのメーター裏も早く来いとお祈りした次第でありました(笑)

しかし、なんでしょうね、あの買い手は・・・。
たかだか10万位ぽっち、チマチマ値切るんじゃねーよと思いましたね。
こちとら、曲がりなりにも高級車だぞ・・・と。
どーんといけよ、どーんと。
でなけりゃ、カローラでも買ってろと(売ってないか(笑))

という訳で、近々ホルモン、行きましょうね。

今日は飲み過ぎたので、早々に寝ます(笑)

町内会のM様

ありがとうございます!早速19日分の予約録画をいたしました!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティ3200GTの名車再生シリーズ、見た?:

« マセラティスパイダーザガートを、今こそガレージに如何? | トップページ | 只今、サーバとドメインを移管しつつ光電話も施設中 »